サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

脳損傷の理学療法 1(超早期から急性期のリハビリテーション)

吉尾雅春 責任編集

詳細情報

タイトル 脳損傷の理学療法
著者 吉尾雅春 責任編集
著者標目 吉尾, 雅春, 1953-
著者標目 黒川, 幸雄, 1946-
著者標目 高橋, 正明, 1947-
著者標目 鶴見, 隆正, 1948-
シリーズ名 理学療法mook ; 1
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社三輪書店
出版年月日等 2005.4
大きさ、容量等 171p ; 26cm
ISBN 4895902234
価格 3300円
JP番号 20778800
巻次 1(超早期から急性期のリハビリテーション)
第2版
シリーズ著者黒川幸雄, 高橋正明, 鶴見隆正 編
出版年(W3CDTF) 2005
件名(キーワード) 脳--疾患
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 理学療法
NDLC SC367
NDC(9版) 493.73 : 内科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 脳損傷の理学療法. 1(超早期から急性期のリハビリテーション)
  • 目次
  • 第1章 脳血管障害とその診断
  • 第1章 1. 脳血管障害の病理と診断 藤原秀俊 2
  • 第1章 2. 脳血管障害急性期の内科的治療とリスク管理 井上剛,他 8
  • 第1章 3. 外科的治療とリスク管理 藤原秀俊 19
  • 第1章 4. 脳血管障害のCT,MRIのみかた 吉尾雅春 30
  • 第1章 5. 脳卒中の機能予後 吉尾雅春 47
  • 第2章 ベッドサイドの理学療法
  • 第2章 1. 急性期の呼吸理学療法 鵜澤吉宏 58
  • 第2章 2. 急性期における評価と目標設定 長澤弘 71
  • 第2章 3. 早期離床を目的とした理学療法の実際 杉原俊一 80
  • 第3章 運動療法の進め方
  • 第3章 1. 随意運動を促通するための運動療法 長久武史 90
  • 第3章 2. 早期歩行練習とその効果 畠中泰司 96
  • 第3章 3. 急性期の事故防止 横田一彦 104
  • 第3章 4. 高次神経機能障害と理学療法
  • 第3章 4. (1) 半側空間無視(unilateral spatial neglect) 杉本諭 112
  • 第3章 4. (2) Pusher現象の評価とアプローチ 網本和 122
  • 第3章 5. 肩の痛みと理学療法 吉尾雅春 132
  • 第4章 低酸素脳症と理学療法
  • 第4章 1. 低酸素脳症の病理と病態生理 杉原浩 142
  • 第4章 2. 低酸素脳症と理学療法 今井保 147
  • 第5章 急性脳外傷と理学療法
  • 第5章 1. 急性脳外傷の病理と病態生理 渡邉修,他 158
  • 第5章 2. 急性脳外傷の理学療法 加藤祝也,他 164

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで