サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

宗教史の可能性

池上良正 [ほか]編

詳細情報

タイトル 宗教史の可能性
著者 池上良正 [ほか]編
著者標目 池上, 良正, 1949-
著者標目 池上, 良正, 1949-
シリーズ名 岩波講座宗教 ; 第3巻
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社岩波書店
出版年月日等 2004.2
大きさ、容量等 299p ; 22cm
ISBN 4000112333
価格 3400円
JP番号 20567925
部分タイトル 《宗教史の可能性》序論 / 島薗進 著
部分タイトル 宗教史の場所 宗教の中の歴史と歴史の中の宗教 / 東長靖 著
部分タイトル 伝承と比較 / 渡辺和子 著
部分タイトル 個別宗教史と地域宗教史 / 島岩 著
部分タイトル 宗教史の構図 宗教社会学の歴史観 / 山中弘 著
部分タイトル 歴史としてのユダヤ教 / 市川裕 著
部分タイトル 「神道」からみた近世と近代 / 遠藤潤 著
部分タイトル 問題としての宗教史 民衆宗教史と仏教 / 長谷部八朗 著
部分タイトル 死と宗教 / 宇都宮輝夫 著
部分タイトル マルクス主義史学と宗教 / 磯前順一 著
シリーズ著者池上良正 [ほか]編
出版年(W3CDTF) 2004
件名(キーワード) 宗教--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC HK31
NDC(9版) 162.04 : 宗教史・事情
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • '宗教史の可能性
  • 目次
  • 編集にあたって v
  • 《宗教史の可能性》序論 島薗進 1
  • 一 宗教史の場所-宗教研究における歴史の意義 1
  • 二 宗教史の構図-近代と宗教進化 6
  • 三 問題としての宗教史-宗教史を結晶させる問い 12
  • 四 本巻の構成 21
  • I 宗教史の場所
  • I 宗教の中の歴史と歴史の中の宗教 東長靖 29
  • I はじめに 29
  • I 一 イスラームと歴史 31
  • I 二 スーフィズムと歴史 33
  • I 三 スーフィズムの中の歴史 38
  • I 四 歴史の中のスーフィズム 47
  • I むすびにかえて 52
  • I 伝承と比較-メソポタミア宗教文書と『旧約聖書』 渡辺和子 55
  • I はじめに 55
  • I 一 メソポタミア宗教文書と『旧約聖書』の比較研究 56
  • I 二 定式化された呪いの言葉の伝承 64
  • I 三 考 察 74
  • I 個別宗教史と地域宗教史-ヒンドゥー教と仏教の歴史を中心として 島岩 81
  • I 一 宗教史としてのヒンドゥー教史と仏教史 81
  • I 二 ヒンドゥー教と仏教の歴史の概要 85
  • I 三 個別宗教史と地域宗教史としてのヒンドゥー教史と仏教史 90
  • II 宗教史の構図
  • II 宗教社会学の歴史観 山中弘 107
  • II はじめに 107
  • II 一 古典的宗教社会学と世俗化論 109
  • II 二 「正統派」世俗化論 112
  • II 三 世俗化論の歴史的検証 115
  • II 四 バーガーの理論的「回心」をめぐって 119
  • II むすびにかえて 125
  • II 歴史としてのユダヤ教-ユダヤ人であることからくる歴史意識 市川裕 131
  • II はじめに-人生の方向付けとしての宗教 131
  • II 一 現代ユダヤ人の自己認識 134
  • II 二 ラビ・ユダヤ教の歴史観-歴史的パースペクティヴはユダヤ教に親和的か 139
  • II 三 西欧近代のユダヤ人解放とアイデンティティの探求 147
  • II おわりに 156
  • II 「神道」からみた近世と近代-社会的文脈におけることばの意味をめぐって 遠藤潤 159
  • II はじめに 159
  • II 一 いくつかの前提問題-分析方法と「宗教」概念 160
  • II 二 近世後期における「神道」 163
  • II 三 近代における「神道」の変転過程 168
  • II おわりに 181
  • III 問題としての宗教史
  • III 民衆宗教史と仏教 長谷部八朗 187
  • III はじめに 187
  • III 一 近世民衆宗教の概況 189
  • III 二 仏教系講社の諸相 193
  • III 三 行者仏教の近代的位相 205
  • III おわりに 211
  • III 死と宗教-来世観の歴史性と不変性 宇都宮輝夫 215
  • III はじめに 215
  • III 一 従来の来世観解釈 218
  • III 二 来世観の実態 221
  • III 三 来世観の機能 231
  • III 四 来世観の実在基盤 234
  • III おわりに 240
  • III マルクス主義史学と宗教-近代日本における内面なるもの 磯前順一 245
  • III 一 不可解なる内面 245
  • III 二 マルクス主義史学と宗教 251
  • III 三 日本宗教史の成立 264
  • 読書案内 libraria mea
  • 一神教の成立をめぐって 月本昭男 280
  • 一 世界宗教史 280
  • 二 唯一神教の成立をめぐって 289
  • 三 宗教史の発見 295

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで