サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

流山市史 通史編 2

流山市立博物館 編

詳細情報

タイトル 流山市史
著者 流山市立博物館 編
著者標目 流山市立博物館
出版地(国名コード) JP
出版地[流山]
出版社流山市教育委員会
出版年月日等 2005.3
大きさ、容量等 938p ; 27cm
JP番号 20760715
巻次 通史編 2
出版年(W3CDTF) 2005
件名(キーワード) 流山市--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC63
NDC(9版) 213.5 : 関東地方
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 地方公共団体刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 流山市史. 通史編 2
  • 流山市史通史編 II 目次
  • 第五編
  • 第五編 第一章 幕末明治維新の流山 一
  • 第五編 第一章 第一節 史料に見る流山市域の幕末 二
  • 第五編 第一章 第一節 一 幕末への胎動 二
  • 第五編 第一章 第一節 二 『根本家日記』に見る江戸周辺の情勢 九
  • 第五編 第一章 第一節 三 田中藩抱屋敷の移転 二二
  • 第五編 第一章 第一節 四 浪士の横行と村々の自衛 二七
  • 第五編 第一章 第二節 明治維新直後の流山 四〇
  • 第五編 第一章 第二節 一 偽官軍事件 四〇
  • 第五編 第一章 第二節 二 近藤勇の布陣 四四
  • 第五編 第一章 第二節 三 旧幕府軍の動向と流山 六二
  • 第五編 第一章 第二節 四 田中藩の国替えで起こった事件 七四
  • 第五編
  • 第五編 第二章 葛飾県から千葉県へ 八五
  • 第五編 第二章 第一節 葛飾県・小菅県の誕生 八六
  • 第五編 第二章 第一節 一 版籍奉還と廃藩置県 八六
  • 第五編 第二章 第一節 二 江戸・東京の動向 九一
  • 第五編 第二章 第一節 三 下総知県事の設置 九三
  • 第五編 第二章 第一節 四 葛飾県・小菅県の誕生 九六
  • 第五編 第二章 第一節 五 小菅県と流山 九七
  • 第五編 第二章 第一節 六 葛飾県の義倉 一一四
  • 第五編 第二章 第二節 廃藩置県と印旛県 一二一
  • 第五編 第二章 第二節 一 廃藩置県の断行 一二一
  • 第五編 第二章 第二節 二 名主制の廃止と正副戸長制の誕生 一三二
  • 第五編 第二章 第二節 三 印旛県の集会(議会) 一三四
  • 第五編 第二章 第二節 四 壬申戸籍の作成 一三七
  • 第五編 第二章 第二節 五 県令・参事群像 一四四
  • 第五編 第二章 第三節 地租改正と小金牧の開墾 一五一
  • 第五編 第二章 第三節 一 開墾事業の経過 一五一
  • 第五編 第二章 第三節 二 小金牧開墾の沿革 一五七
  • 第五編 第二章 第三節 三 土地・公租制度の近代化 一六〇
  • 第五編 第二章 第三節 四 小金牧周辺の村々 一六六
  • 第五編 第二章 第三節 五 開墾と流山 一六八
  • 第五編 第二章 第四節 千葉県の誕生と流山 一八九
  • 第五編 第二章 第四節 一 加村県庁の廃止 一九〇
  • 第五編 第二章 第四節 二 印旛県裁判所の廃止 一九二
  • 第五編 第二章 第四節 三 加村監獄の廃止 一九五
  • 第五編 第二章 第四節 四 加村郵便取扱所の格下げ 二〇〇
  • 第五編 第二章 第四節 五 行政組織の整備 二〇九
  • 第五編
  • 第五編 第三章 近代政治の確立 二一五
  • 第五編 第三章 第一節 地方行政制度の確立 二一六
  • 第五編 第三章 第一節 一 明治初期の地方制度 二一七
  • 第五編 第三章 第一節 二 大区小区の成立と町村制 二二一
  • 第五編 第三章 第一節 三 連合戸長役場 二三四
  • 第五編 第三章 第一節 四 東葛飾郡役所の発足 二四一
  • 第五編 第三章 第一節 五 流山町・八木村・新川村の誕生 二五一
  • 第五編 第三章 第一節 六 県域の確定 二六〇
  • 第五編 第三章 第一節 七 町村財政の変遷 二六四
  • 第五編 第三章 第二節 近代地方行政制度の爛熟 二七八
  • 第五編 第三章 第二節 一 大正デモクラシーと地方制度の改革 二七八
  • 第五編 第三章 第二節 二 郡制の廃止と等級選挙の廃止 二八一
  • 第五編 第三章 第二節 三 流山町の動向 二八七
  • 第五編 第三章 第二節 四 八木村の動向 二九七
  • 第五編 第三章 第二節 五 新川村の動向 三〇二
  • 第五編 第三章 第二節 六 男子普通選挙の実施 三〇九
  • 第五編 第三章 第二節 七 昭和の不景気 三一一
  • 第五編 第三章 第三節 近代政治の崩壊 三二二
  • 第五編 第三章 第三節 一 戦時体制の強化 三二二
  • 第五編 第三章 第三節 二 戦時体制下の地方自治 三二五
  • 第五編 第三章 第三節 三 銃後の生活 三二八
  • 第五編 第三章 第三節 四 在郷軍人会 三三三
  • 第五編
  • 第五編 第四章 学制の精神 三四三
  • 第五編 第四章 第一節 学制の発布 三四四
  • 第五編 第四章 第一節 一 学制の概要 三四四
  • 第五編 第四章 第一節 二 印旛官員共立学舎 三四八
  • 第五編 第四章 第一節 三 鴻台学校の創設 三五三
  • 第五編 第四章 第二節 小学校の開校 三五六
  • 第五編 第四章 第三節 教育令以降の明治期の教育 三六五
  • 第五編 第四章 第四節 大正期の教育 三七四
  • 第五編 第四章 第五節 昭和初期(新制度発足まで)の教育 三八四
  • 第五編
  • 第五編 第五章 産業と経済の発達 三九七
  • 第五編 第五章 第一節 流山の農業 三九八
  • 第五編 第五章 第一節 一 稲作の変遷 三九八
  • 第五編 第五章 第一節 二 流山市域の農作業 四〇二
  • 第五編 第五章 第一節 三 流山市域の稲作 四一四
  • 第五編 第五章 第一節 四 流山市域の畑作 四一六
  • 第五編 第五章 第一節 五 流山市域の農業経営 四二三
  • 第五編 第五章 第一節 六 商品化農業の展開 四二七
  • 第五編 第五章 第一節 七 農家の組織化 四三六
  • 第五編 第五章 第二節 流山の商工業 四四四
  • 第五編 第五章 第二節 一 醸造業 四四四
  • 第五編 第五章 第二節 二 諸産業 四五八
  • 第五編 第五章 第二節 三 諸職の概要 四六三
  • 第五編
  • 第五編 第六章 交通の発達 四七一
  • 第五編 第六章 第一節 水上交通の概要 四七二
  • 第五編 第六章 第一節 一 江戸川の開鑿 四七二
  • 第五編 第六章 第一節 二 水運の盛衰 四七四
  • 第五編 第六章 第二節 利根運河 四八四
  • 第五編 第六章 第二節 一 利根運河開削前の舟運 四八四
  • 第五編 第六章 第二節 二 利根運河開削計画 四八六
  • 第五編 第六章 第二節 三 利根運河の概要 四九五
  • 第五編 第六章 第二節 四 利根運河の工区概要 四九八
  • 第五編 第六章 第二節 五 利根運河第一工区 五〇二
  • 第五編 第六章 第二節 六 利根運河第二工区 五〇六
  • 第五編 第六章 第二節 七 利根運河第三工区 五一〇
  • 第五編 第六章 第二節 八 利根運河工区外工事 五一四
  • 第五編 第六章 第二節 九 利根運河始動 五一七
  • 第五編 第六章 第二節 一〇 利根運河会社の終焉 五二二
  • 第五編 第六章 第三節 陸上交通の概要 五三〇
  • 第五編 第六章 第三節 一 道路交通 五三〇
  • 第五編 第六章 第三節 二 陸上輸送 五三九
  • 第五編 第六章 第三節 三 常磐線 五四三
  • 第五編 第六章 第三節 四 武総鉄道 五六二
  • 第五編 第六章 第三節 五 流山鉄道 五六六
  • 第五編 第六章 第三節 六 野田線 五七一
  • 第五編
  • 第五編 第七章 憂国の陰で 五七九
  • 第五編 第七章 第一節 徴兵制と軍事 五八〇
  • 第五編 第七章 第一節 一 国民皆兵の実施 五八〇
  • 第五編 第七章 第一節 二 西南戦争への従軍 五八八
  • 第五編 第七章 第一節 三 日清戦争への従軍 五八九
  • 第五編 第七章 第一節 四 秋元誉之助出兵日記 五九一
  • 第五編 第七章 第一節 五 日露戦争への従軍 五九四
  • 第五編 第七章 第一節 六 第一次世界大戦への出兵 五九九
  • 第五編 第七章 第一節 七 第二次世界大戦への従軍 六〇〇
  • 第五編 第七章 第二節 陸軍糧秣本廠流山出張所 六〇四
  • 第五編 第七章 第二節 一 流山糧秣廠の変遷 六〇四
  • 第五編 第七章 第二節 二 機構と職階 六〇九
  • 第五編 第七章 第二節 三 流山糧秣廠の施設 六一二
  • 第五編 第七章 第二節 四 流山糧秣廠の業務 六一五
  • 第五編 第七章 第二節 五 勤労動員学徒の想い出 六一九
  • 第五編 第七章 第二節 六 終戦に伴う解体 六二一
  • 第五編 第七章 第三節 陸軍柏飛行場 六二二
  • 第五編 第七章 第三節 一 拍飛行場と流山 六二二
  • 第五編 第七章 第三節 二 柏飛行場の変遷 六二六
  • 第六編
  • 第六編 第一章 治安機構 六二九
  • 第六編 第一章 第一節 民主警察の誕生 六三〇
  • 第六編 第一章 第一節 一 『警察法』による流山地域の推移 六三一
  • 第六編 第一章 第一節 二 駐在所・交番の推移 六三八
  • 第六編 第一章 第一節 三 東葛方面機動捜査隊の設置と流山の防犯 六四一
  • 第六編 第一章 第一節 四 防犯協会の推移 六四二
  • 第六編 第一章 第一節 五 道路整備と交通事故 六四三
  • 第六編 第一章 第一節 六 交通安全協会の推移 六四八
  • 第六編 第一章 第二節 消防 六五〇
  • 第六編 第一章 第二節 一 消防組織の変革 六五〇
  • 第六編 第一章 第二節 二 消防団常備部から消防本部へ 六五八
  • 第六編 第一章 第二節 三 三極化地域の消防体制の充実 六六〇
  • 第六編 第一章 第二節 四 救急活動の進展 六六七
  • 第六編 第一章 第二節 五 水防団の活動 六六九
  • 第六編 第一章 第二節 六 災害対策の推進 六七二
  • 第六編 第一章 第二節 七 コミュニティーに働きかける消防 六七六
  • 第六編
  • 第六編 第二章 社会福祉 六八一
  • 第六編 第二章 第一節 社会福祉事業の変遷 六八二
  • 第六編 第二章 第一節 一 戦前の福祉理念と事業 六八二
  • 第六編 第二章 第一節 二 戦後の福祉理念と福祉諸法 六八四
  • 第六編 第二章 第一節 三 生活保護 六八六
  • 第六編 第二章 第一節 四 母子福祉 六八八
  • 第六編 第二章 第一節 五 障害者福祉 六八九
  • 第六編 第二章 第一節 六 国民年金 六九三
  • 第六編 第二章 第一節 七 福祉年金 六九七
  • 第六編 第二章 第一節 八 医療保険制度 七〇二
  • 第六編 第二章 第一節 九 高齢者医療保険 七一四
  • 第六編 第二章 第一節 一〇 福祉関係協議会と各種委員 七一八
  • 第六編 第二章 第二節 児童福祉 七二三
  • 第六編 第二章 第二節 一 児童館・児童センター 七二四
  • 第六編 第二章 第二節 二 保有所 七二六
  • 第六編 第二章 第三節 高齢者福祉 七三一
  • 第六編 第二章 第三節 一 高齢化現象の状況 七三一
  • 第六編 第二章 第三節 二 生きがい対策 七三四
  • 第六編 第二章 第三節 三 老人大学 七三八
  • 第六編 第二章 第三節 四 高齢者福祉施設の整備 七三九
  • 第六編 第二章 第三節 五 高齢者保健サービスの状況 七四〇
  • 第六編 第二章 第三節 六 流山市老人倶楽部連合会 七四四
  • 第六編
  • 第六編 第三章 保健衛生 七四七
  • 第六編 第三章 第一節 保健衛生 七四八
  • 第六編 第三章 第一節 一 流山における保健所の沿革 七四八
  • 第六編 第三章 第一節 二 狂犬病予防と畜犬対策 七四九
  • 第六編 第三章 第一節 三 予防接種 七五六
  • 第六編 第三章 第一節 四 癌対策事業 七六〇
  • 第六編 第三章 第一節 五 母子保健 七六四
  • 第六編 第三章 第一節 六 結核予防法 七六七
  • 第六編 第三章 第一節 七 難病対策事業 七七二
  • 第六編 第三章 第一節 八 市民健康まつり 七七五
  • 第六編 第三章 第一節 九 休日診療所の推移と活動 七七七
  • 第六編 第三章 第一節 一〇 医師会 七七九
  • 第六編
  • 第六編 第四章 教育改革とその実施 七八五
  • 第六編 第四章 第一節 国民学校から小学校へ 七八六
  • 第六編 第四章 第一節 一 教育制度 七八六
  • 第六編 第四章 第一節 二 指導要領 七八八
  • 第六編 第四章 第一節 三 流山小学校 七九〇
  • 第六編 第四章 第一節 四 八木南小学校 七九二
  • 第六編 第四章 第一節 五 新川小学校 七九五
  • 第六編 第四章 第一節 六 八木北小学校 七九六
  • 第六編 第四章 第二節 旧制中学校から新制中学校へ 七九九
  • 第六編 第四章 第二節 一 南部中学校 八〇一
  • 第六編 第四章 第二節 二 北部中学校 八〇二
  • 第六編 第四章 第二節 三 八木中学校 八〇四
  • 第六編 第四章 第三節 地域の発展と教育 八〇五
  • 第六編 第四章 第三節 一 新設校ラッシュ 八〇五
  • 第六編 第四章 第三節 二 教育の方向性の確立 八〇八
  • 第六編 第四章 第三節 三 流山の実践 八一二
  • 第六編 第四章 第三節 四 学校給食 八一七
  • 第六編 第四章 第三節 五 PTA連絡協議会 八二〇
  • 第六編
  • 第六編 第五章 都市型農業への歩み 八二一
  • 第六編 第五章 第一節 農地改革と農業施策 八二二
  • 第六編 第五章 第一節 一 農地改革 八二二
  • 第六編 第五章 第一節 二 農業委員会 八三六
  • 第六編 第五章 第一節 三 米の供出制度 八四二
  • 第六編 第五章 第一節 四 減反政策と農業人口の減少 八六一
  • 第六編 第五章 第二節 農業協同組合と土地改良区 八六三
  • 第六編 第五章 第二節 一 農業協同組合 八六三
  • 第六編 第五章 第二節 二 土地改良区 八七〇
  • 第六編 第五章 第三節 都市型農業への転換 八七七
  • 第六編 第五章 第三節 一 首都近郊農業の確立 八七七
  • 第六編
  • 第六編 第六章 流山町から流山市へ 八八五
  • 第六編 第六章 第一節 流山町の誕生 八八六
  • 第六編 第六章 第一節 一 合併への機運 八八六
  • 第六編 第六章 第一節 二 江戸川町誕生 八八九
  • 第六編 第六章 第一節 三 合併の是非 八九二
  • 第六編 第六章 第二節 流山町の施策 八九四
  • 第六編 第六章 第二節 一 流山町の課題 八九四
  • 第六編 第六章 第二節 二 広報活動の充実 八九九
  • 第六編 第六章 第二節 三 有線放送 九〇一
  • 第六編 第六章 第二節 四 新庁舎への移転 九〇三
  • 第六編 第六章 第二節 五 町章・市章 九〇四
  • 第六編 第六章 第三節 流山市の誕生 九〇六
  • 第六編 第六章 第三節 一 市制施行 九〇六
  • 第六編 第六章 第三節 二 流山市の施策 九一〇
  • 第六編 第六章 第三節 三 市の木・市の花 九一二
  • 第六編 第六章 第三節 四 市民憲章 九一四
  • 第六編 第六章 第三節 五 姉妹都市 九一九
  • 第六編 第六章 第三節 六 平和都市宣言 九二〇
  • 附録 挿図・表組 九二一
  • 挿図一覧 九二二
  • 表組一覧 九二四
  • 挿図一覧
  • 口絵
  • 運河駅から東深井付近航空写真(昭和二二年) 口絵一
  • 運河駅から東深井付近航空写真(平成二年) 口絵一
  • 江戸川台東附近(昭和二二年)航空写真 口絵二
  • 江戸川台東附近(平成二年)航空写真 口絵二
  • 流山附近(昭和二二年)航空写真 口絵三
  • 流山附近(平成二年)航空写真 口絵三
  • 松ヶ丘付近(昭和二二年)航空写真 口絵四
  • 松ヶ丘付近(平成二年)航空写真 口絵四
  • 第五編
  • 第五編 第一章 幕末明治維新の流山
  • 第五編 第一章 第一図 黒船図(米利幹火輪舩) 一一
  • 第五編 第一章 第二図 ペリー一行肖像図 一二
  • 第五編 第一章 第三図 新撰組を取り巻く人の関係 五〇
  • 第五編 第一章 第四図 金子家から流山へのルート 五二
  • 第五編
  • 第五編 第二章 葛飾県から千葉県へ
  • 第五編 第二章 第一節 葛飾県・小菅県の誕生
  • 第五編 第二章 第一節 第五図 葛飾県と小菅県 九七
  • 第五編 第二章 第一節 第六図 葛飾県の職制 一〇八
  • 第五編 第二章 第一節 第七図 窮民農舎仕様の間取 一七六
  • 第五編 第二章 第一節 第八図 詰所仕様の間取 一七六
  • 第五編 第二章 第一節 第九図 明治初期の郵便集配区分圏 二〇六
  • 第五編
  • 第五編 第三章 近代政治の確立
  • 第五編
  • 第五編 第四章 学制の精神
  • 第五編 第四章 第一〇図 学校園の図 三八〇
  • 第五編
  • 第五編 第五章 産業と経済の発達
  • 第五編 第五章 第一一図 流山市域の畑作 四二三
  • 第五編 第五章 第一二図 味醂の製造過程 四四七
  • 第五編 第五章 第一三図 焼酎の製造過程 四四七
  • 第五編
  • 第五編 第六章 交通の発達
  • 第五編 第六章 第一四図 明治時代以降の流路 四七三
  • 第五編 第六章 第一五図 利根・江戸渡良瀬低水工事計画図 四七七
  • 第五編 第六章 第一六図 通運丸などの航路 四八〇
  • 第五編 第六章 第一七図 流山市域の渡船場 四八四
  • 第五編 第六章 第一八図 江戸利根両川間開墾線路之略図 四九〇
  • 第五編 第六章 第一九図 利根運河横断面図 四九六
  • 第五編 第六章 第二〇図 利根運河の工区 五〇〇
  • 第五編 第六章 第二一図 利根運河縦断面図 五〇六
  • 第五編 第六章 第二二図 今上落潜渠の縦断面図 五一五
  • 第五編 第六章 第二三図 利根運河橋梁図 五一六
  • 第五編 第六章 第二四図 土浦線の経路 五五四
  • 第五編 第六章 第二五図 流山附近通過推定図 五五六
  • 第五編 第六章 第二六図 流山を経由した場合の経路推定図 五五八
  • 第五編 第六章 第二七図 県営鉄道野田線の時刻 五七四
  • 第五編
  • 第五編 第七章 憂国の陰で
  • 第五編 第七章 第二八図 流山糧秣廠の職階級 六一一
  • 第五編 第七章 第二九図 流山糧秣廠の建物配置図 六一三
  • 第六編
  • 第六編 第一章 治安機構
  • 第六編 第一章 第三〇図 流山を管轄する警察署の変遷 六三三
  • 第六編 第一章 第三一図 流山市域における警察機構の変遷 六四〇
  • 第六編 第一章 第三二図 消防分団の編成(昭和二六年) 六五七
  • 第六編 第一章 第三三図 消防分団の編成(昭和二九年) 六五七
  • 第六編 第一章 第三四図 消防分団の編成(昭和四八年) 六五八
  • 第六編 第一章 第三五図 消防本部の組織(昭和四一年) 六六〇
  • 第六編
  • 第六編 第二章 社会福祉
  • 第六編
  • 第六編 第三章 保健衛生
  • 第六編
  • 第六編 第四章 教育改革とその実施
  • 第六編 第四章 第三六図 小学校の移り変わり 七八九
  • 第六編 第四章 第三七図 中学校の移り変わり 八〇〇
  • 第六編
  • 第六編 第五章 都市型農業への歩み
  • 第六編
  • 第六編 第六章 流山町から流山市へ
  • 第六編 第六章 第三八図 流山市章 九〇五
  • 表組一覧
  • 第五編
  • 第五編 第一章 幕末明治維新の流山
  • 第五編 第一章 第一節 史料に見る流山市域の幕末
  • 第五編 第一章 第一節 第一表 改革組合村の構成 八
  • 第五編 第一章 第一節 第二表 流山市域付近の天狗党事件 二〇
  • 第五編 第一章 第一節 第三表 下総国田中藩領 二二
  • 第五編 第一章 第一節 第四表 田中藩加村下屋敷関係年表 二五
  • 第五編 第一章 第一節 第五表 主な武術流派の誕生 三八
  • 第五編 第一章 第一節 第六表 流山市域の武術者 三九
  • 第五編 第一章 第二節 明治維新直後の流山
  • 第五編 第一章 第二節 第七表 薩摩屋敷に出入りしていた下総出身者 四〇
  • 第五編 第一章 第二節 第八表 江戸周辺の倒幕行動 四一
  • 第五編 第一章 第二節 第九表 偽官軍事件の処刑者 四三
  • 第五編 第一章 第二節 第一〇表 芳野金陵の年譜 四四
  • 第五編 第一章 第二節 第一一表 甲州勝沼戦争の経過(慶応四年) 四六
  • 第五編 第一章 第二節 第一二表 金子家に集まった隊士の数 四八
  • 第五編 第一章 第二節 第一三表 金子家文書に見られる新撰組隊士 四九
  • 第五編 第一章 第二節 第一四表 新撰組をとりまく人物 四九
  • 第五編 第一章 第二節 第一五表 香川隊の陣容 五一
  • 第五編 第一章 第二節 第一六表 近藤勇流山事件の流れ 五四
  • 第五編 第一章 第二節 第一七表 島田魁日記による流山事件のその後 六一
  • 第五編 第一章 第二節 第一八表 徳川慶喜の足取り 六三
  • 第五編 第一章 第二節 第一九表 国府台に集結した部隊 六四
  • 第五編 第一章 第二節 第二〇表 国府台に集結した各部隊の行動 六五
  • 第五編 第一章 第二節 第二一表 延寿元年の記載がある史料 六九
  • 第五編 第一章 第二節 第二二表 上総国、安房国に移された諸藩 七四
  • 第五編 第一章 第二節 第二三表 国替停止運動の費用 八四
  • 第五編
  • 第五編 第二章 葛飾県から千葉県へ
  • 第五編 第二章 第一節 葛飾県・小菅県の誕生
  • 第五編 第二章 第一節 第二四表 廃藩置県に先だって廃藩した藩 九〇
  • 第五編 第二章 第一節 第二五表 鎮台府の役職 九二
  • 第五編 第二章 第一節 第二六表 鎮将府の官制 九二
  • 第五編 第二章 第一節 第二七表 鎮将府の役職 九三
  • 第五編 第二章 第一節 第二八表 佐々布知県事支配期の属吏 九五
  • 第五編 第二章 第一節 第二九表 小菅県の県域 九八
  • 第五編 第二章 第一節 第三〇表 小菅県の職員配置 九八
  • 第五編 第二章 第一節 第三一表 小菅県の主な治世 九九
  • 第五編 第二章 第一節 第三二表 木村の拠出者及び拠出額 一〇一
  • 第五編 第二章 第一節 第三三表 報恩助精法の概要 一〇三
  • 第五編 第二章 第一節 第三四表 葛飾県の配置職員 一〇七
  • 第五編 第二章 第一節 第三五表 葛飾県職員の給与禄高換算 一〇七
  • 第五編 第二章 第一節 第三六表 葛飾県の職員定数の変遷 一〇九
  • 第五編 第二章 第一節 第三七表 葛飾県の行政機構及び官員 一一〇
  • 第五編 第二章 第一節 第三八表 葛飾県の職制の変遷 一一一
  • 第五編 第二章 第一節 第三九表 葛飾県職員の出自 一一一
  • 第五編 第二章 第一節 第四〇表 水筑竜年譜(初代葛飾県知事) 一一二
  • 第五編 第二章 第一節 第四一表 矢野光儀年譜(第二代葛飾県知事) 一一三
  • 第五編 第二章 第一節 第四二表 葛飾県域の困窮状況 一一四
  • 第五編 第二章 第一節 第四三表 義倉合帳 一一六
  • 第五編 第二章 第一節 第四四表 芝崎村の義倉拠出者 一一七
  • 第五編 第二章 第一節 第四五表 芝崎村と貝塚村の相違 一一八
  • 第五編 第二章 第一節 第四六表 区内義倉金御下ヶ預願差出人 一二〇
  • 第五編 第二章 第二節 廃藩置県と印旛県
  • 第五編 第二章 第二節 第四七表 明治四年に設置された房総の県 一二二
  • 第五編 第二章 第二節 第四八表 印旛県年譜 一二四
  • 第五編 第二章 第二節 第四九表 印旛県の職員配置数 一二七
  • 第五編 第二章 第二節 第五〇表 印旛県の県令と参事の主務分担 一三〇
  • 第五編 第二章 第二節 第五一表 印旛県官員の給与額 一三一
  • 第五編 第二章 第二節 第五二表 印旛県に移籍した官員給与額 一三二
  • 第五編 第二章 第二節 第五三表 聴訟課捕亡方附属の給与額 一三二
  • 第五編 第二章 第二節 第五五表 戸籍調べの結果(明治六年) 一四四
  • 第五編 第二章 第二節 第五六表 河瀬秀治年譜 一四四
  • 第五編 第二章 第二節 第五七表 柴原和年譜 一四六
  • 第五編 第二章 第二節 第五八表 西村茂樹年譜 一四七
  • 第五編 第二章 第二節 第五九表 堀小四郎年譜 一四九
  • 第五編 第二章 第二節 第六〇表 国司仙吉年譜 一五〇
  • 第五編 第二章 第三節 地租改正と小金牧の開墾
  • 第五編 第二章 第三節 第六一表 北島秀朝略歴 一五四
  • 第五編 第二章 第三節 第六二表 小金原開墾年表 一五七
  • 第五編 第二章 第三節 第六三表 主な石盛高 一六一
  • 第五編 第二章 第四節 千葉県の誕生と流山
  • 第五編 第二章 第四節 第六四表 明治六年の行政単位 一八九
  • 第五編 第二章 第四節 第六五表 印旛県庁舎のその後 一九一
  • 第五編 第二章 第四節 第六六表 裁判所の設置 一九二
  • 第五編 第二章 第四節 第六七表 加村区裁判所への変遷 一九三
  • 第五編 第二章 第四節 第六八表 加村区裁判所が扱った訴訟 一九四
  • 第五編 第二章 第四節 第六九表 郵便路線の開設 二〇一
  • 第五編 第二章 第四節 第七一表 逓送時刻 二〇二
  • 第五編 第二章 第四節 第七〇表 下総国に開設された郵便局 二〇三
  • 第五編 第二章 第四節 第七二表 流山郵便局の第一集配区 二〇七
  • 第五編 第二章 第四節 第七三表 流山郵便局の第二集配区 二〇八
  • 第五編 第二章 第四節 第七四表 流山郵便局の第三集配区 二〇八
  • 第五編 第二章 第四節 第七五表 第一二大区の小区 二一三
  • 第五編
  • 第五編 第三章 近代政治の確立
  • 第五編 第三章 第一節 地方行政制度の確立
  • 第五編 第三章 第一節 第七六表 流山市域の甲乙区 二二一
  • 第五編 第三章 第一節 第七七表 印旛県の九大区 二二二
  • 第五編 第三章 第一節 第七八表 戸長制度における職務内容 二二四
  • 第五編 第三章 第一節 第七九表 印旛県第一大区所属の戸長頭取 二二五
  • 第五編 第三章 第一節 第八〇表 戸籍作成の流れ(明治五年) 二二六
  • 第五編 第三章 第一節 第八一表 戸籍作成税の支出割合 二二七
  • 第五編 第三章 第一節 第八二表 印旛県の人口(明治六年) 二二八
  • 第五編 第三章 第一節 第八三表 千葉県の大区(明治六年) 二三〇
  • 第五編 第三章 第一節 第八四表 加村取締所が管轄した地域 二三〇
  • 第五編 第三章 第一節 第八五表 加村取締所が管轄しなかった市域 二三一
  • 第五編 第三章 第一節 第八六表 第一二大区の区域 二三一
  • 第五編 第三章 第一節 第八七表 大区小区制における事務分掌 二三二
  • 第五編 第三章 第一節 第八八表 史料に見る流山市域の戸長 二三二
  • 第五編 第三章 第一節 第八九表 流山市域の連合町村(明治一一年) 二三五
  • 第五編 第三章 第一節 第九〇表 流山市域の連合戸長役場(明治一七年) 二三七
  • 第五編 第三章 第一節 第九一表 流山外三ヶ村の歳出(明治一八年度予算案) 二三九
  • 第五編 第三章 第一節 第九二表 流山外三ヶ村の歳入(明治一八年度予算案) 二四〇
  • 第五編 第三章 第一節 第九三表 千葉県下の郡役所(明治一一年) 二四三
  • 第五編 第三章 第一節 第九四表 東葛飾郡の規模(明治一一年) 二四三
  • 第五編 第三章 第一節 第九五表 東葛飾郡の組織 二四四
  • 第五編 第三章 第一節 第九六表 東葛飾郡の職員及俸給(大正八年) 二四六
  • 第五編 第三章 第一節 第九七表 郡長の管掌事務 二四六
  • 第五編 第三章 第一節 第九八表 郡長の委任事務 二四七
  • 第五編 第三章 第一節 第九九表 東葛飾郡の歴代郡長 二四八
  • 第五編 第三章 第一節 第一〇〇表 木間瀬柔三の略歴 二四九
  • 第五編 第三章 第一節 第一〇一表 郡会議員選挙の結果 二五〇
  • 第五編 第三章 第一節 第一〇二表 八木村の村長 二五四
  • 第五編 第三章 第一節 第一〇三表 流山町の歴代町長 二五六
  • 第五編 第三章 第一節 第一〇四表 流山町の吏員(大正五年) 二五六
  • 第五編 第三章 第一節 第一〇五表 新川村の歴代村長 二五八
  • 第五編 第三章 第一節 第一〇六表 新治県の人口 二六一
  • 第五編 第三章 第一節 第一〇七表 新治県の職員数 二六一
  • 第五編 第三章 第一節 第一〇八表 茨城県へ移管された主な町村 二六一
  • 第五編 第三章 第一節 第一〇九表 名主の扱った主な業務 二六五
  • 第五編 第三章 第一節 第一一〇表 民費の支出割合 二六八
  • 第五編 第三章 第一節 第一一一表 営業税の区分 二六九
  • 第五編 第三章 第一節 第一一二表 雑種税一覧 二六九
  • 第五編 第三章 第一節 第一一三表 流山町外三ヶ村予算案(明治一八年度) 二七一
  • 第五編 第三章 第一節 第一一四表 流山町外三ヶ村予算案(明治一八年度) 二七一
  • 第五編 第三章 第一節 第一一五表 『布告第一五号』に定められた費目 二七三
  • 第五編 第三章 第一節 第一一六表 区町村費以外の協議費 二七四
  • 第五編 第三章 第一節 第一一七表 『町村制法』による町村の概要 二七六
  • 第五編 第三章 第一節 第一一八表 『町村制法』による町村の変化 二七六
  • 第五編 第三章 第一節 第一一九表 『大蔵省告示九五号』による直接税 二七七
  • 第五編 第三章 第一節 第一二〇表 納税対象者 二七七
  • 第五編 第三章 第二節 近代地方行政制度の爛熟
  • 第五編 第三章 第二節 第一二一表 付加税(地方税)の増加 二七九
  • 第五編 第三章 第二節 第一二二表 税収額の変化 二七九
  • 第五編 第三章 第二節 第一二三表 改廃された郡 二八二
  • 第五編 第三章 第二節 第一二四表 東葛飾郡の歳出項目(大正一〇年度) 二八三
  • 第五編 第三章 第二節 第一二五表 郡制廃止の賛否 二八四
  • 第五編 第三章 第二節 第一二六表 流山町役場の位置変遷 二八七
  • 第五編 第三章 第二節 第一二七表 大正四年度、大正八年度の役場職員給与 二八八
  • 第五編 第三章 第二節 第一二八表 流山町歳入予算案内訳(大正四年度) 二八六
  • 第五編 第三章 第二節 第一二九表 流山町歳出予算案内訳(大正四年度) 二八九
  • 第五編 第三章 第二節 第一三〇表 流山町の基本財産(大正四年) 二九二
  • 第五編 第三章 第二節 第一三一表 流山町の戸数(大正五年) 二九五
  • 第五編 第三章 第二節 第一三二表 流山町が徴収した国税(大正五年) 二九六
  • 第五編 第三章 第二節 第一三三表 流山町が徴収した町税(大正五年) 二九六
  • 第五編 第三章 第二節 第一三四表 八木村の戸数及び人口(大正六年頃) 二九七
  • 第五編 第三章 第二節 第一三五表 八木村の吏員及び関係者 二九七
  • 第五編 第三章 第二節 第一三六表 八木村の学務委員 二九八
  • 第五編 第三章 第二節 第一三七表 八木村の歳出入(町村制施行当時) 二九九
  • 第五編 第三章 第二節 第一三八表 八木村の歳出入に関するコメント 三〇〇
  • 第五編 第三章 第二節 第一三九表 八木村の村民構成(大正六年頃) 三〇一
  • 第五編 第三章 第二節 第一四〇表 国税の割合(大正六年頃) 三〇二
  • 第五編 第三章 第二節 第一四一表 新川村の吏員(大正一〇年・昭和五年) 三〇四
  • 第五編 第三章 第二節 第一四二表 新川村議会議員名簿 三〇五
  • 第五編 第三章 第二節 第一四三表 新川村の人口及び世帯数 三〇五
  • 第五編 第三章 第二節 第一四四表 新川村財産表 三〇七
  • 第五編 第三章 第二節 第一四五表 第一回普通選挙の選挙区 三一〇
  • 第五編 第三章 第二節 第一四六表 第一回普通選挙の結果 三一一
  • 第五編 第三章 第二節 第一四七表 休業した銀行 三一二
  • 第五編 第三章 第二節 第一四八表 東葛銀行のあゆみ 三一三
  • 第五編 第三章 第二節 第一四九表 東葛銀行役員の私財提供 三一五
  • 第五編 第三章 第二節 第一五〇表 昭和二年五月三一日に提出された整理案 三一五
  • 第五編 第三章 第二節 第一五一表 新川村経済更生委員会のメンバー 三一八
  • 第五編 第三章 第三節 近代政治の崩壊
  • 第五編 第三章 第三節 第一五二表 国民精神総動員中央連盟の変遷 三二四
  • 第五編 第三章 第三節 第一五三表 国家総力戦体制の推移 三二六
  • 第五編 第三章 第三節 第一五四表 商業報国会の推移 三二六
  • 第五編 第三章 第三節 第一五五表 農業報国連盟の推移 三二七
  • 第五編 第三章 第三節 第一五六表 在郷軍人会の主な行事 三三六
  • 第五編 第三章 第三節 第一五七表 在郷軍人会新川村分会長 三三七
  • 第五編 第三章 第三節 第一五八表 防衛隊流山中隊編成表(昭和二〇年二月二四日現在) 三四〇
  • 第五編 第三章 第三節 第一五九表 八木村在郷軍人会の概要(大正五年度) 三四一
  • 第五編
  • 第五編 第四章 学制の精神
  • 第五編 第四章 第一節 学制の発布
  • 第五編 第四章 第一節 第一六〇表 明治五年の学制による学校の種類 三四七
  • 第五編 第四章 第一節 第一六一表 学制による学区・学校数 三四七
  • 第五編 第四章 第一節 第一六二表 学制に定められた学費 三四八
  • 第五編 第四章 第一節 第一六三表 小学校の教科 三五二
  • 第五編 第四章 第二節 小学校の開校
  • 第五編 第四章 第二節 第一六四表 千葉師範学校・木村学校に対する寄付 三五六
  • 第五編 第四章 第二節 第一六五表 西平井学校に対する寄付 三五七
  • 第五編 第四章 第二節 第一六六表 加村学校に対する寄付 三五七
  • 第五編 第四章 第二節 第一六七表 南学校に対する寄付 三五八
  • 第五編 第四章 第二節 第一六八表 鏑木学校寄付金提供者 三六二
  • 第五編 第四章 第二節 第一六九表 鏑木学校の生徒数の変遷 三六三
  • 第五編 第四章 第三節 教育令以降の明治期の教育
  • 第五編 第四章 第三節 第一七〇表 明治一七年の学区 三六六
  • 第五編 第四章 第三節 第一七一表 流山市域の学校(明治一四年) 三六七
  • 第五編 第四章 第三節 第一七二表 流山市域内小学校の敷地校舎取得 三六九
  • 第五編 第四章 第三節 第一七三表 就学率の変遷 三七〇
  • 第五編 第四章 第三節 第一七四表 流山市域の学齢児童就学状況(大正九年) 三七三
  • 第五編 第四章 第四節 大正期の教育
  • 第五編 第四章 第五節 昭和初期(新制度発足まで)の教育
  • 第五編 第四章 第五節 第一七五表 国民学校の学科と科目 三八八
  • 第五編 第四章 第五節 第一七六表 終戦直後の教育界の変更 三九一
  • 第五編
  • 第五編 第五章 産業と経済の発達
  • 第五編 第五章 第一節 流山の農業
  • 第五編 第五章 第一節 第一七七表 稲の品種数(大正七年現在) 三九九
  • 第五編 第五章 第一節 第一七八表 千葉県内の稲品種別栽培面積(明治四四年) 四〇〇
  • 第五編 第五章 第一節 第一七九表 千葉県における品種と作付け面積の推移 四〇二
  • 第五編 第五章 第一節 第一八〇表 田植えをしない日(苗忌み) 四〇六
  • 第五編 第五章 第一節 第一八一表 東葛飾郡の米生産高 四一四
  • 第五編 第五章 第一節 第一八二表 流山市域における稲作の割合 四一四
  • 第五編 第五章 第一節 第一八三表 水稲一反あたり収穫高の推移 四一五
  • 第五編 第五章 第一節 第一八四表 流山町の田畑面積(明治三八年) 四一五
  • 第五編 第五章 第一節 第一八五表 大正九年の作付面積 四一七
  • 第五編 第五章 第一節 第一八六表 戦前に流山市域で栽培された自家用作物 四二〇
  • 第五編 第五章 第一節 第一八七表 流山町の畑作面積(大正九年) 四二一
  • 第五編 第五章 第一節 第一八八表 八木村の畑作物 四二一
  • 第五編 第五章 第一節 第一八九表 流山市域における農業人口の内訳(大正九年) 四二三
  • 第五編 第五章 第一節 第一九〇表 東葛飾郡域で使われた主な肥料 四二五
  • 第五編 第五章 第一節 第一九一表 流山市域の下肥価格と内訳 四二六
  • 第五編 第五章 第一節 第一九二表 流山市域の桑園面積(大正八年) 四二九
  • 第五編 第五章 第一節 第一九三表 東葛飾郡で使われた主な蚕種 四二九
  • 第五編 第五章 第一節 第一九四表 流山市域の養蚕数(大正八年) 四三〇
  • 第五編 第五章 第一節 第一九五表 流山町における養蚕数の変遷(大正四年〜七年) 四三〇
  • 第五編 第五章 第一節 第一九六表 流山市域の葉煙草栽培(大正九年) 四三一
  • 第五編 第五章 第一節 第一九七表 県別豚飼育頭数(明治二五年) 四三三
  • 第五編 第五章 第一節 第一九八表 流山市域の養豚組合 四三四
  • 第五編 第五章 第一節 第一九九表 流山市域の養豚数(大正五年) 四三四
  • 第五編 第五章 第一節 第二〇〇表 全国の製茶量(明治二二年・明治四四年) 四三四
  • 第五編 第五章 第一節 第二〇一表 千葉県内の製茶量(明治二三年・明治四三年) 四三五
  • 第五編 第五章 第一節 第二〇二表 流山市域の製茶(大正五年) 四三六
  • 第五編 第五章 第一節 第二〇三表 流山市域の農会 四三七
  • 第五編 第五章 第一節 第二〇四表 八木村農会の歳出項目 四三八
  • 第五編 第五章 第一節 第二〇五表 新川村農会の変遷 四三八
  • 第五編 第五章 第一節 第二〇六表 新川村農会の主な活動(大正一一年) 四三九
  • 第五編 第五章 第一節 第二〇七表 新川村農会の主な活動(昭和二年) 四四〇
  • 第五編 第五章 第一節 第二〇八表 流山市域の産業組合 四四二
  • 第五編 第五章 第二節 流山の商工業
  • 第五編 第五章 第二節 第二〇九表 万上味淋の経緯 四四八
  • 第五編 第五章 第二節 第二一〇表 東葛飾郡内の味醂酒類醸造業者 四五〇
  • 第五編 第五章 第二節 第二一一表 大正時代初期における流山町の醸造業 四五〇
  • 第五編 第五章 第二節 第二一二表 流山町における醸造業者の比定 四五一
  • 第五編 第五章 第二節 第二一三表 流山市域の醸造業者 四五一
  • 第五編 第五章 第二節 第二一四表 流山市域の醸造会社の概要 四五二
  • 第五編 第五章 第二節 第二一五表 『千葉県酒類製造業者名簿』に記載された流山の醸造業者(昭和二年) 四五三
  • 第五編 第五章 第二節 第二一六表 関東酒造組合連合会が定めた月給標準額 四五三
  • 第五編 第五章 第二節 第二一七表 秋元家の店勘定 四五四
  • 第五編 第五章 第二節 第二一八表 秋元家の主な取引先 四五四
  • 第五編 第五章 第二節 第二一九表 秋元家の月別醸造品積出量(明治七年七月〜明治九年七月) 四五五
  • 第五編 第五章 第二節 第二二〇表 堀切家の製品 四五六
  • 第五編 第五章 第二節 第二二一表 丸山醤油の軌跡 四五七
  • 第五編 第五章 第二節 第二二二表 『流山』に掲載された職種 四五九
  • 第五編 第五章 第二節 第二二三表 『流山』にみる取扱品目別件数 四六〇
  • 第五編
  • 第五編 第六章 交通の発達
  • 第五編 第六章 第一節 水上交通の概要
  • 第五編 第六章 第一節 第二二四表 高瀬船の規模 四七五
  • 第五編 第六章 第一節 第二二五表 第一通運丸の主要諸元 四七八
  • 第五編 第六章 第一節 第二二六表 明治四三年四月の出港地別行先(航路) 四八一
  • 第五編 第六章 第一節 第二二七表 流山市域の渡船 四八二
  • 第五編 第六章 第二節 利根運河
  • 第五編 第六章 第二節 第二二八表 利根運河の概要 四八五
  • 第五編 第六章 第二節 第二二九表 利根運河の主な株主 四九二
  • 第五編 第六章 第二節 第二三〇表 利根運河株式会社の動き 四九四
  • 第五編 第六章 第二節 第二三一表 想定された最大船舶の大きさ 四九五
  • 第五編 第六章 第二節 第二三二表 利根運河の法量比較 四九八
  • 第五編 第六章 第二節 第二三三表 利根運河の工事 四九八
  • 第五編 第六章 第二節 第二三四表 利根運河の工区 四九九
  • 第五編 第六章 第二節 第二三五表 第一工区の工事量 五〇三
  • 第五編 第六章 第二節 第二三六表 利根運河第一工区の進捗状況(明治二二年一二月) 五〇四
  • 第五編 第六章 第二節 第二三七表 第二工区請負者 五〇七
  • 第五編 第六章 第二節 第二三八表 利根運河第二工区の請負人 五〇八
  • 第五編 第六章 第二節 第二三九表 利根運河の橋梁 五一七
  • 第五編 第六章 第二節 第二四〇表 年度別通船筏内訳表 五二〇
  • 第五編 第六章 第二節 第二四一表 東京〜銚子間汽船航路乗客一覧表 五二一
  • 第五編 第六章 第二節 第二四二表 損益計算書 五二四
  • 第五編 第六章 第二節 第二四三表 昭和一六年七月の水害状況 五二九
  • 第五編 第六章 第三節 陸上交通の概要
  • 第五編 第六章 第三節 第二四四表 江戸川に架かっていた橋 五三二
  • 第五編 第六章 第三節 第二四五表 流山橋架橋の経緯 五三五
  • 第五編 第六章 第三節 第二四六表 江戸川架橋速進同盟会役員名簿 五三八
  • 第五編 第六章 第三節 第二四七表 日本国有鉄道建設規定 五五三
  • 第五編 第六章 第三節 第二四八表 千葉県内の常磐線各駅 五六一
  • 第五編 第六章 第三節 第二四九表 常磐線松戸駅発車時刻表(明治四四年頃) 五六二
  • 第五編 第六章 第三節 第二五〇表 普通鉄道と軽便鉄道の相違 五六七
  • 第五編 第六章 第三節 第二五一表 一kmあたりの資本額 五六八
  • 第五編 第六章 第三節 第二五二表 流山線の収入推移 五七〇
  • 第五編 第六章 第三節 第二五三表 県営鉄道野田線の各駅 五七三
  • 第五編 第六章 第三節 第二五四表 県営鉄道の旅客運賃表(明治四四年四月現在) 五七三
  • 第五編 第六章 第三節 第二五五表 運賃の比較 五七四
  • 第五編 第六章 第三節 第二五六表 県営鉄道野田線の輸送量(明治四四年) 五七五
  • 第五編 第六章 第三節 第二五七表 野田線の輸送量 五七六
  • 第五編
  • 第五編 第七章 憂国の陰で
  • 第五編 第七章 第一節 徴兵制と軍事
  • 第五編 第七章 第一節 第二五八表 鎮台の変化 五八一
  • 第五編 第七章 第一節 第二五九表 徴兵制度の変遷 五八二
  • 第五編 第七章 第一節 第二六〇表 徴兵検査基準の変遷 五八四
  • 第五編 第七章 第一節 第二六一表 西南戦争戦没者内訳 五八八
  • 第五編 第七章 第一節 第二六二表 流山市域出身の西南戦争戦没者 五八八
  • 第五編 第七章 第一節 第二六三表 日清戦争における第二軍の行動 五九〇
  • 第五編 第七章 第一節 第二六四表 流山市域出身の日清戦争戦役功労者 五九〇
  • 第五編 第七章 第一節 第二六五表 流山市域の日清戦争記念碑 五九一
  • 第五編 第七章 第一節 第二六六表 秋元誉之助への餞別 五九二
  • 第五編 第七章 第一節 第二六七表 『秋元誉之助出兵日記』による入営 五九三
  • 第五編 第七章 第一節 第二六八表 日露戦争の経過 五九四
  • 第五編 第七章 第一節 第二六九表 近代戦争の戦死者、負傷者数 五九五
  • 第五編 第七章 第一節 第二七一表 流山市域の日露戦争関係記念碑 五九六
  • 第五編 第七章 第一節 第二七〇表 流山市域出身の日露戦争戦死、戦傷死、戦病死、戦傷復員者 五九七
  • 第五編 第七章 第一節 第二七二表 第一次世界大戦における第二軍の行動 五九九
  • 第五編 第七章 第一節 第二七三表 流山市域出身の第一次世界大戦出征者 五九九
  • 第五編 第七章 第一節 第二七四表 流山市域の第一次世界大戦関係記念碑 六〇〇
  • 第五編 第七章 第一節 第二七五表 昭和二〇年の戦死者内訳 六〇二
  • 第五編 第七章 第二節 陸軍糧秣本廠流山出張所
  • 第五編 第七章 第二節 第二七六表 流山糧秣廠開庁時の職員 六〇六
  • 第五編 第七章 第二節 第二七七表 歴代の流山糧秣廠長 六一〇
  • 第五編 第七章 第二節 第二七八表 流山糧秣廠の職員数 六一一
  • 第五編 第七章 第二節 第二七九表 流山糧秣廠の施設規模の変遷 六一四
  • 第五編 第七章 第二節 第二八〇表 馬糧の製造工程 六一五
  • 第五編 第七章 第二節 第二八一表 携帯馬糧の製造工程 六一六
  • 第五編 第七章 第三節 陸軍柏飛行場
  • 第五編 第七章 第三節 第二八二表 柏飛行場の建設経緯 六二三
  • 第五編 第七章 第三節 第二八三表 軍施設開設記念式典 六二四
  • 第五編 第七章 第三節 第二八四表 柏飛行場に展開した部隊 六二六
  • 第六編
  • 第六編 第一章 治安横構
  • 第六編 第一章 第一節 民主警察の誕生
  • 第六編 第一章 第一節 第二八五表 試験実施時期の流山地区の管轄状況 六三二
  • 第六編 第一章 第一節 第二八六表 自治体警察要員配置表 六三二
  • 第六編 第一章 第一節 第二八七表 昭和二五年度一般会計当初予算 六三四
  • 第六編 第一章 第一節 第二八八表 東葛飾地区における自治体警察存廃に関する住民投票の結果 六三六
  • 第六編 第一章 第一節 第二八九表 自治体警察廃止後の流山町管轄状況 六三六
  • 第六編 第一章 第一節 第二九〇表 流山町警部補派出所管内一覧表 六三九
  • 第六編 第一章 第一節 第二九一表 東葛方面機動捜査隊の推移 六四二
  • 第六編 第一章 第一節 第二九二表 主な道路整備事業 六四六
  • 第六編 第一章 第一節 第二九三表 流山市の事故、車両代数、人口の推移 六四七
  • 第六編 第一章 第一節 第二九四表 流山交通安全協会の概要と推移 六四九
  • 第六編 第一章 第二節 消防
  • 第六編 第一章 第二節 第二九五表 千葉県の消防事務の変遷 六五三
  • 第六編 第一章 第二節 第二九六表 消防制度の変遷 六五三
  • 第六編 第一章 第二節 第二九七表 合併前の消防力の状況 六五六
  • 第六編 第一章 第二節 第二九八表 消防団時代の消防施設 六五九
  • 第六編 第一章 第二節 第二九九表 消防配備の変遷 六六〇
  • 第六編 第一章 第二節 第三〇〇表 消防車の変遷 六六二
  • 第六編 第一章 第二節 第三〇一表 出火件数の推移 六六四
  • 第六編 第一章 第二節 第三〇二表 流山市の消防配備(平成六年) 六六六
  • 第六編 第一章 第二節 第三〇三表 救急業務実施市町村数の推移 六六七
  • 第六編 第一章 第二節 第三〇四表 救急車の出動件数 六六八
  • 第六編 第一章 第二節 第三〇五表 指定河川水防区域警戒分担組織表 六七一
  • 第六編 第一章 第二節 第三〇六表 消防相互応援協定の状況 六七三
  • 第六編 第一章 第二節 第三〇七表 流山市綜合防災訓練の実施 六七四
  • 第六編 第一章 第二節 第三〇八表 流山市消防本部の啓発活動 六七六
  • 第六編 第一章 第二節 第三〇九表 幼年消防クラブの発足 六七八
  • 第六編
  • 第六編 第二章 社会福祉
  • 第六編 第二章 第一節 社会福祉事業の変遷
  • 第六編 第二章 第一節 第三一〇表 明治期の救護的な法律 六八三
  • 第六編 第二章 第一節 第三一一表 被生活保護の世帯類型状況 六八七
  • 第六編 第二章 第一節 第三一二表 母子家庭世帯の原因別内訳 六八八
  • 第六編 第二章 第一節 第三一三表 身体障害者手帳交付の状況一覧 六九〇
  • 第六編 第二章 第一節 第三一四表 障害者福祉の施設 六九二
  • 第六編 第二章 第一節 第三一五表 拠出国民年金・保険料の推移 六九四
  • 第六編 第二章 第一節 第三一六表 流山市の拠出国民年金給付状況(平成五年度末現在) 六九五
  • 第六編 第二章 第一節 第三一七表 流山市の国民年金被保険者数の推移 六九六
  • 第六編 第二章 第一節 第三一八表 福祉年金給付状況の推移 六九七
  • 第六編 第二章 第一節 第三一九表 千葉県における国保組合普及完成状況表 七〇二
  • 第六編 第二章 第一節 第三二〇表 国民健康保険普及状況(昭和三一年一月一日現在) 七〇三
  • 第六編 第二章 第一節 第三二一表 流山市における国民健康保険の推移 七〇四
  • 第六編 第二章 第一節 第三二二表 流山町国民健康保険特別会計予算内訳 七〇五
  • 第六編 第二章 第一節 第三二三表 流山町国民健康保険診療契約医 七〇六
  • 第六編 第二章 第一節 第三二四表 国民健康保険による疾病別統計 七〇七
  • 第六編 第二章 第一節 第三二五表 流山市における国民健康保険の推移 七〇八
  • 第六編 第二章 第一節 第三二六表 流山町の国民健康保険の給付の推移 七一一
  • 第六編 第二章 第一節 第三二七表 八〇歳以上の対象者にかかった経費 七一五
  • 第六編 第二章 第一節 第三二八表 流山市の高齢者医療費関係の推移 七一七
  • 第六編 第二章 第一節 第三二九表 流山福祉協議会の変遷 七一九
  • 第六編 第二章 第一節 第三三〇表 流山市小域福祉圏の設置状況 七一九
  • 第六編 第二章 第一節 第三三一表 人権擁護委員の増員の推移 七二〇
  • 第六編 第二章 第一節 第三三二表 民生児童委員数の推移 七二二
  • 第六編 第二章 第二節 児童福祉
  • 第六編 第二章 第二節 第三三三表 児童館、児童センター一覧 七二四
  • 第六編 第二章 第二節 第三三四表 児童館・児童センターの年間任意利用状況 七二五
  • 第六編 第二章 第二節 第三三五表 家庭児童相談室取扱い件数の推移 七二六
  • 第六編 第二章 第二節 第三三六表 中野久木保育所 七二七
  • 第六編 第二章 第二節 第三三七表 平和台保育所 七二七
  • 第六編 第二章 第二節 第三三八表 江戸川台保育所 七二八
  • 第六編 第二章 第二節 第三三九表 美田保育所 七二八
  • 第六編 第二章 第二節 第三四〇表 名都借保育所 七二八
  • 第六編 第二章 第二節 第三四一表 長崎保育所 七二八
  • 第六編 第二章 第二節 第三四二表 向小金保育所 七二九
  • 第六編 第二章 第二節 第三四三表 東深井保育所 七二九
  • 第六編 第二章 第二節 第三四四表 流山市域の私立保育園 七二九
  • 第六編 第二章 第三節 高齢者福祉
  • 第六編 第二章 第三節 第三四五表 平均寿命の推移 七三一
  • 第六編 第二章 第三節 第三四六表 高齢者人口比率 七三二
  • 第六編 第二章 第三節 第三四七表 階層別人口状況一覧 七三三
  • 第六編 第二章 第三節 第三四八表 シルバー人材センターの受注業務 七三四
  • 第六編 第二章 第三節 第三四九表 シルバー人材センターの推移 七三五
  • 第六編 第二章 第三節 第三五〇表 敬老大会の推移 七三六
  • 第六編 第二章 第三節 第三五一表 敬老金支給の変遷 七三七
  • 第六編 第二章 第三節 第三五二表 流山市における高齢者福祉施設 七三九
  • 第六編 第二章 第三節 第三五三表 高齢者家庭奉仕員派遣事業の推移 七四一
  • 第六編 第二章 第三節 第三五四表 寝たきり高齢者短期保護事業の推移 七四二
  • 第六編 第二章 第三節 第三五五表 ディ・サービス事業 七四二
  • 第六編 第二章 第三節 第三五六表 日常生活用具給付事業 七四三
  • 第六編 第二章 第三節 第三五七表 在宅高齢者支援事業一覧 七四三
  • 第六編 第二章 第三節 第三五八表 老人クラブの推移 七四六
  • 第六編
  • 第六編 第三章 保健衛生
  • 第六編 第三章 第一節 保健衛生
  • 第六編 第三章 第一節 第三五九表 千葉県内の狂犬病発生状況 七五〇
  • 第六編 第三章 第一節 第三六〇表 昭和二七年度の野犬咬傷被害一覧 七五二
  • 第六編 第三章 第一節 第三六一表 流山市における畜犬事業の推移 七五三
  • 第六編 第三章 第一節 第三六二表 犬の正しい飼い方推進モデル地区 七五五
  • 第六編 第三章 第一節 第三六三表 流山市の法定伝染病発生件数 七五八
  • 第六編 第三章 第一節 第三六四表 流山町の癌部位別死亡状況 七六〇
  • 第六編 第三章 第一節 第三六五表 千葉県における五大主要死因別推移 七六一
  • 第六編 第三章 第一節 第三六六表 癌検診の推移 七六二
  • 第六編 第三章 第一節 第三六七表 流山市の出生推移 七六五
  • 第六編 第三章 第一節 第三六八表 第一次三歳児健康診査実施状況 七六五
  • 第六編 第三章 第一節 第三六九表 結核住民検診の推移 七六八
  • 第六編 第三章 第一節 第三七〇表 結核予防に関する流れ 七六九
  • 第六編 第三章 第一節 第三七一表 結核登録患者数の推移 七七〇
  • 第六編 第三章 第一節 第三七二表 流山市内の特定疾病療養者の状況 七七二
  • 第六編 第三章 第一節 第三七三表 日本人の平均寿命の推移 七七五
  • 第六編 第三章 第一節 第三七四表 市民健康まつりの開催 七七六
  • 第六編 第三章 第一節 第三七五表 流山医師会の流れ 七八〇
  • 第六編 第三章 第一節 第三七六表 流山市歯科医師会の流れ 七八二
  • 第六編
  • 第六編 第四章 教育改革とその実施
  • 第六編 第四章 第一節 国民学校から小学校へ
  • 第六編 第四章 第一節 第三七七表 教育に関する年表 七八七
  • 第六編 第四章 第一節 第三七八表 八木南小学校の変遷 七九四
  • 第六編 第四章 第一節 第三七九表 八木北小学校の変遷 七九六
  • 第六編 第四章 第二節 旧制中学校から新制中学校へ
  • 第六編 第四章 第二節 第三八〇表 南部中学校の変遷 八〇二
  • 第六編 第四章 第二節 第三八一表 北部中学校の変遷 八〇三
  • 第六編 第四章 第三節 地域の発展と教育
  • 第六編 第四章 第三節 第三八二表 人口と児童数、学校数 八〇五
  • 第六編 第四章 第三節 第三八三表 流山市域の小中学校・高等学校 八〇七
  • 第六編 第四章 第三節 第三八四表 流山市域小学校の研究・研修一覧 八一三
  • 第六編 第四章 第三節 第三八五表 中学校における研修会 八一五
  • 第六編 第四章 第三節 第三八六表 中学校の研究会 八一六
  • 第六編 第四章 第三節 第三八七表 小学校の給食体制(平成元年) 八一九
  • 第六編 第四章 第三節 第三八八表 親子給食提携校 八一九
  • 第六編 第四章 第三節 第三八九表 中学校の給食 八二〇
  • 第六編 第四章 第三節 第三九〇表 流山市PTA連絡協議会 八二〇
  • 第六編
  • 第六編 第五章 都市型農業への歩み
  • 第六編 第五章 第一節 農地改革と農業施策
  • 第六編 第五章 第一節 第三九一表 農地改革の経緯 八二五
  • 第六編 第五章 第一節 第三九二表 農地改革案の相違 八二六
  • 第六編 第五章 第一節 第三九三表 選出された八木村の農地委員 八二九
  • 第六編 第五章 第一節 第三九四表 選出された新川村の農地委員 八二九
  • 第六編 第五章 第一節 第三九五表 選出された流山町の農地委員 八二九
  • 第六編 第五章 第一節 第三九六表 千葉県内の自小作別の戸数変化 八三〇
  • 第六編 第五章 第一節 第三九七表 千葉県内における経営田畑面積毎の戸数変化 八三〇
  • 第六編 第五章 第一節 第三九八表 東葛飾郡における農地改革の変化 八三一
  • 第六編 第五章 第一節 第三九九表 農地報償の金額 八三五
  • 第六編 第五章 第二節 農業協同組合と土地改良区
  • 第六編 第五章 第三節 都市型農業への転換
  • 第六編 第五章 第三節 第四〇〇表 作物別作付け面積 八八三
  • 第六編
  • 第六編 第六章 江戸川町から流山市へ
  • 第六編 第六章 第一節 流山町の誕生
  • 第六編 第六章 第一節 第四〇一表 千葉県内の市町村数の変遷 八八八
  • 第六編 第六章 第一節 第四〇二表 合併直前の人口・世帯数・職員数 八九一
  • 第六編 第六章 第一節 第四〇三表 初代の首長 八九一
  • 第六編 第六章 第一節 第四〇四表 江戸川町の出張所管轄区域 八九二
  • 第六編 第六章 第二節 流山町の施策
  • 第六編 第六章 第二節 第四〇五表 流山町の施策 八九八
  • 第六編 第六章 第二節 第四〇六表 『広報ながれやま』の歩み 九〇〇
  • 第六編 第六章 第三節 流山市の誕生
  • 第六編 第六章 第三節 第四〇七表 市制移行へのアンケート 九〇八
  • 第六編 第六章 第三節 第四〇八表 市制移行へのアンケート結果 九〇九
  • 第六編 第六章 第三節 第四〇九表 市制施行後の重点施策と主な事業 九一〇

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで