サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

自閉症 : その概念と治療に関する再検討

M.ラター, E.ショプラー 編著,丸井文男 監訳

詳細情報

タイトル 自閉症 : その概念と治療に関する再検討
著者 M.ラター, E.ショプラー 編著
著者 丸井文男 監訳
著者標目 Rutter, Michael, 1933-
著者標目 Schopler, Eric, 1927-2006
著者標目 丸井, 文男, -1996
シリーズ名 精神医学選書 ; 第8巻
出版地(国名コード) JP
出版地名古屋
出版社黎明書房
出版年月日等 2006.3
大きさ、容量等 663p ; 22cm
注記 1982年刊の復刻
注記 原タイトル: Autism
注記 文献あり
ISBN 4654001581
価格 12000円
JP番号 21016400
別タイトル Autism
出版年(W3CDTF) 2006
件名(キーワード) 自閉症
NDLC SC422
NDC(9版) 493.9375 : 内科学
原文の言語(ISO639-2形式) eng : English
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 自閉症 : その概念と治療に関する再検討
  • 目次
  • 緒言 1
  • 謝辞 3
  • 1 診断と定義 マイケル・ラター 11
  • 社会的特徴
  • 2 社会的,行動的,認知的特徴:疫学的接近 ローナ・ウィング 42
  • 3 自閉児の文化接触の困難性 ―比較行動学的方法の適用― ジョン・リッチャー 61
  • 4 社会的行動の評価 パトリシア・ホーリン 78
  • 心理学的,生理学的研究
  • 5 言語:条件づけを超越した問題 ドンW.チャーチル 86
  • 6 言語障害と小児自閉症 マイケル・ラター 102
  • 7 言語:何が異常であり,それは何故か ポーラ・メニューク 122
  • 8 神経生理学的研究 エドワードM.オルニッツ 136
  • 9 イメージと言語 ビート・ハームリン 159
  • 10 研究方法論:「正確な統制」とは何か ウィリアム・ユール 177
  • 生物学的調査研究
  • 11 生化学及び血液学的研究:評論的概観 E. R.リトヴォー,K.ラビン,A.ユーウィラー,B. J.フリーマン,E.ゲラー 188
  • 12 自閉症候群についての報告 メアリー・コールマン 212
  • 13 生化学的研究方法と概念 R.ロッドナイト 228
  • 14 幼児自閉症の神経生理学的解釈 G. R.デロング 234
  • 15 幼児自閉症における双生児研究 スーザン・フォルスタイン,M.ラター 247
  • 16 生物学的に等質か異質か エドワードM.オルニッツ 271
  • 家族的特徴
  • 17 親のパーソナリティ特徴 Wm.ジョージ・マークァドゥー,マリアンK.デマイヤー 280
  • 18 家族要因 デニスP.カントウェル,ロリアン・ベイカー,マイケル・ラター 299
  • 19 家族研究における方法論的差異の限界 エリック・ショプラー 325
  • 心理療法
  • 20 精神病児の両親に対する心理治療的働きかけ アーヴィンN.バーリン 332
  • 21 遊び・象徴・言語発達 オースティンM.デラウライヤー 344
  • 22 原因論と治療法:病因と治癒 マイケル・ラター 361
  • 生物学的治療
  • 23 薬物療法 M.キャンベル 372
  • 24 自閉児の治療 セオドア・シャピロ 388
  • 行動療法
  • 25 治療者としての親 O. I.ロヴァース 402
  • 26 家庭生活における自閉児とのかかわり方 R.ヘムズリイ,P.ホーリン,M.バーガー,D.ホルブルック,L.ハーソフ,M.ラター,W.ユール 414
  • 27 行動療法における両親のかかわり方の変化 エリック・ショプラー 447
  • 教育
  • 28 教育的接近 ローレンス・バルタック 458
  • 29 個別教育:公立学校のモデル マーガレットD.ランシング,エリック・ショプラー 474
  • 30 教育のねらいと手だて マリア・カーリアス 489
  • 追跡研究と予後
  • 31 正常知能をもつ「非定型」児100名の長期追跡 ジャネットL.ブラウン 500
  • 32 追跡研究 V.ロッター 514
  • 33 発達上の論点と予後 マイケル・ラター 539
  • 結論
  • 34 (被験者)選択の目的に応じたサブグループの多様性について エリック・ショプラー,マイケル・ラター 552
  • 監訳者あとがき 565
  • 参考文献 568
  • 事項索引 634
  • 人名索引 648

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで