サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

獣医公衆衛生学

高島郁夫, 熊谷進 編

詳細情報

タイトル 獣医公衆衛生学
著者 高島郁夫, 熊谷進 編
著者標目 高島, 郁夫, 1947-
著者標目 熊谷, 進, 1947-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社文永堂出版
出版年月日等 2004.11
大きさ、容量等 516p ; 27cm
注記 文献あり
ISBN 4830031980
価格 9000円
JP番号 20729229
第3版
出版年(W3CDTF) 2004
件名(キーワード) 家畜衛生
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC RB561
NDC(9版) 649.8 : 獣医学.比較医学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 獣医公衆衛生学
  • 目次
  • I. 公衆衛生の考え方と国民衛生の動向 1
  • I. 1. 公衆衛生の考え方と概要 (小川益男) 1
  • I. 1. 1) 公衆衛生の目的と内容 1
  • I. 1. 2) 健康の考え方と成立要件 1
  • I. 1. 3) 疾病の発生過程と予防活動の考え方 4
  • I. 1. 4) 公衆衛生活動の進め方 5
  • I. 2. 獣医公衆衛生学 (源宣之) 7
  • I. 2. 1) 公衆衛生学における獣医学分野の役割と課題 7
  • I. 2. 1) (1) 人獣共通感染症の監視および防疫 8
  • I. 2. 1) (2) 食品衛生 9
  • I. 2. 1) (3) 環境衛生 9
  • I. 2. 1) (4) 動物の愛護および福祉 10
  • I. 2. 1) (5) 比較医学 10
  • I. 3. 公衆衛生の歴史 (源宣之) 11
  • I. 3. 1) 世界の公衆衛生の歴史 11
  • I. 3. 1) (1) 古代 11
  • I. 3. 1) (2) 中世 12
  • I. 3. 1) (3) 近世 12
  • I. 3. 1) (4) 現代 13
  • I. 3. 2) わが国の公衆衛生の歴史 13
  • I. 4. 国民衛生の動向 (小川益男) 15
  • I. 4. 1) 国民衛生の動向を示す指標(比率)とその求め方 15
  • I. 4. 2) 人口静態 17
  • I. 4. 2) (1) わが国における人口の動き 18
  • I. 4. 2) (2) 人口構成 18
  • I. 4. 2) (3) 世界における人口の動き 20
  • I. 4. 3) 人口動態 21
  • I. 4. 3) (1) 出生の概況 21
  • I. 4. 3) (2) 死亡の概況 23
  • I. 4. 4) 生命表 28
  • I. 4. 4) (1) 生命関数 28
  • I. 4. 4) (2) 生命関数を用いた死因分析 30
  • I. 4. 4) (3) 平均寿命 30
  • I. 4. 5) 国民の疾病と傷害の状況 31
  • I. 4. 6) 生活環境衛生と環境保全の動向 33
  • I. 4. 6) (1) 生活環境衛生の動向 33
  • I. 4. 6) (2) 環境保全の動向 34
  • II. 疫学および疾病予防 37
  • II. 1. 疫学の概要 (小川益男) 37
  • II. 1. 1) 疫学の定義と概念 37
  • II. 1. 2) 疫学の目的と対象 37
  • II. 2. 疾病および健康障害の発生要因 (岩田祐之) 38
  • II. 2. 1) 病因要因 38
  • II. 2. 2) 環境要因 39
  • II. 2. 3) 宿主要因 40
  • II. 3. 疫学の方法論 (林谷秀樹) 40
  • II. 3. 1) 調査対象の設定 40
  • II. 3. 1) (1) 無作為抽出 41
  • II. 3. 1) (2) 系統抽出 41
  • II. 3. 1) (3) 層別抽出 41
  • II. 3. 1) (4) 多段抽出法 41
  • II. 3. 2) 疫学研究方法 42
  • II. 3. 2) (1) 観察的研究 42
  • II. 3. 2) (2) 介入研究 45
  • II. 3. 3) バイアスと交絡 46
  • II. 3. 4) 因果関係 47
  • II. 3. 5) さまざまな疫学研究 47
  • II. 3. 5) (1) 臨床疫学 47
  • II. 3. 5) (2) その他 48
  • II. 3. 6) サーベイランスとモニタリング 48
  • II. 3. 6) (1) サーベイランスの定義 48
  • II. 3. 6) (2) サーベイランスの方法 49
  • II. 3. 6) (3) サーベイランスの実例 50
  • II. 3. 6) (4) モニタリング 50
  • II. 4. 感染症の疫学 (杉山誠) 52
  • II. 4. 1) 感染と発症 52
  • II. 4. 2) 感染症の発生要因 52
  • II. 4. 2) (1) 病原体と感染源 52
  • II. 4. 2) (2) 感染経路あるいは伝播様式 53
  • II. 4. 2) (3) 宿主の感受性 54
  • II. 4. 3) 流行現象 54
  • II. 4. 3) (1) 生物学的特性 55
  • II. 4. 3) (2) 地理的特性 55
  • II. 4. 3) (3) 時間的特性 55
  • II. 4. 3) (4) 社会的特性 55
  • II. 5. 感染症の予防 (光崎研一) 56
  • II. 5. 1) 感染症予防の基本原則 56
  • II. 5. 1) (1) 感染源対策:感染源の隔離または排除および撲滅 56
  • II. 5. 1) (2) 感染経路対策:伝達経路の遮断 57
  • II. 5. 1) (3) 感受性宿主対策:個体および集団の免疫・抵抗力の増強 57
  • II. 5. 2) 予防接種 58
  • II. 5. 2) (1) 予防接種と問題点 58
  • II. 5. 3) 消毒 59
  • II. 5. 3) (1) 消毒の意義 59
  • II. 5. 3) (2) 消毒の方法(消毒剤の分類) 59
  • II. 6. 非感染症の疫学 (高島郁夫,源宣之) 61
  • II. 6. 1) 非感染症の発生要因 62
  • II. 6. 1) (1) 環境要因 63
  • II. 6. 1) (2) 宿主要因 63
  • II. 6. 2) 非感染症の予防 63
  • II. 6. 2) (1) 一次予防 63
  • II. 6. 2) (2) 二次予防 63
  • II. 6. 2) (3) 三次予防 64
  • II. 6. 3) 主要な非感染症の疫学 64
  • II. 6. 3) (1) がん 64
  • II. 6. 3) (2) 脳血管疾患(脳卒中) 64
  • II. 6. 3) (3) 心疾患 64
  • II. 6. 3) (4) 糖尿病 65
  • II. 6. 3) (5) 不慮の事故 65
  • II. 6. 3) (6) 自殺 65
  • II. 6. 3) (7) 痴呆 65
  • II. 6. 付. バイオハザードと病原体のリスク分類 (苅和宏明) 66
  • II. 6. 付. (1) バイオハザード 66
  • II. 6. 付. (2) 病原体のリスク分類 66
  • II. 6. 付. (3) バイオセーフティー 67
  • III. ズーノーシス(人獣共通感染症) 69
  • III. 1. 定義と概要 69
  • III. 1. 1) ズーノーシス(人獣共通感染症)の定義 (高島郁夫) 69
  • III. 1. 2) ズーノーシスの種類と分類 (橋本信夫,高島郁夫) 69
  • III. 1. 2) (1) 病原体の種類 69
  • III. 1. 2) (2) 伝播様式による分類 69
  • III. 1. 3) ズーノーシスの地理的分布 (高島郁夫) 73
  • III. 1. 4) 人と動物疾病との関わり合い (高島郁夫) 73
  • III. 1. 5) 人におけるズーノーシスの発生要因 (源宣之) 74
  • III. 1. 6) ズーノーシスに対する人と動物の症状 (高島郁夫) 74
  • III. 1. 7) 「感染症法」におけるズーノーシスの現状 (高島郁夫) 74
  • III. 1. 8) 職業とズーノーシス (高島郁夫) 75
  • III. 1. 9) わが国におけるズーノーシスの現状 (源宣之) 75
  • III. 1. 9) (1) 家畜のズーノーシス (源宣之) 75
  • III. 1. 9) (2) 伴侶動物のズーノーシス (源宣之) 76
  • III. 1. 9) (3) 野生動物のズーノーシス (源宣之) 76
  • III. 1. 9) (4) 魚類によるズーノーシス (児玉洋) 76
  • III. 1. 9) (5) 人の生活圏内に生息する野生動物のズーノーシス (源宣之) 77
  • III. 1. 10) 外来性ズーノーシス (高島郁夫) 77
  • III. 1. 11) エマージング(新興)感染症 (高島郁夫) 78
  • III. 2. ウイルス性およびプリオンによるズーノーシス 79
  • III. 2. 1) 狂犬病 (源宣之) 79
  • III. 2. 2) Bウイルス感染症 (本藤良) 81
  • III. 2. 3) アルボウイルス感染症 (高島郁夫) 82
  • III. 2. 3) (1) 黄熱 (高島郁夫) 84
  • III. 2. 3) (2) 日本脳炎 (高島郁夫) 85
  • III. 2. 3) (3) ウエストナイル熱 (高島郁夫) 86
  • III. 2. 3) (4) ダニ媒介性脳炎 (高島郁夫) 86
  • III. 2. 3) (5) デング熱・デング出血熱 (高島郁夫) 87
  • III. 2. 3) (6) リフトバレー熱 (高島郁夫) 88
  • III. 2. 3) (7) クリミア・コンゴ出血熱 (苅和宏明) 88
  • III. 2. 4) ハンタウイルス感染症 (有川二郎) 89
  • III. 2. 5) ラッサ熱 (森川茂) 91
  • III. 2. 6) 南米型出血熱 (森川茂) 92
  • III. 2. 7) マールブルグ病 (吉川泰弘) 93
  • III. 2. 8) エボラ出血熱 (吉川泰弘) 94
  • III. 2. 9) ニパウイルス感染症 (坂本研一) 96
  • III. 2. 10) サル痘 (苅和宏明) 97
  • III. 2. 11) インフルエンザ (伊藤寿啓) 97
  • III. 2. 12) ニューカッスル病 (伊藤寿啓) 98
  • III. 2. 13) プリオン病 (堀内基広) 98
  • III. 3. リケッチアおよびクラミジア性ズーノーシス 101
  • III. 3. 1) リケッチア性ズーノーシス 101
  • III. 3. 1) (1) 発疹チフス群 (上野弘志) 101
  • III. 3. 1) (2) 紅斑熱群 (村松康和) 101
  • III. 3. 1) (3) ツツガムシ病 (上野弘志) 102
  • III. 3. 1) (4) Q熱 (福士秀人) 104
  • III. 3. 1) (5) エールリヒア症 (福士秀人) 105
  • III. 3. 2) クラミジア性ズーノーシス 105
  • III. 3. 2) (1) オウム病 (福士秀人) 105
  • III. 4. 細菌性ズーノーシス 106
  • III. 4. 1) 結核 (山本茂貴) 106
  • III. 4. 2) 野兎病 (上野弘志) 108
  • III. 4. 3) パスツレラ症 (丸山総一) 108
  • III. 4. 4) ブルセラ症 (中沢宗生) 109
  • III. 4. 5) サルモネラ症 (石黒直隆) 110
  • III. 4. 6) 豚丹毒(人の類丹毒) (沢田拓士) 111
  • III. 4. 7) リステリア症 (丸山務) 113
  • III. 4. 8) 炭疽 (牧野壮一) 113
  • III. 4. 9) ペスト (丸山務) 115
  • III. 4. 10) レプトスピラ症 (岡本嘉六) 115
  • III. 4. 11) 細菌性赤痢 (品川邦汎) 116
  • III. 4. 12) 大腸菌症 (石黒直隆) 117
  • III. 4. 13) エルシニア症 (林谷秀樹) 119
  • III. 4. 14) 仮性結核 (林谷秀樹) 119
  • III. 4. 15) 鼻疽 (安斉了) 120
  • III. 4. 16) 類鼻疽 (安斉了) 121
  • III. 4. 17) カンピロバクター症 (三沢尚明) 121
  • III. 4. 18) 鼠咬症 (伊藤喜久治) 122
  • III. 4. 19) ライム病 (上野弘志) 123
  • III. 4. 20) 猫ひっかき病 (丸山総一) 124
  • III. 4. 21) 破傷風 (田村豊) 126
  • III. 4. 22) ガス壊疽 (田村豊) 126
  • III. 4. 23) ボツリヌス症 (鎌田洋一) 127
  • III. 4. 24) ブドウ球菌感染症 (品川邦汎) 127
  • III. 5. 真菌性ズーノーシス 129
  • III. 5. 1) 皮膚糸状菌症 (加納塁) 129
  • III. 5. 2) カンジダ症 (中村遊香) 131
  • III. 5. 3) クリプトコックス症 (中村遊香) 131
  • III. 5. 4) アスペルギルス症 (中村遊香) 132
  • III. 5. 5) スポロトリコーシス (中村遊香) 132
  • III. 5. 6) 接合菌症 (高鳥浩介) 133
  • III. 5. 7) ヒストプラズマ症 (高鳥浩介) 133
  • III. 5. 8) コクシジオイデス症 (高鳥浩介) 134
  • III. 5. 9) ブラストミセス症 (高鳥浩介) 134
  • III. 6. 原虫性ズーノーシス 135
  • III. 6. 1) トキソプラスマ症 (松井利博) 135
  • III. 6. 2) アメーバ赤痢 (松井利博) 136
  • III. 6. 3) バランチジウム症 (松井利博) 136
  • III. 6. 4) トリパノソーマ症 (藤崎幸蔵) 137
  • III. 6. 5) リーシュマニア症 (藤崎幸蔵) 138
  • III. 6. 6) ジアルジア症(ランブル鞭毛虫症) (藤崎幸蔵) 138
  • III. 6. 7) ニューモシスチス症 (藤崎幸蔵) 139
  • III. 6. 8) クリプトスポリジウム症 (五十嵐郁男) 139
  • III. 6. 9) バベシア症 (五十嵐郁男) 140
  • III. 7. 寄生虫性ズーノーシス (奥祐三郎,神谷正男) 141
  • III. 7. 1) 肝吸虫症 143
  • III. 7. 2) メタゴニムス症 143
  • III. 7. 3) 肺吸虫症 144
  • III. 7. 4) 肝蛭症 145
  • III. 7. 5) 日本住血吸虫症 145
  • III. 7. 6) 有鉤条虫および有鉤嚢虫症 146
  • III. 7. 7) 無鉤条虫症 147
  • III. 7. 8) 包虫症 148
  • III. 7. 9) 裂頭条虫症 149
  • III. 7. 10) マンソン孤虫(幼裂頭条虫)症 150
  • III. 7. 11) アニサキス症 150
  • III. 7. 12) 顎口虫症 151
  • III. 7. 13) 旋毛虫症 153
  • III. 7. 14) トキソカラ症 153
  • III. 7. 15) アライグマ回虫症 154
  • III. 7. 16) 犬糸状虫症 155
  • III. 7. 17) 広東住血線虫症 156
  • III. 7. 18) 外部寄生虫症 156
  • III. 7. 18) (1) ダニ症 156
  • III. 7. 18) (2) ノミ刺咬症 157
  • III. 7. 18) (3) ハエ幼虫症 157
  • III. 7. 19) その他の寄生虫性ズーノーシス 159
  • IV. 食品衛生 161
  • IV. 1. 食品衛生とは 161
  • IV. 1. 1) 現代社会における食品の意義 (熊谷進) 161
  • IV. 1. 1) (1) 食糧の確保と食品衛生 161
  • IV. 1. 1) (2) 食品の生産から消費まで 162
  • IV. 1. 2) 食品衛生の概念 (熊谷進) 163
  • IV. 1. 2) (1) 国際通念としての概念 163
  • IV. 1. 2) (2) 食品衛生の一般原則(コーデックス国際規格) 163
  • IV. 1. 3) 食中毒と食品媒介疾病 (品川邦汎) 164
  • IV. 1. 3) (1) 概要 164
  • IV. 1. 3) (2) 経口感染症 165
  • IV. 1. 3) (3) 食品媒介性ズーノーシスおよび寄生虫症 166
  • IV. 1. 3) (4) 食物アレルギー 167
  • IV. 1. 3) (5) 食中毒の分類 168
  • IV. 1. 3) (6) 感染型食中毒の発生要因 171
  • IV. 1. 3) (7) 食中毒の発生状況 173
  • IV. 1. 4) 食中毒と食品媒介疾病の原因となる物質 (品川邦汎) 179
  • IV. 1. 4) (1) 食中毒と食品媒介疾病の原因 179
  • IV. 1. 4) (2) 微生物 180
  • IV. 1. 4) (3) 病原体 180
  • IV. 1. 4) (4) 化学物質 181
  • IV. 1. 4) (5) 物理的危害 182
  • IV. 2. 食品媒介感染症 183
  • IV. 2. 1) 感染源と汚染経路 (品川邦汎) 183
  • IV. 2. 2) ウイルス・リケッチア性食品媒介感染症 184
  • IV. 2. 2) (1) ウイルス性胃腸炎 (武田直和) 184
  • IV. 2. 2) (2) A型肝炎 (武田直和) 185
  • IV. 2. 2) (3) Q熱 (山本茂貴) 186
  • IV. 2. 3) 細菌性食品媒介感染症 187
  • IV. 2. 3) (1) コレラ (品川邦汎) 187
  • IV. 2. 3) (2) 細菌性赤痢 (品川邦汎) 188
  • IV. 2. 3) (3) 腸チフス,パラチフス (品川邦汎) 189
  • IV. 2. 3) (4) 腸炎ビブリオ食中毒 (熊谷進) 190
  • IV. 2. 3) (5) サルモネラ食中毒 (品川邦汎) 191
  • IV. 2. 3) (6) 病原大腸菌食中毒 (伊藤喜久治) 193
  • IV. 2. 3) (7) ブドウ球菌食中毒 (品川邦汎) 194
  • IV. 2. 3) (8) ボツリヌス中毒 (鎌田洋一) 196
  • IV. 2. 3) (9) ウエルシュ菌食中毒 (鎌田洋一) 198
  • IV. 2. 3) (10) セレウス菌食中毒 (品川邦汎) 199
  • IV. 2. 3) (11) Non-O1ビブリオ食中毒(ナグビブリオ食中毒) (加藤行男) 201
  • IV. 2. 3) (12) エロモナス食中毒 (加藤行男) 201
  • IV. 2. 3) (13) ビブリオ・フルビアリス食中毒 (加藤行男) 201
  • IV. 2. 3) (14) プレシオモナス食中毒 (加藤行男) 202
  • IV. 2. 3) (15) エルシニア・エンテロコリチカ食中毒 (林谷秀樹) 202
  • IV. 2. 3) (16) カンピロバクター食中毒 (中馬猛久) 203
  • IV. 2. 3) (17) リステリア症 (林谷秀樹) 204
  • IV. 2. 3) (18) ビブリオ・バルニフィカス食中毒 (熊谷進) 206
  • IV. 2. 3) (19) その他細菌(溶連菌,プロビデンシア・アルカリファシエンス) (加藤行男) 206
  • IV. 2. 4) 原虫と寄生虫による食品媒介感染症 206
  • IV. 3. 食品微生物と腐敗および変敗 207
  • IV. 3. 1) 食品中微生物 (金子精一) 207
  • IV. 3. 2) 菌叢(ミクロフローラ) (金子精一) 207
  • IV. 3. 2) (1) 穀類 208
  • IV. 3. 2) (2) 野菜,果実 209
  • IV. 3. 2) (3) 乳,乳製品 209
  • IV. 3. 2) (4) 食肉,食肉製品 209
  • IV. 3. 2) (5) 魚介類およびその加工品 209
  • IV. 3. 2) (6) 糖・塩蔵食品,乾燥食品 209
  • IV. 3. 2) (7) 缶・びん詰め食品 209
  • IV. 3. 2) (8) 冷凍食品 210
  • IV. 3. 3) 変質と腐敗 (金子精一) 211
  • IV. 3. 3) (1) 微生物による食品成分の変化 211
  • IV. 3. 3) (2) 化学的変化 211
  • IV. 3. 3) (3) 腐敗検査 211
  • IV. 3. 3) (4) 腐敗防止 213
  • IV. 3. 4) 食品の保蔵と品質保持 (金子精一) 213
  • IV. 3. 4) (1) 冷蔵および冷凍法 214
  • IV. 3. 4) (2) 塩蔵・糖蔵法 214
  • IV. 3. 4) (3) pH調整法 214
  • IV. 3. 4) (4) その他 215
  • IV. 4. 物理化学的危害因子と健康障害 215
  • IV. 4. 1) 有害化学物質の由来と侵入経路 (諏佐信行) 215
  • IV. 4. 1) (1) 天然有害物質 216
  • IV. 4. 1) (2) 動物用医薬品および飼料添加物 216
  • IV. 4. 1) (3) 農薬 216
  • IV. 4. 1) (4) 環境汚染物質 216
  • IV. 4. 1) (5) 有害な食品添加物 217
  • IV. 4. 1) (6) マイコトキシン 217
  • IV. 4. 1) (7) 誘起性有害物質 217
  • IV. 4. 1) (8) その他の有害物質 217
  • IV. 4. 2) 食物連鎖と生物濃縮 (近藤房生) 217
  • IV. 4. 2) (1) 食物連鎖 217
  • IV. 4. 2) (2) 生物濃縮 219
  • IV. 4. 3) 動物用医薬品および飼料添加物 (津田修治) 219
  • IV. 4. 4) 農薬(残留農薬) (津田修治) 221
  • IV. 4. 5) 誘起性の有害物質 (津田修治) 222
  • IV. 4. 5) (1) 油脂の過酸化物 223
  • IV. 4. 5) (2) N-ニトロソ化合物 223
  • IV. 4. 5) (3) 熱分解生成物 223
  • IV. 4. 6) 指定外添加物と偽造品(偽和食品) (諏佐信行) 224
  • IV. 4. 6) (1) 指定外添加物 224
  • IV. 4. 6) (2) 偽造食品(偽和食品) 226
  • IV. 4. 7) 自然毒 (諏佐信行) 226
  • IV. 4. 7) (1) 植物性自然毒 227
  • IV. 4. 7) (2) 動物性自然毒 229
  • IV. 4. 8) 腐敗アミン (諏佐信行) 232
  • IV. 4. 9) カビ毒 (熊谷進) 233
  • IV. 4. 9) (1) 麦角 233
  • IV. 4. 9) (2) アフラトキシン 234
  • IV. 4. 9) (3) トリコテセン 235
  • IV. 4. 9) (4) オクラトキシンA 236
  • IV. 4. 9) (5) フモニシン 237
  • IV. 4. 9) (6) その他のカビ毒 237
  • IV. 4. 10) その他 (上野俊治) 238
  • IV. 4. 10) (1) 食品の生産と製造における混入物質(農薬以外の環境汚染物質) 238
  • IV. 4. 10) (2) 器具・容器包装からの溶出物 240
  • IV. 4. 11) 物理的危害因子 242
  • IV. 4. 11) (1) 異物と衛生動物 (岩田祐之) 242
  • IV. 4. 11) (2) 放射能 (佐藤至) 245
  • IV. 5. 食品の衛生管理 (概説部分 岡本嘉六) 246
  • IV. 5. 1) 生産から消費までの衛生管理 (岡本嘉六) 246
  • IV. 5. 1) (1) HACCP(危害分析・重要管理点方式) (熊谷進) 246
  • IV. 5. 1) (2) 一般的衛生管理 (品川邦汎) 250
  • IV. 5. 1) (3) 表示 (熊谷進) 251
  • IV. 5. 1) (4) 生産段階における衛生管理 (岡本嘉六) 252
  • IV. 5. 1) (5) 製造,加工段階における衛生管理 (品川邦汎) 254
  • IV. 5. 1) (6) 流通,保存,販売段階における衛生管理 (品川邦汎) 256
  • IV. 5. 1) (7) 消費者段階での衛生管理 (品川邦汎) 256
  • IV. 5. 2) 安全性評価 257
  • IV. 5. 2) (1) 食品の衛生管理と安全性評価 (熊谷進) 257
  • IV. 5. 2) (2) 化学物質のリスクアセスメント (三森国敏) 258
  • IV. 5. 2) (3) 微生物のリスクアセスメント (熊谷進) 261
  • IV. 5. 3) 汚染微生物の制御 262
  • IV. 5. 3) (1) 食品の微生物汚染と汚染指標菌 (熊谷進) 262
  • IV. 5. 3) (2) 食品中での微生物の増殖と死滅 (金子精一) 267
  • IV. 5. 3) (3) 微生物制御 (金子精一) 270
  • IV. 5. 4) 食品添加物 (石綿肇) 274
  • IV. 5. 4) (1) 概要 274
  • IV. 5. 4) (2) 指定の指針 275
  • IV. 5. 4) (3) 成分規格と使用基準 276
  • IV. 5. 4) (4) 表示基準 277
  • IV. 5. 4) (5) 摂取量 279
  • IV. 5. 4) (6) 主要な食品添加物の種類と用途 279
  • IV. 5. 5) 新しい技術を応用した食品の機能と安全性 (森田剛史) 283
  • IV. 5. 5) (1) 組換えDNA技術応用食品 283
  • IV. 5. 5) (2) 特定保健用食品 284
  • IV. 5. 5) (3) 栄養補助食品 285
  • IV. 5. 5) (4) 新開発食品 286
  • IV. 6. 乳・乳製品の衛生 (小川益男) 286
  • IV. 6. 1) 乳・乳製品の成分と性状 287
  • IV. 6. 1) (1) 生乳の成分 287
  • IV. 6. 1) (2) 生乳の性状 288
  • IV. 6. 1) (3) 異常乳 288
  • IV. 6. 1) (4) 乳および乳製品の生体調節機能 289
  • IV. 6. 1) (5) 牛乳飲用による生理障害 289
  • IV. 6. 2) 乳・乳製品における微生物の汚染とその危害 290
  • IV. 6. 2) (1) 生乳の微生物汚染とその危害 290
  • IV. 6. 2) (2) 牛乳・乳製品の微生物汚染とその危害 292
  • IV. 6. 3) 乳および乳製品の殺菌と製造工場の衛生管理 293
  • IV. 6. 3) (1) 生乳殺菌の目的と原理 293
  • IV. 6. 3) (2) 生乳の殺菌方法 293
  • IV. 6. 3) (3) 乳および乳製品の製造工場の微生物管理 294
  • IV. 6. 4) 乳・乳製品にみられる理化学的物質の汚染と危害 294
  • IV. 6. 4) (1) 塵埃 295
  • IV. 6. 4) (2) 動物用医薬品および飼料添加物 295
  • IV. 6. 4) (3) 農薬 295
  • IV. 6. 4) (4) 放射能 295
  • IV. 6. 4) (5) その他 296
  • IV. 6. 5) 乳および乳製品の成分規格,製造保存の方法の基準と検査法 296
  • IV. 6. 5) (1) 乳および乳製品の成分規格,製造および保存の方法 296
  • IV. 6. 5) (2) 乳および乳製品の検査法 299
  • IV. 7. 食肉の衛生 (品川邦汎) 300
  • IV. 7. 1) 食肉とその加工品の衛生上の特徴 300
  • IV. 7. 2) 家畜生産における衛生管理 301
  • IV. 7. 2) (1) 家畜疾病の排除 301
  • IV. 7. 2) (2) 食中毒菌を保有しない家畜の生産 301
  • IV. 7. 2) (3) 動物用医薬品の適正使用 302
  • IV. 7. 3) 食肉処理場の衛生管理 302
  • IV. 7. 3) (1) と畜場法 302
  • IV. 7. 3) (2) 食肉処理場の種類,数 302
  • IV. 7. 3) (3) 食肉処理場の構造,設備 303
  • IV. 7. 3) (4) と畜の人道的扱い 304
  • IV. 7. 3) (5) と畜検査 304
  • IV. 7. 3) (6) 自家用と畜および切迫と畜 311
  • IV. 7. 3) (7) 枝肉の微生物汚染とその制御 312
  • IV. 7. 3) (8) 検査データの還元および有効利用 313
  • IV. 7. 3) (9) 食肉加工品の製造工程と衛生管理 314
  • IV. 8. 食鳥肉の衛生 (品川邦汎) 314
  • IV. 8. 1) 食鳥肉の衛生上の特徴 314
  • IV. 8. 2) 鳥および食鳥肉による人の疾病 314
  • IV. 8. 3) 生産における衛生管理 315
  • IV. 8. 4) 食鳥処理工程と衛生管理 315
  • IV. 8. 5) 食鳥検査制度 316
  • IV. 8. 6) 流通と消費における衛生管理 319
  • IV. 8. 6) (1) 微生物コントロール 319
  • IV. 8. 6) (2) 食鳥肉の品質劣化 320
  • IV. 9. 食卵の衛生 (概説部分 品川邦汎) 321
  • IV. 9. 1) 鶏卵の衛生上の特徴 321
  • IV. 9. 1) (1) 卵の構造と微生物汚染機構 (小沼博隆) 321
  • IV. 9. 1) (2) 食卵に起因する人の健康障害 (a. および d. 品川邦汎,b. および c. 小沼博隆) 322
  • IV. 9. 1) (3) 卵の品質と鮮度検査 (品川邦汎) 323
  • IV. 9. 1) (4) 異常卵 (品川邦汎) 325
  • IV. 9. 2) 卵生産における衛生管理 (小沼博隆) 325
  • IV. 9. 2) (1) 動物用医薬品 325
  • IV. 9. 2) (2) 飼料添加物 326
  • IV. 9. 2) (3) 飼料の衛生 326
  • IV. 9. 2) (4) 抗生物質,抗菌物質および農薬などの有害残留物質による汚染 326
  • IV. 9. 2) (5) 卵中の異常物質 327
  • IV. 9. 3) 殻つき卵の流通における衛生管理 (小沼博隆) 327
  • IV. 9. 3) (1) GPセンター 327
  • IV. 9. 3) (2) 小売り段階の衛生管理 329
  • IV. 9. 4) 液卵の製造と流通における衛生管理 (品川邦汎) 329
  • IV. 9. 4) (1) 液卵の殺菌 329
  • IV. 9. 5) 消費段階の衛生管理 (小沼博隆) 330
  • IV. 10. 魚介類の衛生 (熊谷進) 330
  • IV. 10. 1) 魚介類の生産から消費まで 330
  • IV. 10. 2) 魚介類およびその加工品に由来する疾病とその防止策 331
  • IV. 10. 2) (1) 各食中毒原因ごとの防止策 331
  • IV. 10. 3) 生産と製造加工における衛生管理 335
  • IV. 10. 3) (1) 養殖魚介類の安全確保 335
  • IV. 10. 3) (2) 魚介類の衛生 336
  • IV. 10. 4) 流通と消費における衛生管理 338
  • IV. 10. 5) 魚介類の試験法 338
  • IV. 10. 5) (1) 魚種鑑別 338
  • IV. 10. 5) (2) 鮮度試験 338
  • IV. 10. 5) (3) 魚介毒の試験 338
  • V. 環境衛生 341
  • V. 1. 環境衛生の概要 341
  • V. 1. 1) 環境衛生学の進展と変容 (小川益男) 341
  • V. 1. 2) 適応と順化 (小川益男) 343
  • V. 1. 3) 環境基準 (小川益男) 344
  • V. 1. 4) 環境影響評価(環境アセスメント) (植田富貴子) 345
  • V. 1. 5) 地球環境保全 (小川益男) 347
  • V. 1. 6) 化学物質の環境リスク対策 (植田富貴子) 348
  • V. 1. 6) (1) 化学物質対策 348
  • V. 1. 6) (2) 生物モニタリング 351
  • V. 2. 生活環境 353
  • V. 2. 1) 大気環境 (津田修治) 353
  • V. 2. 1) (1) 日光(太陽光線) 353
  • V. 2. 1) (2) 大気の組成 354
  • V. 2. 1) (3) 気象と温熱条件 355
  • V. 2. 1) (4) 異常気圧と健康障害 356
  • V. 2. 2) 水環境 357
  • V. 2. 2) (1) 水の循環 (落合由嗣) 357
  • V. 2. 2) (2) 水と人の健康 (落合由嗣) 358
  • V. 2. 2) (3) 上水の衛生管理の現状 (植村興) 360
  • V. 2. 2) (4) 下水道の衛生管理の現状 (上野俊治) 365
  • V. 2. 3) 土壌環境 (植田富貴子) 375
  • V. 2. 3) (1) 土壌の構造 375
  • V. 2. 3) (2) 土壌の機能と保全 375
  • V. 2. 4) 廃棄物 (上野俊治) 377
  • V. 2. 4) (1) 一般廃棄物 (上野俊治) 378
  • V. 2. 4) (2) 産業廃棄物 (上野俊治) 381
  • V. 2. 4) (3) 特別管理一般廃棄物と特別管理産業廃棄物 (上野俊治) 383
  • V. 2. 4) (4) 廃棄物のリサイクル (上野俊治) 383
  • V. 2. 4) (5) 放射性廃棄物 (佐藤至) 384
  • V. 2. 4) (6) 核燃料サイクル (佐藤至) 385
  • V. 3. 地球環境問題の概要 (小川益男) 386
  • V. 3. 1) 地球温暖化 386
  • V. 3. 2) オゾン層破壊 386
  • V. 3. 3) 酸性雨 387
  • V. 3. 4) 熱帯雨林の減少 388
  • V. 3. 5) 海洋汚染 389
  • V. 3. 6) 生物多様性の減少 389
  • V. 3. 7) 砂漠化 390
  • V. 3. 8) 有害廃棄物の越境問題 390
  • V. 3. 9) 開発途上国公害 391
  • V. 4. 地域レベルでの環境問題 (概説部分 小川益男) 391
  • V. 4. 1) 公害発生のメカニズムと対策 (小川益男) 392
  • V. 4. 2) 大気汚染 (遠藤治) 392
  • V. 4. 2) (1) 大気汚染の定義 392
  • V. 4. 2) (2) 大気汚染の歴史 393
  • V. 4. 2) (3) 大気汚染物質と主要発生源 394
  • V. 4. 2) (4) 大気汚染の環境基準 397
  • V. 4. 2) (5) 大気汚染の現状と特徴 397
  • V. 4. 3) 水質汚濁 (諏佐信行) 398
  • V. 4. 3) (1) 水質汚濁の歴史(健康障害の事例) 398
  • V. 4. 3) (2) 水質汚濁物質と主要発生源 399
  • V. 4. 3) (3) 環境基準と排水基準 401
  • V. 4. 4) 土壌汚染と環境問題 (植田富貴子) 408
  • V. 4. 4) (1) 近代農業の形態と土壌汚染の現状 409
  • V. 4. 4) (2) 鉱工業の発展と土壌汚染の現状 410
  • V. 4. 4) (3) 土壌中の有害物質の規制と環境基準 410
  • V. 4. 4) (4) 開発と土壌侵食 413
  • V. 4. 5) その他の公害 (上野俊治) 413
  • V. 4. 5) (1) 騒音 413
  • V. 4. 5) (2) 振動 414
  • V. 4. 5) (3) 地盤沈下 415
  • V. 4. 5) (4) 悪臭 415
  • V. 5. その他の環境問題 417
  • V. 5. 1) 放射能汚染 (佐藤至) 417
  • V. 5. 1) (1) 自然放射線 417
  • V. 5. 1) (2) 人工放射線 418
  • V. 5. 1) (3) 放射線に関する法規制と放射能汚染 418
  • V. 5. 2) 内分泌かく乱物質による環境汚染 (津田修治) 420
  • V. 6. 衛生動物 (今井壮一) 421
  • V. 6. 1) 衛生動物による害 421
  • V. 6. 1) (1) 寄生による直接的な害 421
  • V. 6. 1) (2) 咬傷 421
  • V. 6. 1) (3) 伝染病,寄生虫病の媒介 422
  • V. 6. 1) (4) 食品の食害 422
  • V. 6. 1) (5) 人に不快感を与えるもの(ニューサンス) 422
  • V. 6. 2) 衛生動物の防除 422
  • V. 6. 2) (1) 環境整備 422
  • V. 6. 2) (2) 物理的・機械的防除 423
  • V. 6. 2) (3) 生物学的防除 423
  • V. 6. 2) (4) 化学的防除(薬剤による防除) 423
  • V. 6. 3) 衛生動物防除のための環境対策 424
  • V. 6. 3) (1) 家屋内 424
  • V. 6. 3) (2) 堆肥,塵芥 424
  • V. 6. 3) (3) 下水道,浄化槽 424
  • V. 6. 3) (4) 水田 425
  • V. 6. 3) (5) 放牧地 425
  • VI. 動物との共生と公衆衛生 (津田修治) 427
  • VI. 1. 共生の概念と一般原則 427
  • VI. 1. 1) 人と動物の相違および類似 427
  • VI. 1. 1) (1) 遺伝的,肉体的 427
  • VI. 1. 1) (2) 精神的,社会的 428
  • VI. 1. 2) 相互作用 429
  • VI. 1. 2) (1) 有用性 429
  • VI. 1. 2) (2) 危害 430
  • VI. 1. 2) (3) ヒューマンアニマルボンド 430
  • VI. 2. 共生の歴史 431
  • VI. 2. 1) 人と動物との関わりの歴史 431
  • VI. 2. 2) 日本の歴史 432
  • VI. 2. 3) 行政対応と社会情勢の変化 433
  • VI. 3. 公衆衛生上の問題点 434
  • VI. 3. 1) 家庭動物 434
  • VI. 3. 1) (1) ズーノーシス 435
  • VI. 3. 1) (2) 騒音・高齢化動物 436
  • VI. 3. 1) (3) 捨て猫,捨て犬 437
  • VI. 3. 2) 学校飼育動物 438
  • VI. 3. 3) 展示動物 439
  • VI. 3. 4) エキゾチックアニマル 441
  • VI. 3. 5) 野生動物 441
  • VI. 3. 6) 実験動物 443
  • VI. 3. 7) 産業動物 444
  • VI. 3. 8) 介助犬,盲導犬 445
  • VII. 公衆衛生行政 (加地祥文) 447
  • VII. 1. 獣医公衆衛生行政とは何か 447
  • VII. 1. 1) 行政とは何か 447
  • VII. 1. 2) 公衆衛生行政とは何か 449
  • VII. 1. 3) 獣医公衆衛生行政の範囲 451
  • VII. 2. 公衆衛生行政の枠組み(システム) 454
  • VII. 2. 1) 行政は誰が行うか 454
  • VII. 2. 1) (1) 国 454
  • VII. 2. 1) (2) 地方自治体 457
  • VII. 2. 2) 行政の方法 458
  • VII. 2. 2) (1) 行政行為 458
  • VII. 3. 食の安全確保のための制度 459
  • VII. 3. 1) 食品安全基本法 460
  • VII. 3. 2) 物に対する規制:(食品,食肉,乳・乳製品,添加物,器具・容器包装,乳幼児用おもちゃ) 462
  • VII. 3. 2) (1) 食品 462
  • VII. 3. 2) (2) 食肉・食鳥肉 462
  • VII. 3. 2) (3) 乳及び乳製品等 463
  • VII. 3. 2) (4) 添加物 463
  • VII. 3. 2) (5) 既存添加物 465
  • VII. 3. 2) (6) 農薬の残留規制(登録保留基準) 465
  • VII. 3. 2) (7) 農薬の残留規制(食品中の残留基準) 466
  • VII. 3. 2) (8) 動物用医薬品等の残留規制 468
  • VII. 3. 2) (9) 環境汚染物質(水銀,カドミウム,ダイオキシン) 470
  • VII. 3. 2) (10) 器具・容器包装 470
  • VII. 3. 2) (11) 乳幼児用おもちゃ 471
  • VII. 3. 2) (12) 洗浄剤 471
  • VII. 3. 3) 施設に対する規制 471
  • VII. 3. 3) (1) 食品営業施設 471
  • VII. 3. 3) (2) と畜場 472
  • VII. 3. 3) (3) 食鳥処理場 473
  • VII. 3. 4) 人に対する規制 473
  • VII. 3. 4) (1) 食品営業施設 473
  • VII. 3. 4) (2) と畜場 474
  • VII. 3. 4) (3) 食鳥処理場 474
  • VII. 3. 4) 監視・調査・検査 475
  • VII. 3. 4) (1) 食品監視 476
  • VII. 3. 4) (2) 食中毒調査 476
  • VII. 3. 4) (3) と畜検査 477
  • VII. 3. 4) (4) 食鳥検査 477
  • VII. 4. 人の健康を守るための制度(動物由来感染症対策) 478
  • VII. 4. 1) 伝染病予防法から感染症法に〜そして新たな段階へ 480
  • VII. 4. 1) (1) 伝染病予防法の廃止と新たな感染症対策の法律 480
  • VII. 4. 1) (2) 感染症法の強化・充実 483
  • VII. 4. 2) 狂犬病予防法 484
  • VII. 4. 2) (1) 登録事務等 486
  • VII. 4. 2) (2) 輸出入検疫 487
  • VII. 4. 2) (3) 狂犬病発生時の対応 487
  • VII. 4. 3) 感染症法における動物由来感染症対策 488
  • VII. 4. 3) (1) 獣医師の責務 488
  • VII. 4. 3) (2) 感染症の新類型 489
  • VII. 4. 3) (3) 獣医師の届出 490
  • VII. 4. 3) (4) 感染症の発生の状況,動向および原因の調査(積極疫学調査) 491
  • VII. 4. 3) (5) 消毒,鼠族昆虫等の駆除など 492
  • VII. 4. 3) (6) 新感染症の発生予防等にかかる厚生労働大臣の指示権限 494
  • VII. 4. 3) (7) 動物の輸入禁止 495
  • VII. 4. 3) (8) 指定動物の輸入検疫 495
  • VII. 4. 3) (9) 動物の輸入届出制度 496
  • 参考図書 499
  • 索引 503

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで