サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

形の科学百科事典

形の科学会 編

詳細情報

タイトル 形の科学百科事典
著者 形の科学会 編
著者標目 形の科学会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 2004.8
大きさ、容量等 903p ; 27cm
注記 文献あり
ISBN 4254101708
価格 35000円
JP番号 20675318
出版年(W3CDTF) 2004
件名(キーワード) 科学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 形態学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC M21
NDC(9版) 404 : 論文集.評論集.講演集
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 形の科学百科事典
  • 目次
  • 1 生物と形 1
  • 1 1.1 人体
  • 1 1.1 1101 身体の中を視る 井上多門 3
  • 1 1.1 1102 若者の肌と老人の肌 今山修平 6
  • 1 1.1 1103 無重力状態での姿勢 岩瀬敏 11
  • 1 1.1 1104 目はどのようにしてものを見るか 小川一行 14
  • 1 1.1 1105 腫瘍の形 河上牧夫,鈴木正章 17
  • 1 1.1 1106 肺の気道分岐系 北岡裕子 20
  • 1 1.1 1107 生体内にできる結晶 小松啓 22
  • 1 1.1 1108 血管の配置は誰が決めるのか 清水英男 25
  • 1 1.1 1109 単層上皮細胞はなぜ六角形か 清水英男 27
  • 1 1.1 1110 脂肪細胞にはなぜ14面体が多いのか 清水英男 29
  • 1 1.1 1111 肝細胞は何面体か 清水英男 31
  • 1 1.1 1112 肝類洞の立体構造は疾患でどう変わるか 清水英男 33
  • 1 1.1 1113 類洞と肝細胞索 清水英男 36
  • 1 1.1 1114 肥満はどのようにして起こるか 杉原甫,船津丸貞幸,田端寿美 39
  • 1 1.1 1115 皮膚をつくる 杉原甫,米満伸久,井手口浩幸 41
  • 1 1.1 1116 癌細胞がつくる構造 高橋徹 43
  • 1 1.1 1117 血管構築パターンの臓器差 高橋徹 46
  • 1 1.1 1118 「包む」形・「包まれる」形 高橋徹 49
  • 1 1.1 1119 スポーツにおけるかたち 田口貞善 51
  • 1 1.1 1120 生体構造の表面積を測る 千場良司,高橋さつき,岩間憲行 53
  • 1 1.1 1121 甲状腺濾胞をつくる 戸田修二,中原慎一,杉原甫 56
  • 1 1.1 1122 仮想化内視鏡システム 鳥脇純一郎,森健策 58
  • 1 1.1 1123 仮想化人体とナビゲーション診断 鳥脇純一郎,斎藤豊文,森健策 61
  • 1 1.1 1124 X線像からのがんの自動検出 鳥脇純一郎,清水昭伸 63
  • 1 1.1 1125 嗅球欠損と生殖器低形成の連鎖発現 成瀬一郎 65
  • 1 1.1 1126 表皮ランゲルハンス細胞の空間配置 沼原利彦 67
  • 1 1.1 1127 脳波のパターン 原田康平 69
  • 1 1.1 1128 小脳のプルキンエ細胞数を計算する 福井義浩 71
  • 1 1.1 1129 ヒトの脳はどのように発生するのか 福井義浩 73
  • 1 1.1 1130 脳の発生異常はどうして生じるのか 福井義浩 75
  • 1 1.1 1131 神経細胞の形 松尾崇 77
  • 1 1.1 1132 脳血管の形 松尾崇 79
  • 1 1.1 1133 医用画像と形 的崎健 81
  • 1 1.1 1134 3Dステレオグラムの謎 三池秀敏 85
  • 1 1.1 1135 人体器官からの3次元木構造の抽出 森健策,鳥脇純一郎 88
  • 1 1.1 1136 人体臓器の仮想展開標本 森健策,鳥脇純一郎 90
  • 1 1.1 1137 肺・気管支の形 八重樫弘 92
  • 1 1.1 1138 ミイラの中を覗く 横井茂樹,斎藤豊文,鳥脇純一郎 94
  • 1 1.2 動物
  • 1 1.2 1201 べん毛モーターの形 相沢慎一 97
  • 1 1.2 1202 オスの形・メスの形 荒谷邦雄,近雅博 100
  • 1 1.2 1203 左右非対称の頭をしたクロツヤムシ 荒谷邦雄,近雅博 103
  • 1 1.2 1204 ハチの巣の造形とハチミツ 岩波洋造 105
  • 1 1.2 1205 生物はなぜ時計をもっているのか 大石正 106
  • 1 1.2 1206 巻き貝のかたち 奥谷喬司 108
  • 1 1.2 1207 飛ぶイカのかたち 奥谷喬司 111
  • 1 1.2 1208 メダカの卵に生える毛のパターン 影山哲男,八木克巳 113
  • 1 1.2 1209 海綿を支える小さな星たち 川辺由里子 115
  • 1 1.2 1210 モルフォチョウの翅の輝きの謎を解く 木下修一,川越健司 117
  • 1 1.2 1211 動物の模様をつくる化学反応 近藤滋 119
  • 1 1.2 1212 アリの巣のかたち 近藤正樹 121
  • 1 1.2 1213 ヤムシ顎毛のキチン結晶 斎藤幸恵 124
  • 1 1.2 1214 脂質膜チューブの形成 佐藤幸一 127
  • 1 1.2 1215 耳石の形と成長 七里公毅 130
  • 1 1.2 1216 チョウとガの翅の模様 常喜豊 133
  • 1 1.2 1217 昆虫の擬態 常喜豊 134
  • 1 1.2 1218 いろいろな脳の形 竹田俊明 136
  • 1 1.2 1219 動物のなわばりから何がわかるか 種村正美 139
  • 1 1.2 1220 血管・配管の形 戸川達男 141
  • 1 1.2 1221 動物の模様はどのようにつくられるのか 栃内新 143
  • 1 1.2 1222 カメの甲羅の形 平山廉 145
  • 1 1.2 1223 組織標本から神経細胞の密度を計算する 福井義浩 147
  • 1 1.2 1224 細胞の形を決める細胞骨格 宝谷紘一,本田誠,滝口金吾 149
  • 1 1.2 1225 動物の体はシートでできている 本多久夫 152
  • 1 1.2 1226 魚の斑紋 前田憲彦 155
  • 1 1.2 1227 形の宝庫-放散虫 松岡篤 158
  • 1 1.2 1228 チャート 松岡篤 160
  • 1 1.2 1229 放散虫の形つくり 松岡篤 162
  • 1 1.2 1230 四肢細胞の形態形成 三浦岳 163
  • 1 1.2 1231 昆虫の複眼に学ぶ像形成 三上修 166
  • 1 1.2 1232 ミツバチの巣はなぜ六角形か 宮崎興二 168
  • 1 1.2 1233 ラット肝臓のステレオロジー 宮本潔 171
  • 1 1.2 1234 昆虫の輝く色彩の秘密 宮本潔,小作明則 173
  • 1 1.2 1235 イヌの形はどのように変わってきたか 茂原信生 175
  • 1 1.2 1236 昆虫のハネの表面の微細構造 吉田昭広 177
  • 1 1.2 1237 真珠はなぜ丸い 和田浩爾 180
  • 1 1.3 植物
  • 1 1.3 1301 植物の細胞のしわの形 岩波洋造 182
  • 1 1.3 1302 維管束 岩波洋造 183
  • 1 1.3 1303 ケイソウの形 岩波洋造 184
  • 1 1.3 1304 葉脈の形 岩波洋造 185
  • 1 1.3 1305 巻き方のちがい 岩波洋造 186
  • 1 1.3 1306 花粉の形 (1) 岩波洋造 187
  • 1 1.3 1307 花粉の形 (2) 岩波洋造 188
  • 1 1.3 1308 花の断面の形 岩波洋造 189
  • 1 1.3 1309 植物の毛 岩波洋造 190
  • 1 1.3 1310 気孔の形とはたらき 岩波洋造 191
  • 1 1.3 1311 べん毛中の9のデザイン 岩波洋造 192
  • 1 1.3 1312 植物は環境悪化を光で知らせる 甲斐昌一,大矢智幸 193
  • 1 1.3 1313 植物は情報を交換して森をつくる 甲斐昌一,大矢智幸 195
  • 1 1.3 1314 森林モザイクの美 木平勇吉 198
  • 1 1.3 1315 ファエオキスティスの星形の糸 斎藤幸恵 200
  • 1 1.3 1316 シダの葉形を測る 佐藤利幸,加納佐俊 202
  • 1 1.3 1317 葉緑体の形 椎名隆 208
  • 1 1.3 1318 食虫植物のメカニズム 椎名隆 211
  • 1 1.3 1319 根系の形はどのように決まるのか 渋沢栄 213
  • 1 1.3 1320 根系成長をコンピュータで描く 渋沢栄 215
  • 1 1.3 1321 草本植物の葉序パターン 関村利朗 217
  • 1 1.3 1322 花粉の表面 高橋正道 220
  • 1 1.3 1323 緑藻アミミドロがつくる六角形の網目 幡野恭子 222
  • 1 1.3 1324 緑藻ミクラステリアスのセミセル形成 幡野恭子 226
  • 1 1.3 1325 形を変えて生きる樹木 八田洋章 229
  • 1 1.3 1326 果実の形 八田洋章 231
  • 1 1.3 1327 木の形と森の形 八田洋章 234
  • 1 1.3 1328 低木類の形 八田洋章,笠原喜久雄 236
  • 1 1.3 1329 生物は形をつくり,形を使う 本多久夫 238
  • 1 1.3 1330 珪藻の秘密 真山茂樹 240
  • 1 1.4 微生物・細胞
  • 1 1.4 1401 2次元結晶化したタンパク質分子 青山一弘 242
  • 1 1.4 1402 微生物の中の細菌 天児和暢 244
  • 1 1.4 1403 粘菌細胞の変形 上田哲男 247
  • 1 1.4 1404 リポソームの形 梅田民樹 250
  • 1 1.4 1405 粘菌変形体の形と機能 中垣俊之,山田裕康 253
  • 1 1.4 1406 アメーバ細胞の形と機能 中垣俊之 255
  • 1 1.4 1407 ウイルスのかたち 新居志郎 257
  • 1 1.4 1408 タンパク質の形は「3次元一筆書き」 西垣功一 259
  • 1 1.4 1409 進化の主役分子-核酸 西垣功一 261
  • 1 1.4 1410 生物は設計図をコピーして増殖する 本多久夫 264
  • 1 1.4 1411 カビは美しい 松浦執 266
  • 1 1.4 1412 3次元再構成の技法 八重樫弘,高橋徹 268
  • 1 1.4 1413 DNAの形 山崎昶 270
  • 2 物理と形 273
  • 2 2.1 結晶・準結晶
  • 2 2.1 2101 準結晶の特徴 石原慶一 275
  • 2 2.1 2102 雪の結晶と文化 和泉薫 277
  • 2 2.1 2103 コロイド粒子結晶 大久保恒夫 279
  • 2 2.1 2104 結晶構造の多様性 大政正明 281
  • 2 2.1 2105 金属結晶の形 岡田厚正 285
  • 2 2.1 2106 微粒子の見事な形 墻内千尋 287
  • 2 2.1 2107 ひげ結晶の成長機構 金子聡 289
  • 2 2.1 2108 五回対称に見える結晶 岸清 294
  • 2 2.1 2109 結晶界面の原子パターン 岸清 296
  • 2 2.1 2110 らせん状のひげ結晶 岸清 298
  • 2 2.1 2111 ひげ結晶と樹枝状結晶のあいだ 岸清 300
  • 2 2.1 2112 結晶粒度分布の形 久保田徳昭 302
  • 2 2.1 2113 樹枝状結晶の形づくり 小林亮 305
  • 2 2.1 2114 氷の結晶構造と結晶系 権田武彦 307
  • 2 2.1 2115 準結晶の成長と形 蔡安邦 310
  • 2 2.1 2116 結晶の成長と形 砂川一郎 312
  • 2 2.1 2117 結晶面上のエッシャーの階段 砂川一郎 315
  • 2 2.1 2118 結晶面は本当に平らか 砂川一郎 317
  • 2 2.1 2119 晶癖と晶相 砂川一郎 320
  • 2 2.1 2120 双晶 砂川一郎 322
  • 2 2.1 2121 結晶成長における幾何学的選別作用 砂川一郎 324
  • 2 2.1 2122 結晶性高分子 中条利一郎 325
  • 2 2.1 2123 デカゴナル準結晶の対称性と構造 津田健治,斎藤晃,寺内正己,田中通義,蔡安邦 327
  • 2 2.1 2124 金属結晶の中にみる正20面体 平賀賢二 330
  • 2 2.1 2125 雪の結晶の成長過程 古川義純 332
  • 2 2.1 2126 結晶の平衡形と成長形 古川義純 335
  • 2 2.1 2127 準結晶の数理と形 山本昭二 337
  • 2 2.1 2128 雪結晶のサイズと形 横山悦郎 340
  • 2 2.1 2129 結晶のエピタキシー成長 和田一洋 342
  • 2 2.1 2130 立方8面体と金属の性質 渡辺泰成,池上祐司 344
  • 2 2.1 2131 オクタゴナル準結晶 渡辺泰成,相馬嵩 347
  • 2 2.2 空間・構造
  • 2 2.2 2201 アモルファスとは何か 石原慶一 351
  • 2 2.2 2202 界面の不安定性とパターン形成 太田隆夫 353
  • 2 2.2 2203 ゲルの表面に生まれる波 岡部弘高,原一広,甲斐昌一 355
  • 2 2.2 2204 トンネル顕微鏡でみる液晶の配列 岡部弘高,滝正二,甲斐昌一 357
  • 2 2.2 2205 液晶がつくる美しい模様 折原宏 359
  • 2 2.2 2206 カラオケと散逸構造 甲斐昌一 361
  • 2 2.2 2207 ワインの涙と松ヤニの船 甲斐昌一 363
  • 2 2.2 2208 粉の形を測る 木村淳 365
  • 2 2.2 2209 粉の大きさを測る 木村淳 367
  • 2 2.2 2210 原子の渦巻き 小林力 370
  • 2 2.2 2211 コロイド粒子と電気泳動 佐藤幸一 372
  • 2 2.2 2212 粒状体薄層表面のパターン 佐野理 374
  • 2 2.2 2213 ゲルの形 関本謙 377
  • 2 2.2 2214 高分子のつくる空間分割 堂寺知成 380
  • 2 2.2 2215 相分離過程に現れるスポンジ構造 富田博之 382
  • 2 2.2 2216 成長するセルパターン 長井達三 384
  • 2 2.2 2217 金平糖の角はどうしてできるのか 中田友一 386
  • 2 2.2 2218 DLAモデルと関連した実験 松下貢 388
  • 2 2.2 2219 自然に見るフラクタル 松下貢 391
  • 2 2.2 2220 パーコレーションとは何か 宮島佐介 396
  • 2 2.2 2221 スイスチーズモデル 宮島佐介 398
  • 2 2.2 2222 反応と拡散により生じる時空間パターン 村田充弘,吉川研一 400
  • 2 2.2 2223 後戻りできない運命の曲線 森義仁 402
  • 2 2.2 2224 閉鎖型反応から開放型反応へ 森義仁 404
  • 2 2.2 2225 ミクロの螺旋 山崎昶 406
  • 2 2.3 流体
  • 2 2.3 2301 ミルククラウン 石井秀樹,郡司博史,斎藤亜矢,酒井敏 408
  • 2 2.3 2302 モーゼ効果 上野照剛 409
  • 2 2.3 2303 コーヒーの水溜まり 大槻憲四郎 411
  • 2 2.3 2304 雲の形 木村竜治 413
  • 2 2.3 2305 ケルビン-ヘルムホルツ不安定の美 酒井敏 416
  • 2 2.3 2306 内部重力波の波紋の形 酒井敏 417
  • 2 2.3 2307 動き回る水銀の形 佐野理,渡辺範夫 418
  • 2 2.3 2308 渦輪の形と挙動 佐野理 420
  • 2 2.3 2309 渦の切りつなぎ 高木隆司 423
  • 2 2.3 2310 液滴の形 高木隆司 425
  • 2 2.3 2311 カルマン渦列はどのように発生するか 高木隆司 427
  • 2 2.3 2312 「墨流し」のつくる形 寺島浩 429
  • 2 2.3 2313 湧昇流構造物 中村充 431
  • 2 2.3 2314 粒子なだれの形 西村浩一,納口恭明 434
  • 2 2.3 2315 風紋と砂丘のダイナミクス 西森拓 436
  • 2 2.3 2316 液晶における対流パターン 日高芳樹,甲斐昌一 439
  • 2 2.3 2317 水面波のパターン 船越満明,芳松克則 441
  • 2 2.3 2318 液体噴流がつくる形 円山重直 444
  • 2 2.3 2319 化学反応による流れの発生 三池秀敏 447
  • 2 2.3 2320 煙の形 横出長之 450
  • 2 2.4 分子・原子・光
  • 2 2.4 2401 フラーレン 大沢映二 452
  • 2 2.4 2402 色立体のしくみ 小川一行 455
  • 2 2.4 2403 シュレーディンガーの波動方程式 小川一行 457
  • 2 2.4 2404 対称性とアインシュタイン 金子務 460
  • 2 2.4 2405 レーザーとホログラム 塩崎学 462
  • 2 2.4 2406 アモルファス高分子 中条利一郎 464
  • 2 2.4 2407 光学異性体と回転異性体 中条利一郎 466
  • 2 2.4 2408 スペクトル 中条利一郎 468
  • 2 2.4 2409 原子にイガイガはあるか 細矢治夫 470
  • 2 2.4 2410 おもしろい形の分子 山崎昶 472
  • 2 2.4 2411 正多面体の分子 山崎昶 474
  • 2 2.4 2412 見える光と見えない光 和田一洋 476
  • 2 2.4 2413 見えないものを見る放射光 和田一洋 478
  • 3 天文と形 481
  • 3 3.1 宇宙
  • 3 3.1 3101 小惑星,氷衛星の形 荒川政彦 483
  • 3 3.1 3102 宇宙ジェット 池内了 485
  • 3 3.1 3103 宇宙の大規模構造 池内了 488
  • 3 3.1 3104 銀河系のチムニー構造 池内了 490
  • 3 3.1 3105 暦から地球の公転を読む 小川泰 492
  • 3 3.1 3106 日の出日没の幾何学 小川泰 493
  • 3 3.1 3107 惑星の配置 作花一志 495
  • 3 3.1 3108 多面体氷晶とハロー現象 古川義純 498
  • 3 3.1 3109 宇宙塵の形 向井正 501
  • 3 3.1 3110 彗星の軌道の可視化 安田孝美,東海彰吾,横井茂樹,鳥脇純一郎 503
  • 3 3.1 3111 地球と惑星の磁場の形 吉田茂生 505
  • 3 3.2 地球
  • 3 3.2 3201 地球がつくるカオス 伊東敬祐 508
  • 3 3.2 3202 南極氷床の形 井上良紀 510
  • 3 3.2 3203 断層集団のフラクタル 大槻憲四郎 512
  • 3 3.2 3204 岩石の組織と構造 小畑正明 514
  • 3 3.2 3205 不思議な沈殿模様と自己組織化 甲斐昌一 518
  • 3 3.2 3206 ノイズが生み出すリズム 甲斐昌一 520
  • 3 3.2 3207 大陸をつくる縞模様 川上紳一 523
  • 3 3.2 3208 地球の刻むリズム 川上紳一 525
  • 3 3.2 3209 鉱物の形 砂川一郎 527
  • 3 3.2 3210 宝石の原石 砂川一郎 530
  • 3 3.2 3211 X線CTで隕石の3次元構造をみる 土山明 532
  • 3 3.2 3212 隕石の組織から成因を探る 土山明 535
  • 3 3.2 3213 流域のかたち (1) 徳永英二 538
  • 3 3.2 3214 流域のかたち (2) 徳永英二 541
  • 3 3.2 3215 氷河はなぜ流れるのか 成瀬廉二 543
  • 3 3.2 3216 岩石中に見る非平衡組織 西山忠男 545
  • 3 3.2 3217 雪形を見たことがありますか 納口恭明 548
  • 3 3.2 3218 日本列島はなぜ湾曲しているのか 平田隆幸 550
  • 3 3.2 3219 割れ目のかたち 平田隆幸 552
  • 4 数学と形 555
  • 4 4.1 数理・図形
  • 4 4.1 4101 ダブル充填図形 秋山仁,中村義作 557
  • 4 4.1 4102 デュードニー分割 秋山仁,中村義作 559
  • 4 4.1 4103 黄金比を探して 東川和夫 561
  • 4 4.1 4104 くり返し裏返せる Paul Schatz 立体 小川泰 564
  • 4 4.1 4105 形を味わう 小川泰 566
  • 4 4.1 4106 車輪のパラドックス (1) 小高直樹 568
  • 4 4.1 4107 車輪のパラドックス (2) 小高直樹 570
  • 4 4.1 4108 夏の夜の対数らせん 小高直樹 572
  • 4 4.1 4109 正しい見取図と弾丸の行方 小高直樹 574
  • 4 4.1 4110 ポールケ-シュワルツの定理の不思議 小高直樹 575
  • 4 4.1 4111 立方体と球 小高直樹 577
  • 4 4.1 4112 変分法と形 四方義啓 578
  • 4 4.1 4113 直方体の枠組みのつくり方 清水達雄 581
  • 4 4.1 4114 凸と凹の字にひそむ数学 清水達雄 584
  • 4 4.1 4115 射影図形の混合 相馬嵩 587
  • 4 4.1 4116 ボロノイ線図の生いたち 種村正美 589
  • 4 4.1 4117 角の3等分問題を解く 陳亮,徳田尚之 591
  • 4 4.1 4118 定幅曲線 中村義作 593
  • 4 4.1 4119 4次元立方体を切る 福田宏,武藤伸明 595
  • 4 4.1 4120 4次元立方体を展開する 福田宏 597
  • 4 4.1 4121 図形の幾何学的な中心 藤井明 599
  • 4 4.1 4122 正多角形を数学的に認識する 細矢治夫 601
  • 4 4.1 4123 自然界の好む角度 宮崎興二 603
  • 4 4.1 4124 4次元正多胞体の美 宮崎興二 606
  • 4 4.1 4125 4次元2次超曲面の力 宮崎興二 610
  • 4 4.1 4126 紐がつくるさまざまな曲線 柳井浩 613
  • 4 4.1 4127 線織面がつくる形 柳井浩 617
  • 4 4.1 4128 円織面とスケルトン構造 柳井浩 621
  • 4 4.2 分割・配置
  • 4 4.2 4201 位相を保つ写像の自己組織モデル 小淵洋一 624
  • 4 4.2 4202 折り紙と曲面構造 小松清 627
  • 4 4.2 4203 カオスのつくる形 篠原晋,相沢洋二 629
  • 4 4.2 4204 最密球配置問題と結晶群 高田一郎 631
  • 4 4.2 4205 球面上に点を均等に配置する 種村正美 634
  • 4 4.2 4206 空間にものを詰める 種村正美 636
  • 4 4.2 4207 ランダムに配置された図形の幾何学 種村正美 638
  • 4 4.2 4208 形のおいたち アレックス・トレチャコフ,出口光一郎 640
  • 4 4.2 4209 ペンローズ・タイル 一松信 642
  • 4 4.2 4210 四色問題 一松信 644
  • 4 4.2 4211 ストレンジアトラクター 平田隆幸,原田義文 647
  • 4 4.2 4212 ミウラ折りの魅力 三浦公亮 649
  • 4 4.2 4213 高次元立方体の美 山口哲 651
  • 4 4.3 パズル・アート
  • 4 4.3 4301 立方8面体パズルの色パターンの数 池上祐司,渡辺泰成 654
  • 4 4.3 4302 あやとりの指動作の基本ルール 伊藤英則,山田雅之 656
  • 4 4.3 4303 あやとりの指と輪の関係特性式 伊藤英則,山田雅之 659
  • 4 4.3 4304 歪曲された座標系の美 小高直樹 662
  • 4 4.3 4305 あみだくじの形 中村義作 664
  • 4 4.3 4306 じゃんけんで勝つ方法 中村義作 666
  • 4 4.3 4307 暗号と形 一松信 668
  • 4 4.3 4308 家紋の謎 伏見康治 671
  • 4 4.3 4309 不可能の図形 伏見康治 674
  • 4 4.3 4310 エッシャー・パターンの美 伏見康治 677
  • 4 4.3 4311 日本間の「かたち」 細矢治夫 680
  • 4 4.3 4312 準周期タイリングアート (1) 渡辺泰成 683
  • 4 4.3 4313 準周期タイリングアート (2) 渡辺泰成 687
  • 5 工学と形 691
  • 5 5.1 コンピュータ
  • 5 5.1 5101 フラクタル・レイトレーシングの美 青山智夫 693
  • 5 5.1 5102 群れの行動パターンのグラフィックス 安生健一 696
  • 5 5.1 5103 1枚の絵から浮かび上がる立体 石原慶一 699
  • 5 5.1 5104 編目記号図から模様をつくる 伊藤英則,伊藤裕一朗 704
  • 5 5.1 5105 コンピュータで像をつくる 井上多門 707
  • 5 5.1 5106 創発するかたち 上田完次 710
  • 5 5.1 5107 仮想彫刻 岡田稔,水野慎士,鳥脇純一郎 713
  • 5 5.1 5108 仮想版画 岡田稔,水野慎士,鳥脇純一郎 715
  • 5 5.1 5109 大理石と木目のテクスチャ生成 岡田稔,鳥脇純一郎 718
  • 5 5.1 5110 加工誤差の評価法 加瀬究 721
  • 5 5.1 5111 ディジタル写真の話 小桧山賢二 724
  • 5 5.1 5112 点集合からの形状推定 陳亮,徳田尚之 726
  • 5 5.1 5113 物体間の距離を求めるアルゴリズム 陳亮,徳田尚之 731
  • 5 5.1 5114 詰め込み問題と被覆問題のアルゴリズム 陳亮,徳田尚之 736
  • 5 5.1 5115 ウロコ模様の画像生成 東海彰吾,鳥脇純一郎 739
  • 5 5.1 5116 ディジタル画像のボロノイ図 鳥脇純一郎,斉藤豊文 742
  • 5 5.1 5117 ディジタル図形の幾何学とトポロジー 鳥脇純一郎 744
  • 5 5.1 5118 3次元集中度 鳥脇純一郎,平野靖,長谷川純一 747
  • 5 5.1 5119 ぼかしと形の階層性 本谷秀堅,出口光一郎 751
  • 5 5.1 5120 インタラクティブ万華鏡 間瀬健二 753
  • 5 5.1 5121 仮想折り紙 宮崎慎也,鳥脇純一郎 755
  • 5 5.1 5122 光造形法によってできるさまざまな形 山沢建二 757
  • 5 5.1 5123 CGによる宝石の表示 横井茂樹,鳥脇純一郎 761
  • 5 5.2 人工物
  • 5 5.2 5201 花火の形 磯谷尚孝 764
  • 5 5.2 5202 正倉院御物「雑玉幡」の正体 大沢映二 767
  • 5 5.2 5203 人工超極細繊維 岡本三宜 770
  • 5 5.2 5204 新幹線車両の先頭部形状 小沢智 773
  • 5 5.2 5205 平行運動のしくみ 小高直樹 775
  • 5 5.2 5206 釣鐘の形と音 久納孝彦 776
  • 5 5.2 5207 飛行機の形 久保昇三 780
  • 5 5.2 5208 電子顕微鏡で見るミクロの形 小作明則,宮本潔 782
  • 5 5.2 5209 ヨットの帆の形 杉本剛 784
  • 5 5.2 5210 宝石のカット 砂川一郎 786
  • 5 5.2 5211 砂粒と砂時計 田口善弘 788
  • 5 5.2 5212 液晶と分子の形 竹添秀男 790
  • 5 5.2 5213 ハサミと歯車 中村義作 793
  • 5 5.2 5214 ねじの形 中村義作 795
  • 5 5.2 5215 実験器具の形 橋谷卓成 796
  • 5 5.2 5216 蜂の巣のような酸化皮膜の形 馬場宣良 798
  • 5 5.2 5217 ダイヤモンドパターンのドリンク缶 三浦公亮 800
  • 5 5.2 5218 繭形曲線の謎 三浦公亮 803
  • 5 5.2 5219 造波抵抗と船の形 宮田秀明 806
  • 5 5.2 5220 水は方円の器に従う 柳井浩 808
  • 5 5.2 5221 水路の形 山本博 811
  • 5 5.2 5222 太陽電池のテクスチャ構造 和田隆博 813
  • 5 5.3 建造物
  • 5 5.3 5301 シザーズメカニズムで展開する形 阿竹克人 815
  • 5 5.3 5302 空間の相互貫入 伊藤邦明 818
  • 5 5.3 5303 巨大ドームを建ち上げる 川口衛 822
  • 5 5.3 5304 セッケン膜曲面と建築 小松清 826
  • 5 5.3 5305 ツリー構造の形 小松清 829
  • 5 5.3 5306 吊り構造の形 小松清 832
  • 5 5.3 5307 篭としての建築 小松清 834
  • 5 5.3 5308 魚の住まい 中村充 837
  • 5 5.3 5309 フラードーム花盛り 宮崎興二 840
  • 5 5.3 5310 石垣の曲線 柳井浩 843
  • 5 5.3 5311 日本の屋根の形 柳井浩 846
  • 5 5.4 都市・地域
  • 5 5.4 5401 街路パターンと距離の分布 栗田治 851
  • 5 5.4 5402 道路網の長さと交差点数 腰塚武志 854
  • 5 5.4 5403 移動からみた都市空間の分析 腰塚武志 857
  • 5 5.4 5404 GISにおける地図の形 小長谷一之 859
  • 5 5.4 5405 農業地域の形 小長谷一之 861
  • 5 5.4 5406 工業地域の形 小長谷一之 863
  • 5 5.4 5407 商業と都市の形 小長谷一之 865
  • 5 5.4 5408 土地利用の形 小長谷一之 867
  • 5 5.4 5409 最短線ネット構造と道路交通網 小松清 870
  • 5 5.4 5410 勢力圏の形 坂元宗和 873
  • 5 5.4 5411 急行は何駅ごとに停車するか 坂元宗和 875
  • 5 5.4 5412 魚の都市計画 中村充 876
  • 5 5.4 5413 世界の都市パターンの分類 藤田志具麻 879
  • 5 5.4 5414 田んぼの形 宮坂寿郎 882
  • 5 5.4 6001 形のシソーラス 高木隆司 885
  • 索引 889

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで