サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

文学のユートピア : 1942-1954

ロラン・バルト [著],渡辺諒 訳

詳細情報

タイトル 文学のユートピア : 1942-1954
著者 ロラン・バルト [著]
著者 渡辺諒 訳
著者標目 Barthes, Roland, 1915-1980
著者標目 渡辺, 諒, 1952-
著者標目 Barthes, Roland, 1915-1980
シリーズ名 ロラン・バルト著作集 ; 1
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社みすず書房
出版年月日等 2004.9
大きさ、容量等 422p ; 21cm
注記 原タイトル: OEuvres completes
注記 年譜あり
ISBN 4622081113
価格 5200円
JP番号 20684177
別タイトル OEuvres completes
部分タイトル 1942-1946 文化と悲劇 アンドレ・ジッドとその『日記』についてのノート 罪の天使たち 小説の問題に関する『コンフリュアンス』誌の特集について <古典>の快楽 ギリシャにて 『異邦人』の文体に関する考察 ベルドンヌの三人の学生による室内楽コンサート ドミニック・マルティの展覧会のためのパンフレット
部分タイトル 1947-1952 グロメール、リュルサ、コールダー 文法の責任 革命は法則にしたがうのか? バクーニンと革命的汎スラブ主義 不条理文学に続くもの ミシュレ、<歴史>そして<死> マルクス主義の「スキャンダル」? 言葉のないユマニスム 現象学と弁証法的唯物論 エジプト学者たちの論争 隠喩について(マルクス主義は「教会」か?) ジャン・ケロールとその小説 左翼作家、あるいは左翼文学?
部分タイトル 1953 そう、左翼文学はたしかに存在する フォリー・ベルジェール TNPの『ホンブルクの公子』 主人と奴隷 言葉もまた住処である 道楽者のなりゆき 古代悲劇の力 顔とかお 『ハムレット』は『ハムレット』以上です カトリックのアルルの女 非人間的文学
部分タイトル 1954 ドン・ジュアンの沈黙 シネマスコープで 論説-『テアトル・ポピュレール』誌の編集方針 ドン・ジュアン 演劇と共同性 『リチャード二世』の最後 冬のアヴィニオン モスクワのペリション氏 『異邦人』、太陽の小説 ヴェルサイユとその会計 リュイ・ブラス 良き小劇場 観客のいない悲劇女優 大人になった『ゴドー』 プレ-ロマン 重要な演劇 ジャン・ケロール『夜の空間』 エグモント 逆説のない訳者 民衆演劇を定義すれば いかにして、なしで済ますか ル・グラン・ロベール 論説-『テアトル・ポピュレール』誌の方向性 『桜の園』について 今日の民衆演劇 今月の小さな神話
シリーズ著者ロラン・バルト [著]
出版年(W3CDTF) 2004
NDLC KR152
NDC(9版) 954.7 : 評論.エッセイ.随筆
原文の言語(ISO639-2形式) fre :
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで