サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

批評をめぐる試み : 1964

ロラン・バルト [著],吉村和明 訳

詳細情報

タイトル 批評をめぐる試み : 1964
著者 ロラン・バルト [著]
著者 吉村和明 訳
著者標目 Barthes, Roland, 1915-1980
著者標目 吉村, 和明, 1954-
著者標目 Barthes, Roland, 1915-1980
シリーズ名 ロラン・バルト著作集 ; 5
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社みすず書房
出版年月日等 2005.12
大きさ、容量等 427p ; 21cm
注記 原タイトル: Essais critiques in oeuvres completes
注記 年譜あり
ISBN 4622081156
価格 5500円
JP番号 20960671
別タイトル Essais critiques in oeuvres completes
部分タイトル 事物としての世界 対物的文学 ボードレールの演劇 盲目の〈肝っ玉おっ母〉 ブレヒト的革命 舞台衣装の病 字義通りの文学 古代をどのように上演するか いかなる演劇のアヴァンギャルドか? ブレヒト的批判の責務 〈意欲〉はわれわれを焼き尽くし… 最後の幸福な作家 ロブ=グリエ派など存在しない 文学とメタ言語 タキトゥスと死に彩られたバロック 魔女 『地下鉄のサジ』と文学 労働者と牧師 カフカの返答 ブレヒトの『母』について 作家と著述家 今日の文学 両方の側から 文学と不連続 三面記事の構造 ロブ=グリエに関する現状分析? 記号に関する想像力 構造主義的活動 ラ・ブリュイエール 目の隠喩 二つの批評 批評とは何か? 文学と意味作用
シリーズ著者ロラン・バルト [著]
出版年(W3CDTF) 2005
NDLC KR152
NDC(9版) 954.7 : 評論.エッセイ.随筆
原文の言語(ISO639-2形式) fre :
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで