サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

古代中世の社会変動と宗教

義江彰夫 編

詳細情報

タイトル 古代中世の社会変動と宗教
著者 義江彰夫 編
著者標目 義江, 彰夫, 1943-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社吉川弘文館
出版年月日等 2006.1
大きさ、容量等 303p ; 22cm
ISBN 464202445X
価格 11000円
JP番号 20957844
部分タイトル 社会の構造と変容 文献史料からみた古代における土器の生産・流通 / 古尾谷知浩 著
部分タイトル 九世紀後期における地方社会の変転過程 / 有富純也 著
部分タイトル 鎌倉武士の婚姻形態についての一試論 / 石策竜喜 著
部分タイトル 十四世紀における二つの近代 / 東島誠 著
部分タイトル 宗教と社会 九世紀後半の授戒に関する一考察 / 手島崇裕 著
部分タイトル 文書を焼く / 稲田奈津子 著
部分タイトル 日本中世の王権と教権 / 佐々木馨 著
部分タイトル 中世の橘寺と西大寺流 / 追塩千尋 著
部分タイトル 宗教と文化 古代地域社会における祭祀・儀礼と人名 / 三上喜孝 著
部分タイトル 『三教指帰』における儒教と道教 / 雋雪艶 著
部分タイトル 本地垂迹を説く無住の方法とその三教観 / 陸晩霞 著
出版年(W3CDTF) 2006
件名(キーワード) 日本--歴史--古代--論文集
件名(キーワード) 日本--歴史--中世--論文集
NDLC GB161
NDLC GB211
NDC(9版) 210.3 : 日本史
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 古代中世の社会変動と宗教
  • 目次
  • はしがき 義江彰夫
  • I 社会の構造と変容
  • I 文献史料からみた古代における土器の生産・流通 古尾谷知浩 二
  • I 九世紀後期における地方社会の変転過程 有富純也 四一
  • I 鎌倉武士の婚姻形態についての一試論-男女の出会いの場としての将軍御所の役割を中心として- 石策竜喜 六三
  • I 十四世紀における二つの近代-市民社会の死産と天皇制の誕生- 東島誠 八九
  • II 宗教と社会
  • II 九世紀後半の授戒に関する一考察-南北授戒制相互の影響関係に注目して- 手島崇裕 一一四
  • II 文書を焼く 稲田奈津子 一五一
  • II 日本中世の王権と教権 佐々木馨 一七〇
  • II 中世の橘寺と西大寺流 追塩千尋 二〇八
  • III 宗教と文化
  • III 古代地域社会における祭祀・儀礼と人名-墨書土器の検討から- 三上喜孝 二三六
  • III 『三教指帰』における儒教と道教 雋雪艶 二五八
  • III 本地垂迹を説く無住の方法とその三教観-『沙石集』における“方便”の多様性を手がかりに- 陸晩霞 二六七
  • あとがき 上杉和彦,西田友広

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで