サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

植民地帝国日本の法的構造

浅野豊美, 松田利彦 編

詳細情報

タイトル 植民地帝国日本の法的構造
著者 浅野豊美, 松田利彦 編
著者標目 浅野, 豊美, 1964-
著者標目 松田, 利彦, 1964-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社信山社出版
出版年月日等 2004.3
大きさ、容量等 463, 14p ; 19cm
ISBN 4797252774
価格 4700円
JP番号 20721013
部分タイトル 解説 / 松田利彦 著
部分タイトル 明治憲法体制と植民地基本法秩序 国籍法以前 / 山口輝臣 著
部分タイトル 植民地司法制度の形成と帝国への拡散 / 文竣暎 著
部分タイトル 植民地での条約改正と日本帝国の法的形成 / 浅野豊美 著
部分タイトル 台湾社会と慣習の近代的再編及び台湾特殊法制 徴兵令はなぜ海を越えなかったか? / 近藤正己 著
部分タイトル 植民地の法と慣習 / 洪郁如 著
部分タイトル 朝鮮法域の民事・刑事上の性格と立法・司法制度再編 保護政治下韓国における司法制度改革の理念と現実 / 森山茂徳 著
部分タイトル 軽犯罪の取締法令に見る民衆統制 / 李鐘旻 著
部分タイトル 植民地期朝鮮における参政権要求運動団体「国民協会」について / 松田利彦 著
部分タイトル 植民地独立運動に対する治安維持法の適用 / 水野直樹 著
出版年(W3CDTF) 2004
件名(キーワード) 植民地法 (日本)
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC AZ-641
NDC(9版) 329.98 : 国際法
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで