サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

戦後日本の国際関係 : 解説と資料

藤田宏郎 編著

詳細情報

タイトル 戦後日本の国際関係 : 解説と資料
著者 藤田宏郎 編著
著者標目 藤田, 宏郎, 1940-
出版地(国名コード) JP
出版地京都
出版社晃洋書房
出版年月日等 2004.1
大きさ、容量等 266p ; 21cm
注記 年表あり
ISBN 4771014817
価格 3200円
JP番号 20568096
出版年(W3CDTF) 2004
件名(キーワード) 日本--外国関係--歴史--1945-
NDLC A99-Z
NDC(9版) 319.1 : 外交.国際問題
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 戦後日本の国際関係 : 解説と資料
  • 目次
  • はしがき
  • 凡例
  • 第1章 ポツダム宣言の受諾 1
  • 第1章 解説 3
  • 第1章 資料 9
  • 第1章 〔1〕 開戦の詔書 9
  • 第1章 〔2〕 ローズヴェルト大統領の対日戦争教書 10
  • 第1章 〔3〕 カサブランカ会議についての大統領ローズヴェルトのラジオ報告(無条件降伏声明) 10
  • 第1章 〔4〕 米国の対日戦後目的 PWC-108b. 11
  • 第1章 〔5〕 日本-政治諸問題-天皇制 PWC-116d. 12
  • 第1章 〔6〕 ポツダム宣言案(スチムソン原案) 15
  • 第1章 〔7〕 ポツダム宣言米国案の英国修正 15
  • 第1章 〔8〕 ポツダム宣言 16
  • 第1章 〔9〕 近衛公爵上奏文 17
  • 第1章 〔10〕 最高戦争指導会議構成員会議意見一致事項 18
  • 第1章 〔11〕 木戸幸一口供書 19
  • 第1章 〔12〕 東郷外相口述筆記 19
  • 第1章 〔13〕 追水久常手記『降伏時の真相』 20
  • 第1章 〔14〕 ポツダム宣言受諾に関する申入れ 22
  • 第1章 〔15〕 合衆国, 連合王国, 「ソヴィエト」社会主義共和国連邦及中華民国の各政府の名に於ける合衆国政府の日本国政府に対する回答(バーンズ回答) 23
  • 第1章 〔16〕 ポツダム宣言受諾通告 23
  • 第1章 〔17〕 終戦の詔書 24
  • 第2章 戦後の国際環境-米国を中心として- 27
  • 第2章 解説 29
  • 第2章 資料 39
  • 第2章 〔18〕 国際連合憲章 39
  • 第2章 〔19〕 トルーマン・ドクトリン 43
  • 第2章 〔20〕 マーシャル・プラン 46
  • 第2章 〔21〕 バンデンバーグ決議 47
  • 第2章 〔22〕 北大西洋条約 48
  • 第2章 〔23〕 中国白書(アチソン国務長官の伝達書簡) 49
  • 第2章 〔24〕 中華人民共和国政府成立宣言 51
  • 第2章 〔25〕 ソヴィエト社会主義共和国連邦と中華人民共和国との間の友好, 同盟及び相互援助条約(中ソ友好同盟条約) 52
  • 第2章 〔26〕 国務省情報調査部作成の朝鮮戦争に関する情勢判断 53
  • 第2章 〔27〕 朝鮮戦争に関する国連安全保障理事会決議 54
  • 第2章 〔28〕 ラスク極東問題担当国務次官の朝鮮戦争に関する覚書 56
  • 第2章 〔29〕 朝鮮戦争における合衆国の政策-トルーマン大統領の演説- 57
  • 第2章 〔30〕 朝鮮休戦協定 58
  • 第2章 〔31〕 ダレス米国務長官の「ニュー・ルック政策」(大量報復政策)演説 59
  • 第2章 〔32〕 ベトナム停戦に関するジュネーブ協定 60
  • 第2章 〔32〕 (a) ジュネーブ協定(ベトナムにおける敵対行動停止に関する協定) 60
  • 第2章 〔32〕 (b) ジュネーブ会議最終宣言 62
  • 第2章 〔33〕 ワルシャワ条約 63
  • 第2章 〔34〕 ソ連共産党第20回大会におけるフルシチョフの報告 64
  • 第2章 〔35〕 フルシチョフ秘密報告-共産党第20回大会- 66
  • 第2章 〔36〕 毛沢東のモスクワにおける演説-1957年11月18日- 68
  • 第2章 〔37〕 キャンプ・デーヴィド会談 アイゼンハワー=フルシチョフ共同コミュニケ 69
  • 第2章 〔38〕 キューバ危機 70
  • 第2章 〔38〕 (a) ケネディ米大統領の全米放送演説 70
  • 第2章 〔38〕 (b) フルシチョフ首相のケネディ宛書簡 72
  • 第2章 〔39〕 米ソ直通通信線協定 74
  • 第2章 〔40〕 ソ連の全党組織と全共産党員にあてたソ連共産党中央委員会の公開状 74
  • 第2章 〔41〕 ソ連共産党指導部とわれわれとの意見の相違の由来と発展-ソ連共産党中央委員会の公開状を評す- 76
  • 第2章 〔42〕 米国のヴェトナム介入政策 78
  • 第2章 〔42〕 (a) 国家安全保障行動覚書第288号 78
  • 第2章 〔42〕 (b) トンキン湾決議 79
  • 第2章 〔43〕 ニクソン・ドクトリン(ニクソン米大統領の外交教書) 79
  • 第2章 〔44〕 米中上海コミュニケ(アメリカ合衆国と中華人民共和国との間の共同コミュニケ) 81
  • 第2章 〔45〕 ベトナム和平に関するパリ協定 83
  • 第2章 〔46〕 カーター米大統領就任演説 85
  • 第2章 〔47〕 米中外交関係樹立に関する共同コミュニケ(アメリカ合衆国と中華人民共和国との間の外交関係樹立に関する共同コミュニケ) 86
  • 第2章 〔48〕 カーター米大統領の一般教書演説(カーター・ドクトリン) 87
  • 第2章 〔49〕 レーガン米大統領就任演説 88
  • 第2章 〔50〕 マルタ会談終了後の米ソ両首脳の声明 89
  • 第2章 〔51〕 ブッシュ米大統領の湾岸戦争開戦テレビ演説 90
  • 第2章 〔52〕 ブッシュ米大統領の一般教書演説 91
  • 第2章 〔53〕 米国の国家安全保障戦略 93
  • 第2章 〔54〕 クリントン米大統領の就任演説 95
  • 第2章 〔55〕 ペリー報告(米国の対北朝鮮政策に関する見直し)大統領・国務長官特別顧問ウィリアム・J. ペリー 95
  • 第2章 〔56〕 米議会上下両院合同会議および米国民に向けた大統領演説 97
  • 第2章 〔57〕 ブッシュ米大統領の一般教書演説(「悪の枢軸」演説) 99
  • 第2章 〔58〕 アメリカ合衆国の国家安全保障戦略 100
  • 第3章 米国の対日占領と講和 103
  • 第3章 解説 105
  • 第3章 資料 114
  • 第3章 〔59〕 降伏文書 114
  • 第3章 〔60〕 連合国最高司令官の権限に関するマッカーサー元帥への通達 115
  • 第3章 〔61〕 日本管理に関する命令系統 116
  • 第3章 〔62〕 降伏後ニ於ケル米国ノ初期ノ対日方針 117
  • 第3章 〔63〕 第一回昭和天皇・マッカーサー元帥会見録(全文) 118
  • 第3章 〔64〕 天皇裁判問題-米国側文書- 122
  • 第3章 〔64〕 (a) マッカーサーあて統合参謀本部極秘通達 122
  • 第3章 〔64〕 (b) マッカーサーから米国陸軍参謀総長あて 123
  • 第3章 〔65〕 極東委員会及連合国対日理事会付託条項 124
  • 第3章 〔66〕 年頭の詔書(天皇・人間宣言) 126
  • 第3章 〔67〕 マッカーサー・ノート 128
  • 第3章 〔68〕 日本国憲法と大日本帝国憲法 128
  • 第3章 〔68〕 (a) 日本国憲法(昭和21年11月3日) 128
  • 第3章 〔68〕 (b) 大日本帝国憲法(明治22年2月11日) 131
  • 第3章 〔69〕 米国の対日占領政策に関するロイヤル陸軍長官演説 131
  • 第3章 〔70〕 米国の対日政策に関する国家安全保障会議の勧告 (NSC 13/2) 133
  • 第3章 〔71〕 米国の対日講和七原則 134
  • 第3章 〔72〕 講和問題に関する吉田茂首相とダレス米大統領特使の会談録(日本側記録) 135
  • 第3章 〔73〕 講和問題に関する日本の見解(吉田茂首相の見解) 136
  • 第3章 〔74〕 NSC-48/5の付属文書 (1) アジアに関する政策の声明 138
  • 第3章 〔75〕 日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約) 140
  • 第4章 国交回復 143
  • 第4章 1. 日中国交回復 145
  • 第4章 解説 145
  • 第4章 資料 150
  • 第4章 〔76〕 国民政府との講和に関する吉田書簡 150
  • 第4章 〔77〕 日華平和条約(日本国と中華民国との間の平和条約) 151
  • 第4章 〔78〕 「吉田書簡」及び「日華平和条約」に関する吉田茂元首相の回想 152
  • 第4章 〔79〕 日中関係に関する周恩来中国首相の談話(日本民間放送連盟代表団との会見における談話) 155
  • 第4章 〔80〕 長崎の中国国旗引降し事件について-人民日報報道- 156
  • 第4章 〔81〕 日中共同声明と大平外務大臣記者会見 156
  • 第4章 〔81〕 (a) 日中共同声明(日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明) 156
  • 第4章 〔81〕 (b) 大平外務大臣記者会見(9月29日共同声明調印後,北京プレスセンターにて) 158
  • 第4章 〔82〕 日中平和友好条約(日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約) 159
  • 第4章 2. 日ソ国交回復 161
  • 第4章 解説 161
  • 第4章 資料 166
  • 第4章 〔83〕 日ソ中立条約 166
  • 第4章 〔84〕 ソ連の対日宣戦-日ソ外交交渉記録- 166
  • 第4章 〔85〕 ドムニツキー書簡(ドムニツキー氏が鳩山総理大臣に手交した文書) 167
  • 第4章 〔86〕 ソ連地域の邦人送還問題 168
  • 第4章 〔87〕 日ソ交渉第一回会議(モスクワ)における重光全権の声明 169
  • 第4章 〔88〕 日ソ交渉に関する鳩山・ブルガーニン往復書簡 171
  • 第4章 〔89〕 松本・グロムイコ往復書簡 172
  • 第4章 〔90〕 日ソ共同宣言(日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との共同宣言) 174
  • 第5章 日米関係-日米安全保障体制- 177
  • 第5章 解説 179
  • 第5章 資料 188
  • 第5章 〔91〕 芦田覚書(アイケルバーガー宛手交文書) 188
  • 第5章 〔92〕 日米安保条約草案 189
  • 第5章 〔93〕 日米安全保障条約[旧](日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約) 190
  • 第5章 〔94〕 「旧日米安全保障条約」に関する吉田茂元首相の回想 192
  • 第5章 〔95〕 重光・ダレス会談に関する日米共同声明 194
  • 第5章 〔96〕 重光・ダレス会談についての米当局見解 194
  • 第5章 〔97〕 日米共同声明(岸信介首相・アイゼンハワー米大統領共同コミュニケ) 195
  • 第5章 〔98〕 「日本外交活動の三原則」と「当面の重要課題」 195
  • 第5章 〔99〕 日米安全保障条約改定問題に関する外務省の見解 197
  • 第5章 〔100〕 日米共同声明(藤山・ダレス会談) 199
  • 第5章 〔101〕 「アメリカの政策-アジアの現状-(コンロン・レポート) 199
  • 第5章 〔102〕 日米安全保障条約(日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約) 200
  • 第5章 〔103〕 新安保条約についての米上院外交委員会におけるパースンズ国務次官補の証言 203
  • 第5章 〔104〕 日米防衛協力のための指針(旧ガイドライン) 205
  • 第5章 〔105〕 防衛計画の大綱(平成8年度以降に係る防衛計画の大綱) 206
  • 第5章 〔106〕 日米安全保障共同宣言-21世紀に向けての同盟- 208
  • 第5章 〔107〕 日米防衛協力のための指針(新ガイドライン) 210
  • 第5章 〔108〕 弾道ミサイル防衛 (BMD) に係る日米共同技術研究に関する内閣官房長官談話 213
  • 第5章 〔109〕 周辺事態法 214
  • 第6章 北方領土問題 217
  • 第6章 解説 219
  • 第6章 資料 229
  • 第6章 〔110〕 北方領土関係事項略年表 229
  • 第6章 〔111〕 北方領土の地図 230
  • 第6章 〔112〕 日本国魯西亜国通好条約 231
  • 第6章 〔113〕 樺太千島交換条約 231
  • 第6章 〔114〕 日露講和条約(ポーツマス講和条約) 232
  • 第6章 〔115〕 英米共同宣言(大西洋憲章) 232
  • 第6章 〔116〕 カイロ宣言(日本国に関する英・米・華三国宣言) 233
  • 第6章 〔117〕 米国務省の千島に関するジョージ・H・ブレークスリー極秘文書(部局間極東地域委員会文書第302号) 234
  • 第6章 〔l18〕 ヤルタ協定 235
  • 第6章 〔119〕 スターリンの「ソ連国民に対する呼びかけ」(放送) 236
  • 第6章 〔120〕 サンフランシスコ第2回全体会議における米国代表ダレスの演説 236
  • 第6章 〔121〕 サンフランシスコ平和会議(第8回全体会議)における吉田全権の発言 237
  • 第6章 〔122〕 講和条約締結時の「領土問題」に関する吉田元首相の回想 237
  • 第6章 〔123〕 日本政府の北方領土に関する再度の意向打診に対する米国務省の回答 238
  • 第6章 〔124〕 日ソ交渉に対する米国覚書 239
  • 第6章 〔125〕 ソ連政府の対日覚書(1960年) 240
  • 第6章 〔126〕 日本政府の対ソ覚書(1960年) 241
  • 第6章 〔127〕 日ソ共同声明(1973年) 242
  • 第6章 〔128〕 日ソ共同声明(1991年) 242
  • 第6章 〔129〕 日露関係に関する東京宣言 243
  • 第6章 〔130〕 北方領土問題の解決促進に関する決議 244
  • 第6章 〔131〕 イルクーツク声明 245
  • 第6章 関連年表 247
  • 第6章 世界地図 268

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで