サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

血液の事典

平井久丸, 押味和夫, 坂田洋一 編

詳細情報

タイトル 血液の事典
著者 平井久丸, 押味和夫, 坂田洋一 編
著者標目 平井, 久丸, 1952-2003
著者標目 押味, 和夫, 1944-
著者標目 坂田, 洋一, 1946-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 2004.8
大きさ、容量等 397p ; 22cm
ISBN 425430076X
価格 15000円
JP番号 20671678
出版年(W3CDTF) 2004
件名(キーワード) 血液
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC2
NDLC SC281
NDC(9版) 491.321 : 基礎医学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 血液の事典
  • 目次
  • 1. 人と動物の血液の比較 [三浦恭定] 1
  • 2. 瀉血 [柴田昭] 3
  • 3. 献血 [田所憲治] 5
  • 4. 血液標本染色法 [佐藤尚武] 7
  • 5. 骨髄バンク [小寺良尚] 9
  • 6. 白血病の歴史 [柴田昭] 12
  • 7. 古代人の血液疾患 [小池正] 14
  • 8. 骨髄研究の歴史 [高橋益広] 16
  • 9. 溶血性疾患の歴史 [三輪史朗] 18
  • 10. サラセミアの歴史 [服部晃] 21
  • 11. 血漿研究の歴史 [高井和江] 22
  • 12. 悪性リンパ腫の歴史 [酒井力] 24
  • 13. 輸血の歴史 [品田章二] 26
  • 14. 血液は血管の外ではなぜ固まるのか [斎藤英彦] 29
  • 15. さらさら血とどろどろ血:その本態は [青木延雄] 31
  • 16. 造血機構 [千葉滋] 33
  • 17. 造血の発生 [須田年生] 35
  • 18. 骨髄の構造と機能 [張ヶ谷健一] 37
  • 19. 造血幹細胞 [辻浩一郎] 39
  • 20. 造血因子とサイトカイン [別所正美] 42
  • 21. サイトカイン療法 [元吉和夫] 44
  • 22. 赤血球 [木村昭郎] 47
  • 23. リンパ球 [安川正貴] 49
  • 24. Tリンパ球 [中尾真二] 51
  • 25. Bリンパ球 [横田昇平] 53
  • 26. 血漿蛋白 [河野道生] 55
  • 27. γグロブリンの異常 [代田常道] 57
  • 28. 免疫機構 [東みゆき] 60
  • 29. リンパ器官 [高橋強志] 62
  • 30. 貧血 [檀和夫] 64
  • 31. 鉄欠乏性貧血 [沢田賢一] 66
  • 32. ヘモグロビン [原野昭雄] 68
  • 33. 異常ヘモグロビン症 [原野昭雄] 70
  • 34. サラセミア [服巻保幸] 73
  • 35. 巨赤芽球性貧血(悪性貧血) [金丸昭久] 77
  • 36. 溶血性貧血 [小峰光博] 79
  • 37. 自己免疫性溶血性貧血 [小蜂光博] 80
  • 38. 赤血球膜異常症 [八幡義人] 82
  • 39. 赤血球酵素異常症 [三輪史朗] 84
  • 40. 発作性夜間血色素尿症 [七島勉] 86
  • 41. 脾腫と脾機能亢進症 [高木省治郎] 88
  • 42. リンパ節腫脹とリンパ節生検 [磯部泰司] 91
  • 43. 再生不良性貧血 [寺村正尚] 93
  • 44. 赤芽球癆 [岸賢治] 95
  • 45. 赤血球増加症(多血症) [増田道彦] 98
  • 46. 骨髄異形成症候群 [大屋敷一馬] 100
  • 47. 染色体異常と造血器腫瘍 [三浦偉久男] 102
  • 48. 遺伝子診断の手法 [横田昇平] 105
  • 49. 造血器腫瘍の遺伝子診断 [清井仁] 107
  • 50. 癌遺伝子と造血器腫瘍 [三谷絹子] 109
  • 51. 癌抑制遺伝子と造血器腫瘍 [小川誠司] 111
  • 52. 細胞周期と造血器腫瘍 [川又紀彦] 113
  • 53. シグナル伝達 [小松則夫] 116
  • 54. 転写因子 [平井久丸] 118
  • 55. ケモカイン [長沢丘司] 120
  • 56. 主要組織適合抗原 [徳永勝士・樋口香織] 123
  • 57. アポトーシスと造血器腫瘍 [杉本耕一] 125
  • 58. Fanconi 貧血 [山下孝之] 127
  • 59. クローン性とその診断 [唐沢正光] 129
  • 60. 造血器腫瘍にみられる薬剤耐性 [泉二登志子] 131
  • 61. インターフェロン [大西一功] 133
  • 62. 血球貪食症候群 [河敬世] 136
  • 63. 免疫不全症候群 [中村哲也] 138
  • 64. 白血球増加と類白血病反応 [秋山暢] 141
  • 65. 好酸球増加と特発性好酸球増加症 [杉本耕一] 144
  • 66. 白血球減少症と無顆粒球症 [小池正] 146
  • 67. 白血球形態とその異常 [宮脇修一] 148
  • 68. 顆粒球機能とその異常 [安井耕三] 153
  • 69. 易感染症と日和見感染症 [北原光夫] 155
  • 70. 慢性骨髄増殖性疾患 [岡村孝] 157
  • 71. 造血器腫瘍の疫学 [田島和雄] 159
  • 72. 造血器腫瘍とFAB分類 [大島年照] 161
  • 73. 造血器腫瘍のWHO分類 [鈴宮淳司] 166
  • 74. ウイルスと造血器腫瘍 [青笹克之] 168
  • 75. ヘリコバクターピロリと悪性リンパ腫 [井上徹也・馬場忠雄] 171
  • 76. フィラデルフィア染色体とBCR-ABL融合遺伝子 [丸義朗] 173
  • 77. 急性骨髄性白血病 [栗山一孝] 175
  • 78. 急性リンパ性白血病 [加納康彦] 177
  • 79. 慢性骨髄性白血病と類縁疾患 [東条有伸] 180
  • 80. 慢性リンパ性白血病 [青木定夫] 182
  • 81. ヘアリー細胞白血病 [待井隆志] 184
  • 82. ホジキンリンパ腫 [畠清彦] 186
  • 83. 濾胞性リンパ腫 [神田善伸] 189
  • 84. マントル細胞リンパ腫 [小椋美知則] 191
  • 85. MALTリンパ腫 [伊豆津宏二] 197
  • 86. びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 [山口素子] 199
  • 87. NK細胞リンパ腫 [押味和夫] 201
  • 88. バーキットリンパ腫 [青木定夫] 203
  • 89. 皮膚T細胞リンパ腫 [岩月啓氏] 205
  • 90. 成人T細胞白血病 [田口博国] 207
  • 91. 悪性リンパ腫の病期分類と予後因子 [新津望] 210
  • 92. 多発性骨髄腫と類縁疾患 [張高明] 212
  • 93. マクログロブリン血症 [畑裕之] 214
  • 94. 免疫不全に伴うリンパ増殖性疾患 [加藤俊一] 217
  • 95. 組織球の増殖する疾患 [笹田昌孝] 219
  • 96. 樹状細胞の増殖する疾患 [笹田昌孝] 222
  • 97. 造血幹細胞移植 [森島泰雄] 224
  • 98. ミニ移植 [神田善伸] 226
  • 99. 移植片対宿主病とGVL効果 [坂巻尋] 228
  • 100. リンパ球輸注療法 [山崎宏人] 231
  • 101. 抗体を用いた治療法 [飛内賢正] 233
  • 102. 造血器腫瘍に対する放射線治療法 [笹井啓資] 235
  • 103. 多剤併用化学療法 [上田孝典] 237
  • 104. 白血病の分化誘導療法 [木崎昌弘] 240
  • 105. 血管新生とサリドマイド [柿本綱之] 242
  • 106. 造血器腫瘍の支持療法 [吉田稔] 245
  • 107. 輸血 [高本滋] 247
  • 108. 輸血の副作用 [津野寛和] 249
  • 109. 血液型 [石田明] 252
  • 110. 血液疾患と遺伝子治療 [花園豊] 254
  • 111. 分子標的療法 [木崎昌弘] 256
  • 112. チロシンキナーゼ阻害剤 [田内哲三] 258
  • 113. 免疫抑制療法 [末永孝生] 260
  • 114. 造血器腫瘍の病理診断 [竹内賢吾] 262
  • 115. 血球計数と形態検査 [佐藤尚武] 263
  • 116. 造血器腫瘍の表面マーカー診断 [一迫玲] 265
  • 117. 微少残存病変(微量残存腫瘍) [直江知樹] 268
  • 118. 骨髄検査 [内田秀夫] 270
  • 119. CD34陽性造血幹細胞の性状とその検査法 [中塩屋千絵・小林信昌・安藤泰彦] 272
  • 120. 造血幹細胞移植後のキメリズムとその評価法 [岡本真一郎] 275
  • 121. DNAチップとその応用 [細川好孝] 277
  • 122. P-セレクチン [半田誠] 279
  • 123. トロンビン受容体 [丸山征郎] 281
  • 124. 血小板インテグリン [富山佳昭] 283
  • 125. 血小板膜糖蛋白質Ib-IX複合体 [宮田茂樹] 285
  • 126. 血小板コラーゲンレセプター [諸井将明] 288
  • 127. 血小板トロンボキサン受容体 [布施一郎] 290
  • 128. 血小板顆粒 [鈴木英紀] 293
  • 129. 血小板シグナル伝達 [尾崎由基男] 295
  • 130. ビタミンK依存性凝固因子 [森田隆司] 297
  • 131. 組織因子 (CD142) [中村伸] 300
  • 132. フィブリノゲン [山角健介] 303
  • 133. 第XIII因子 [一瀬白帝] 305
  • 134. プロテインCとプロテインS [鈴木宏治] 308
  • 135. トロンボモジュリンとプロテインCレセプター [黒沢晋一郎] 311
  • 136. アンチトロンビンIIIとヘパリンコファクターII [小嶋哲人] 313
  • 137. 外因系凝固阻害因子 [加藤久雄] 315
  • 138. プラスミノゲン [浦野哲盟] 318
  • 139. プラスミノゲンアクチベーター [松尾理] 320
  • 140. プラスミノゲンアクチベーターレセプター [高橋敬] 323
  • 141. プラスミノゲンアクチベーターインヒビター [三室淳] 326
  • 142. プラスミンインヒビター [広沢信作] 328
  • 143. トロンビン活性化線溶阻止因子 [石井秀美] 331
  • 144. フィブリン分解産物 [川合陽子] 333
  • 145. 血小板と血管内皮細胞 [矢富裕] 336
  • 146. 血液凝固と血管内皮細胞 [中川雅夫] 338
  • 147. アンチトロンビン欠損症 [辻肇] 340
  • 148. 先天性プロテインC欠乏症と先天性プロテインS欠乏症 [宮田敏行] 342
  • 149. 高ホモシステイン血症 [小亀浩市] 344
  • 150. 抗リン脂質抗体症候群 [家子正裕] 346
  • 151. 動脈血栓 [松尾武文・苅尾七臣] 349
  • 152. 血小板減少症 [村田満] 351
  • 153. 血小板機能異常症 [西川政勝] 353
  • 154. 血友病 [吉岡章] 356
  • 155. フォンウィルブランド病 [高橋芳右] 358
  • 156. 凝固インヒビター [高松純樹] 360
  • 157. ビタミンK依存性凝固因子欠乏症 [白幡聡] 362
  • 158. 線溶異常症 [坂田洋一] 364
  • 159. 播種性血管内凝固,HELLP症候群,全身性炎症反応症候群 [和田英夫] 367
  • 160. 血栓性血小板減少性紫斑病と溶血性尿毒症症候群 [藤村吉博] 369
  • 161. 動脈硬化と凝固線溶 [居石克夫] 371
  • 162. 炎症と凝固線溶因子 [岡嶋研二] 373
  • 163. 悪性腫瘍と凝固線溶因子 [江口豊] 376
  • 164. 抗血小板薬 [松原由美子] 378
  • 165. 抗凝固薬 [朝倉英策] 381
  • 166. 抗線溶薬 [窓岩清治・坂田洋一] 383
  • 167. 凝固因子関連製剤 [新井盛夫] 386
  • 索引 389

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで