サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

現代日本社会階層調査研究資料集 : 1995年SSM調査報告書 2 (階層意識と政治意識)

盛山和夫, 原純輔 監修

詳細情報

タイトル 現代日本社会階層調査研究資料集 : 1995年SSM調査報告書
著者 盛山和夫, 原純輔 監修
著者標目 盛山, 和夫, 1948-
著者標目 原, 純輔, 1945-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社日本図書センター
出版年月日等 2006.4
大きさ、容量等 821p ; 27cm
注記 「現代日本の社会階層に関する全国調査研究 第5-8巻」 (1995年SSM調査会1998年刊) の復刻
ISBN 4284500023
ISBN(set) 4284500007
JP番号 21021305
巻次 2 (階層意識と政治意識)
別タイトル 現代日本の社会階層に関する全国調査研究
部分タイトル 職業評価の構造と職業威信スコア 現代日本の階層意識 政治意識の現在 公平感と社会階層
出版年(W3CDTF) 2006
件名(キーワード) 階層--日本--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC EC161
NDC(9版) 361.8 : 社会学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 現代日本社会階層調査研究資料集 1995年SSM調査報告書 2
  • 総目次
  • 第1巻 現代日本の階層的不平等
  • 第1巻 解説 盛山和夫
  • 第1巻 社会階層・移動の基礎分析と国際比較
  • 第1巻 1 階級階層構造の変動と趨勢 鹿又伸夫 15
  • 第1巻 2 流動性と開放性:世代間社会移動の趨勢(昭和初期〜1995年) 原純輔 41
  • 第1巻 3 戦後日本の階級構造:基本構造と変動過程 橋本健二 57
  • 第1巻 4 1995年SSM調査の標本設計と標本精度—標本抽出法を考慮した分析に向けて— 中村隆 91
  • 第1巻 5 戦後日本の農民層分解 橋本健二 115
  • 第1巻 6 自営業層の世代間移動の歴史的変遷 鄭賢淑 145
  • 第1巻 7 Intergenerational Class Mobility and Reproduction: Cross-national and Cross-temporal Comparisons ISHIDA, Hiroshi 159
  • 第1巻 資料:95年世代間移動表
  • 第1巻 近代日本の移動と階層:1896-1995
  • 第1巻 1 20世紀日本の「階層」と移動—世代間職業再生産の歴史的変動— 佐藤俊樹 227
  • 第1巻 2 威信スコア・威信ランクによる男性キャリアの分析—「底上げ」と「逆転」の構図— 石原英樹 263
  • 第1巻 3 長期安定雇用はいつ成立したのか—世代別と時点別にみたその制度化過程の研究— 稲田雅也 291
  • 第1巻 4 職業系中等学歴の社会的位置づけの変遷—職業経歴における40歳時職に着目して— 稲田雅也 313
  • 第1巻 5 世代間社会移動と出世力—「親子総合地位尺度」による出生力格差の分析— 岩沢美帆 329
  • 第1巻 6 近代都市東京形成の一断面—都市移住者の計量歴史社会学— 粒来香 351
  • 第1巻 7 離農と離村の計量分析—兄弟順位との関連を中心に— 粒来香 371
  • 第1巻 8 高学歴化と流出移動—父職−学歴−初職の経路に注目して— 中村牧子 387
  • 第1巻 9 第二職としての自営—残留率と父職タイプの関連をみる— 中村牧子 405
  • 第1巻 10 職業移動と周辺性—職業経歴からみた二重性の重層構造— 西沢晃彦 423
  • 第1巻 社会移動とキャリア分析
  • 第1巻 1 戦後日本の入職経路の分析 渡辺勉 451
  • 第1巻 2 大卒者の出身階層と学校歴・初職—A票1955年以降生まれの男性を対象として— 平沢和司 481
  • 第1巻 3 戦後日本社会における職業移動パターンの変遷 佐藤嘉倫 495
  • 第1巻 4 自営業と職業移動 金明秀 515
  • 第1巻 5 Dynamics of Occupational Segregation and the Sexual Division of Labor: a consequence of feminization of white-collar work TANAKA, Sigeto 535
  • 第1巻 6 女性における性別役割意識と社会階層,職歴,ライフスタイルとの関連 山口一男 573
  • 第1巻 社会階層の地域的構造
  • 第1巻 第1部 地域移動と階層構造
  • 第1巻 第1部 1 階層地域差と地域移動との関連 三隅一人 623
  • 第1巻 第1部 2 地域移動の趨勢分析—戦後日本における階層構造との関連から— 粒来香 647
  • 第1巻 第1部 3 女性の地域移動と階層特性 三隅一人 671
  • 第1巻 第2部 地域効果と階層過程
  • 第1巻 第2部 4 地位達成過程における地域効果—機会の地域間格差に着目して— 林拓也 689
  • 第1巻 第2部 5 女性の地位達成過程における地域効果 林拓也 707
  • 第1巻 第2部 6 定住と階層的地域間格差—定住地域選択の合理性— 平田暢 723
  • 第1巻 第2部 7 都市化と入職手段 稲月正 741
  • 第1巻 第2部 8 公平感の地域比較 小松洋 759
  • 第2巻 階層意識と政治意識
  • 第2巻 職業評価の構造と職業威信スコア
  • 第2巻 1 職業威信と社会階層—半順序関係としての社会階層— 太郎丸博 13
  • 第2巻 2 職業評定の一致度と間主観的階層構造 太郎丸博 27
  • 第2巻 3 職業評定値および職業威信スコアの基本的特性 太郎丸博 43
  • 第2巻 4 職業評定の比較分析—威信スコアの性差と調査時点間の差異— 元治恵子,都築一治 57
  • 第2巻 5 職業評定のモデルと職業威信スコア 都築一治 81
  • 第2巻 6 社会的地位尺度としての職業威信スコア再考—職業評価における非一貫性について— 矢原隆行 99
  • 第2巻 7 職業評定における評定基準の重視度の影響 元治恵子 119
  • 第2巻 8 職業威信スコアの問題点と新スコアの提案—従業先規模が職業評価に及ぼす影響を中心に— 村瀬洋一 137
  • 第2巻 9 職業カテゴリーによる日本人の職業の序列付け—「職業に貴賤なし」意識の現在— 間淵領吾 165
  • 第2巻 10 職業威信スコア構成手続きの意味 都築一治 193
  • 第2巻 11 自然言語処理によるSSM職業コーディングの自動化システム 高橋和子 207
  • 第2巻 1995年調査による56職業の威信スコアとその標準偏差表 241
  • 第2巻 威信スコアの使い方について 242
  • 第2巻 1995年版職業威信スコア表 243
  • 第2巻 1995年版職業威信スコア補足資料 249
  • 第2巻 現代日本の階層意識
  • 第2巻 1 階層評価基準の静かな変容—階層帰属意識の規定要因の時系列比較— 吉川徹 265
  • 第2巻 2 学歴と階層意識—学歴が階層帰属意識の形成に及ぼす二つの効果— 数土直紀 287
  • 第2巻 3 出身階層と到達階層—世代間社会移動と社会意識— 山口洋 311
  • 第2巻 4 権威主義的態度と現代の社会階層 轟亮 329
  • 第2巻 5 階層帰属意識と生活満足感 前田忠彦 353
  • 第2巻 6 階層帰属意識の動向—「安定化」か「分極化」か?— 間々田孝夫 377
  • 第2巻 政治意識の現在
  • 第2巻 1 社会階層と政治イデオロギー 小林久高 415
  • 第2巻 2 政治意識における55年体制の変化と継続—政治と階層の再検討の試み— 盛山和夫 437
  • 第2巻 3 職業と政党支持—1955〜1995年——日本における「階級政治」:業界代表モデルの提案— 宮野勝 459
  • 第2巻 4 現代日本における左翼主義の衰退—1955年から1995年にかけての推移— 栗田宣義 479
  • 第2巻 5 The Relationship Between Trust and Political Party Affiliation Alan S. Miller 501
  • 第2巻 6 社会階層と政治参加—政党支持なし層における認知動員— 片瀬一男 515
  • 第2巻 7 世代間社会移動と政治意識の再生産 樽本英樹 531
  • 第2巻 8 関係的資源保有の格差と規定因—有力者との人間関係を指標とした政治的影響力の階層構造— 村瀬洋一 545
  • 第2巻 9 社会参加にみる階層分化—社会階層と社会的活動— 豊島慎一郎 565
  • 第2巻 公平感と社会階層
  • 第2巻 (1) 全般的不公平感の形成メカニズム
  • 第2巻 (1) 1 不公平感の生成メカニズム—なぜ属性・社会的地位は不公平感と結びつかないのか— 織田輝哉 605
  • 第2巻 (1) 2 階層クラスターと公正観 阿部晃士 629
  • 第2巻 (1) 3 「不公平感」の3つのタイプ 山岸俊男 645
  • 第2巻 (1) 4 A Sense of Fairness in Modern Japan: An Evaluation of Stratification System UMINO, Michio 661
  • 第2巻 (2) 社会認知と公正理念
  • 第2巻 (2) 5 Does Fairness Play a Role in the Production of Reality in Japan?: Image of Allocation and Legitimization of the Society SAITO, Yuriko 679
  • 第2巻 (2) 6 価値観・社会認知・マクロ公正理念 宮野勝 699
  • 第2巻 (3) ジェンダーと不公平感
  • 第2巻 (3) 7 男性の性別不公平認知 古宇田千恵 715
  • 第2巻 (3) 8 社会的不公平感の発現とジェンダー—「分配原理」に関する主観的リアリティとの関連— 岩間暁子 737
  • 第2巻 (4) 時空における不公平感の分布
  • 第2巻 (4) 9 不公平感の趨勢—既存調査の2次分析— 間淵領吾 753
  • 第2巻 (4) 10 日本の公正地図 小宮山智志 799
  • 第3巻 学歴社会と機会格差
  • 第3巻 教育機会の構造
  • 第3巻 1 Inequality of Educational Opportunity in Japan: How Gender and Class Produced Educational Inequality? OJIMA, Fumiaki 13
  • 第3巻 2 高校教育制度の変容と教育機会の不平等:教育拡大のもたらしたもの 荒牧草平 27
  • 第3巻 3 高等教育大衆化の実相:社会階層的な視点から 佐藤広志 45
  • 第3巻 4 教育機会の不平等の構造と変動:学力による業績主義化は進んだか 岩本建良 59
  • 第3巻 5 閾値モデルによる教育機会の分析 近藤博之 73
  • 第3巻 6 誰が学歴に重きを置くのか:階層と学歴意識の関連構造の分析 村沢昌崇 87
  • 第3巻 7 職業アスピレーション:教育かネットワークか 安田雪 107
  • 第3巻 教育と世代間移動
  • 第3巻 1 社会移動の制度化と限界—教育の地位媒介機能を中心に— 近藤博之 137
  • 第3巻 2 教育達成におけるメリトクラシーの構造と家族の教育戦略—文化投資効果と学校外教育投資効果の変容— 片岡栄美 171
  • 第3巻 3 学歴獲得様式に関する意識構造 大前敦巳 203
  • 第3巻 4 「学歴インフレーション」仮説の現実的妥当性についての検証—1995年SSM全国調査にみる高学歴化と学歴効用の趨勢— 森律子 235
  • 第3巻 5 戦後日本社会における階層秩序の再編成と教育—農民層の流出とマニュアル層の形成— 苅谷剛彦 265
  • 第3巻 教育と職業−構造と意識の分析
  • 第3巻 1 新制中等教育卒者の社会的地位—1970年代迄の中卒就職者を中心に— 西村幸満 307
  • 第3巻 2 学校から職業への移行過程の分析—初職入職経路と職業的キャリアー— 苅谷剛彦 331
  • 第3巻 3 日本の職業資格—その現状と効果— 阿形健司 363
  • 第3巻 4 職歴移動の構造と学歴効果—最初の企業間移動に着目して— 浜中義隆 391
  • 第3巻 5 所得関数の計測からみた教育と職業 矢野真和 411
  • 第3巻 6 職業イメージと職業アスピレーションの構造に関する一考察 藤田英典 425
  • 第3巻 7 戦後社会における出身階層・家族と教育達成 大内裕和 455
  • 第3巻 8 教育間移動類型と社会階層—トーナメント型社会移動規範が隠すもの— 中西祐子 467
  • 第3巻 9 教育意識の規定要因と効果 本田(沖津)由紀 485
  • 第3巻 10 世代間移動構造の認知パターンと高学歴志向—日本社会における教育熱の心理的メカニズムに関する分析— 中村高康 505
  • 第3巻 11 Achieving Merit: Japanese Beliefs about Schooling and Success Mary C. Brinton 523
  • 第4巻 ジェンダー・市場・家族における階層
  • 第4巻 女性のキャリア構造とその変化
  • 第4巻 1 高学歴化と性別分業—女性のフルタイム継続就業に対する学校教育の効果— 田中重人 13
  • 第4巻 2 既婚女性の地位達成過程における世代的変化—ライフコースの視点から— 赤地麻由子 29
  • 第4巻 3 女性的職業と職業経歴—女性を無職に追い込むもの— 平田周一 45
  • 第4巻 4 女性の地位形成構造—学歴と職業威信のパス解析による— 杉野勇 65
  • 第4巻 5 階級構造と女性—英国との比較を通して— 白波瀬佐和子 87
  • 第4巻 6 雇用者における仕事裁量—仕事の場での事柄決定力とジェンダー— 村尾祐美子 103
  • 第4巻 7 Trends of Educational Attainment and Labor Force Participation among Japanese Women KAZUO, Seiyama 121
  • 第4巻 8 Intergenerational Mobility through Marriage among Women in Japan: A Comparison with the British Society SHIRAHASE, Sawako 139
  • 第4巻 ジェンダーとライフコース
  • 第4巻 1 女性のライフコースの動態—日米比較研究— 岩井八郎 171
  • 第4巻 2 20歳代の就労停止と結婚・出産 真鍋倫子 201
  • 第4巻 3 女性の労働市場再参入に関するコーホート比較—家族と個人による調整から家族と産業による調整へ— 大和礼子 217
  • 第4巻 4 性別職域分離の趨勢—1985年・1995年SSM調査を通じて— 真鍋倫子 241
  • 第4巻 5 加齢とライフコース—高年齢層の職業経歴・所得・家族に関する分析— 岩井八郎 257
  • 第4巻 6 加齢と世帯形成—人口転換期世代の後期ライフコース— 黒須里見 283
  • 第4巻 7 世代間ギャップの研究—社会意識の動態— 冠野文 301
  • 第4巻 ジェンダーと階層意識
  • 第4巻 1 女性の性役割意識の変動とその要因 尾嶋史章 339
  • 第4巻 2 既婚女性の学歴・就業形態と性別役割意識 木村邦博 361
  • 第4巻 3 性別役割分業意識の形成要因—男女比較を中心に— 吉川徹 387
  • 第4巻 4 男性の家事参加 佐藤裕 409
  • 第4巻 5 階層意識に関わる変数の探索—地位的変数と関係的変数を中心に— 川端亮 419
  • 第4巻 6 階層帰属意識の準拠構造におけるジェンダー差 盛山和夫 431
  • 第4巻 階層と結婚・家族
  • 第4巻 第1部
  • 第4巻 第1部 1 どんな男性が家事・育児をするのか?—社会階層と男性の家事・育児参加— 稲葉昭英 467
  • 第4巻 第1部 2 高年齢層の夫婦における夫の家事参加—夫婦の就業、世帯構成、性別役割分業観に関する分析— 岩井紀子 509
  • 第4巻 第1部 3 Sociological Determinants of Life Satisfaction in Japan: Roles of Gender, Family, and Work KAMO, Yoshinori 537
  • 第4巻 第1部 4 二世代同居と社会階層—1985年から1995年にかけての趨勢を中心に— 山口健二 559
  • 第4巻 第1部 5 結婚と階層の趨勢分析 渡辺秀樹 579
  • 第4巻 第2部
  • 第4巻 第2部 6 女性の階層的地位をめぐる四つのモデル—女性の地位独立モデルは有効か?— 赤川学 599
  • 第4巻 第2部 7 階層別・出生コウホート別の差別出生力 池周一郎 619
  • 第4巻 第2部 8 家族形態による階層意識の差異—ポスト青年期を題材に— 山田昌弘 637
  • 第4巻 第2部 9 主婦であること・働くことと階層意識—階層意識における性差と結婚の効果— 米村千代 649
  • 第4巻 第2部 10 女性と移動表の分析—男女合算の移動表分析の試み— 志田基与師 667
  • 第5巻 豊かさとライフスタイルの不平等
  • 第5巻 豊かさと格差
  • 第5巻 1 脱物質志向と「豊かさ」問題 三重野卓 13
  • 第5巻 2 資産格差の形成メカニズム 鹿又伸夫 39
  • 第5巻 3 差別され続ける女性:均等法以後の男女の所得格差 野宮大志郎 71
  • 第5巻 4 資産の形成・保有とその地域的特徴 野呂芳明 81
  • 第5巻 社会階層とライフスタイル
  • 第5巻 第1部 ライフスタイルと社会階層
  • 第5巻 第1部 1 ライフスタイルと社会階層 白倉幸男 113
  • 第5巻 第1部 2 社会階層とライフスタイルおよび生活満足—自営業、ホワイトカラー、ブルーカラーを対比して— 白倉幸男 123
  • 第5巻 第1部 3 文化的再生産とライフスタイル 白倉幸男 143
  • 第5巻 第1部 4 教育とライフスタイル選択—文系進学と理系進学— 岩本健良 159
  • 第5巻 第1部 5 女性の社会的地位とライフスタイル 中井美樹 173
  • 第5巻 第2部 ライフスタイルとライフイベント
  • 第5巻 第2部 6 女性の職業階層とライフスタイル—専門職女性のライフイベントのタイミング— 中井美樹 193
  • 第5巻 第2部 7 ライフスタイルとしての転職と上昇移動 中田知生 211
  • 第5巻 第2部 8 高齢者の社会的地位とライフスタイル—役割喪失と社会階層が価値意識・自己評価に及ぼす影響— 木村好美 235
  • 第5巻 第2部 9 ライフスタイルとライフステージ 与謝野有紀 245
  • 第5巻 第3部 ライフスタイルとアイデンティティー
  • 第5巻 第3部 10 ライフスタイルと階級意識 与謝野有紀 257
  • 第5巻 第3部 11 主観的豊かさとライフスタイル 高田洋 267
  • 第5巻 第3部 12 「自己実現」と都市的ライフスタイル—社会階層と都鄙度の及ぼす影響をめぐって— 木村好美 285
  • 第5巻 第3部 13 職業生活のイメージとライフスタイル 高田洋 301
  • 第5巻 第3部 14 社交類型と社会意識—媒介装置としてのネットワーク— 菅野剛 315
  • 第5巻 第3部 15 住宅とライフスタイル 高田洋 329
  • 第5巻 第4部 境界浸透性とライフスタイル
  • 第5巻 第4部 16 社会的交際と境界浸透性 菅野剛 345
  • 第5巻 第4部 17 世代間職業移動とライフスタイル 高田洋 355
  • 第5巻 第4部 18 家族の階級構成とライフスタイル 桜間真 365
  • 第5巻 第5部 社会関係とライフスタイル
  • 第5巻 第5部 19 社会的ネットワークの趨勢—75年と95年における社会階層の効果の変遷— 菅野剛 381
  • 第5巻 第5部 20 夫婦の就業パターンと夫の家事参加—夫婦フルタイム共働き世帯における夫の家事参加の規定要因について— 桜間真 403
  • 第5巻 第5部 21 女性と社会的ネットワーク 菅野剛 419
  • 第5巻 文化と社会階層
  • 第5巻 第1部 文化と社会構造
  • 第5巻 第1部 1 近代化の終焉と「文化と社会階層」研究および文化的再生産論 片岡栄美 447
  • 第5巻 第1部 2 現代日本の文化消費にみる象徴的境界—エリートからコーポレイト優位へ— 片岡栄美 461
  • 第5巻 第2部 現代日本の文化的再生産過程
  • 第5巻 第2部 3 家庭の文化環境と文化的再生産過程—正統文化と大衆文化— 片岡栄美 491
  • 第5巻 第2部 4 Status Attainment, Lifestyle and Participation in High Cultural Activities: Cultural Reproduction and Lifestyle in Japan SHIRAKURA, Yukio 513
  • 第5巻 第3部 消費社会と文化の構造
  • 第5巻 第3部 5 文化の構造と文化消費者の社会的特性—文化活動の諸類型と社会階層の対応を中心に— 片岡栄美 533
  • 第5巻 第3部 6 産業界と男性の文化—日本経済のサービス化と文化資本の構造— 岩間暁子 559
  • 第5巻 第3部 7 クラシックコンサートに集う人々—文化活動と市場の日本的あり方— 米沢彰純 579
  • 第5巻 第3部 8 文化資本の蓄積における経済資本の役割—男性の文化活動への参加と経済資本— 岩間暁子 593
  • 第5巻 第3部 9 階層文化と交際 村沢昌崇 605
  • 第5巻 第4部 文化資本と地位形成
  • 第5巻 第4部 10 地位形成に及ぼす読書文化と芸術文化の効果—教育・職業・結婚における文化資本の転換効果と収益— 片岡栄美 617
  • 第5巻 第4部 11 家庭の文化資本の時代的背景に関する考察 持田良和 639
  • 第5巻 第5部 女性・家庭・文化
  • 第5巻 第5部 12 学歴資本と夫婦の文化活動—現代家族と文化— 白倉幸男 651
  • 第5巻 第5部 13 既婚女性の社会階層と文化的活動および文化的環境—ライフコースアプローチによる文化資本の蓄積パターンの析出— 中井美樹 663
  • 第5巻 第5部 14 女性の家庭文化と社会参加 中井美樹 681
  • 第5巻 第6部 文化の評価システム
  • 第5巻 第6部 15 文化弁別力と文化威信スコア—文化評価の構造と社会階層— 片岡栄美 695
  • 第6巻 社会階層の変動と比較
  • 第6巻 東アジアの階層比較
  • 第6巻 1 東アジアの階層研究:過去、現在、そして将来の展望 園田茂人 15
  • 第6巻 2 職業評価の日中比較—SSMデータとハルピンデータの対比からの知見— 園田茂人 35
  • 第6巻 3 医師の職業的魅力の日中比較—SSMデータと北京データの対比からの知見— 岩井淳 55
  • 第6巻 4 韓国の階層帰属意識・試論 服部民夫 75
  • 第6巻 5 沿海地域における地位不安の日中比較—SSMデータと大連データの対比— 李冬梅 103
  • 第6巻 6 A Comparative Study of the Ways of Getting Jobs in Japan and China: Focusing on the Role of Personal Contacts in the First-Job Attainment Process NAKAJIMA, Seio 121
  • 第6巻 7 主婦の階層的位置—東アジアにおける日本の位置づけと社会政策的含意— 瀬地山角 147
  • 第6巻 資料(1)1993年ハルピン市民の職業選択と職業威信評価に関する調査・単純集計 165
  • 第6巻 資料(2)1997年大連市民の職業と学歴に関する調査・単純集計 195
  • 第6巻 社会階層の新次元を求めて
  • 第6巻 1 社会移動レジームとその融解—戦後日本における産業化の帰結— 今田高俊 223
  • 第6巻 2 社会階層の新次元—ポスト物質社会における地位変数— 今田高俊 247
  • 第6巻 3 社会階層志向かそれとも脱階層志向か 井上寛 267
  • 第6巻 4 Divided Middle Mass and Quality-of-Life Politics: Middle Class in Postmaterial Society IMADA, Takatoshi 279
  • 第6巻 5 無党派層、あるいは新たなる政治的マジョリティ 篭谷和宏 291
  • 第6巻 6 配偶者選択の自由の神話—階層内婚について— 井上寛 319
  • 第6巻 7 性別役割分業は幸せを呼ぶか—意識・満足・分業と合理化— 永田えり子 331
  • 第6巻 8 情報コンシャスネスと社会階層—情報化社会のライフスタイル戦略とその帰結— 遠藤薫 341
  • 第6巻 補遺Industrialization and the Regime of Social Mobility in Postwar Japan: 1955-1995 IMADA, Takatoshi 391
  • 第6巻 産業化と階層変動
  • 第6巻 1 産業・組織と階層移動 高瀬武典 429
  • 第6巻 2 産業化とメイティングの趨勢 白倉幸男 449
  • 第6巻 3 The Invariant Structure of Class Consciousness in Postwar Japan HARA, Junsuke 459
  • 第6巻 4 階層的分断構造の変動と開放性 与謝野有紀 471
  • 第6巻 5 「職業人」と「会社人」のあいだ—キャリア形成における日本的業績主義の理念— 土場学 493
  • 第6巻 6 Strata within Strata KOSAKA, Kenji 523
  • 第6巻 7 産業化の時空—世界システムと階層−移動— 佐藤俊樹 541
  • 第6巻 8 主体か達成か:近代における階級・階層の構図 盛山和夫 563
  • 既発表成果一覧
  • 1995年SSM調査研究会資料
  • 1 1995年SSM調査研究会構成員 581
  • 2 SSM調査シリーズ 掲載論文リスト 583
  • 3 既発表成果総リスト 593
  • 1995年SSM調査シリーズ 5 職業評価の構造と職業威信スコア/目次
  • 刊行のことば
  • はしがき
  • 1 職業威信と社会階層—半順序関係としての社会階層— 太郎丸博 1
  • 2 職業評定の一致度と間主観的階層構造 太郎丸博 15
  • 3 職業評定値および職業威信スコアの基本的特性 太郎丸博 31
  • 4 職業評定の比較分析—威信スコアの性差と調査時点間の差異— 元治恵子,都築一治 45
  • 5 職業評定のモデルと職業威信スコア 都築一治 69
  • 6 社会的地位尺度としての職業威信スコア再考—職業評価における非一貫性について— 矢原隆行 87
  • 7 職業評定における評定基準の重視度の影響 元治恵子 107
  • 8 職業威信スコアの問題点と新スコアの提案—従業先規模が職業評価に及ぼす影響を中心に— 村瀬洋一 125
  • 9 職業カテゴリーによる日本人の職業の序列付け—「職業に貴賎なし」意識の現在— 間淵領吾 153
  • 10 職業威信スコア構成手続きの意味 都築一治 181
  • 11 自然言語処理によるSSM職業コーディングの自動化システム 高橋和子 195
  • 1995年調査による56職業の威信スコアとその標準偏差表 229
  • 威信スコアの使い方について 230
  • 1995年版職業威信スコア表 231
  • 1995年版職業威信スコア補足資料 237
  • 既発表成果一覧 241
  • CONTENTS
  • Preface to the 1995 SSM Research Series
  • Preface to Volume 5
  • 1 Occupational Prestige and Social Stratification: Social Stratification as Partial Order Hiroshi Taroumaru 1
  • 2 The Degree of Consensus on the Occupational Prestige Rating and Intersubjective Structure of Social Stratification Hiroshi Taroumaru 15
  • 3 The Basic Characteristics of Occupational Rating Value and Occupational Prestige Score Hiroshi Taroumaru 31
  • 4 Differences on Occupational Evaluations by Gender, Historical Period and Time Keiko Genji and Kazuharu Tsuzuki 45
  • 5 Model of Occupational Rating and Prestige Scores Kazuharu Tsuzuki 69
  • 6 Reconsidering Occupational Prestige Score as a Scale of Social Status Takayuki Yahara 87
  • 7 The Effect of Evaluative Criteria on the Occupational Evaluation Keiko Genji 107
  • 8 A Proposal of the New Occupational Prestige Score: The Effect of the Scale of Company on the Evaluation of Occupation Youichi Murase 125
  • 9 Social Grading of Occupational Categories in Japan: How many people insist on the opinion of "Every occupation is equal"? Ryogo Mabuchi 153
  • 10 The Meaning of Occupational Prestige Score Constructing Process Kazuharu Tsuzuki 181
  • 11 Automatic SSM Occupation Coding System by Natural Language Processing Kazuko Takahashi 195
  • Appendix 229
  • 1995年SSM調査シリーズ 6 現代日本の階層意識/目次
  • はしがき
  • 1 階層評価基準の静かな変容—階層帰属意識の規定要因の時系列比較— 吉川徹 1
  • 2 学歴と階層意識—学歴が階層帰属意識の形成に及ぼす二つの効果— 数土直紀 23
  • 3 出身階層と到達階層—世代間社会移動と社会意識— 山口洋 47
  • 4 権威主義的態度と現代の社会階層 轟亮 65
  • 5 階層帰属意識と生活満足感 前田忠彦 89
  • 6 階層帰属意識の動向—「安定化」か「分極化」か?— 間々田孝夫 113
  • 既発表成果一覧 137
  • 1995年SSM調査シリーズ 7 政治意識の現在/目次
  • はしがき
  • 1 社会階層と政治イデオロギー 小林久高 1
  • 2 政治意識における55年体制の変化と継続—政治と階層の再検討の試み— 盛山和夫 23
  • 3 職業と政党支持—1955〜1995年——日本における「階級政治」:業界代表モデルの提案— 宮野勝 45
  • 4 現代日本における左翼主義の衰退—1955年から1995年にかけての推移— 栗田宣義 65
  • 5 The Relationship Between Trust and Poltical Party Affiliation Alan S. Miller 87
  • 6 社会階層と政治参加—政党支持なし層における認知動員— 片瀬一男 101
  • 7 世代間社会移動と政治意識の再生産 樽本英樹 117
  • 8 関係的資源保有の格差と規定因—有力者との人間関係を指標とした政治的影響力の階層構造— 村瀬洋一 131
  • 9 社会参加にみる階層分化—社会階層と社会的活動— 豊島慎一郎 151
  • 既発表成果一覧 179
  • CONTENTS
  • Preface to Volume 7
  • 1 Social Stratification and Political Ideology Hisataka Kobayashi 1
  • 2 The '55 Regime' in Political Consciousness Kazuo Seiyama 23
  • 3 Occupation and Party Affiliation 1955-1995: Class Politics in Japan Masaru Miyano 45
  • 4 A Decline of Leftist Party Support from 1955 to 1995 in Japan Nobuyoshi Kurita 65
  • 5 The Relationship Between Trust and Political Party Affiliation Alan S. Miller 87
  • 6 Social Stratification and Political Participation: Cognitive-Mobilization in Independents Kazuo Katase 101
  • 7 Reproduction of Political Consciousness through Intergenerational Social Mobility Hideki Tarumoto 117
  • 8 The Difference of Relational Resources and its Explanatory Factors: Social Stratification of Power Measured by Relations to Influential Persons Yoichi Murase 131
  • 9 Social Stratification and Social Activities Shin'ichiro Toyoshima 151
  • Appendix 179
  • 1995年SSM調査シリーズ 8 公平感と社会階層/目次
  • はしがき
  • (1) 全般的不公平感の形成メカニズム
  • (1) 1 不公平感の生成メカニズム—なぜ属性・社会的地位は不公平感と結びつかないのか— 織田輝哉 1
  • (1) 2 階層クラスターと公正観 阿部晃士 25
  • (1) 3 「不公平感」の3つのタイプ 山岸俊男 41
  • (1) 4 A Sense of Fairness in Modern Japan: An Evaluation of Stratification System UMINO Michio 57
  • (2) 社会認知と公正理念
  • (2) 5 Does Fairness Play a Role in the Production of Reality in Japan?: Image of Allocation and Legitimization of the Society SAITO Yuriko 75
  • (2) 6 価値観・社会認知・マクロ公正理念 宮野勝 95
  • (3) ジェンダーと不公平感
  • (3) 7 男性の性別不公平認知 古宇田千恵 111
  • (3) 8 社会的不公平感の発現とジェンダー—「分配原理」に関する主観的リアリティとの関連— 岩間暁子 133
  • (4) 時空における不公平感の分布
  • (4) 9 不公平感の趨勢—既存調査の2次分析— 間淵領吾 149
  • (4) 10 日本の公正地図 小宮山智志 195
  • 既発表成果一覧 215
  • CONTENTS
  • Preface to Volume 8
  • (1) Backgrounds of Perceptions of Fairness
  • (1) 1 Generating Mechanism of Sense of Unfairness Teruya Oda 1
  • (1) 2 Clusters of Social Stratification and Perception of Justice Koji Abe 25
  • (1) 3 Three Types of Unfairness Toshio Yamagishi 41
  • (1) 4 Sense of Fairness in Modern Japan: An Evaluation of Stratification System Michio Umino 57
  • (2) Social Cognition and Just Principles
  • (2) 5 Does Fairness Play a Role in the Production of Reality in Japan?: Image of Allocation and Legitimization of the Society Yuriko Saito 75
  • (2) 6 Values, Social Cognition, and Distributive Justice Masaru Miyano 95
  • (3) Gender and Perceptions of Fairness
  • (3) 7 Men's Consciousness of Gender Inequality in Japan Chie Kouta 111
  • (3) 8 Gender Differences in Perception of Social Justice Akiko Iwama 133
  • (4) Longitudinal and Spatial Variations of Perceptions of Fairness
  • (4) 9 Contemporary Trends of the Perception of Fairness in Japan: Secondary Analysis of Survey Data from 1975 to 1995 Ryogo Mabuchi 149
  • (4) 10 Map of Perceptions of Justice Satoshi Komiyama 195
  • Appendix 215

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで