サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

タンパク質の翻訳後修飾解析プロトコール : リン酸化,糖鎖修飾,ユビキチン化,アセチル化,メチル化,脂質修飾の解析方法を網羅!

稲垣昌樹 編

詳細情報

タイトル タンパク質の翻訳後修飾解析プロトコール : リン酸化,糖鎖修飾,ユビキチン化,アセチル化,メチル化,脂質修飾の解析方法を網羅!
著者 稲垣昌樹 編
著者標目 稲垣, 昌樹, 1956-
シリーズ名 実験医学別冊. 注目のバイオ実験シリーズ
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社羊土社
出版年月日等 2006.1
大きさ、容量等 286p ; 26cm
注記 文献あり
ISBN 489706418X
価格 5800円
JP番号 20955145
出版年(W3CDTF) 2006
件名(キーワード) 蛋白質
NDLC RA78
NDC(9版) 464.2 : 生化学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • タンパク質の翻訳後修飾解析プロトコール : リン酸化,糖鎖修飾,ユビキチン化,アセチル化,メチル化,脂質修飾の解析方法を網羅!
  • 実験医学別冊 注目のバイオ実験シリーズタンパク質の翻訳後修飾解析プロトコールリン酸化,糖鎖修飾,ユビキチン化,アセチル化,メチル化,脂質修飾の解析方法を網羅!Contents
  • 序 稲垣昌樹
  • 1章 リン酸化の解析
  • 1章 概論 リン酸化の解析によるタンパク質翻訳後修飾の解析 稲垣昌樹 12
  • 1章 (1) RI標識によるリン酸化部位の同定法 後藤英仁 16
  • 1章 (2) 質量分析によるタンパク質リン酸化の解析 谷口寿章,山内英美子 33
  • 1章 (3) 抗リン酸化(ペプチド)抗体を用いた解析法 後藤英仁,稲垣昌樹 42
  • 1章 (4) リン酸化反応検出のための32Pラベル法 後藤英仁 58
  • 2章 糖鎖修飾の解析
  • 2章 概論 糖鎖修飾の概説と簡便な解析法 神奈木玲児,宮崎敬子,林啓智,後藤嘉子 62
  • 2章 (1) N-結合型糖鎖の構造解析
  • 2章 (1) 多次元HPLCマップ法を用いた方法 矢木宏和,高橋禮子,加藤晃一 72
  • 2章 (2) O-結合型糖鎖の構造解析 長束俊治,長谷純宏 81
  • 2章 (3) グリコサミノグリカン糖鎖の構造解析法 山田修平,菅原一幸 89
  • 2章 (4) 質量分析による糖タンパク質の構造解析
  • 2章 (4) 部位特異的な糖鎖構造解析 和田芳直,田尻道子 98
  • 2章 (5) 特殊なO-グリカン修飾の解析 遠藤玉夫 105
  • 3章 ユビキチン化の解析
  • 3章 概論 ユビキチンとユビキチン様タンパク質によるタンパク質の翻訳後修飾 菊池章 120
  • 3章 (1) ポリユビキチン化の解析
  • 3章 (1) β-カテニンのユビキチン化解析 日野真一郎,菊池章 126
  • 3章 (2) モノユビキチン化の解析 嘉村巧 134
  • 3章 (3) SUMO化の解析 井原基公,菊池章 139
  • 3章 (4) NEDD8化の解析 千葉智樹,田中啓二 148
  • 4章 アセチル化の解析
  • 4章 概論 タンパク質アセチル化の解析 伊藤昭博,吉田稔 154
  • 4章 (1) HAT活性測定法
  • 4章 (1) ヒストンアセチル化解析法 垣野明美,井倉毅 158
  • 4章 (2) HDAC活性測定法
  • 4章 (2) ヒストンの脱アセチル化解析法 伊藤昭博,吉田稔 164
  • 5章 メチル化の解析
  • 5章 概論 タンパク質のメチル化修飾 眞貝洋一 170
  • 5章 (1) 質量分析によるメチル化の解析 里見佳典,高尾敏文 173
  • 5章 (2) ヒストンを用いたメチル化検出と,ヒストンメチル化酵素活性測定 立花誠 180
  • 6章 脂質修飾の解析
  • 6章 概論 タンパク質の脂質修飾 深田吉孝 186
  • 6章 (1) N-ミリストイル化の検出
  • 6章 (1) 無細胞タンパク質合成系における代謝標識を用いた解析 内海俊彦 195
  • 6章 (2) パルミトイル化の検出
  • 6章 (2) 遺伝子導入細胞における代謝標識を用いた解析 内海俊彦 206
  • 6章 (3) イソプレニル化の解析
  • 6章 (3) 視細胞の三量体Gタンパク質の精製と翻訳後修飾の同定 葛西秀俊,深田吉孝 216
  • 6章 (4) ファルネシル化タンパク質のグローバルな解析 玉野井冬彦 225
  • 6章 (5) GPIアンカー型タンパク質の解析 田嶌優子,前田裕輔 231
  • 7章 脱リン酸化解析・キナーゼ
  • 7章 (1) 脱リン酸化解析
  • 7章 (1) i) 阻害剤を用いたPP1およびPP2Aの機能解析 三橋進也,菊池九二三 238
  • 7章 (1) ii) PP2B/カルシニューリンの脱リン酸化能測定 石川雄一郎,芝崎太 244
  • 7章 (1) iii) PP2Cの発現と活性測定法 小林孝安,田村眞理 254
  • 7章 (2) 大腸菌発現系を用いた活性キナーゼ調製法 白水崇 260
  • 7章 (3) バキュロウイルスと昆虫細胞を用いた活性キナーゼの調製 横山智哉 266
  • 7章 (4) プロテインキナーゼ阻害剤 飯島洋 276
  • 索引 284

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで