サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

民俗学への道

宮田登 著

詳細情報

タイトル 民俗学への道
著者 宮田登 著
著者標目 宮田, 登, 1936-2000
著者標目 宮田, 登, 1936-2000
シリーズ名 宮田登日本を語る ; 1
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社吉川弘文館
出版年月日等 2006.2
大きさ、容量等 233p ; 20cm
注記 肖像あり
ISBN 4642071334
価格 2600円
JP番号 20984608
部分タイトル 民俗学事始め 疎開の体験と民俗学 わが学問事始め 民俗学への道 うつろいゆくものを見据えて 民俗・民間信仰のもつ多様性とその可能性 課題の深化に向かって モロッコとパリ パリからケンブリッジへ
部分タイトル 私の民俗学 文献から拡がる民俗的世界 民俗資料としての随筆 『古語拾遺』と民俗学 地域史と環境伝承 身近な生活史と手作りの歴史 民俗学と生涯学習体系 民俗学からみた性教育 しごとの周辺 神の怒り 地名を守る オカルトばやり 三本立て映画の時代に横溢していたもの 峡谷の民俗・道志七里
部分タイトル 民俗学の視点 民俗研究の新しい課題 現代民俗学の行方 歴史観と民俗学 「歴史民俗学」ノート 民俗の視点 二つのミンゾク学
部分タイトル 解説 / 福田アジオ 著
シリーズ著者宮田登 著
出版年(W3CDTF) 2006
件名(キーワード) 民俗学
NDLC GD1
NDC(9版) 380.1 : 風俗習慣.民俗学.民族学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで