The site menu is from hereThe head of this page

This is an explanation of shortcut keys. To link or execute a function, press any of the following combinations of shortcut keys and then press Enter.  To listen to an explanation of shortcut keys, press Alt and 0.  To display the top page, press Alt and 1.  To login, press Alt and 2.  To display the Simple Search page, press Alt and 3.  To display the Advanced Search page, press Alt and 4.  To display the Search page for persons with disabilities, press Alt and 5.  To sort search results, press Alt and 6.  To display the NDL homepage, press Alt and 7.  To refine search results, press Alt and 8.  This ends the explanation of shortcut keys.

The navigation is from here

The navigation is to here

A body is from here

Format 図書

精密高分子技術

中浜精一 監修

details

Title 精密高分子技術
Author 中浜精一 監修
Personal Name (Author) 中浜, 精一, 1940-
Place of Publication (Country Code) JP
Place of Publication東京
Publisherシーエムシー出版
Date 2004.5
Size & Duration 445p ; 27cm
Description 文献あり
ISBN 4882314495
Price 65000円
National Bibliography No.(JPNO) 20627349
Year of Publication(W3CDTF) 2004
Subject Heading(Keyword) 高分子材料
Subject Heading(Keyword) ナノテクノロジー
Ajax-loader Related keywordSearching ・・・
NDLC PA431
NDC(9th revised) 578 : Polymers. Plastivs. Cellulose
Target Audience 一般
Material Type 図書
Language(ISO639-2 Form) jpn : 日本語

Table of Contents
 

  • 精密高分子技術
  • 目次
  • 序章 精密高分子技術の体系化 中浜精一 1
  • 展望 高分子の階層的構造の制御-「精密高分子技術」プロジェクトに寄せて- 野瀬卓平 3
  • 第1章 高分子ナノ計測
  • 第1章 1 総論 西敏夫 7
  • 第1章 1 1.1 はじめに 7
  • 第1章 1 1.2 高分子ナノ計測 9
  • 第1章 2 元素識別型3次元電子顕微鏡の開発 西川幸宏,陣内浩司,古河弘光,成瀬幹夫 12
  • 第1章 2 2.1 はじめに 12
  • 第1章 2 2.2 元素識別型3次元電子顕微鏡装置と3次元再構成法 13
  • 第1章 2 2.2 2.2.1 3次元再構成の原理(CTアルゴリズム) 13
  • 第1章 2 2.2 2.2.2 元素識別法について(Ωフィルター) 15
  • 第1章 2 2.2 2.2.3 ハードウェア 17
  • 第1章 2 2.2 2.2.4 元素識別型3次元電子顕微鏡がクリアすべき課題 18
  • 第1章 2 2.3 応用例 19
  • 第1章 2 2.4 元素識別型3次元電子顕微鏡の可能性 21
  • 第1章 3 共焦点レーザースキャン顕微鏡の活用 池原飛之,西敏夫 23
  • 第1章 3 3.1 はじめに 23
  • 第1章 3 3.2 共焦点レーザースキャン顕微鏡 (CLSM) 23
  • 第1章 3 3.3 CLSMのソフトマテリアルへの適用 24
  • 第1章 3 3.3 3.3.1 消光リングを示す球晶 25
  • 第1章 3 3.3 3.3.2 相互侵入球晶 25
  • 第1章 3 3.4 おわりに 28
  • 第1章 4 高分解能X線顕微鏡の開発 陣内浩司,澄川清志 31
  • 第1章 4 4.1 はじめに 31
  • 第1章 4 4.2 3次元X線顕微鏡 32
  • 第1章 4 4.2 4.2.1 空間分解能と解像度 32
  • 第1章 4 4.2 4.2.2 高拡大率X線CT装置の本体部基本構成と機械精度 33
  • 第1章 4 4.3 3次元X線顕微鏡による高分子材料の観察例 35
  • 第1章 4 4.4 今後の改良点について 40
  • 第1章 5 高分解能3次元NMR顕微鏡の開発と応用 安藤勲,横田里美,佐々木暁嗣,小泉聡,山根祐治,木村英昭,黒木重樹 41
  • 第1章 5 5.1 はじめに 41
  • 第1章 5 5.2 NMR顕微鏡の基礎と技術 42
  • 第1章 5 5.3 NMR顕微鏡の応用 44
  • 第1章 5 5.3 5.3.1 高分子ゲルの中の金属イオンの空間分布の画像化 44
  • 第1章 5 5.3 5.3.2 電場印加によるハイドロ高分子ゲルの収縮過程の画像化 47
  • 第1章 5 5.3 5.3.3 3次元NMR顕微鏡の高分子系への応用 49
  • 第1章 5 5.4 おわりに 51
  • 第1章 6 分子力学物性計測 小村元憲,池原飛之,西敏夫 53
  • 第1章 6 6.1 はじめに 53
  • 第1章 6 6.2 高分子ブレンドのナノ力学物性 53
  • 第1章 6 6.2 6.2.1 フォースカーブ測定 54
  • 第1章 6 6.2 6.2.2 フリクションループ測定 55
  • 第1章 6 6.3 単一高分子鎖のナノレオロジー 58
  • 第1章 6 6.3 6.3.1 単一高分子鎖の伸張 58
  • 第1章 6 6.3 6.3.2 単一高分子鎖の正弦波力学応答 59
  • 第1章 6 6.4 おわりに 61
  • 第1章 7 近接場顕微ラマン分光装置の開発 田窪健二 63
  • 第1章 7 7.1 はじめに 63
  • 第1章 7 7.2 NSOMの各種方式 64
  • 第1章 7 7.3 各種のナノスペクトロスコピー 65
  • 第1章 7 7.4 散乱型ラマンNSOM 66
  • 第1章 7 7.5 今後の展開 67
  • 第1章 7 7.6 散乱型ラマンNSOMへの期待 68
  • 第1章 8 スピン拡散NMRの応用 三好利一,海藤彰 70
  • 第1章 8 8.1 スピン拡散 70
  • 第1章 8 8.2 測定方法 71
  • 第1章 8 8.2 8.2.1 Goldman-Shen 法 72
  • 第1章 8 8.2 8.2.2 1H-13C Wide-Line Separation NMR 73
  • 第1章 8 8.2 8.2.3 1H-1H高分解能2次元交換NMR 73
  • 第1章 8 8.2 8.2.4 1HChemical Shift Filter 74
  • 第1章 8 8.2 8.2.5 スピン-格子緩和時間 (T1H, T1PH 75
  • 第1章 8 8.3 おわりに 77
  • 第2章 高分子ナノ加工
  • 第2章 1 総論 井上隆 79
  • 第2章 1 1.1 はじめに 79
  • 第2章 1 1.2 せん断場依存型相溶解・相分解 79
  • 第2章 1 1.3 反応誘起型相分解 79
  • 第2章 1 1.4 リアクティブプロセシング 80
  • 第2章 1 1.5 無機/有機ナノコンポジット 81
  • 第2章 1 1.6 おわりに 81
  • 第2章 2 リアクティブブレンドによるナノ構造制御 小森研司 83
  • 第2章 2 2.1 はじめに 83
  • 第2章 2 2.2 リアクティブブレンドによる微分散化 84
  • 第2章 2 2.3 リアクティブブレンドと材料特性 86
  • 第2章 2 2.4 構造制御技術 88
  • 第2章 2 2.4 2.4.1 混練条件と分散粒子径 88
  • 第2章 2 2.4 2.4.2 ナイロン/PPOアロイ 89
  • 第2章 2 2.4 2.4.3 分子鎖の引き抜きによるナノ粒子形成 89
  • 第2章 2 2.4 2.4.4 グラフト共重合体の in situ 重合 90
  • 第2章 2 2.4 2.4.5 高L/D押出機利用によるナノ構造制御 91
  • 第2章 2 2.5 おわりに 91
  • 第2章 3 動的架橋:熱可塑性エラストマーのナノ構造制御 杉田敬祐 94
  • 第2章 3 3.1 はじめに 94
  • 第2章 3 3.2 動的架橋TPEの特徴 94
  • 第2章 3 3.2 3.2.1 構造 94
  • 第2章 3 3.2 3.2.2 基本的性質 96
  • 第2章 3 3.3 ナノ構造制御による動的架橋TPEの高性能化・高機能化 96
  • 第2章 3 3.3 3.3.1 架橋ゴム分散相の粒径制御 96
  • 第2章 3 3.3 3.3.2 動的架橋TPE/フィラー複合材料のナノ構造制御 98
  • 第2章 3 3.4 おわりに 100
  • 第2章 4 反応誘起型相分解による熱硬化系アロイの構造制御 岩倉哲郎 102
  • 第2章 4 4.1 はじめに 102
  • 第2章 4 4.2 スピノーダル分解 102
  • 第2章 4 4.3 反応で誘起される相分解 103
  • 第2章 4 4.4 反応誘起型相分解によるナノへのアプローチ 104
  • 第2章 4 4.5 拘束空間における反応誘起型相分解とエレクトロニクス分野 105
  • 第2章 4 4.6 おわりに 108
  • 第2章 5 成形加工におけるクレイ粒子のナノ分散制御 岡本正巳 110
  • 第2章 5 5.1 はじめに 110
  • 第2章 5 5.2 ナノ構造制御 110
  • 第2章 5 5.2 5.2.1 層間挿入 110
  • 第2章 5 5.2 5.2.2 端面結合の制御 113
  • 第2章 5 5.3 溶融レオロジーと自己集合組織化 113
  • 第2章 5 5.3 5.3.1 溶融粘弾性 113
  • 第2章 5 5.3 5.3.2 伸長流動挙動 115
  • 第2章 5 5.4 成形加工への展開 116
  • 第2章 5 5.5 発泡体力学特性 119
  • 第2章 5 5.6 おわりに 120
  • 第2章 6 特殊場利用構造制御と成形加工 清水博 122
  • 第2章 6 6.1 はじめに 122
  • 第2章 6 6.2 主要な高次構造制御プロセスと場との関係 122
  • 第2章 6 6.3 高分子混合系の相溶性と相図 124
  • 第2章 6 6.3 6.3.1 高分子混合系の相溶性 124
  • 第2章 6 6.3 6.3.2 高分子混合系の相挙動解析 125
  • 第2章 6 6.4 高せん断・高圧場下の相挙動解析 125
  • 第2章 6 6.4 6.4.1 非相溶系高分子ブレンド系における分散相のサイズ 125
  • 第2章 6 6.4 6.4.2 高せん断・高圧場下の相挙動解析 126
  • 第2章 6 6.5 高せん断成形加工 132
  • 第2章 6 6.6 おわりに 134
  • 第3章 高分子ナノ表面・界面構造制御
  • 第3章 1 総論 梶山千里,高原淳 137
  • 第3章 1 1.1 はじめに 137
  • 第3章 1 1.2 高分子固体の表面構造 137
  • 第3章 1 1.2 1.2.1 非晶性高分子 138
  • 第3章 1 1.2 1.2.2 ポリマーブレンド 139
  • 第3章 1 1.2 1.2.3 ブロック共重合体 139
  • 第3章 1 1.2 1.2.4 結晶性高分子 140
  • 第3章 1 1.3 高分子固体表面のダイナミクス 140
  • 第3章 1 1.4 おわりに 142
  • 第3章 2 ブロック共重合体薄膜の階層構造 早川晃鏡 145
  • 第3章 2 2.1 はじめに 145
  • 第3章 2 2.2 新しい自己組織性ブロック共重合体 145
  • 第3章 2 2.3 分子設計と合成 147
  • 第3章 2 2.4 薄膜作製と構造解析 149
  • 第3章 2 2.5 おわりに 152
  • 第3章 3 高分子混合物表面における化学組成制御 田中敬二,川口大輔,高原淳,梶山千里 155
  • 第3章 3 3.1 はじめに 155
  • 第3章 3 3.2 分子量の効果 155
  • 第3章 3 3.3 表面エネルギーの効果 160
  • 第3章 3 3.4 末端基の効果 164
  • 第3章 3 3.5 おわりに 166
  • 第3章 4 表面ナノ凝集構造制御による撥水・撥油表面の構築 疋田真也,中村哲也,田中敬二,高原淳,梶山千里 168
  • 第3章 4 4.1 はじめに 168
  • 第3章 4 4.2 パーフルオロアルキルセグメントを有するブロック共重合体の合成 168
  • 第3章 4 4.3 フッ素系のブロック共重合体のバルク凝集構造解析 170
  • 第3章 4 4.4 フッ素系ブロック共重合体の表面凝集構造解析及び撥水・撥油特性 173
  • 第3章 4 4.5 おわりに 176
  • 第3章 5 高分子固体膜表面における熱・力学物性の評価とその制御 赤堀敬一,村瀬浩貴,田中敬二,高原淳,梶山千里 177
  • 第3章 5 5.1 はじめに 177
  • 第3章 5 5.2 測定方法 177
  • 第3章 5 5.2 5.2.1 走査粘弾性顕微鏡 177
  • 第3章 5 5.2 5.2.2 水平力顕微鏡 178
  • 第3章 5 5.3 高分子表面の力学物性 179
  • 第3章 5 5.3 5.3.1 表面力学物性のモデル解析 179
  • 第3章 5 5.3 5.3.2 表面力学物性の分子量依存性 180
  • 第3章 5 5.4 高分子表面のガラス転移温度 183
  • 第3章 5 5.5 おわりに 185
  • 第3章 6 高分子表面の接着性に及ぼすアニーリング効果 泉隆夫,成田量一,田中敬二,高原淳,梶山千里 187
  • 第3章 6 6.1 はじめに 187
  • 第3章 6 6.2 市販材PBTの表面凝集構造とその接着性 187
  • 第3章 6 6.3 純PBTのアニーリング処理による表面凝集構造変化 191
  • 第3章 6 6.4 アニーリング処理による純PBTの接着破壊深さ変化 192
  • 第3章 6 6.5 純PBTとエポキシ接着剤の界面構造 194
  • 第3章 6 6.6 おわりに 195
  • 第3章 7 エネルギーフィルター電子顕微鏡による高分子材料のナノ構造解析 掘内伸 197
  • 第3章 7 7.1 はじめに 197
  • 第3章 7 7.2 原理 197
  • 第3章 7 7.2 7.2.1 電子エネルギー損失分光と電子分光結像法 197
  • 第3章 7 7.2 7.2.2 元素マッピングおよびImage EELS 200
  • 第3章 7 7.2 7.2.3 化学結合の可視化 202
  • 第3章 7 7.3 高分子接着界面の解析 203
  • 第3章 7 7.4 おわりに 207
  • 第3章 8 蒸着重合による表面構造制御 高橋善和 209
  • 第3章 8 8.1 蒸着重合 209
  • 第3章 8 8.2 複雑形状表面への均一被覆技術 210
  • 第3章 8 8.3 成膜事例(抗菌性ポリイミド膜) 212
  • 第3章 8 8.4 将来展望 214
  • 第4章 高分子ナノ3次元構造制御技術
  • 第4章 1 総論 野島修一 217
  • 第4章 1 1.1 はじめに 217
  • 第4章 1 1.2 高分子材料中で作用する構造形成因子 217
  • 第4章 1 1.3 構造形成因子の複合化 219
  • 第4章 1 1.4 高次構造の制御法 219
  • 第4章 1 1.4 1.4.1 結晶化と液-液相分離の複合効果による3次元構造制御 220
  • 第4章 1 1.4 1.4.2 結晶化とミクロ相分離の複合効果による3次元構造制御 220
  • 第4章 1 1.5 おわりに 222
  • 第4章 2 ブロック・グラフト共重合体のミクロ相分離による3次元構造制御 横山英明 224
  • 第4章 2 2.1 はじめに 224
  • 第4章 2 2.2 ブロック共重合体のミクロ相分離 225
  • 第4章 2 2.3 表面・界面での影響 226
  • 第4章 2 2.4 構造形成の速度 227
  • 第4章 2 2.5 今後期待される外傷による制御 229
  • 第4章 3 超臨界法を利用した液々相分離による3次元構造制御 斎藤拓 232
  • 第4章 3 3.1 はじめに 232
  • 第4章 3 3.2 超臨界法について 232
  • 第4章 3 3.3 スピノーダル分解と連結多孔化 233
  • 第4章 3 3.4 高分子/二酸化炭素系の相図 234
  • 第4章 3 3.5 多孔構造と光反射性 236
  • 第4章 3 3.6 結晶の多孔化 237
  • 第4章 3 3.7 不融高分子の多孔化 238
  • 第4章 3 3.8 微細多孔化 239
  • 第4章 3 3.9 おわりに 239
  • 第4章 4 配向結晶化による3次元構造制御 海藤彰 241
  • 第4章 4 4.1 はじめに 241
  • 第4章 4 4.2 相溶系ポリマーブレンドの配向結晶化 241
  • 第4章 4 4.3 配向した多相系高分子における配向結晶化 243
  • 第4章 4 4.4 ブロック共重合体のミクロ相分離構造内部における結晶化 247
  • 第4章 4 4.5 おわりに 248
  • 第4章 5 結晶性鎖を含むブロック共重合体の3次元構造制御 小畠拓士,五十嵐一郎,野島修一 250
  • 第4章 5 5.1 はじめに 250
  • 第4章 5 5.2 結晶性-非晶性ブロック共重合体の3次元構造と制御 250
  • 第4章 5 5.2 5.2.1 PEを含むブロック共重合体 251
  • 第4章 5 5.2 5.2.2 PCLを含むブロック共重合体 252
  • 第4章 5 5.2 5.2.3 PEOを含むブロック共重合体 253
  • 第4章 5 5.3 結晶性-結晶性ブロック共重合体の3次元構造と制御 254
  • 第4章 5 5.3 5.3.1 融点が離れているブロック共重合体 255
  • 第4章 5 5.3 5.3.2 融点が近い結晶性-結晶性ブロック共重合体 255
  • 第4章 5 5.4 おわりに 257
  • 第4章 6 造核剤による結晶性高分子の3次元構造制御 畑中知幸,川本尚史,飛田悦男,野島修一 259
  • 第4章 6 6.1 はじめに 259
  • 第4章 6 6.2 造核剤による結晶性高分子の結晶化 259
  • 第4章 6 6.3 PPへの造核剤の添加効果 260
  • 第4章 6 6.4 各種造核剤の性能 260
  • 第4章 6 6.5 おわりに 264
  • 第4章 7 計算機シミュレーションによる3次元構造の予測 三浦俊明 267
  • 第4章 7 7.1 はじめに 267
  • 第4章 7 7.2 高分子におけるシミュレーション手法の原理と特徴 268
  • 第4章 7 7.3 結晶化に伴う3次元秩序構造形成過程のシミュレーション 270
  • 第4章 7 7.4 おわりに 275
  • 第4章 8 磁場による高分子の配向制御 飛田雅之 276
  • 第4章 8 8.1 はじめに 276
  • 第4章 8 8.2 詳細内容 276
  • 第4章 8 8.2 8.2.1 加熱溶融系の磁場配向 276
  • 第4章 8 8.2 8.2.2 高分子溶液系の磁場配向 279
  • 第4章 8 8.2 8.2.3 液晶性エポキシの磁場熱硬化反応 281
  • 第4章 8 8.3 おわりに 283
  • 第5章 繊維ナノ構造制御
  • 第5章 1 総論 鞠谷雄士 285
  • 第5章 1 1.1 はじめに 285
  • 第5章 1 1.2 繊維の製造法にかかわる検討 286
  • 第5章 1 1.2 1.2.1 溶融構造制御の手法 286
  • 第5章 1 1.2 1.2.2 絡み合い構造の制御性の検証 287
  • 第5章 1 1.2 1.2.3 分子量制御 288
  • 第5章 1 1.2 1.2.4 延伸・熱処理 288
  • 第5章 1 1.2 1.2.5 超臨界二酸化炭素の利用 289
  • 第5章 1 1.3 評価・解析技術 289
  • 第5章 1 1.3 1.3.1 繊維構造形成機構の解明 289
  • 第5章 1 1.3 1.3.2 繊維破断機構の解明 289
  • 第5章 1 1.4 おわりに 289
  • 第5章 2 溶融構造制御による高強度化 船津義嗣,鞠谷雄士 292
  • 第5章 2 2.1 はじめに 292
  • 第5章 2 2.2 溶融体がもつ絡み合い構造 292
  • 第5章 2 2.3 絡み合い構造の制御手法 295
  • 第5章 2 2.4 PETの絡み合い構造 297
  • 第5章 2 2.5 PETの絡み合い構造の特徴 300
  • 第5章 2 2.6 PET溶融紡糸における溶融構造制御の可能性 301
  • 第5章 2 2.7 おわりに 304
  • 第5章 3 絡み合い変化のモデル化と数値解析 黒田明義,清雅樹,小山清人 306
  • 第5章 3 3.1 高分子材料の粘弾性特性 306
  • 第5章 3 3.2 高分子科学におけるシミュレーション技術 307
  • 第5章 3 3.2 3.2.1 粗視化分子動力学法:COGNAC 309
  • 第5章 3 3.2 3.2.2 絡み合い構造シミュレーション:PASTA 310
  • 第5章 3 3.2 3.2.3 動的平均場シミュレーション:SUSHI 311
  • 第5章 3 3.2 3.2.4 分散構造シミュレーション:MUFFIN 311
  • 第5章 3 3.3 絡み合い構造の制御計算例 312
  • 第5章 3 3.3 3.3.1 PASTAによる絡み合い構造計算 312
  • 第5章 3 3.3 3.3.2 NAPLESによる絡み合い構造計算 316
  • 第5章 3 3.4 おわりに 316
  • 第5章 4 分子量制御による繊維の高強度化 千塚健史 318
  • 第5章 4 4.1 はじめに 318
  • 第5章 4 4.2 超高分子量化技術 319
  • 第5章 4 4.2 4.2.1 微細粒子状固相重合 319
  • 第5章 4 4.2 4.2.2 多孔質体固相重合 319
  • 第5章 4 4.2 4.2.3 熱媒膨潤重合 320
  • 第5章 4 4.2 4.2.4 熱媒膨潤重合+固相重合 323
  • 第5章 4 4.3 超高分子量樹脂を用いた高強度繊維の開発 323
  • 第5章 4 4.3 4.3.1 溶融紡糸法 324
  • 第5章 4 4.3 4.3.2 可塑化紡糸 324
  • 第5章 4 4.3 4.3.3 溶液紡糸 325
  • 第5章 4 4.4 分子量分布制御による高強度化 326
  • 第5章 4 4.5 おわりに 328
  • 第5章 5 PET繊維高強度化における超臨界二酸化炭素利用の可能性 西村浩和 329
  • 第5章 5 5.1 はじめに 329
  • 第5章 5 5.2 超臨界二酸化炭素によるPET重合 329
  • 第5章 5 5.3 超臨界二酸化炭素による押出し 331
  • 第5章 5 5.4 超臨界二酸化炭素中での紡糸 332
  • 第5章 5 5.5 超臨界中での延伸 334
  • 第5章 5 5.6 おわりに-超臨界中での紡糸の問題点- 336
  • 第5章 6 レーザー加熱延伸 大越豊 338
  • 第5章 6 6.1 はじめに 338
  • 第5章 6 6.2 レーザー加熱延伸の原理 339
  • 第5章 6 6.3 レーザー加熱延伸による高速・高精度On-line測定 343
  • 第5章 6 6.4 レーザー加熱延伸による高倍率流動延伸と極細繊維・高強度繊維の作製 346
  • 第5章 7 放射光による繊維構造解析 小島潤一,桜井伸一,鞠谷雄士 350
  • 第5章 7 7.1 はじめに 350
  • 第5章 7 7.2 シンクロトロン放射光 350
  • 第5章 7 7.3 放射光X線を利用した繊維構造解析 351
  • 第5章 7 7.3 7.3.1 溶融紡糸過程のオンライン測定 351
  • 第5章 7 7.3 7.3.2 延伸過程のオンライン計測 359
  • 第5章 7 7.3 7.3.3 マイクロビームX線を使用した解析 359
  • 第5章 7 7.4 おわりに 359
  • 第5章 8 繊維の破断要因解析 塩谷正俊 362
  • 第5章 8 8.1 はじめに 362
  • 第5章 8 8.2 欠陥量の推定 363
  • 第5章 8 8.3 欠陥サイズの推定 365
  • 第5章 8 8.4 速度論的解釈 367
  • 第5章 8 8.5 ポリエステル繊維の欠陥 369
  • 第5章 8 8.6 おわりに 374
  • 第6章 高分子一次構造制御
  • 第6章 1 総論 沢本光男,上田充 375
  • 第6章 1 1.1 不加重合 375
  • 第6章 1 1.2 縮合重合 378
  • 第6章 1 1.3 酵素関連重合 379
  • 第6章 2 ラジカル重合における立体制御 岡本佳男,磯部豊 381
  • 第6章 2 2.1 はじめに 381
  • 第6章 2 2.2 N-イソプロピルアクリルアミド (NIPAM) 382
  • 第6章 2 2.3 アクリルアミド (AM) およびN, N-ジメチルアクリルアミド (DMAM) 386
  • 第6章 2 2.4 メタクリルアミド誘導体 387
  • 第6章 2 2.5 光学活性モノマー 389
  • 第6章 2 2.6 立体規則性と分子量/分子量分布の同時制御 391
  • 第6章 2 2.7 おわりに 391
  • 第6章 3 リビングラジカル重合における一次構造制御 沢本光男 394
  • 第6章 3 3.1 はじめに 394
  • 第6章 3 3.2 リビングラジカル重合の開発 394
  • 第6章 3 3.2 3.2.1 リビングラジカル重合触媒の「進化」 395
  • 第6章 3 3.2 3.2.2 α-オレフィンと極性モノマーの精密ラジカル共重合-鉄二核錯体の開発- 397
  • 第6章 3 3.3 水中でのリビングラジカル重合 399
  • 第6章 3 3.3 3.3.1 水中での懸濁リビングラジカル重合 399
  • 第6章 3 3.3 3.3.2 感温性・両親媒性触媒による水中でのリビングラジカル重合 400
  • 第6章 4 リビング配位重合による炭化水素系ポリマーの精密構造制御 塩野毅 403
  • 第6章 4 4.1 はじめに 403
  • 第6章 4 4.2 オレフィンのリビング重合 404
  • 第6章 4 4.2 4.2.1 α-オレフィン 404
  • 第6章 4 4.2 4.2.2 エチレン 407
  • 第6章 4 4.3 共役モノマーの立体特異的リビング重合 408
  • 第6章 4 4.4 おわりに 409
  • 第6章 5 重縮合系高分子の分子量,分子量分布の精密制御 芝崎祐二,上田充 411
  • 第6章 5 5.1 はじめに 411
  • 第6章 5 5.2 連鎖的逐次重合の幕開け 412
  • 第6章 5 5.3 単分散ポリアミドの合成 413
  • 第6章 5 5.4 その他の連鎖的逐次重合 417
  • 第6章 5 5.4 5.4.1 ポリエーテルの合成 417
  • 第6章 5 5.4 5.4.2 ポリエーテルスルホンの合成 418
  • 第6章 5 5.4 5.4.3 ポリエーテルケトンの合成 418
  • 第6章 5 5.4 5.4.4 ポリエステルの合成 419
  • 第6章 5 5.4 5.4.5 ブロック共重合体の合成 419
  • 第6章 5 5.5 おわりに 420
  • 第6章 6 酵素および酵素モデル触媒を用いる芳香族化合物の酸化重合 小林四郎,宇山浩 422
  • 第6章 6 6.1 はじめに 422
  • 第6章 6 6.2 フェノール類の酵素触媒重合 422
  • 第6章 6 6.3 機能性ポリフェノールの酵素合成 424
  • 第6章 6 6.4 人工漆の開発 427
  • 第6章 6 6.5 酵素モデル錯体を用いるフェノール類の酸化重合 427
  • 第6章 6 6.6 おわりに 429
  • 第6章 7 ポリカーボネートの新しい製造法-遷移金属触媒を用いる縮合重合プロセスの開発- 竹内和彦,杉山順一,奥山健一,長畑律子,上田充 431
  • 第6章 7 7.1 はじめに 431
  • 第6章 7 7.2 遷移金属触媒を用いる縮合重合 431
  • 第6章 7 7.3 ポリカーボネートおよびその製造プロセス 433
  • 第6章 7 7.4 酸化的カルボニル化によるDPCおよびPC直接製造法の開発 435
  • 第6章 7 7.5 おわりに 441
  • 終章 技術の体系化の課題と将来像 小島弦
  • 終章 1 体系化とは何か 443
  • 終章 2 体系化のイメージ 443
  • 終章 3 将来像 444

A body is to here

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

Foot is to here