サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

演劇のエクリチュール : 1955-1957

ロラン・バルト [著],大野多加志 訳

詳細情報

タイトル 演劇のエクリチュール : 1955-1957
著者 ロラン・バルト [著]
著者 大野多加志 訳
著者標目 Barthes, Roland, 1915-1980
著者標目 大野, 多加志, 1952-
著者標目 Barthes, Roland, 1915-1980
シリーズ名 ロラン・バルト著作集 ; 2
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社みすず書房
出版年月日等 2005.5
大きさ、容量等 279p ; 21cm
注記 原タイトル: OEuvres completes
注記 年譜あり
ISBN 4622081121
価格 4200円
JP番号 20780027
別タイトル OEuvres completes
部分タイトル 1955 シュヴァルツヴァルトでのフォーラム マチスそして生きるしあわせ ペスト カミュからバルトへ反論する書簡 子供の歴史のために 現代フランス小説の小社会学 前衛のワクチン マクベス クローデルについての談話 開かれた宝庫、見出された宝 バルトからカミュへの返信 なぜブレヒトか 巻頭言-『テアトル・ポピュレール』誌ブレヒト特集を総括する 男は男だ ジャン=ルイ・バローについての対話 飛行中隊長、タウンゼット 男を食う女 巻頭言-サルトル『ネクラソフ』を擁護する ブレヒト 『オイディプス王』-パスキエが演出したソフォクレスの古典 わたしはマルクス主義であるか 巻頭言-北京オペラ座のパリ公演 『ネクラソフ』、その批評を裁く 『ジュリアス・シーザー』と『コリオレイナス』 『オイディプス王』-オランダとギリシャの劇団による上演について 対話-演劇をめぐってドニ・パブレと語る コーカサスの白墨の輪 舞台幕論争 批評の新傾向 ユビュ王 『粗忽者』あるいは新たな不測の事態
部分タイトル 1956 民衆演劇の希望 TNPのマリヴォー モーパッサンと不幸の物理学 ジャン・デュヴィニョーの『干潮』について 『今日』についてのノート 五人の舞台画家 演劇はたえず政治参加している リヨンのベルトルト・ブレヒト リアリズムの新たな諸問題 一番の幸せ者 宿屋の女主人 今日あるいは朝鮮人たち
部分タイトル 1957 小説の大聖堂 出会いはまた闘いでもある ブレヒトの「翻訳」 フィガロの結婚 『朝鮮人たち』について ぺてん師 衣服の歴史と社会学 ブレヒト、マルクス、歴史 コンラッドはなぜ英語を選んだのか? スタンダール『ローマ散歩』『チェンチ一族』への序文
シリーズ著者ロラン・バルト [著]
出版年(W3CDTF) 2005
NDLC KR152
NDC(9版) 954.7 : 評論.エッセイ.随筆
原文の言語(ISO639-2形式) fre :
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで