サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

和気郡史 通史編 中巻 2

和気郡史編纂委員会 編纂,和気郡史編集委員 編

詳細情報

タイトル 和気郡史
著者 和気郡史編纂委員会 編纂
著者 和気郡史編集委員 編
出版地(国名コード) JP
出版地[佐伯町 (岡山県) ]
出版社和気郡史刊行会
出版年月日等 2002.7
大きさ、容量等 1冊 ; 22cm
注記 年表あり
JP番号 20738777
巻次 通史編 中巻 2
出版年(W3CDTF) 2002
件名(キーワード) 和気郡 (岡山県)--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC218
NDC(9版) 217.5 : 中国地方
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 地方公共団体刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 和気郡史. 通史編 中巻 2
  • 和気郡史 通史編中巻II 目次
  • 口絵
  • 和気郡史刊行事業完了にあたり
  • 編纂要綱
  • 第三章 中世 一
  • 第三章 第一節 鎌倉時代
  • 第三章 第一節 一 守護・地頭の設置 三
  • 第三章 第一節 一 1 御家人と守護・地頭 三
  • 第三章 第一節 一 1 将軍と御家人 三
  • 第三章 第一節 一 1 守護の補任とその職務 五
  • 第三章 第一節 一 1 地頭の設置 七
  • 第三章 第一節 一 2 備前・備中・美作の守護 八
  • 第三章 第一節 一 2 山陽道五ケ国の守護の補任 八
  • 第三章 第一節 一 2 土肥実平と備前・備中国 九
  • 第三章 第一節 一 2 美作守護梶原景時と八塔寺 一一
  • 第三章 第一節 一 2 梶原景時と美作の神林寺 一三
  • 第三章 第一節 一 2 梶原景時と和田義盛 一四
  • 第三章 第一節 一 3 和気郡の地頭 一五
  • 第三章 第一節 一 3 新田荘の地頭 一五
  • 第三章 第一節 一 3 藤野保の地頭 一七
  • 第三章 第一節 一 3 三石保の地頭 二〇
  • 第三章 第一節 一 3 香登荘の地頭 二一
  • 第三章 第一節 一 3 吉永保の地頭 二一
  • 第三章 第一節 一 3 日笠荘の地頭 二二
  • 第三章 第一節 一 4 備前・美作の知行国主 二二
  • 第三章 第一節 一 4 備前の知行国主平頼盛 二二
  • 第三章 第一節 一 4 美作の知行国主藤原兼実 二四
  • 第三章 第一節 二 東大寺再建と備前国 二六
  • 第三章 第一節 二 1 俊乗房重源による東大寺再建 二六
  • 第三章 第一節 二 1 東大寺の炎上 二六
  • 第三章 第一節 二 1 重源による東大寺再建 二七
  • 第三章 第一節 二 1 重源と備前国 二八
  • 第三章 第一節 二 1 備前の国衙領 二九
  • 第三章 第一節 二 1 和気郡の国衙領と麦年貢 三〇
  • 第三章 第一節 二 1 万富の東大寺瓦窯 三三
  • 第三章 第一節 二 1 重源と栄西 三五
  • 第三章 第一節 二 2 重源の修善事業 三六
  • 第三章 第一節 二 2 重源と南無阿弥陀仏作善集 三六
  • 第三章 第一節 二 2 備中国における修善事業 三七
  • 第三章 第一節 二 2 備前国における修善事業 四〇
  • 第三章 第一節 二 2 船坂峠の改修 四二
  • 第三章 第一節 三 承久の乱と備前の武士 四四
  • 第三章 第一節 三 1 後鳥羽上皇と承久の乱 四四
  • 第三章 第一節 三 1 後鳥羽上皇と備前の番鍛冶 四四
  • 第三章 第一節 三 1 後鳥羽上皇の挙兵 四五
  • 第三章 第一節 三 1 和気荘の武士の参戦 四六
  • 第三章 第一節 三 2 後鳥羽上皇と頼仁親王の配流 四七
  • 第三章 第一節 三 2 後鳥羽上皇の隠岐配流 四七
  • 第三章 第一節 三 2 冷泉宮頼仁親王と五流尊竜院 四九
  • 第三章 第一節 三 2 五流尊竜院宝塔の火葬骨 五一
  • 第三章 第一節 四 安養寺の寺領と寺規 五二
  • 第三章 第一節 四 1 安養寺の由来と安養寺文書 五二
  • 第三章 第一節 四 1 安養寺の由来 五二
  • 第三章 第一節 四 1 安養寺文書 五三
  • 第三章 第一節 四 2 安養寺の禁制と寺領の寄進 五四
  • 第三章 第一節 四 2 安養寺の禁制 五四
  • 第三章 第一節 四 2 塔婆免田畠の寄進 五五
  • 第三章 第一節 四 2 法華供料田の寄進 五七
  • 第三章 第一節 四 2 鎮守山王権現の信仰と田畠の寄進 五八
  • 第三章 第一節 四 3 安養寺の衆徒と会議状 六〇
  • 第三章 第一節 四 3 安養寺衆徒による僉議状の作成 六〇
  • 第三章 第一節 四 3 建治三年の僉議状 六一
  • 第三章 第一節 四 3 正和二年の僉議状 六二
  • 第三章 第一節 五 春日大明神の相撲田楽と流鏑馬 六四
  • 第三章 第一節 五 春日大明神の相撲田楽・流鏑馬番付板 六四
  • 第三章 第一節 五 名主が奉納した相撲田楽と流鏑馬 六七
  • 第三章 第一節 六 八塔寺と境界相論 六八
  • 第三章 第一節 六 1 鎌倉殿御祈祷所としての八塔寺 六八
  • 第三章 第一節 六 1 創建伝承と鎌倉殿御祈祷所 六八
  • 第三章 第一節 六 1 十三重塔の建立 六九
  • 第三章 第一節 六 1 六波羅下知状と打札在所 七〇
  • 第三章 第一節 六 1 六波羅下知状の焼失と関東御教書 七二
  • 第三章 第一節 六 2 藤野保地頭頓宮義綱との境界相論 七三
  • 第三章 第一節 六 2 頓宮義綱の主張と衆徒の反論 七三
  • 第三章 第一節 六 2 御使渋谷定願・松田盛経の注進 七五
  • 第三章 第一節 六 2 六波羅探題の判決 七七
  • 第三章 第一節 六 3 藤野保の尼覚円との境界相論 七八
  • 第三章 第一節 六 3 尼覚円の提訴と幕府の判決 七八
  • 第三章 第一節 六 3 尼覚円のねらい 七九
  • 第三章 第一節 六 4 佐与荘の小串範行との相論 八〇
  • 第三章 第一節 七 山陽道と方上津 八一
  • 第三章 第一節 七 1 山陽道の変遷 八一
  • 第三章 第一節 七 1 木曽義仲の備中進攻と山陽道 八一
  • 第三章 第一節 七 1 経路の変更と一遍の布教 八三
  • 第三章 第一節 七 2 福岡市の発展 八五
  • 第三章 第一節 七 2 市場の賑わい 八五
  • 第三章 第一節 七 2 市場町福岡の発展 八六
  • 第三章 第一節 七 3 平安・鎌倉時代の方上津 八八
  • 第三章 第一節 七 3 平安時代の方上津 八八
  • 第三章 第一節 七 3 鎌倉時代の方上津 八九
  • 第三章 第一節 八 和気郡の荘園と国衙領 九〇
  • 第三章 第一節 八 1 新田荘 九〇
  • 第三章 第一節 八 1 広大な新田荘 九〇
  • 第三章 第一節 八 1 東大寺造営と新田荘 九一
  • 第三章 第一節 八 1 益原郷と日笠保の併合 九一
  • 第三章 第一節 八 1 新田本荘と新田新荘 九三
  • 第三章 第一節 八 1 熊山北・西麓の地域と新田荘 九四
  • 第三章 第一節 八 1 新田荘の預所と地頭 九四
  • 第三章 第一節 八 1 赤松氏と新田荘 九五
  • 第三章 第一節 八 2 香登荘 九七
  • 第三章 第一節 八 2 香登荘の立荘 九七
  • 第三章 第一節 八 2 大堤築造事件と服部新荘の成立 九八
  • 第三章 第一節 八 3 佐伯荘 一〇〇
  • 第三章 第一節 八 3 平頼盛と佐伯荘 一〇〇
  • 第三章 第一節 八 3 佐伯荘の伝領 一〇〇
  • 第三章 第一節 八 4 日笠保 一〇一
  • 第三章 第一節 八 4 日笠保の成立 一〇一
  • 第三章 第一節 八 4 小槻家による伝領 一〇二
  • 第三章 第一節 八 4 南北朝時代の日笠保 一〇三
  • 第三章 第一節 八 5 藤野保 一〇四
  • 第三章 第一節 八 5 藤野保と地頭頓宮氏 一〇四
  • 第三章 第一節 八 5 赤松氏と藤野保 一〇五
  • 第三章 第一節 八 6 吉永保 一〇六
  • 第三章 第一節 八 6 吉永保と藤野保 一〇六
  • 第三章 第一節 八 6 吉永保の名主と地頭 一〇七
  • 第三章 第一節 八 7 三石保 一〇九
  • 第三章 第一節 八 7 源平合戦と三石宿 一〇九
  • 第三章 第一節 三石保の地頭伊東氏と三石城 一〇九
  • 第三章 第一節 8 石生郷 一一一
  • 第三章 第一節 9 鶴海・佐山 一一二
  • 第三章 第一節 九 元弘の乱と備作の武士 一一三
  • 第三章 第一節 九 1 後醍醐天皇の倒幕計画と備作の武士 一一三
  • 第三章 第一節 九 1 御家人制の動揺と在地領主 一一三
  • 第三章 第一節 九 1 後醍醐天皇による倒幕計画 一一四
  • 第三章 第一節 九 2 後醍醐天皇の隠岐配流と児島高徳 一一六
  • 第三章 第一節 九 2 後醍醐天皇の隠岐配流 一一六
  • 第三章 第一節 九 2 児島高徳と十字の詩 一一九
  • 第三章 第一節 九 3 鎌倉幕府の滅亡 一二一
  • 第三章 第一節 九 3 赤松氏の挙兵と三石保の地頭伊東氏 一二一
  • 第三章 第一節 九 3 赤松勢の東上 一二三
  • 第三章 第一節 九 3 後醍醐天皇の隠岐脱出と備作の武士 一二四
  • 第三章 第一節 九 3 赤松勢の京都進攻 一二四
  • 第三章 第一節 九 3 六波羅府の陥落 一二六
  • 第三章 第二節 南北朝時代
  • 第三章 第二節 一 建武の新政と備作の武士 一二八
  • 第三章 第二節 一 1 建武の新政と所領問題 一二八
  • 第三章 第二節 一 1 後醍醐天皇による新政 一二八
  • 第三章 第二節 一 1 所領の安堵と訴訟 一二九
  • 第三章 第二節 一 1 沙弥行西の申し立て 一三〇
  • 第三章 第二節 一 1 安養寺の申し立て 一三一
  • 第三章 第二節 一 2 足利尊氏の離反と備作の武士 一三二
  • 第三章 第二節 一 2 中先代の乱と足利尊氏の離反 一三二
  • 第三章 第二節 一 2 児島高徳の注進 一三三
  • 第三章 第二節 二 足利尊氏の九州敗走と三石城 一三五
  • 第三章 第二節 二 1 足利勢の三石篭城 一三五
  • 第三章 第二節 二 1 足利尊氏の敗走と室津の軍議 一三五
  • 第三章 第二節 二 1 石橋和義の三石篭城と安養寺 一三六
  • 第三章 第二節 二 2 新田勢の西下と児島高徳らの挙兵 一三七
  • 第三章 第二節 二 2 新田勢の播備作進攻 一三七
  • 第三章 第二節 二 2 児島高徳らの熊山挙兵 一三九
  • 第三章 第二節 三 足利勢の東上と南北朝の分裂 一四〇
  • 第三章 第二節 三 1 備中福山合戦と和田一族 一四〇
  • 第三章 第二節 三 1 備中福山合戦 一四〇
  • 第三章 第二節 三 1 新田勢の摂津後退 一四二
  • 第三章 第二節 三 1 足利直義と光明寺 一四二
  • 第三章 第二節 三 1 和田一族の自害 一四三
  • 第三章 第二節 三 1 児島高徳のその後 一四四
  • 第三章 第二節 三 2 南北朝の分裂と観応の騒擾 一四七
  • 第三章 第二節 三 2 足利尊氏の入京と南北朝分裂 一四七
  • 第三章 第二節 三 2 備前の在地武士の動向 一四九
  • 第三章 第二節 三 2 観応の騒擾と足利尊氏の福岡滞陣 一五〇
  • 第三章 第二節 三 3 山名時氏の備作進攻と南北両朝の攻防 一五三
  • 第三章 第二節 三 3 山名時氏の備作進攻と再度の入京 一五三
  • 第三章 第二節 三 3 山名時氏の備作制圧と幕府への帰順 一五五
  • 第三章 第二節 四 和気郡の社寺と熊野参詣 一五七
  • 第三章 第二節 四 1 赤松氏・足利氏と和気郡の社寺 一五七
  • 第三章 第二節 四 1 赤松則村・足利尊氏と安養寺 一五七
  • 第三章 第二節 四 1 赤松則祐と方上八幡宮 一五八
  • 第三章 第二節 四 1 赤松則祐と宝林寺 一六〇
  • 第三章 第二節 四 1 赤松則祐・義則と光明寺 一六三
  • 第三章 第二節 四 1 足利氏と大滝山福生寺 一六六
  • 第三章 第二節 四 2 熊野参詣の盛行 一六八
  • 第三章 第二節 四 2 熊野参詣と熊野参詣人願文 一六八
  • 第三章 第二節 四 2 新田新荘の人々の熊野参詣 一六九
  • 第三章 第二節 四 2 備前刀工らの熊野参詣 一七二
  • 第三章 第二節 五 塩田村の田畑と年貢 一七五
  • 第三章 第二節 五 「御米目録」にみる田畑と年貢 一七五
  • 第三章 第三節 室町時代
  • 第三章 第三節 一 赤松氏の繁栄と没落 一七七
  • 第三章 第三節 一 1 赤松義則と赤松庶流家 一七七
  • 第三章 第三節 一 1 播備作三ケ国守護赤松義則 一七七
  • 第三章 第三節 一 1 赤松氏庶流諸家の興隆 一七九
  • 第三章 第三節 一 2 備前守護代浦上氏・小寺氏 一八三
  • 第三章 第三節 一 2 大徳寺開山宗峰妙超と浦上氏 一八三
  • 第三章 第三節 一 2 備前守護代浦上氏・小寺氏 一八六
  • 第三章 第三節 一 3 嘉吉の乱と赤松氏の没落 一八七
  • 第三章 第三節 一 3 赤松満祐と庶流家の人々 一八七
  • 第三章 第三節 一 3 赤松満祐と将軍足利義教 一八九
  • 第三章 第三節 一 3 将軍足利義教弑逆 一九一
  • 第三章 第三節 一 3 赤松氏の下国と備作の国人 一九三
  • 第三章 第三節 一 3 井原御所足利義尊の擁立 一九五
  • 第三章 第三節 一 3 備中守護細川氏久と安養寺の禁制 一九七
  • 第三章 第三節 一 3 播備作三国守護赤松氏の滅亡 一九九
  • 第三章 第三節 二 赤松氏の再興と新田荘 二〇〇
  • 第三章 第三節 二 1 山名氏の備作支配 二〇〇
  • 第三章 第三節 二 1 播備作三ケ国守護山名一族 二〇〇
  • 第三章 第三節 二 1 赤松満政・則尚の乱 二〇一
  • 第三章 第三節 二 2 赤松政則による赤松氏再興 二〇三
  • 第三章 第三節 二 2 神璽の奉還と赤松氏の再興 二〇三
  • 第三章 第三節 二 2 安養寺の丹生屋正頼寄進状 二〇五
  • 第三章 第三節 二 2 赤松勢の新田荘入部 二〇七
  • 第三章 第三節 三 応仁の乱と備作地方の動向 二〇九
  • 第三章 第三節 三 1 応仁の乱と赤松氏 二〇九
  • 第三章 第三節 三 1 応仁の乱と赤松勢の奮戦 二〇九
  • 第三章 第三節 三 1 赤松氏の播備作三ケ国の奪還 二一一
  • 第三章 第三節 三 1 赤松政則と浦上則宗 二一五
  • 第三章 第三節 三 2 備前国福岡合戦とその後の動向 二一七
  • 第三章 第三節 三 2 応仁の乱の終息 二一七
  • 第三章 第三節 三 2 山名氏の備作侵攻 二一八
  • 第三章 第三節 三 2 松田元成の離反と浦上則国の福岡出陣 二一九
  • 第三章 第三節 三 2 備前国福岡合戦 二二〇
  • 第三章 第三節 三 2 福岡合戦後の動向 二二三
  • 第三章 第三節 三 3 赤松政則の栄華と浦上則宗 二二六
  • 第三章 第三節 三 3 浦上則宗の近江出陣 二二六
  • 第三章 第三節 三 3 赤松政則の湯郷湯治 二二八
  • 第三章 第三節 三 3 赤松政則の近江・河内出陣 二三〇
  • 第三章 第三節 三 3 赤松政則の栄華と死 二三二
  • 第三章 第三節 三 3 赤松政則没後の領国と浦上則宗の死 二三三
  • 第三章 第三節 四 室町中期の瀬戸内の海運 二三七
  • 第三章 第三節 四 1 瀬戸内の海運 二三七
  • 第三章 第三節 四 1 「兵庫北関入船納帳」にみる瀬戸内の海運 二三七
  • 第三章 第三節 四 1 備前の船の積み荷 二四〇
  • 第三章 第三節 四 1 備前の船の船頭と問丸 二四三
  • 第三章 第三節 四 2 日生・伊部・方上津の船と積み荷 二四六
  • 第三章 第三節 四 2 日生・虫明のナマコ 二四六
  • 第三章 第三節 四 2 伊部・方上両津と備前壼の積み出し 二四八
  • 第三章 第四節 戦国時代
  • 第三章 第四節 一 三石城主浦上村宗の台頭と挫折 二五一
  • 第三章 第四節 一 1 浦上氏と三石城 二五一
  • 第三章 第四節 一 1 浦上氏の系譜 二五一
  • 第三章 第四節 一 1 浦上氏と三石城 二五四
  • 第三章 第四節 一 1 現存する三石城跡 二五五
  • 第三章 第四節 一 2 赤松義村と浦上村宗 二五八
  • 第三章 第四節 一 2 細川管領家の内紛と赤松・浦上両氏 二五八
  • 第三章 第四節 一 2 赤松義村の三石城攻撃 二六二
  • 第三章 第四節 一 2 香登城主浦上宗久の謀反 二六四
  • 第三章 第四節 一 2 八塔寺合戦と伽藍の焼失 二六六
  • 第三章 第四節 一 2 赤松義村の再度の三石城攻撃 二六九
  • 第三章 第四節 一 2 赤松義村の美作進攻 二七一
  • 第三章 第四節 一 3 浦上村宗の栄光と挫折 二七四
  • 第三章 第四節 一 3 浦上村宗による赤松義村殺害 二七四
  • 第三章 第四節 一 3 内輪取合合戦と浦上村宗の播磨制圧 二七六
  • 第三章 第四節 一 3 細川高国の流浪と三石来訪 二七九
  • 第三章 第四節 一 3 大物崩れと浦上村宗の討死 二八一
  • 第三章 第四節 二 浦上政宗と浦上宗景 二八四
  • 第三章 第四節 二 1 浦上村宗没後の備前と播磨 二八四
  • 第三章 第四節 二 1 浦上一族を代表した富田松城主浦上国秀 二八四
  • 第三章 第四節 二 1 現存する富田松城の遺構 二八七
  • 第三章 第四節 二 1 宇喜多能家の死 二八九
  • 第三章 第四節 二 1 浦上政宗・宗景の三石城退去 二九二
  • 第三章 第四節 二 1 浦上虎満丸と浦上政宗 二九四
  • 第三章 第四節 二 1 赤松晴政の復権 二九六
  • 第三章 第四節 二 2 浦上政宗の備前南部支配と没落 二九九
  • 第三章 第四節 二 2 浦上政宗と長法寺 二九九
  • 第三章 第四節 二 2 浦上政宗と金川城主松田元堅 三〇一
  • 第三章 第四節 二 2 浦上政宗・清宗父子の死 三〇三
  • 第三章 第四節 二 3 浦上宗景と天神山城 三〇八
  • 第三章 第四節 二 3 浦上宗景の天神山入城 三〇八
  • 第三章 第四節 二 3 浦上政宗の宗景追討 三一〇
  • 第三章 第四節 二 3 浦上宗景の家臣たち 三一二
  • 第三章 第四節 二 3 現存する天神山城跡 三一六
  • 第三章 第四節 二 3 備前長船の刀工と浦上宗景・日笠頼房 三二二
  • 第三章 第四節 三 浄土真宗と日蓮宗の進出 三二三
  • 第三章 第四節 三 1 浄土真宗の布教 三二三
  • 第三章 第四節 三 1 浄土真宗寺院の創建 三二三
  • 第三章 第四節 三 1 「備陽国誌』にみる浄土真宗寺院 三二六
  • 第三章 第四節 三 2 日蓮宗の布教と寺院の建立 三二七
  • 第三章 第四節 三 2 法泉寺の題目石 三二七
  • 第三章 第四節 三 2 日蓮宗寺院の建立 三二九
  • 第三章 第四節 三 2 宇喜多土佐守と本久寺 三三一
  • 第三章 第五節 宇喜多直家と秀家
  • 第三章 第五節 一 戦国大名宇喜多直家 三三三
  • 第三章 第五節 一 1 戦国大名への歩み 三三三
  • 第三章 第五節 一 1 宇喜多直家の台頭 三三三
  • 第三章 第五節 一 1 明禅寺合戦と宇喜多直家の岡山入城 三三五
  • 第三章 第五節 一 2 備芸和平と浦上宗景の没落 三三六
  • 第三章 第五節 一 2 備芸和平と浦上宗景の立場 三三六
  • 第三章 第五節 一 2 三村氏と三浦氏の滅亡 三三八
  • 第三章 第五節 一 2 天神山落城と浦上宗景の没落 三四〇
  • 第三章 第五節 一 2 宇喜多直家の織田信長帰属 三四三
  • 第三章 第五節 二 宇喜多秀家の栄華と没落 三四六
  • 第三章 第五節 二 1 豊臣秀吉と宇喜多秀家 三四六
  • 第三章 第五節 二 1 備中高松城水攻めと宇喜多氏 三四六
  • 第三章 第五節 二 1 豊臣秀吉の養子宇喜多秀家 三四九
  • 第三章 第五節 二 2 岡山城改築と寺社領の検地 三五〇
  • 第三章 第五節 二 2 宇喜多秀家の城普請と来住法悦 三五〇
  • 第三章 第五節 二 2 寺社領の検地と安養寺・長法寺 三五二
  • 第三章 第五節 二 3 関ケ原の合戦と宇喜多秀家 三五八
  • 第三章 第五節 二 3 お家騒動と重臣らの退去 三五八
  • 第三章 第五節 二 3 関ケ原の合戦と宇喜多氏の滅亡 三六〇
  • 第三章 第六節 中世の文化財
  • 第三章 第六節 一 国指定文化財 三六四
  • 第三章 第六節 一 1 建造物 三六四
  • 第三章 第六節 一 1 真光寺本堂 三六四
  • 第三章 第六節 一 1 真光寺三重塔 三六五
  • 第三章 第六節 一 1 大滝山三重塔 三六五
  • 第三章 第六節 一 2 彫刻 三六七
  • 第三章 第六節 一 2 木造釈迦如来坐像 三六七
  • 第三章 第六節 一 3 工芸品 三六八
  • 第三章 第六節 一 3 銅五鈷鈴 三六八
  • 第三章 第六節 一 3 古備前筒大花生 三六八
  • 第三章 第六節 一 3 (附)木造彩色菊牡丹透華鬘 三六九
  • 第三章 第六節 一 4 典籍 三七〇
  • 第三章 第六節 一 4 四座講式 三七〇
  • 第三章 第六節 一 5 史跡 三七〇
  • 第三章 第六節 一 5 伊部南大窯跡 三七〇
  • 第三章 第六節 二 岡山県指定文化財 三七二
  • 第三章 第六節 二 1 建造物・石造物 三七二
  • 第三章 第六節 二 1 本久寺本堂 三七二
  • 第三章 第六節 二 1 石造密厳寺五重層塔 三七三
  • 第三章 第六節 二 1 石造密厳寺九重層塔 三七四
  • 第三章 第六節 二 1 石造五輪塔 三七五
  • 第三章 第六節 二 2 彫刻 三七五
  • 第三章 第六節 二 2 木造阿弥陀如来坐像 三七五
  • 第三章 第六節 二 2 木造阿弥陀如来坐像 三七六
  • 第三章 第六節 二 2 木造毘沙門天立像 三七六
  • 第三章 第六節 二 2 木造鬼面 三七七
  • 第三章 第六節 二 3 絵画 三七八
  • 第三章 第六節 二 3 絹本墨画白衣観音像 三七八
  • 第三章 第六節 二 3 絹本著色十六羅漢像 三七九
  • 第三章 第六節 二 4 工芸品 三八〇
  • 第三章 第六節 二 4 陣太鼓 三八〇
  • 第三章 第六節 二 4 備前焼茶壼 三八〇
  • 第三章 第六節 二 4 梵鐘(妙圀寺蔵) 三八一
  • 第三章 第六節 二 4 (附)梵鐘(妙覚寺蔵) 三八二
  • 第三章 第六節 二 4 (附)梵鐘(宝福寺蔵) 三八三
  • 第三章 第六節 二 5 古文書 三八四
  • 第三章 第六節 二 5 安養寺文書 三八四
  • 第三章 第六節 二 6 史跡 三八五
  • 第三章 第六節 二 6 三石城跡 三八五
  • 第三章 第六節 二 6 天神山城跡 三八六
  • 第三章 第六節 三 市・町指定文化財 三八七
  • 第三章 第六節 三 1 建造物・石造物 三八七
  • 第三章 第六節 三 2 彫刻・絵画 三八八
  • 第三章 第六節 三 3 工芸品 三八九
  • 第三章 第六節 三 4 典籍・古文書 三九〇
  • 第三章 第六節 三 5 史跡 三九一
  • 和気郡史 中世年表 三九五
  • 索引
  • 付録I
  • 付録I 資料編 文献資料(中世)補遺
  • 付録I 資料編 一 浦上・浮田両家分限帳 一
  • 付録I 資料編 二 備前国四十八ケ寺領并分国中大社領目録写 一三
  • 付録I 資料編 三 兵庫北関入船納帳(抜粋) 一六
  • 付録II

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで