サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

アメリカ連邦議会 : 世界最強議会の政策形成と政策実現

廣瀬淳子 著

詳細情報

タイトル アメリカ連邦議会 : 世界最強議会の政策形成と政策実現
著者 廣瀬淳子 著
著者標目 廣瀬, 淳子
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社公人社
出版年月日等 2004.6
大きさ、容量等 249p ; 22cm
ISBN 4906430988
価格 3800円
JP番号 20622649
別タイトル The United States Congress
出版年(W3CDTF) 2004
件名(キーワード) アメリカ合衆国議会
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC AU-241
NDC(9版) 314.53 : 議会
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • アメリカ連邦議会 : 世界最強議会の政策形成と政策実現
  • 目次
  • 序章 アメリカ連邦議会の特質 1
  • 第1章 9.11テロ事件とアメリカ連邦議会 7
  • 第1章 1 はじめに 7
  • 第1章 2 一致団結した連邦議会 8
  • 第1章 2 (1) テロ非難決議と武力行使容認決議 9
  • 第1章 2 (2) テロ関連補正予算 12
  • 第1章 2 (3) テロ事件直後の連邦議会 13
  • 第1章 3 大統領をチェックする連邦議会 14
  • 第1章 3 (1) テロ対策法案 14
  • 第1章 3 (2) 2002年度諜報授権法案 16
  • 第1章 4 党派が対立する議会 19
  • 第1章 5 炭そ菌テロと連邦議会 22
  • 第1章 6 新たな戦争の承認―イラク決議 23
  • 第2章 アメリカ連邦議会の概要とアメリカの政策過程 29
  • 第2章 1 アメリカの政治制度と連邦議会 29
  • 第2章 1 (1) 権力分立制と連邦議会 29
  • 第2章 1 (2) 大統領と連邦議会 30
  • 第2章 1 (3) 裁判所と連邦議会 32
  • 第2章 2 連邦議会の構成 33
  • 第2章 2 (1) 構成原理と選挙制度 33
  • 第2章 2 (2) 政党制と連邦議会 34
  • 第2章 2 (3) 両院制の特色 35
  • 第2章 3 連邦議会の組織 36
  • 第2章 3 (1) 政党の院内指導部と院内政党の組織 36
  • 第2章 3 (2) 議院の組織 38
  • 第2章 3 (3) 立法補佐機関 43
  • 第2章 4 連邦議会の活動 50
  • 第2章 4 (1) 会期制度 50
  • 第2章 4 (2) 活動の特色 52
  • 第2章 5 立法過程の概要 53
  • 第2章 5 (1) 法案の種類 53
  • 第2章 5 (2) 法案提出要件と法案提出数 54
  • 第2章 5 (3) 立法過程の概要 54
  • 第2章 5 (4) 立法過程と行政府 56
  • 第2章 5 (5) 予算過程の概要 57
  • 第2章 6 行政監視と調査 58
  • 第2章 7 委任立法と議会審査 61
  • 第2章 8 条約承認と人事承認 63
  • 第2章 9 連邦議会への影響力―ロビイングと選挙区民 64
  • 第2章 10 連邦議会と政策過程 66
  • 第3章 立法過程 73
  • 第3章 1 法案の作成 73
  • 第3章 1 (1) 法案の作成 73
  • 第3章 1 (2) 法案の提出 74
  • 第3章 2 委員会における法案審査 75
  • 第3章 2 (1) 法案の付託 75
  • 第3章 2 (2) 公聴会 76
  • 第3章 2 (3) 逐条審査 77
  • 第3章 2 (4) 委員会報告書 78
  • 第3章 3 本会議の審議日程 79
  • 第3章 3 (1) 下院の審議日程 79
  • 第3章 3 (2) 上院の審議日程 85
  • 第3章 4 下院本会議での法案審議 89
  • 第3章 4 (1) 全院委員会 90
  • 第3章 4 (2) 一般討論 90
  • 第3章 4 (3) 全院委員会での法案修正 91
  • 第3章 4 (4) 本会議での最終審議 93
  • 第3章 5 上院本会議での法案審議 95
  • 第3章 5 (1) 全員一致同意取決めによる法案の審議 95
  • 第3章 5 (2) 全員一致同意取決めが定められなかった法案の審議 97
  • 第3章 6 両院協議会 98
  • 第3章 6 (1) 両院協議会の開催要求 98
  • 第3章 6 (2) 両院協議委員の選出 98
  • 第3章 6 (3) 両院協議会での審議 99
  • 第3章 6 (4) 両院協議会報告書の作成 100
  • 第3章 6 (5) 両院協議会報告書の審議 100
  • 第3章 7 大統領の署名 102
  • 第4章 予算過程 105
  • 第4章 1 はじめに 105
  • 第4章 2 大統領の予算案 106
  • 第4章 3 予算決議 106
  • 第4章 4 予算調整過程 108
  • 第4章 5 歳出予算法案 109
  • 第4章 6 歳出権限法案 112
  • 第4章 7 歳入法案 113
  • 第4章 8 予算過程改革の経緯 115
  • 第4章 9 共和党の予算過程改革 117
  • 第4章 9 (1) 財政均衡憲法修正案 118
  • 第4章 9 (2) 項目別拒否権法 119
  • 第4章 9 (3) 1995年無財源義務制限法 121
  • 第4章 9 (4) 1998年包括的予算過程改革法案 121
  • 第4章 9 (5) 新たな財政赤字の時代 123
  • 第5章 戦後のアメリカ連邦議会改革 125
  • 第5章 1 はじめに 125
  • 第5章 2 1946年立法府改革法と1970年立法府改革法 127
  • 第5章 3 103議会における連邦議会改革論議 132
  • 第5章 3 (1) 両院合同委員会の設置 132
  • 第5章 3 (2) 103議会(1993-94年)における下院委員会制度とその問題点 134
  • 第5章 3 (3) 1994年立法府改革法案の審議 139
  • 第5章 4 「アメリカとの契約」と共和党の議会改革 141
  • 第5章 4 (1) 共和党と連邦議会改革 141
  • 第5章 4 (2) 104議会の共和党の議会改革 143
  • 第5章 4 (3) 共和党下院改革の推進力と改革の効果 146
  • 第5章 5 おわりに 149
  • 第6章 共和党多数派議会の特色 157
  • 第6章 1 はじめに 157
  • 第6章 2 党派性の増大 158
  • 第6章 3 連邦議会選挙の変容 159
  • 第6章 3 (1) 全国的な政策課題の設定―「アメリカとの契約」 159
  • 第6章 3 (2) 連邦議会選挙への政党の関与 162
  • 第6章 3 (3) 連邦議会議員の特性の変化 165
  • 第6章 4 議会指導部と立法過程の変容 166
  • 第6章 4 (1) 1970年代の議会改革による議会指導部と立法過程の変容 166
  • 第6章 4 (2) 共和党多数派議会における指導部の特色 169
  • 第6章 4 (3) 共和党議会における立法過程の変容 175
  • 第6章 5 議会制度改革の影響 179
  • 第6章 6 共和党多数派議会の特色 181
  • 第7章 アメリカ連邦議会研究と理論の動向 189
  • 第7章 1 アメリカ連邦議会研究の歴史 189
  • 第7章 1 (1) 19世紀から第二次大戦まで 189
  • 第7章 1 (2) 戦後の連邦議会研究の発展 191
  • 第7章 2 合理的選択論と新制度論 195
  • 第7章 2 (1) 合理的選択論 195
  • 第7章 2 (2) 新制度論 197
  • 第7章 3 合理的選択制度論による連邦議会研究 199
  • 第7章 3 (1) 分配理論と交換理論 200
  • 第7章 3 (2) 政党理論 202
  • 第7章 3 (3) 条件付政党政府理論 205
  • 第7章 3 (4) 情報理論あるいは多数派理論 209
  • 第7章 3 (5) 論点 212
  • 第7章 4 新しい動向―実験室としての歴史 215
  • 第7章 5 おわりに 216
  • あとがき 231
  • 初出一覧 237
  • 事項索引 239
  • 人名索引 248

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで