サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

セルフケアの再獲得

安酸史子, 鈴木純恵, 吉田澄恵 編

詳細情報

タイトル セルフケアの再獲得
著者 安酸史子, 鈴木純恵, 吉田澄恵 編
著者標目 安酸, 史子, 1956-
著者標目 鈴木, 純恵
著者標目 吉田, 澄恵, 1963-
シリーズ名 ナーシング・グラフィカ ; 24. 成人看護学
出版地(国名コード) JP
出版地吹田
出版社メディカ出版
出版年月日等 2006.3
大きさ、容量等 226p ; 30cm
注記 文献あり
ISBN 4840411131
価格 3000円
JP番号 21102842
出版年(W3CDTF) 2006
件名(キーワード) 看護学
NDLC SC841
NDC(9版) 492.926 : 臨床医学.診断・治療
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • セルフケアの再獲得
  • contents
  • はじめに iii
  • 本書の特徴 v
  • 第1部 セルフケアの低下状態にある成人の理解
  • 第1部 1 成人にとってのセルフケア再獲得-セルフケアの低下した大人の理解と支援の視座
  • 第1部 1 1 成人とセルフケア 4
  • 第1部 1 2 成人とセルフケア再獲得 5
  • 第1部 1 3 成人の中途障害者とセルフケアの再獲得 6
  • 第1部 1 4 中途障害者のセルフケア再獲得の支援において考慮すべき要素 8
  • 第1部 1 4 1 「喪失」体験とセルフケア再獲得への意欲の湧出 8
  • 第1部 1 4 2 学習の困難さに合わせた支援 8
  • 第1部 1 4 3 人的・物的環境の整備 9
  • 第1部 1 5 セルフケア再獲得モデル 10
  • 第1部 2 セルフケアの低下と再獲得
  • 第1部 2 1 生命維持レベルのセルフケアの低下と再獲得 16
  • 第1部 2 1 1 生命維持機能とセルフケア 16
  • 第1部 2 1 2 セルフケア再獲得支援方法 19
  • 第1部 2 2 生活基本行動レベルのセルフケアの低下と再獲得 21
  • 第1部 2 2 1 生活基本行動とセルフケア 21
  • 第1部 2 2 2 セルフケア再獲得支援方法 22
  • 第1部 2 3 社会生活レベルのセルフケアの低下と再獲得 27
  • 第1部 2 3 1 社会生活とセルフケア 27
  • 第1部 2 3 2 セルフケア再獲得支援方法 29
  • 第1部 2 4 セルフケア再獲得プロセスにおける心理・精神的変化 34
  • 第1部 2 4 1 障害の受容に関連する議論 34
  • 第1部 2 4 2 ありのままのその人を受け止めること 37
  • 第1部 3 セルフケアの再獲得と自立
  • 第1部 3 1 依存と自立の概念 42
  • 第1部 3 1 1 依存とは 43
  • 第1部 3 1 2 自立とは 44
  • 第1部 3 2 依存から自立へ-自立の三側面を理解する 45
  • 第1部 3 3 依存による自立 48
  • 第1部 3 4 セルフケアにおける依存と自立 50
  • 第2部 セルフケア再獲得を支援する看護
  • 第2部 1 セルフケア低下状態のアセスメントと評価
  • 第2部 1 1 アセスメントと評価 56
  • 第2部 1 1 1 アセスメントとは 56
  • 第2部 1 1 2 評価とは 56
  • 第2部 1 2 アセスメントの視点 56
  • 第2部 1 3 アセスメントの内容と方法 58
  • 第2部 1 3 1 基礎情報 58
  • 第2部 1 3 2 セルフケアのアセスメント 58
  • 第2部 1 3 3 アセスメントの例 76
  • 第2部 2 セルフケア再獲得を支援する方法
  • 第2部 2 1 生命維持レベルのセルフケア再獲得への支援 80
  • 第2部 2 1 1 脳卒中急性期の生命維持レベルのセルフケア 80
  • 第2部 2 1 2 障害の拡大予防と機能回復の促進 80
  • 第2部 2 1 3 二次障害予防のための援助 81
  • 第2部 2 2 生活基本行動レベルのセルフケア再獲得への支援 84
  • 第2部 2 2 1 変化したセルフケア能力 84
  • 第2部 2 2 2 変化したセルフケア能力への心理的適応の援助 98
  • 第2部 2 2 3 「できるADL」から「しているADL」へ 99
  • 第2部 2 3 社会生活レベルのセルフケア再獲得への支援 100
  • 第2部 2 3 1 家庭生活に関わるセルフケア再獲得に向けた支援 102
  • 第2部 2 3 2 地域生活に関わるセルフケア再獲得に向けた支援 104
  • 第2部 2 3 3 職業生活に関わるセルフケア再獲得に向けた支援 105
  • 第2部 2 3 4 余暇生活に関わるセルフケア再獲得に向けた支援 106
  • 第2部 3 セルフケア再獲得を支援する人的システム
  • 第2部 3 1 医療・福祉関連職種によるチームアプローチ 110
  • 第2部 3 1 1 チームアプローチとは 110
  • 第2部 3 1 2 構成メンバーと各々の役割 112
  • 第2部 3 1 3 看護職の役割 112
  • 第2部 3 2 セルフヘルプグループへの参加 113
  • 第2部 3 2 1 セルフヘルプグループとは 113
  • 第2部 3 2 2 セルフヘルプグループの役割 114
  • 第2部 3 2 3 セルフケア再獲得におけるセルフヘルプグループの意義 115
  • 第2部 3 3 ボランティア活動の活用 116
  • 第2部 3 3 1 ボランティアとは 116
  • 第2部 3 3 2 保健・医療・福祉分野でのボランティア活動 116
  • 第2部 4 セルフケア再獲得を支援する法的システム
  • 第2部 4 1 医療保険制度 120
  • 第2部 4 2 介護保険制度 121
  • 第2部 4 3 障害者基本法 125
  • 第2部 4 4 身体障害者福祉法と諸資源 126
  • 第2部 4 4 1 所得保障 126
  • 第2部 4 4 2 施設と在宅サービス 127
  • 第2部 4 4 3 優遇サービス 128
  • 第2部 4 4 4 さまざまな施策 128
  • 第2部 4 4 5 ユニバーサルデザイン 128
  • 第2部 4 5 難病対策要綱 129
  • 第2部 5 アドボカシー
  • 第2部 5 1 セルフケア低下状態にある人のアドボカシー 132
  • 第2部 5 1 1 アドボカシーとは何か 132
  • 第2部 5 1 2 本人のアドボカシー 132
  • 第2部 5 1 3 家族のアドボカシー 133
  • 第2部 5 1 4 地域社会のアボカシー 134
  • 第3部 セルフケア再獲得を目指す看護の実際
  • 第3部 1-1 生命維持レベルのセルフケアの再獲得-脳出血急性期にある人の看護
  • 第3部 1-1 1 脳出血の病態と急性期の治療 140
  • 第3部 1-1 2 脳出血急性期における看護 141
  • 第3部 1-1 3 事例で考える脳出血生命維持レベルのセルフケア再獲得支援 141
  • 第3部 1-1 3 1 プロフィール 141
  • 第3部 1-1 3 2 急性期(第2病日)のセルフケアアセスメント 142
  • 第3部 1-1 3 3 看護計画と実施 146
  • 第3部 1-1 3 4 看護の実際 148
  • 第3部 1-1 3 5 評価のポイント 149
  • 第3部 1-2 生活基本行動レベルのセルフケアの再獲得-脳出血回復期にある人の看護
  • 第3部 1-2 1 脳出血の回復期の病態・治療・看護 152
  • 第3部 1-2 2 事例で考える脳出血回復期の生活基本行動レベルのセルフケア再獲得支援 153
  • 第3部 1-2 2 1 これまでの経過 153
  • 第3部 1-2 2 2 回復期(発症後2週間)のアセスメント 154
  • 第3部 1-2 2 3 看護計画と実施 157
  • 第3部 1-2 2 4 看護の実際 159
  • 第3部 1-2 2 5 評価のポイント 159
  • 第3部 1-3 家庭におけるセルフケアの再獲得-脳出血家庭復帰期にある人の看護
  • 第3部 1-3 1 脳出血の家庭復帰期における治療と看護 162
  • 第3部 1-3 2 退院後の生活における課題 163
  • 第3部 1-3 3 事例で考える脳出血患者の家庭復帰にむけたセルフケア再獲得支援 164
  • 第3部 1-3 3 1 これまでの経過 164
  • 第3部 1-3 3 2 家庭復帰期(退院後1ヵ月)のアセスメント 165
  • 第3部 1-3 3 3 看護計画と実施 168
  • 第3部 1-3 3 4 看護の実際-相談,患者・家族会紹介の援助場面 170
  • 第3部 1-3 3 5 評価のポイント 171
  • 第3部 2 家庭生活の役割遂行に関わるセルフケアの再獲得-関節リウマチをもつ人の看護
  • 第3部 2 1 関節リウマチの病態と治療 174
  • 第3部 2 2 関節リウマチと看護 177
  • 第3部 2 3 事例で考える関節リウマチをもつ人の役割遂行に関わるセルフケア再獲得支援 177
  • 第3部 2 3 1 プロフィール 177
  • 第3部 2 3 2 アセスメント 178
  • 第3部 2 3 3 看護計画と実施 182
  • 第3部 2 3 4 看護の実際 184
  • 第3部 2 3 5 評価のポイント 185
  • 第3部 3 職業生活とセクシュアリティに関わるセルフケアの再獲得-脊髄を損傷した人の看護
  • 第3部 3 1 脊髄損傷の病態と治療 188
  • 第3部 3 2 背髄損傷者の看護 191
  • 第3部 3 2 1 急性期の看護 191
  • 第3部 3 2 2 回復期・維持期の看護 191
  • 第3部 3 2 3 セクシュアリティに関わるセルフケアの再獲得の看護 192
  • 第3部 3 2 4 職業年活に関わるセルフケアの再獲得の看護 193
  • 第3部 3 3 事例で考える脊髄を損傷した人の職業生活とセクシュアリティに関わるセルフケア再獲得支援 195
  • 第3部 3 3 1 プロフィール 195
  • 第3部 3 3 2 アセスメント 196
  • 第3部 3 3 3 看護計画と実施 199
  • 第3部 3 3 4 看護の実際-セクシュアリティに関する支援場面 201
  • 第3部 3 3 5 評価のポイント 202
  • 第3部 4 地域生活や余暇生活に関わるセルフケアの再獲得-中途視覚障害者のコミュニケーションに対する支援
  • 第3部 4 1 中途視覚障害者の置かれている状況 204
  • 第3部 4 1 1 中途視覚障害者の特徴 204
  • 第3部 4 1 2 中途視覚障害のために生じる不自由 204
  • 第3部 4 1 3 セルフケア再獲得の開始は視覚障害の発生したそのときから 204
  • 第3部 4 1 4 大切な心のケア 205
  • 第3部 4 2 中途視覚障害者の看護 206
  • 第3部 4 3 事例で考える中途視覚障害者のコミュニケーションに関わるセルフケア再獲得支援 209
  • 第3部 4 3 1 プロフィール 209
  • 第3部 4 3 2 アセスメント 209
  • 第3部 4 3 3 看護計画と実施 212
  • 第3部 4 3 4 看護の実際-地域・余暇生活の支援場面 214
  • 第3部 4 3 5 評価のポイント 214
  • ●コラム
  • 疾病発見の遅れ 108
  • 中途障害者の生活習慣病 215
  • ●資料1 身体障害者障害程度等級表 216
  • ●資料2 障害者基本法 218
  • 看護師国家試験出題基準(平成15年版)対照表 222
  • 索引 224

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで