サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

脳損傷の理学療法 2(回復期から維持期のリハビリテーション)

吉尾雅春 責任編集

詳細情報

タイトル 脳損傷の理学療法
著者 吉尾雅春 責任編集
著者標目 吉尾, 雅春, 1953-
著者標目 黒川, 幸雄, 1946-
著者標目 高橋, 正明, 1947-
著者標目 鶴見, 隆正, 1948-
シリーズ名 理学療法mook ; 2
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社三輪書店
出版年月日等 2005.4
大きさ、容量等 183p ; 26cm
ISBN 4895902242
価格 3300円
JP番号 20778802
巻次 2(回復期から維持期のリハビリテーション)
第2版
シリーズ著者黒川幸雄, 高橋正明, 鶴見隆正 編
出版年(W3CDTF) 2005
件名(キーワード) 脳--疾患
件名(キーワード) 理学療法
NDLC SC367
NDC(9版) 493.73 : 内科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 脳損傷の理学療法. 2(回復期から維持期のリハビリテーション)
  • 目次
  • 第1章 運動障害と理学療法モデル
  • 第1章 1. 成人中枢神経障害に対する理学療法モデルの変遷と今日的課題 高橋正明 2
  • 第1章 2. 運動制御と運動療法 星文彦 8
  • 第1章 3. 片麻痺の運動障害と姿勢調整 冨田昌夫 22
  • 第2章 片麻痺の評価
  • 第2章 1. 片麻痺の評価 江西一成 32
  • 第2章 2. 片麻痺の動作分析 吉尾雅春 43
  • 第3章 理学療法の実際
  • 第3章 1. 荷重連鎖と理学療法 吉尾雅春 54
  • 第3章 2. 脳卒中片麻痺患者に対する認知運動療法 池田耕治,他 62
  • 第3章 3. 回復期の理学療法と歩行練習 松田淳子 77
  • 第3章 4. 片麻痺の装具と歩行補助具 大籔弘子 85
  • 第3章 5. 片麻痺患者の廃用症候群と理学療法 木村美子 95
  • 第3章 6. 片麻痺の実用ADL練習 神沢信行 102
  • 第3章 7. Full-time Integrated Treatment (FIT) program 永井将太,他 109
  • 第3章 8. 上肢および高次脳機能に対するアプローチ 大槻利夫 118
  • 第3章 9. 多発性脳梗塞の理学療法 三宮克彦,他 126
  • 第3章 10. 摂食・嚥下障害,構音障害の評価と治療 吉田剛 137
  • 第4章 生活と理学療法
  • 第4章 1. 生活機能向上のための理学療法の進め方 金谷さとみ 148
  • 第4章 2. 福祉用具適用のための生活機能障害のアセスメントと理学療法(士)の役割 吉川和徳 155
  • 第4章 3. 生活環境の評価と改造 松葉貴司 164
  • 第4章 4. ケアマネジメントと理学療法 備酒伸彦 178

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで