サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

魚の科学事典

谷内透, 中坊徹次, 宗宮弘明, 谷口旭, 青木一郎, 日野明徳, 渡邊精一, 阿部宏喜, 藤井建夫, 秋道智彌 編

詳細情報

タイトル 魚の科学事典
著者 谷内透, 中坊徹次, 宗宮弘明, 谷口旭, 青木一郎, 日野明徳, 渡邊精一, 阿部宏喜, 藤井建夫, 秋道智彌 編
著者標目 谷内, 透, 1939-
著者標目 中坊, 徹次, 1949-
著者標目 宗宮, 弘明, 1946-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 2005.11
大きさ、容量等 597p ; 22cm
注記 文献あり
ISBN 4254171250
価格 20000円
JP番号 20950413
出版年(W3CDTF) 2005
件名(キーワード)
件名(キーワード) 漁業
NDLC RA2
NDLC RA554
NDLC RB711
NDC(9版) 487.5 : 脊椎動物
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 魚の科学事典
  • 目次
  • I. 魚の構造と機能
  • I. 1. 魚の分類と形態 [編集:中坊徹次] 2
  • I. 1. 1.1 魚類分類学とはどういうものか 2
  • I. 1. 1.1 1.1.1 分類学と分類体系 [中坊徹次] 2
  • I. 1. 1.1 1.1.2 種-分類学の基本単位 4
  • I. 1. 1.1 1.1.3 魚類の名称-学名と標準和名 5
  • I. 1. 1.1 1.1.4 比較形態学による分類と系統 [土居内竜] 7
  • I. 1. 1.1 1.1.5 分子情報による集団および系統分析 [中山耕至] 13
  • I. 1. 1.2 メクラウナギ類 [中坊徹次] 19
  • I. 1. 1.3 ヤツメウナギ類 20
  • I. 1. 1.4 軟骨魚類 [白井滋] 22
  • I. 1. 1.4 1.4.1 概説 22
  • I. 1. 1.4 1.4.2 全頭類 34
  • I. 1. 1.4 1.4.3 板鰓類 34
  • I. 1. 1.5 硬骨魚類 38
  • I. 1. 1.5 1.5.1 概説 [中坊徹次] 38
  • I. 1. 1.5 1.5.2 条鰭類 [甲斐嘉晃] 39
  • I. 1. 1.5 1.5.3 肉鰭類 [中坊徹次] 68
  • I. 2. 魚の解剖と生理 [編集:宗宮弘明] 70
  • I. 2. 2.1 呼吸・循環・血液系 [石松惇] 70
  • I. 2. 2.1 2.1.1 呼吸 70
  • I. 2. 2.1 2.1.2 循環 74
  • I. 2. 2.1 2.1.3 血液 76
  • I. 2. 2.2 消化・吸収・排泄系 [黒川忠英] 79
  • I. 2. 2.2 2.2.1 消化器系 79
  • I. 2. 2.2 2.2.2 排出器官 86
  • I. 2. 2.3 生殖・浸透圧調節・内分泌系 [金子豊二] 90
  • I. 2. 2.3 2.3.1 生殖 90
  • I. 2. 2.3 2.3.2 浸透圧調節 94
  • I. 2. 2.3 2.3.3 内分泌系 98
  • I. 2. 2.4 感覚器系 [宗宮弘明] 103
  • I. 2. 2.4 2.4.1 化学受容器 103
  • I. 2. 2.4 2.4.2 視覚器 108
  • I. 2. 2.4 2.4.3 有毛細胞関連感覚-聴・平衡感覚器と側線・電気感覚器 112
  • I. 2. 2.5 運動系 [松島俊也] 119
  • I. 2. 2.5 2.5.1 運動系の機械的特性 119
  • I. 2. 2.5 2.5.2 運動系の制御システム-脊髄 122
  • I. 2. 2.6 神経系 [山本直之] 132
  • I. 2. 2.6 2.6.1 神経系の構成と役割 132
  • I. 2. 2.6 2.6.2 神経系の個体発生 134
  • I. 2. 2.6 2.6.3 神経系の系統発生-外部形態と種差 134
  • I. 2. 2.6 2.6.4 末梢神経系の構成と機能 134
  • I. 2. 2.6 2.6.5 中枢神経系の主要な内部構造と機能 137
  • I. 2. 2.6 2.6.6 感覚路 142
  • I. 2. 2.6 2.6.7 下行路 144
  • I. 2. 2.7 ゲノム [坂本崇] 147
  • I. 2. 2.7 2.7.1 魚類ゲノムの基礎知識 147
  • I. 2. 2.7 2.7.2 ゲノム解析の現状,遺伝子地図 149
  • I. 2. 2.7 2.7.3 ゲノム情報の産業への利用の試み 153
  • I. 3. 魚の生態 [編集:谷内透] 158
  • I. 3. 3.1 食性 [佐原雄二] 158
  • I. 3. 3.1 3.1.1 さまざまな食性 158
  • I. 3. 3.1 3.1.2 食性とは何か 159
  • I. 3. 3.1 3.1.3 「採餌」と「摂餌」 159
  • I. 3. 3.1 3.1.4 魚の形態と食性 159
  • I. 3. 3.1 3.1.5 食性と感覚器官 160
  • I. 3. 3.1 3.1.6 食性と摂食器官・消化器官 161
  • I. 3. 3.1 3.1.7 食性と体サイズ 163
  • I. 3. 3.1 3.1.8 成長に伴う食性変化 163
  • I. 3. 3.1 3.1.9 採餌のタイミング 165
  • I. 3. 3.1 3.1.10 動物食と植物食 165
  • I. 3. 3.1 3.1.11 濾過摂餌と個別摂餌(粒子摂餌) 166
  • I. 3. 3.1 3.1.12 餌密度と食性 167
  • I. 3. 3.1 3.1.13 採餌の日周期 167
  • I. 3. 3.1 3.1.14 採餌活動の季節変化 167
  • I. 3. 3.1 3.1.15 摂食量 169
  • I. 3. 3.2 繁殖 [桑村哲生] 171
  • I. 3. 3.2 3.2.1 性様式の進化 171
  • I. 3. 3.2 3.2.2 受精様式と子の保護 174
  • I. 3. 3.2 3.2.3 繁殖戦略と配偶システム 177
  • I. 3. 3.3 移動と回遊 [谷内透] 182
  • I. 3. 3.3 3.3.1 移動 182
  • I. 3. 3.3 3.3.2 回遊 185
  • I. 3. 3.4 行動 [益田玲爾] 197
  • I. 3. 3.4 3.4.1 群れ 197
  • I. 3. 3.4 3.4.2 その他の捕食回避行動 200
  • I. 3. 3.4 3.4.3 攻撃行動 201
  • I. 3. 3.4 3.4.4 摂餌行動 202
  • I. 3. 3.4 3.4.5 繁殖行動 203
  • I. 3. 3.4 3.4.6 日周性 204
  • I. 3. 3.4 3.4.7 共生 205
  • I. 3. 3.4 3.4.8 擬態 207
  • I. 3. 3.4 3.4.9 学習 207
  • I. 3. 3.4 3.4.10 魚類行動研究の意義と展望 209
  • I. 4. 魚の環境 [編集:谷口旭] 212
  • I. 4. 4.1 魚の生活圏としての水中の環境 [谷口旭] 212
  • I. 4. 4.1 4.1.1 水中環境を決定する水の性質 212
  • I. 4. 4.1 4.1.2 水中環境の特徴と区分 216
  • I. 4. 4.1 4.1.3 環境の劣化と保全修復 222
  • I. 4. 4.2 淡水の環境 [丸山隆] 224
  • I. 4. 4.2 4.2.1 湖沼 224
  • I. 4. 4.2 4.2.2 河川 227
  • I. 4. 4.3 海洋の環境 [谷口旭] 243
  • I. 4. 4.3 4.3.1 海洋の地理学的区分 243
  • I. 4. 4.3 4.3.2 日本の海と海流 244
  • I. 4. 4.3 4.3.3 深さによる区分 248
  • I. 4. 4.4 海洋の生物環境 251
  • I. 4. 4.4 4.4.1 植物にとって過酷な海の環境 252
  • I. 4. 4.4 4.4.2 過酷な海洋環境への適応 252
  • I. 4. 4.4 4.4.3 海の植食者,動物プランクトン 253
  • I. 4. 4.4 4.4.4 小型浮魚-多穫性魚類 255
  • I. 4. 4.5 典型的な海洋生態系-亜寒帯海域と亜熱帯海域における表層生態系 256
  • I. 4. 4.5 4.5.1 亜寒帯海域 256
  • I. 4. 4.5 4.5.2 植物プランクトンの春季大増殖(ブルーミング) 257
  • I. 4. 4.5 4.5.3 亜寒帯海域における動物プランクトンの越冬生態 258
  • I. 4. 4.5 4.5.4 亜熱帯海域 258
  • I. 4. 4.5 4.5.5 多穫性浮魚類の回遊生態 259
  • II. 魚と漁業
  • II. 5. 魚と漁獲 [編集:青木一郎] 262
  • II. 5. 5.1 日本と世界の漁業生産 [青木一郎] 262
  • II. 5. 5.1 5.1.1 日本の漁業生産 263
  • II. 5. 5.1 5.1.2 世界の漁業生産 265
  • II. 5. 5.2 漁場の形成と探索 [為石日出生] 272
  • II. 5. 5.2 5.2.1 魚群の回遊や漁場形成の考え方 272
  • II. 5. 5.2 5.2.2 適水温と適水色の漁場探査 273
  • II. 5. 5.2 5.2.3 過去の漁場形成論と新しい方向性 274
  • II. 5. 5.2 5.2.4 暖水渦と暖水ストリーマの魚群分布回遊 274
  • II. 5. 5.2 5.2.5 魚種別漁場形成 277
  • II. 5. 5.3 漁具漁法と魚の行動 [東海正] 294
  • II. 5. 5.3 5.3.1 魚の行動 295
  • II. 5. 5.3 5.3.2 漁法の分類 295
  • II. 5. 5.3 5.3.3 探魚と集魚 296
  • II. 5. 5.3 5.3.4 漁具の分類 296
  • II. 5. 5.3 5.3.5 漁具選択性と混獲・投棄 297
  • II. 5. 5.3 5.3.6 代表的な漁具とその漁獲過程 298
  • II. 5. 5.4 持続可能な漁業 [三浦汀介] 308
  • II. 5. 5.4 5.4.1 日本の漁業の現状 309
  • II. 5. 5.4 5.4.2 持続可能な漁業のための教育・研究 310
  • II. 5. 5.4 5.4.3 持続可能な漁業研究の事例 311
  • II. 5. 5.4 5.4.4 実践の枠組み 318
  • II. 6. 魚と増養殖 [編集:日野明徳] 321
  • II. 6. 6.1 魚の増殖 [日野明徳] 321
  • II. 6. 6.1 6.1.1 増殖の生態学 322
  • II. 6. 6.1 6.1.2 増殖の技法 324
  • II. 6. 6.1 6.1.3 栽培漁業 331
  • II. 6. 6.1 6.1.4 増殖の課題 340
  • II. 6. 6.2 魚の養殖 [熊井英水] 343
  • II. 6. 6.2 6.2.1 魚類養殖総論 343
  • II. 6. 6.2 6.2.2 魚類養殖各論 351
  • II. 6. 6.3 病気と対策 [若林久嗣] 365
  • II. 6. 6.3 6.3.1 魚の病気の特徴 365
  • II. 6. 6.3 6.3.2 種苗生産における病気 373
  • II. 6. 6.3 6.3.3 養殖生産における病気 375
  • II. 6. 6.3 6.3.4 病気の診断と治療 378
  • II. 6. 6.3 6.3.5 病気の予防 381
  • II. 7. 魚と資源 [編集:渡辺精一] 385
  • II. 7. 7.1 魚の資源生態 [大関芳沖] 385
  • II. 7. 7.1 7.1.1 生活史 385
  • II. 7. 7.1 7.1.2 成長 387
  • II. 7. 7.1 7.1.3 摂餌 391
  • II. 7. 7.1 7.1.4 繁殖 393
  • II. 7. 7.1 7.1.5 減耗要因 396
  • II. 7. 7.2 生態系と資源 399
  • II. 7. 7.2 7.2.1 海洋生態系の特徴と水産資源 [西村明],[谷津明彦] 399
  • II. 7. 7.2 7.2.2 種間関係 400
  • II. 7. 7.2 7.2.3 生態系と資源動態 402
  • II. 7. 7.2 7.2.4 生態系の人為撹乱と侵入種 [渡辺精一] 407
  • II. 7. 7.3 個体群動態 [赤嶺達郎] 409
  • II. 7. 7.3 7.3.1 個体群と系群 409
  • II. 7. 7.3 7.3.2 個体群のダイナミックス 410
  • II. 7. 7.3 7.3.3 単一種モデル 410
  • II. 7. 7.3 7.3.4 複数種モデル 412
  • II. 7. 7.4 海洋環境と資源動態 [谷津明彦],「西村明] 415
  • II. 7. 7.4 7.4.1 海洋環境とその変動 415
  • II. 7. 7.4 7.4.2 環境と資源の中長期的変化の関係 417
  • II. 7. 7.5 資源の管理 [平松一彦] 420
  • II. 7. 7.5 7.5.1 水産資源の特徴 420
  • II. 7. 7.5 7.5.2 資源評価 420
  • II. 7. 7.5 7.5.3 資源管理の方法 422
  • II. 7. 7.5 7.5.4 資源評価と資源管理の実際 425
  • II. 7. 7.5 7.5.5 主要種の動向 427
  • III. 魚と文化
  • III. 8. 魚と健康 [編集:阿部宏喜] 430
  • III. 8. 8.1 魚食と健康(食品の一次機能) [阿部宏喜] 430
  • III. 8. 8.1 8.1.1 日本型食生活 430
  • III. 8. 8.1 8.1.2 魚介類のタンパク質と脂質 432
  • III. 8. 8.1 8.1.3 魚介類のビタミンとミネラル 434
  • III. 8. 8.2 魚介類の味(食品の二次機能) [白井隆明] 440
  • III. 8. 8.2 8.2.1 エキス成分 440
  • III. 8. 8.2 8.2.2 魚の味 443
  • III. 8. 8.2 8.2.3 無脊椎動物の味 444
  • III. 8. 8.2 8.2.4 魚介類の旬 448
  • III. 8. 8.3 機能性成分と健康(食品の三次機能) 450
  • III. 8. 8.3 8.3.1 脂質の機能性 [郡山剛] 450
  • III. 8. 8.3 8.3.2 アミノ酸,ペプチド [阿部宏喜] 459
  • III. 8. 8.3 8.3.3 多糖類 468
  • III. 8. 8.3 8.3.3 a. 海藻多糖 [天野秀臣] 468
  • III. 8. 8.3 8.3.3 b. キチン,キトサン [川原裕之] 475
  • III. 9. 魚と食文化 [編集:藤井建夫] 483
  • III. 9. 9.1 水産加工品の誕生 [藤井建夫] 483
  • III. 9. 9.1 9.1.1 水産物に多い珍味 483
  • III. 9. 9.1 9.1.2 鮮度低下の早い水産原料 484
  • III. 9. 9.1 9.1.3 腐敗と発酵 486
  • III. 9. 9.1 9.1.4 貯蔵のための水産加工 486
  • III. 9. 9.2 鮓から刺身へ-生食の系譜 [神崎宣武] 488
  • III. 9. 9.2 9.2.1 日本の風土がつくった鮓 488
  • III. 9. 9.2 9.2.2 古くに熟鮓あり 490
  • III. 9. 9.2 9.2.3 江戸の町で早鮓が流行 491
  • III. 9. 9.2 9.2.4 刺身も江戸の町から 493
  • III. 9. 9.3 煮魚と焼き魚-日常の副食とハレの馳走 [山本志乃] 495
  • III. 9. 9.3 9.3.1 貴重だった魚 495
  • III. 9. 9.3 9.3.2 庶民の食の日常と非日常 496
  • III. 9. 9.3 9.3.3 日本料理のなかの煮魚・焼き魚 499
  • III. 9. 9.3 9.3.4 華ひらく江戸の料理文化と煮売り・焼き売り 502
  • III. 9. 9.4 干物と塩物-保存食の系譜 504
  • III. 9. 9.4 9.4.1 流通のための保存の必然 504
  • III. 9. 9.4 9.4.2 古代諸国からの水産物の貢納 505
  • III. 9. 9.4 9.4.3 近世・近代のアイモノ商-直江津の海産物商を中心に 506
  • III. 9. 9.4 9.4.4 年取りの鰤-越中から飛騨,そして信州へ 508
  • III. 9. 9.4 9.4.5 海の魚へのあくなき執着 509
  • III. 9. 9.5 いしる,しよっつる,くさや汁-魚醤の系譜 [神崎宣武] 511
  • III. 9. 9.5 9.5.1 古くに魚の醤あり 511
  • III. 9. 9.5 9.5.2 魚醤から豆醤・穀醤へ 513
  • III. 9. 9.5 9.5.3 魚醤の残存例から 515
  • III. 9. 9.6 昆布,かつお節,煮干-だしの系譜 517
  • III. 9. 9.6 9.6.1 だしのうま味 517
  • III. 9. 9.6 9.6.2 魚からだしをとる日本の食文化 518
  • III. 9. 9.6 9.6.3 かつお節の歴史 519
  • III. 9. 9.6 9.6.4 煮干は西日本一帯に分布 521
  • III. 9. 9.6 9.6.5 昆布の流通 521
  • III. 9. 9.6 9.6.6 だしのはじめに魚醤ありか 524
  • III. 10. 魚と民俗・伝承 [編集:秋道智弥] 526
  • III. 10. 10.1 魚の民俗-多様性と伝統 [秋道智弥] 526
  • III. 10. 10.1 10.1.1 魚の民俗-民族魚類学の世界 526
  • III. 10. 10.1 10.1.2 魚食文化と日本人 527
  • III. 10. 10.1 10.1.3 魚の民俗の均一性と地域性 530
  • III. 10. 10.2 川・湖沼の魚と民俗 [菅豊] 534
  • III. 10. 10.2 10.2.1 アユ 534
  • III. 10. 10.2 10.2.2 サケ,マス 535
  • III. 10. 10.2 10.2.3 コイ 537
  • III. 10. 10.2 10.2.4 フナ,キンギョ 539
  • III. 10. 10.2 10.2.5 ウナギ 540
  • III. 10. 10.3 回遊魚の民俗 [橋村修] 541
  • III. 10. 10.3 10.3.1 回遊魚の民俗とは 541
  • III. 10. 10.3 10.3.2 漁法 545
  • III. 10. 10.3 10.3.3 漁村・漁撈組織 546
  • III. 10. 10.3 10.3.4 儀礼と食文化 546
  • III. 10. 10.3 10.3.5 回遊魚の地方名と文化の違い 549
  • III. 10. 10.4 水田の魚と民俗 [安室知] 551
  • III. 10. 10.4 10.4.1 二次的自然としての水田用水系-水田稲作により創造される自然 551
  • III. 10. 10.4 10.4.2 水田魚類の存在-二次的自然の象徴 551
  • III. 10. 10.4 10.4.3 水田魚類の広がり 553
  • III. 10. 10.4 10.4.4 水田用水系と水田魚類の関係 554
  • III. 10. 10.5 魚名文化論 [中井精一] 557
  • III. 10. 10.5 10.5.1 魚名にみる日本語語彙の特質 557
  • III. 10. 10.5 10.5.2 優勢魚名と地域バリエーション 557
  • III. 10. 10.5 10.5.3 社会環境と魚の地域名称 558
  • III. 10. 10.5 10.5.4 魚名から見えてくる日本の原像 561
  • III. 10. 10.6 カミの魚 [矢野憲一] 563
  • III. 10. 10.7 モノと道具としての魚介類 [後藤明] 566
  • III. 10. 10.7 10.7.1 皮や内臓の利用 566
  • III. 10. 10.7 10.7.2 歯と骨 568
  • III. 10. 10.7 10.7.3 海獣類の歯や骨の利用 569
  • III. 10. 10.7 10.7.4 貝類の利用 571
  • III. 10. 10.8 魚と行事・人生儀礼 [矢野憲一] 572
  • III. 10. 10.9 魚と女性 [三木奈都子] 574
  • III. 10. 10.9 10.9.1 漁撈活動 574
  • III. 10. 10.9 10.9.2 陸上作業 576
  • III. 10. 10.9 10.9.3 加工流通 578
  • III. 10. 10.9 10.9.4 女性禁忌 579
  • III. 10. 10.9 10.9.5 地域活動 580
  • 索引 583
  • コラム
  • 山の神,オコゼ,ヤマノカミ 87
  • 魚の回遊と微細渦の発見 101
  • 雌はツルツル,雄はザラザラ 129
  • シイラ漬漁業 155
  • トゲ筌 168
  • パウリの提唱 179
  • タコ漁のさまざま 195
  • ワムシの話 208
  • 魚毒漁の民俗 223
  • 石干見漁 240
  • 訪日したエビ,カニ 256
  • 魚皮衣 280
  • はえ縄にはウミガメもかかる 304
  • トロールにおける魚種分離-エビだけを獲るトロール 317
  • 聖なる魚・カミの魚 341
  • ハタの保全と食文化 361
  • アビ漁 382
  • 米国人の食生活改革 397
  • トロールからウミガメの混獲排除を 404
  • トビウオ漁 413
  • 漁業者から学ぶ科学 423
  • サプリメント 436
  • 味の受容体タンパク質 442
  • DHAの市場動向 451
  • 凧揚げ漁 464
  • マグロはえ縄で海鳥が獲れる!? 480
  • 回遊魚漁業者と廻船問屋,交易者 494
  • 渦の発生と魚の餌 502
  • 在来種と侵入種 514
  • エビを獲る網,貝を獲る網 523
  • 洋行するカニ達 538
  • サメの歯製武器 559
  • 南の海の怪物 579

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで