サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

安中市史 第2巻(通史編)

安中市市史刊行委員会 編

詳細情報

タイトル 安中市史
著者 安中市市史刊行委員会 編
著者標目 安中市
出版地(国名コード) JP
出版地安中
出版社安中市
出版年月日等 2003.11
大きさ、容量等 1102p ; 27cm
JP番号 20537172
巻次 第2巻(通史編)
出版年(W3CDTF) 2003
件名(キーワード) 安中市
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC54
NDC(9版) 213.3 : 関東地方
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 地方公共団体刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 安中市史. 第2巻(通史編)
  • 序 安中市長 中島博範
  • 発刊にあたって 教育長 高橋重治
  • 口絵
  • 凡例
  • 第一編 原始古代中世
  • 第一編 第一章 旧石器時代
  • 第一編 第一章 はじめに 三
  • 第一編 第一章 一 自然環境 四
  • 第一編 第一章 一 気候
  • 第一編 第一章 一 植生
  • 第一編 第一章 一 動物相
  • 第一編 第一章 二 群馬地域における後期旧石器時代の変遷 六
  • 第一編 第一章 二 後期旧石器時代最古の人間集団
  • 第一編 第一章 二 群馬編年
  • 第一編 第一章 二 I期
  • 第一編 第一章 二 II期
  • 第一編 第一章 二 III期
  • 第一編 第一章 二 IV期
  • 第一編 第一章 三 安中市域の旧石器 一二
  • 第一編 第一章 三 安中市域の地層
  • 第一編 第一章 三 石器群の出土層位
  • 第一編 第一章 四 社会の様相 一三
  • 第一編 第一章 四 集落の景観復元
  • 第一編 第一章 四 集団の離合集散
  • 第一編 第一章 四 まとめ 一九
  • 第一編 第二章 縄文時代
  • 第一編 第二章 第一節 縄文時代の黎明 二〇
  • 第一編 第二章 第一節 自然環境
  • 第一編 第二章 第一節 技術革新
  • 第一編 第二章 第一節 竪穴住居の出現
  • 第一編 第二章 第二節 縄文時代の諸段階 二一
  • 第一編 第二章 第二節 時期区分
  • 第一編 第二章 第三節 縄文時代の社会 二三
  • 第一編 第二章 第三節 一 住居の変遷 二三
  • 第一編 第二章 第三節 一 早期の住居
  • 第一編 第二章 第三節 一 前期の住居
  • 第一編 第二章 第三節 一 中期前葉〜後葉の住居
  • 第一編 第二章 第三節 一 中期末葉〜後期前葉の住居
  • 第一編 第二章 第三節 一 住居以外の構築物
  • 第一編 第二章 第三節 二 墓制と社会組織 三〇
  • 第一編 第二章 第三節 二 前期中葉の墓制
  • 第一編 第二章 第三節 二 前期後葉の墓制
  • 第一編 第二章 第三節 二 前期末葉の墓制
  • 第一編 第二章 第三節 二 中期前葉〜後葉の墓制
  • 第一編 第二章 第三節 二 中期末葉〜後期初頭の墓制
  • 第一編 第二章 第三節 二 後期前葉の墓制
  • 第一編 第二章 第三節 二 後期中葉〜後葉の墓制
  • 第一編 第二章 第三節 二 後期末葉〜晩期前葉の墓制
  • 第一編 第二章 第三節 三 集落・居住形態 三八
  • 第一編 第二章 第三節 三 前期前葉の集落
  • 第一編 第二章 第三節 三 前期中葉の集落
  • 第一編 第二章 第三節 三 前期後葉の集落
  • 第一編 第二章 第三節 三 中期前葉〜中葉の集落
  • 第一編 第二章 第三節 三 中期後葉の集落
  • 第一編 第二章 第三節 三 中期末葉〜後期前葉の集落
  • 第一編 第二章 第三節 三 後期中葉以降の集落
  • 第一編 第二章 第三節 四 黒曜石の流通 四五
  • 第一編 第二章 第三節 四 前期の黒曜石の流通
  • 第一編 第二章 第三節 四 黒曜石流通の要
  • 第一編 第二章 第三節 四 黒曜石の産地の変化
  • 第一編 第二章 第三節 四 黒曜石流通量の変化
  • 第一編 第二章 第三節 四 原石形状の変化
  • 第一編 第二章 第三節 四 原石のサイズ
  • 第一編 第二章 第三節 四 交換から交易へ
  • 第一編 第二章 第三節 五 縄文ランドスケープと祭祀 五〇
  • 第一編 第二章 第三節 五 縄文ランドスケープ
  • 第一編 第二章 第三節 五 祭祀
  • 第一編 第二章 第四節 縄文時代の道具 五四
  • 第一編 第二章 第四節 一 縄文土器の変遷 五四
  • 第一編 第二章 第四節 一 草創期
  • 第一編 第二章 第四節 一 早期
  • 第一編 第二章 第四節 一 前期
  • 第一編 第二章 第四節 一 中期
  • 第一編 第二章 第四節 一 後期
  • 第一編 第二章 第四節 一 晩期
  • 第一編 第二章 第四節 二 縄文石器の変遷 六五
  • 第一編 第二章 第四節 二 石鏃
  • 第一編 第二章 第四節 二 石匙
  • 第一編 第二章 第四節 二 打製石斧
  • 第一編 第二章 第四節 二 磨製石斧
  • 第一編 第二章 第四節 二 石棒・多孔石等
  • 第一編 第二章 第四節 三 土製品・石製品の変遷 七七
  • 第一編 第二章 第四節 三 土偶
  • 第一編 第二章 第四節 三 ミニチュア土器・ミニチュア石器
  • 第一編 第二章 第四節 三 土製品・石製品
  • 第一編 第二章 第四節 三 装身具
  • 第一編 第二章 第四節 三 動物意匠の資料
  • 第一編 第三章 弥生時代
  • 第一編 第三章 第一節 群馬県における弥生社会の成長と安中市域 八五
  • 第一編 第三章 第一節 一 弥生文化の特質 八五
  • 第一編 第三章 第一節 一 弥生時代の開始をめぐって
  • 第一編 第三章 第一節 一 弥生文化と地域色
  • 第一編 第三章 第一節 二 群馬県および安中市域における弥生文化の段階 八八
  • 第一編 第三章 第一節 二 弥生土器の五期区分
  • 第一編 第三章 第一節 二 群馬県弥生文化の二大別
  • 第一編 第三章 第一節 三 第一文化期の弥生文化とその社会 八八
  • 第一編 第三章 第一節 三 (一) 遺跡の動向 八八
  • 第一編 第三章 第一節 三 再葬墓をめぐって
  • 第一編 第三章 第一節 三 不明確な集落とその理解
  • 第一編 第三章 第一節 三 (二) 中野谷地区の初期弥生遺跡群 九〇
  • 第一編 第三章 第一節 三 展開する遺跡群
  • 第一編 第三章 第一節 三 注連引原遺跡と注連引原II遺跡
  • 第一編 第三章 第一節 三 注連引原II遺跡の石器
  • 第一編 第三章 第一節 三 (三) 中野谷・原遺跡の成立 九三
  • 第一編 第三章 第一節 三 現れた大型集落
  • 第一編 第三章 第一節 三 墓穴と葬送の作法
  • 第一編 第三章 第一節 三 新たな土器様式の萌芽
  • 第一編 第三章 第一節 四 第二文化期の弥生文化とその社会 九七
  • 第一編 第三章 第一節 四 (一) 栗林式文化の成立と特質 九七
  • 第一編 第三章 第一節 四 栗林式土器とは
  • 第一編 第三章 第一節 四 栗林式文化の特質
  • 第一編 第三章 第一節 四 (二) 栗林式土器の群馬県への波及 九七
  • 第一編 第三章 第一節 四 北関東における本格的農耕集落の成立
  • 第一編 第三章 第一節 四 栗林式文化定着の様相
  • 第一編 第三章 第一節 四 集団移入の可能性
  • 第一編 第三章 第一節 四 (三) 樽式文化の展開 一〇一
  • 第一編 第三章 第一節 四 移入集団の社会レベル
  • 第一編 第三章 第一節 四 情報回線の弱まりと樽式の成立
  • 第一編 第三章 第一節 四 安中市の樽式集団
  • 第一編 第三章 第一節 四 (四) 樽式文化後半期の様相 一〇三
  • 第一編 第三章 第一節 四 情報網の回復と北陸の影響
  • 第一編 第三章 第一節 四 榛名山東南麓の弥生集団
  • 第一編 第三章 第一節 五 古墳時代への序章 一〇五
  • 第一編 第三章 第一節 五 (一) 揺れ動く社会 一〇五
  • 第一編 第三章 第一節 五 鳴動する社会と樽式集団
  • 第一編 第三章 第一節 五 樽式文化の崩壊
  • 第一編 第三章 第一節 五 安中市域の状況
  • 第一編 第三章 第一節 五 外来集団の移入
  • 第一編 第三章 第一節 五 (二) 古墳の出現 一〇七
  • 第一編 第三章 第一節 五 古墳時代社会の到来
  • 第一編 第三章 第一節 五 広域首長墓の成立
  • 第一編 第四章 古墳時代
  • 第一編 第四章 はじめに 一〇九
  • 第一編 第四章 西毛地域に属する安中市域
  • 第一編 第四章 古墳時代とヤマト王権
  • 第一編 第四章 東アジア世界と日本列島
  • 第一編 第四章 朝鮮半島との交流
  • 第一編 第四章 考古資料と文献資料
  • 第一編 第四章 一 古墳時代開始の頃の安中市域 一一二
  • 第一編 第四章 一 日本列島における古墳時代の開始
  • 第一編 第四章 一 三角縁神獣鏡と前期古墳
  • 第一編 第四章 一 関東・東北地方で突出した上野地域の三角縁神獣鏡
  • 第一編 第四章 一 弥生時代後期の様相
  • 第一編 第四章 一 樽式土器の人々
  • 第一編 第四章 一 古墳時代前期の大革新
  • 第一編 第四章 一 石田川式土器と東海地方
  • 第一編 第四章 一 上野地域の前期古墳
  • 第一編 第四章 一 平野部の大開発と前期古墳
  • 第一編 第四章 一 毛野の成立
  • 第一編 第四章 一 安中市域における前期古墳の可能性
  • 第一編 第四章 二 安中市域における最古の古墳を求めて 一二二
  • 第一編 第四章 二 受け継がれる地域基盤
  • 第一編 第四章 二 西毛地域における石製模造品の登場
  • 第一編 第四章 二 変わる石製模造品の種類
  • 第一編 第四章 二 経塚古墳と石製模造品
  • 第一編 第四章 二 経塚古墳と蔵畑遺跡
  • 第一編 第四章 二 碓氷川流域における大型円墳の輩出とその背景
  • 第一編 第四章 三 五世紀後半における西毛地域の優勢化 一二六
  • 第一編 第四章 三 太田天神山古墳の成立
  • 第一編 第四章 三 五世紀後半における舟形石棺地域圏の成立
  • 第一編 第四章 三 西毛地域に集中する半島系遺物
  • 第一編 第四章 三 渡来系集団と馬生産
  • 第一編 第四章 三 古東山道の成立
  • 第一編 第四章 四 簗瀬二子塚古墳の横穴式石室 一三〇
  • 第一編 第四章 四 竪穴系主体部から横穴式石室へ
  • 第一編 第四章 四 地域全体で横穴式石室を受け入れる
  • 第一編 第四章 四 簗瀬二子塚古墳の墳丘
  • 第一編 第四章 四 最初は前方後円墳に採用される
  • 第一編 第四章 四 簗瀬二子塚古墳の副葬品
  • 第一編 第四章 四 終焉期の石製模造品
  • 第一編 第四章 四 新しい副葬品
  • 第一編 第四章 四 古東山道ルートからやってきた簗瀬二子塚古墳
  • 第一編 第四章 五 観音塚古墳と野殿天王塚古墳 一三六
  • 第一編 第四章 五 観音塚古墳の成立
  • 第一編 第四章 五 碓氷川流域に分布する六世紀後半の大型円墳
  • 第一編 第四章 六 秋間地区の終末期古墳と古窯跡群 一三七
  • 第一編 第四章 六 前方後円墳の消滅と終末期
  • 第一編 第四章 六 截石切組積石室の成立
  • 第一編 第四章 六 総社古墳群と山王廃寺
  • 第一編 第四章 六 秋間の終末期古墳
  • 第一編 第四章 六 秋間古窯跡群と終末期古墳
  • 第一編 第四章 資料編補遺 一四四
  • 第一編 第四章 古屋地区遺跡群 一四四
  • 第一編 第四章 植松地尻遺跡で発見された碓氷郡の役所と「評(こおり)」の刻書土器 一四七
  • 第一編 第五章 奈良・平安時代
  • 第一編 第五章 第一節 律令制の成立・展開と古代の安中地域 一四九
  • 第一編 第五章 第一節 古代上毛野地域の歴史を規定するもの
  • 第一編 第五章 第一節 上毛野地域のミヤケとその役割
  • 第一編 第五章 第一節 ウスヒ郡とカムラ郡
  • 第一編 第五章 第一節 植松地尻遺跡の意味
  • 第一編 第五章 第一節 東山道駅路の設置
  • 第一編 第五章 第一節 石上部君男嶋とその一族
  • 第一編 第五章 第一節 国分寺以前の信仰
  • 第一編 第五章 第二節 律令制の弛緩と古代末の安中地域 一七一
  • 第一編 第五章 第二節 上野国分寺建立とその後
  • 第一編 第五章 第二節 負担の変化と社会の変化
  • 第一編 第五章 第二節 庶民の生活
  • 第一編 第五章 第二節 出土文字資料の世界
  • 第一編 第五章 第二節 〔ショウ〕馬の党の周辺
  • 第一編 第六章 中世
  • 第一編 第六章 第一節 安中地域の荘郷と中世武士団 一八九
  • 第一編 第六章 第一節 嘉承三年の浅間山噴火
  • 第一編 第六章 第一節 災害復旧と荘園開発
  • 第一編 第六章 第一節 碓氷郡の荘園と公領
  • 第一編 第六章 第一節 八幡荘の成立
  • 第一編 第六章 第一節 石井荘(碓氷荘)
  • 第一編 第六章 第一節 磯部郷と牧田村
  • 第一編 第六章 第一節 武士団の成立
  • 第一編 第六章 第一節 平氏政権と上野
  • 第一編 第六章 第二節 鎌倉幕府と安中地域 一九六
  • 第一編 第六章 第二節 源平争乱と西上州
  • 第一編 第六章 第二節 頼朝の西上州廻国
  • 第一編 第六章 第二節 守護安達氏の進出
  • 第一編 第六章 第二節 里見義成の活動
  • 第一編 第六章 第二節 鎌倉期の里見一族
  • 第一編 第六章 第二節 佐々木氏の磯部進出
  • 第一編 第六章 第二節 飽間一族の動向
  • 第一編 第六章 第二節 寺田悪党と飽間泰継
  • 第一編 第六章 第二節 板鼻宿の形成
  • 第一編 第六章 第二節 板鼻と時衆
  • 第一編 第六章 第二節 中宿と蓮華寺
  • 第一編 第六章 第二節 石造物と武士団
  • 第一編 第六章 第二節 神社信仰の広がり
  • 第一編 第六章 第三節 南北朝の内乱と安中地域 二一一
  • 第一編 第六章 第三節 鎌倉幕府の滅亡
  • 第一編 第六章 第三節 新田義貞の鎌倉攻め
  • 第一編 第六章 第三節 室町幕府の成立
  • 第一編 第六章 第三節 上野国守護上杉氏
  • 第一編 第六章 第三節 観応の擾乱と西上州
  • 第一編 第六章 第三節 内乱と武士団
  • 第一編 第六章 第三節 白旗一揆の成立
  • 第一編 第六章 第三節 播磨の飽間斎藤光泰
  • 第一編 第六章 第三節 その後の飽間斎藤氏
  • 第一編 第六章 第三節 宗教界の動き
  • 第一編 第六章 第四節 室町時代の安中地域 二二三
  • 第一編 第六章 第四節 上杉氏守護領国体制
  • 第一編 第六章 第四節 上州白旗一揆の発展
  • 第一編 第六章 第四節 関東の戦乱と碓氷峠
  • 第一編 第六章 第四節 結城合戦と一揆の変質
  • 第一編 第六章 第四節 上杉顕定と板鼻の景観
  • 第一編 第六章 第四節 上杉憲房と憲政
  • 第一編 第六章 第四節 安中氏の発祥
  • 第一編 第六章 第四節 飽間氏と依田氏
  • 第一編 第六章 第四節 連歌師と西上州
  • 第一編 第六章 第四節 曹洞宗と長源寺
  • 第一編 第六章 第四節 真言・天台の動き
  • 第一編 第六章 第四節 信仰と石造物
  • 第一編 第六章 第五節 戦国の動乱と安中地域 二三七
  • 第一編 第六章 第五節 一 山内上杉氏の衰退と北条氏の上野進出 二三七
  • 第一編 第六章 第五節 一 上杉憲政の上野退去
  • 第一編 第六章 第五節 一 北条氏の進出と安中氏
  • 第一編 第六章 第五節 二 上杉氏出陣と関東幕注文 二三九
  • 第一編 第六章 第五節 二 長尾景虎の越山
  • 第一編 第六章 第五節 二 関東幕注文の成立
  • 第一編 第六章 第五節 三 武田氏の西上野進攻と支配 二四一
  • 第一編 第六章 第五節 三 信玄の西上野進攻
  • 第一編 第六章 第五節 三 安中越前守の服属
  • 第一編 第六章 第五節 三 箕輪城の落城と河西武田領の形成
  • 第一編 第六章 第五節 三 箕輪城落城による行賞
  • 第一編 第六章 第五節 三 生島足島神社起請文
  • 第一編 第六章 第五節 三 安中地域の武士たち
  • 第一編 第六章 第五節 三 越相同盟と甲相一和
  • 第一編 第六章 第五節 四 長篠の合戦と武田氏の滅亡 二五四
  • 第一編 第六章 第五節 四 安中景繁の戦死
  • 第一編 第六章 第五節 四 武田勝頼の東上野進出
  • 第一編 第六章 第五節 四 武田氏の松井田支配
  • 第一編 第六章 第五節 四 安中氏と後閑氏の動向
  • 第一編 第六章 第五節 四 武田氏の滅亡
  • 第一編 第六章 第五節 五 北条氏の上野進攻と支配 二五八
  • 第一編 第六章 第五節 五 滝川一益の上野支配
  • 第一編 第六章 第五節 五 神流川合戦
  • 第一編 第六章 第五節 五 北条氏の上野支配
  • 第一編 第六章 第五節 五 宿掟と伝馬制
  • 第一編 第六章 第五節 五 秀吉の惣無事令と名胡桃城事件
  • 第一編 第六章 第五節 五 北条氏の滅亡
  • 第一編 第六章 第五節 六 戦国武士の行方 二六九
  • 第一編 第六章 第五節 六 小幡一族の行方
  • 第一編 第六章 第五節 六 安中一族の転進
  • 第一編 第六章 第五節 六 井伊家に仕官した人々
  • 第一編 第六章 第五節 六 様々な生きかた
  • 第一編 第六章 第六節 戦国期の宗教と社寺 二七二
  • 第一編 第六章 第六節 安中源左衛門尉と市谷八幡宮代官職
  • 第一編 第六章 第六節 安中氏の信仰
  • 第一編 第六章 第六節 戦国大名武田氏と神社
  • 第一編 第六章 第六節 武田氏と碓氷郡内の寺院
  • 第一編 第六章 第六節 北条氏の寺社政策
  • 第一編 第六章 第六節 高野山の地方勧進
  • 第一編 第六章 第六節 「上野日月供名簿」の分析
  • 第一編 第六章 第六節 近世の町衆と信仰
  • 第二編 近世
  • 第二編 第一章 領主
  • 第二編 第一章 第一節 安中藩 二八五
  • 第二編 第一章 第一節 一 安中藩の成立 二八五
  • 第二編 第一章 第一節 一 野後から安中へ
  • 第二編 第一章 第一節 一 初代安中藩主井伊直勝
  • 第二編 第一章 第一節 一 大泉寺の五輪塔
  • 第二編 第一章 第一節 一 直勝の母
  • 第二編 第一章 第一節 一 直孝の母
  • 第二編 第一章 第一節 一 直之の母
  • 第二編 第一章 第一節 一 弁之助と北野寺
  • 第二編 第一章 第一節 一 関所の警護
  • 第二編 第一章 第一節 一 城下町の形成
  • 第二編 第一章 第一節 一 竜昌寺縁起
  • 第二編 第一章 第一節 一 慶長六年の伊奈検地
  • 第二編 第一章 第一節 一 分付百姓
  • 第二編 第一章 第一節 一 その後の検地
  • 第二編 第一章 第一節 二 水野・堀田・第一次板倉・内藤氏時代の施策 二九三
  • 第二編 第一章 第一節 二 水野氏と寛文検地
  • 第二編 第一章 第一節 二 郷原村の検地
  • 第二編 第一章 第一節 二 寛文検地の意義
  • 第二編 第一章 第一節 二 分付から本百姓へ
  • 第二編 第一章 第一節 二 水野元知の改易
  • 第二編 第一章 第一節 二 お八重伝説
  • 第二編 第一章 第一節 二 お八重の碑
  • 第二編 第一章 第一節 二 堀田正俊の出世
  • 第二編 第一章 第一節 二 安中御条目
  • 第二編 第一章 第一節 二 安中下知状
  • 第二編 第一章 第一節 二 徳川綱吉の擁立
  • 第二編 第一章 第一節 二 正俊の治政
  • 第二編 第一章 第一節 二 正俊の最期
  • 第二編 第一章 第一節 二 板倉氏の系譜
  • 第二編 第一章 第一節 二 板倉重形
  • 第二編 第一章 第一節 二 沼田城の武具引き取り
  • 第二編 第一章 第一節 二 板倉重同
  • 第二編 第一章 第一節 二 内藤氏と久米町
  • 第二編 第一章 第一節 二 安中城の改修
  • 第二編 第一章 第一節 二 二十一か村の年貢減免運動
  • 第二編 第一章 第一節 二 十四か条の覚書
  • 第二編 第一章 第一節 三 第二次板倉氏時代 三〇三
  • 第二編 第一章 第一節 三 板倉勝清と村差出帳
  • 第二編 第一章 第一節 三 城付領と下総領
  • 第二編 第一章 第一節 三 太田陣屋
  • 第二編 第一章 第一節 三 安中城絵図
  • 第二編 第一章 第一節 三 付図一と付図三の比較
  • 第二編 第一章 第一節 三 時計
  • 第二編 第一章 第一節 三 御殿
  • 第二編 第一章 第一節 三 城内の施設
  • 第二編 第一章 第一節 三 扇城
  • 第二編 第一章 第一節 三 家臣団
  • 第二編 第一章 第一節 三 家臣の家屋
  • 第二編 第一章 第一節 三 江戸屋敷
  • 第二編 第一章 第一節 三 役順
  • 第二編 第一章 第一節 三 給与
  • 第二編 第一章 第一節 三 職制
  • 第二編 第一章 第一節 三 頭村制度
  • 第二編 第一章 第一節 三 会所
  • 第二編 第一章 第一節 三 武術の諸流派
  • 第二編 第一章 第一節 三 天明三年の一揆
  • 第二編 第一章 第一節 三 一揆再燃
  • 第二編 第一章 第一節 三 間引き禁止令
  • 第二編 第一章 第一節 三 農村人口の減少
  • 第二編 第一章 第一節 三 勝明の農家再建策
  • 第二編 第一章 第一節 三 藩の年貢収入
  • 第二編 第一章 第一節 三 年貢米・年貢永
  • 第二編 第一章 第一節 三 小物成・冥加永
  • 第二編 第一章 第一節 三 高役
  • 第二編 第一章 第一節 三 御勝手差し支え
  • 第二編 第一章 第一節 三 収支の円グラフ
  • 第二編 第一章 第一節 三 近江商人から借金
  • 第二編 第一章 第一節 三 財政破綻
  • 第二編 第一章 第一節 三 御用達
  • 第二編 第一章 第一節 四 幕末維新期の安中藩 三二六
  • 第二編 第一章 第一節 四 勝明から勝殷へ
  • 第二編 第一章 第一節 四 和宮の降嫁
  • 第二編 第一章 第一節 四 下仁田戦争
  • 第二編 第一章 第一節 四 世直しと農兵
  • 第二編 第一章 第一節 四 安中藩の対応
  • 第二編 第一章 第一節 四 勤王の証書提出
  • 第二編 第一章 第一節 四 偽官軍
  • 第二編 第一章 第一節 四 官軍の通行
  • 第二編 第一章 第一節 四 鎮撫持場
  • 第二編 第一章 第一節 四 小栗氏追討
  • 第二編 第一章 第一節 四 江戸詰藩士の引き揚げ
  • 第二編 第一章 第一節 四 関所の廃止
  • 第二編 第一章 第一節 四 廃藩置県
  • 第二編 第一章 第二節 板倉勝明 三三三
  • 第二編 第一章 第二節 一 生涯と施策 三三三
  • 第二編 第一章 第二節 一 板倉勝明の誕生
  • 第二編 第一章 第二節 一 好学の気風
  • 第二編 第一章 第二節 一 勝明の人柄
  • 第二編 第一章 第二節 一 奏者番と病気
  • 第二編 第一章 第二節 一 挫折
  • 第二編 第一章 第二節 一 財政難に対処
  • 第二編 第一章 第二節 一 定免制の施行
  • 第二編 第一章 第二節 一 増民政策
  • 第二編 第一章 第二節 一 漆苗の植え付け
  • 第二編 第一章 第二節 一 夢のプラン
  • 第二編 第一章 第二節 一 種痘「うえぼうそう」
  • 第二編 第一章 第二節 一 勝明と種痘
  • 第二編 第一章 第二節 二 文武の奨励 三四一
  • 第二編 第一章 第二節 二 造士館
  • 第二編 第一章 第二節 二 学者の招聘
  • 第二編 第一章 第二節 二 桃渓書院
  • 第二編 第一章 第二節 二 蘭学の奨励
  • 第二編 第一章 第二節 二 西洋砲術
  • 第二編 第一章 第二節 二 遠足
  • 第二編 第一章 第二節 二 遠足の復活
  • 第二編 第一章 第二節 二 大坂加番
  • 第二編 第一章 第二節 二 文人との交流
  • 第二編 第一章 第二節 二 徳川斉昭との交流
  • 第二編 第一章 第二節 三 甘雨亭叢書の刊行 三四七
  • 第二編 第一章 第二節 三 著述と出版
  • 第二編 第一章 第二節 三 甘雨亭叢書
  • 第二編 第一章 第二節 三 出版への決意
  • 第二編 第一章 第二節 三 叢書の評判
  • 第二編 第一章 第二節 四 勝明の最期 三四九
  • 第二編 第一章 第二節 四 歩学机
  • 第二編 第一章 第二節 四 病中記事
  • 第二編 第一章 第二節 四 辞世
  • 第二編 第一章 第二節 四 新島襄の勝明評
  • 第二編 第一章 第二節 四 勝明の感化
  • 第二編 第一章 第三節 旗本知行 三五三
  • 第二編 第一章 第三節 一 概説 三五三
  • 第二編 第一章 第三節 一 三つの支配形態
  • 第二編 第一章 第三節 一 相給村
  • 第二編 第一章 第三節 二 天領・旗本知行・相給の変遷 三五四
  • 第二編 第一章 第三節 二 板鼻宿
  • 第二編 第一章 第三節 二 野殿村
  • 第二編 第一章 第三節 二 上磯部村
  • 第二編 第一章 第三節 二 西上磯部村
  • 第二編 第一章 第三節 二 東上磯部村
  • 第二編 第一章 第三節 二 下磯部村
  • 第二編 第一章 第三節 二 大竹村
  • 第二編 第一章 第三節 二 西上秋間村
  • 第二編 第一章 第三節 二 東上秋間村
  • 第二編 第一章 第三節 二 下秋間村
  • 第二編 第一章 第三節 二 中野谷村
  • 第二編 第一章 第三節 二 鷺宮村
  • 第二編 第一章 第三節 二 上間仁田村
  • 第二編 第一章 第三節 二 下間仁田村
  • 第二編 第一章 第三節 三 旗本と村方 三六二
  • 第二編 第一章 第三節 三 旗本竹田氏と名主
  • 第二編 第一章 第三節 三 野殿村庄左衛門の活躍
  • 第二編 第一章 第三節 三 秋間村名主兵助の苦労
  • 第二編 第一章 第三節 三 旗本米倉氏の村触
  • 第二編 第一章 第三節 四 旗本の下知と村方の異議 三六五
  • 第二編 第一章 第三節 四 野殿村より旗本へ倹約要請
  • 第二編 第一章 第三節 四 野殿村の香典延期願い
  • 第二編 第一章 第三節 四 秋間村普請金分納
  • 第二編 第一章 第三節 四 東上磯部村へ江戸城西丸普請金
  • 第二編 第一章 第三節 四 秋間村の大工提供
  • 第二編 第一章 第三節 五 旗本財政 三六六
  • 第二編 第一章 第三節 五 大竹村へ先納金
  • 第二編 第一章 第三節 五 東上磯部村の郷証文
  • 第二編 第一章 第三節 五 西上秋間村の郷証文
  • 第二編 第一章 第三節 五 秋間三か村へ御用金
  • 第二編 第一章 第三節 五 鷺宮村の郷借金返済遅滞訴訟
  • 第二編 第一章 第三節 五 東野殿村旗本賄金月々差出し
  • 第二編 第一章 第三節 五 野殿村駿府貸付金返済
  • 第二編 第二章 村と農業
  • 第二編 第二章 第一節 検地と村の年貢賦役 三七二
  • 第二編 第二章 第一節 一 検地と村の成立 三七二
  • 第二編 第二章 第一節 一 村と農民の定着
  • 第二編 第二章 第一節 一 検地と村高制
  • 第二編 第二章 第一節 一 検地の経緯
  • 第二編 第二章 第一節 一 上蒔田村検地帳
  • 第二編 第二章 第一節 一 慶長・寛文の検地
  • 第二編 第二章 第一節 二 年貢の実態と農民の負担 三七六
  • 第二編 第二章 第一節 二 年貢の種類
  • 第二編 第二章 第一節 二 年貢の納入
  • 第二編 第二章 第一節 二 検見定免と農民の嘆願
  • 第二編 第二章 第一節 二 安中藩の年貢収入
  • 第二編 第二章 第一節 二 小物成と冥加金
  • 第二編 第二章 第一節 二 村入用と諸役夫銭
  • 第二編 第二章 第二節 村々の農業生産活動 三八三
  • 第二編 第二章 第二節 一 農業基盤と景観 三八三
  • 第二編 第二章 第二節 一 地形と水利
  • 第二編 第二章 第二節 一 河川低地および氾濫原
  • 第二編 第二章 第二節 二 農業生産活動の実際 三八四
  • 第二編 第二章 第二節 二 農産物の品種
  • 第二編 第二章 第二節 二 作付と農業技術
  • 第二編 第二章 第二節 二 収量多穫の肥料の使用
  • 第二編 第二章 第二節 二 土地の管理と農業経営
  • 第二編 第二章 第二節 二 鳥獣から作物保護
  • 第二編 第二章 第二節 二 農民の土地所有形態
  • 第二編 第二章 第二節 三 灌漑用水と水田耕作 三八八
  • 第二編 第二章 第二節 三 安中の水系概要
  • 第二編 第二章 第二節 三 水論・貰い水
  • 第二編 第二章 第二節 三 溜池による灌漑
  • 第二編 第二章 第二節 三 用水普請堀浚い
  • 第二編 第二章 第二節 三 用水と水車
  • 第二編 第二章 第二節 四 人見堰と板鼻堰 三九三
  • 第二編 第二章 第二節 四 人見堰の開削
  • 第二編 第二章 第二節 四 堰の維持管理
  • 第二編 第二章 第二節 四 堰の効用
  • 第二編 第二章 第二節 四 板鼻堰と板鼻宿
  • 第二編 第二章 第二節 四 御用水と天領
  • 第二編 第二章 第二節 五 野論と秣場・入会 三九九
  • 第二編 第二章 第二節 五 上磯部村と中野谷村の野論裁断絵図
  • 第二編 第二章 第二節 五 山札銭滞納問題
  • 第二編 第二章 第二節 五 安中藩領の秣場と山札
  • 第二編 第二章 第三節 村の組織と運営 四〇三
  • 第二編 第二章 第三節 村々の状況と頭村制度
  • 第二編 第二章 第三節 村役人の成立
  • 第二編 第二章 第三節 相給村と村役人
  • 第二編 第二章 第三節 組と組頭
  • 第二編 第二章 第三節 村役人の給分
  • 第二編 第二章 第三節 関東取締出役と寄場組合村
  • 第二編 第三章 町と交通
  • 第二編 第三章 第一節 安中宿 四一三
  • 第二編 第三章 第一節 一 伝馬と安中宿 四一三
  • 第二編 第三章 第一節 一 伝馬制度
  • 第二編 第三章 第一節 一 安中宿の形成
  • 第二編 第三章 第一節 一 慶長七年の伝馬駄賃定書
  • 第二編 第三章 第一節 一 元和二年の伝馬駄賃定書
  • 第二編 第三章 第一節 一 無高の宿場
  • 第二編 第三章 第一節 二 本陣や旅篭など 四一五
  • 第二編 第三章 第一節 二 家数と伝馬屋敷
  • 第二編 第三章 第一節 二 近隣五宿との比較
  • 第二編 第三章 第一節 二 本陣と旅篭屋と人口
  • 第二編 第三章 第一節 二 宿役人
  • 第二編 第三章 第一節 二 宿泊・食事
  • 第二編 第三章 第一節 二 火消し
  • 第二編 第三章 第一節 三 宿場悲願の半減勤 四二〇
  • 第二編 第三章 第一節 三 御定人馬の半減勤
  • 第二編 第三章 第一節 三 定助郷十九か村
  • 第二編 第三章 第一節 三 二百余年間の半減勤
  • 第二編 第三章 第一節 三 石川忠房の生祠
  • 第二編 第三章 第一節 三 半減勤の人馬の遣い方
  • 第二編 第三章 第一節 三 再び定式人馬に
  • 第二編 第三章 第一節 四 宿場と助郷の係争 四二四
  • 第二編 第三章 第一節 四 不用返し人馬
  • 第二編 第三章 第一節 四 宿場・助郷間の議定
  • 第二編 第三章 第一節 四 伝馬の賃銭と刎銭
  • 第二編 第三章 第一節 五 宿場の財政 四二六
  • 第二編 第三章 第一節 五 嘉永四年の宿場財政
  • 第二編 第三章 第一節 五 廻米と附通
  • 第二編 第三章 第一節 六 「給仕女」問題 四二八
  • 第二編 第三章 第一節 六 「給仕女」の呼称
  • 第二編 第三章 第一節 六 設置の経緯
  • 第二編 第三章 第一節 六 茶汲女取締規定
  • 第二編 第三章 第一節 六 給仕女の働き
  • 第二編 第三章 第一節 六 給仕女と助郷役拒否
  • 第二編 第三章 第一節 六 芸娼妓解放令
  • 第二編 第三章 第一節 七 安中宿家並み絵図から 四三一
  • 第二編 第三章 第一節 七 家並み絵図から
  • 第二編 第三章 第一節 七 上の脇本陣
  • 第二編 第三章 第一節 七 高札場と牛頭天王宮
  • 第二編 第三章 第一節 七 本陣と大泉寺
  • 第二編 第三章 第一節 七 熊野大権現
  • 第二編 第三章 第一節 七 伝馬牢
  • 第二編 第三章 第一節 七 二つ橋
  • 第二編 第三章 第一節 八 伝馬制度の廃止 四三四
  • 第二編 第三章 第一節 八 伝馬制度の廃止
  • 第二編 第三章 第一節 八 欧米人の通行
  • 第二編 第三章 第二節 板鼻宿 四三七
  • 第二編 第三章 第二節 一 宿の概要 四三七
  • 第二編 第三章 第二節 一 一般商工店とその種類
  • 第二編 第三章 第二節 一 本陣・脇本陣
  • 第二編 第三章 第二節 一 和宮下向と板鼻宿
  • 第二編 第三章 第二節 一 高札場
  • 第二編 第三章 第二節 一 寺社
  • 第二編 第三章 第二節 一 繁栄と没落
  • 第二編 第三章 第二節 二 伝馬と助郷 四四二
  • 第二編 第三章 第二節 二 伝馬賃銭のはじまり
  • 第二編 第三章 第二節 二 伝馬賃銭
  • 第二編 第三章 第二節 二 問屋場
  • 第二編 第三章 第二節 二 御定式宿勤め人馬
  • 第二編 第三章 第二節 二 問屋年寄
  • 第二編 第三章 第二節 二 問屋場の歳入・歳出勘定
  • 第二編 第三章 第二節 二 助郷
  • 第二編 第三章 第二節 二 牛馬宿(俗称うし宿)
  • 第二編 第三章 第二節 二 中馬宿(商人荷物輸送関係)
  • 第二編 第三章 第二節 三 板鼻宿旅篭と食売女 四四六
  • 第二編 第三章 第二節 三 食売女の抱宿屋
  • 第二編 第三章 第二節 三 玉代の内容
  • 第二編 第三章 第二節 三 宿屋・中馬宿・牛馬宿・茶屋
  • 第二編 第三章 第二節 四 川越し・架橋 四四九
  • 第二編 第三章 第二節 四 渡し場の歴史
  • 第二編 第三章 第二節 四 川越賃銭
  • 第二編 第三章 第二節 四 輦台越
  • 第二編 第三章 第二節 四 仮土橋
  • 第二編 第三章 第二節 四 助郷村々と渡し場
  • 第二編 第三章 第二節 四 伝馬賃銭の割増し
  • 第二編 第三章 第二節 四 明治三年九月船橋架設
  • 第二編 第三章 第二節 五 板鼻宿問屋場の監査 四五六
  • 第二編 第三章 第二節 五 天明五年の監査
  • 第二編 第三章 第二節 五 寛政三年の監査
  • 第二編 第三章 第二節 五 文政三年の監査
  • 第二編 第三章 第三節 関所 四五九
  • 第二編 第三章 第三節 一 近世碓氷関所の成立 四五九
  • 第二編 第三章 第三節 一 幕府による関所の設立
  • 第二編 第三章 第三節 一 関所の制札
  • 第二編 第三章 第三節 二 関所取締りの焦点化 四六一
  • 第二編 第三章 第三節 二 庶民の旅の始まり
  • 第二編 第三章 第三節 二 街道の繁雑と女改め
  • 第二編 第三章 第三節 二 女改めの変化
  • 第二編 第三章 第三節 二 厳重な女関所手形の制度と検証
  • 第二編 第三章 第三節 二 関所手形の発行権者
  • 第二編 第三章 第三節 二 幕藩政治の治安を保った女手形制度
  • 第二編 第三章 第三節 二 関所手形印鑑
  • 第二編 第三章 第三節 二 鉄炮手形
  • 第二編 第三章 第三節 三 安中藩の関所運営 四七一
  • 第二編 第三章 第三節 三 井伊氏より水野氏宛関所引き渡し
  • 第二編 第三章 第三節 三 元禄八年杢ヶ橋関所番を仰せ付けられる
  • 第二編 第三章 第三節 三 碓氷関所棟札と東門の棟札
  • 第二編 第三章 第三節 三 関所破り
  • 第二編 第三章 第三節 三 慶応四年安中藩鎮撫持場と関所
  • 第二編 第三章 第三節 三 明治二年碓氷関所取崩し
  • 第二編 第三章 第四節 中山道と諸通行 四七八
  • 第二編 第三章 第四節 一 杉並木 四七八
  • 第二編 第三章 第四節 一 道中奉行より並木につき触書
  • 第二編 第三章 第四節 一 安中原市杉並木
  • 第二編 第三章 第四節 一 一里塚
  • 第二編 第三章 第四節 二 参勤交代 四七九
  • 第二編 第三章 第四節 二 (一) 中山道を通る大名 四七九
  • 第二編 第三章 第四節 二 参勤交代の目的
  • 第二編 第三章 第四節 二 五街道参勤の大名と中山道
  • 第二編 第三章 第四節 二 (二) 大名の休泊と安中宿の対応 四八三
  • 第二編 第三章 第四節 二 明和五年松平備後守宿泊
  • 第二編 第三章 第四節 二 寛延二年安中藩主の国替え
  • 第二編 第三章 第四節 二 安永五年細川越中守宿泊
  • 第二編 第三章 第四節 二 寛政三年安中藩主の参勤交代
  • 第二編 第三章 第四節 二 助郷とのいざこざ
  • 第二編 第三章 第四節 三 姫宮の通行と和宮降嫁 四八八
  • 第二編 第三章 第四節 三 姫宮と徳川将軍家
  • 第二編 第三章 第四節 三 皇女和宮の降嫁
  • 第二編 第三章 第四節 三 和宮下向の日程
  • 第二編 第三章 第四節 三 和宮下向と宿助郷
  • 第二編 第三章 第四節 三 和宮の通行
  • 第二編 第三章 第四節 三 和宮の記念物
  • 第二編 第三章 第四節 三 坂本宿の記録
  • 第二編 第三章 第四節 三 当分助郷村々の記録
  • 第二編 第三章 第四節 四 社参・例幣使 四九四
  • 第二編 第三章 第四節 四 神忌と日光社参
  • 第二編 第三章 第四節 四 神忌の儀式
  • 第二編 第三章 第四節 四 公家への贈物
  • 第二編 第三章 第四節 四 天保十四年の日光社参
  • 第二編 第三章 第四節 四 安中宿の宿内警備
  • 第二編 第三章 第四節 四 日光御社参につき旗本米倉氏より上納金要請
  • 第二編 第三章 第四節 四 日光御社参若殿御供につき支度金催促
  • 第二編 第三章 第四節 四 日光例幣使と例祭
  • 第二編 第三章 第四節 四 日光例幣使の行程と伝話
  • 第二編 第三章 第四節 四 天保十四年の日光例幣使通行
  • 第二編 第三章 第四節 五 佐渡金の道 五〇一
  • 第二編 第三章 第四節 五 佐渡越後信州の記録
  • 第二編 第三章 第四節 五 安中宿本陣の記録
  • 第二編 第三章 第四節 五 佐渡奉行通行の記録
  • 第二編 第三章 第四節 五 無宿人の佐渡送り
  • 第二編 第三章 第四節 六 坂本宿・松井田宿助郷 五〇三
  • 第二編 第三章 第四節 六 上秋間村の坂本宿助郷差替免除願
  • 第二編 第三章 第四節 六 松井田宿の助郷
  • 第二編 第三章 第四節 六 磯部四か村助郷御免を願い出る
  • 第二編 第三章 第四節 六 天保十一年東上磯部村人馬諸経費書上帳
  • 第二編 第三章 第四節 七 八本木茶屋 五〇六
  • 第二編 第三章 第四節 七 立場茶屋
  • 第二編 第三章 第四節 七 杉並木の茶屋
  • 第二編 第三章 第四節 八 妙義・榛名道 五〇七
  • 第二編 第三章 第四節 八 横通りと伝馬
  • 第二編 第三章 第四節 八 寛政二年妙義榛名道の御定め賃銭
  • 第二編 第三章 第四節 八 二軒茶屋・三軒茶屋
  • 第二編 第三章 第四節 九 道しるべと常夜灯・橋供養塔 五〇九
  • 第二編 第三章 第四節 九 一ノ宮・大日街道
  • 第二編 第三章 第四節 九 板鼻八丁目木戸からのやはた道
  • 第二編 第三章 第四節 九 恵宝沢の道標
  • 第二編 第三章 第四節 九 郷原の妙義道常夜灯
  • 第二編 第三章 第四節 九 三角の橋供養塔
  • 第二編 第三章 第四節 九 寒念仏橋供養塔
  • 第二編 第三章 第五節 産業と商業 五一二
  • 第二編 第三章 第五節 一 農間渡世と糸機稼ぎ 五一二
  • 第二編 第三章 第五節 一 農間渡世
  • 第二編 第三章 第五節 一 糸機稼ぎ
  • 第二編 第三章 第五節 一 桑木保護
  • 第二編 第三章 第五節 二 市の変遷 五一四
  • 第二編 第三章 第五節 二 市の形成
  • 第二編 第三章 第五節 二 市神様
  • 第二編 第三章 第五節 二 市場規定
  • 第二編 第三章 第五節 二 市日
  • 第二編 第三章 第五節 二 絹市紛争
  • 第二編 第三章 第五節 三 高崎・板鼻・安中・松井田の市の盛衰比較 五一八
  • 第二編 第三章 第五節 三 他宿の市日
  • 第二編 第三章 第五節 三 安政二年の議定
  • 第二編 第三章 第五節 四 開港の影響 五二〇
  • 第二編 第三章 第五節 四 開港と糸市の繁盛
  • 第二編 第三章 第五節 四 蚕種
  • 第二編 第三章 第五節 四 村の稼ぎ
  • 第二編 第三章 第五節 五 商人と職人 五二三
  • 第二編 第三章 第五節 五 商人・商店
  • 第二編 第三章 第五節 五 安中宿の不満
  • 第二編 第三章 第五節 五 中山道沿いの商売
  • 第二編 第三章 第五節 五 職人と税
  • 第二編 第三章 第五節 五 酒造
  • 第二編 第三章 第五節 五 板鼻十一屋
  • 第二編 第三章 第五節 五 独特の経営法
  • 第二編 第三章 第五節 五 通貨・藩札
  • 第二編 第三章 第五節 五 太政官札
  • 第二編 第三章 第五節 五 安中藩札
  • 第二編 第三章 第五節 五 新貨条例
  • 第二編 第四章 生活と文化
  • 第二編 第四章 第一節 家 五三六
  • 第二編 第四章 第一節 一 家と村社会の生活 五三六
  • 第二編 第四章 第一節 一 村と家を通した支配
  • 第二編 第四章 第一節 一 村構成員の登録
  • 第二編 第四章 第一節 二 家の存続形態 五三九
  • 第二編 第四章 第一節 二 家督相続と縁組
  • 第二編 第四章 第一節 二 若者組の構成と役割
  • 第二編 第四章 第一節 二 結婚と離婚
  • 第二編 第四章 第二節 生活・世相 五四三
  • 第二編 第四章 第二節 一 祭礼 五四三
  • 第二編 第四章 第二節 一 祭礼
  • 第二編 第四章 第二節 一 春祭り
  • 第二編 第四章 第二節 一 夏祭り
  • 第二編 第四章 第二節 一 中宿の糸操灯篭人形
  • 第二編 第四章 第二節 一 秋祭り
  • 第二編 第四章 第二節 一 安中熊野神社祭礼
  • 第二編 第四章 第二節 一 鳥追い祭り
  • 第二編 第四章 第二節 二 参詣 五四六
  • 第二編 第四章 第二節 二 峠様・熊野参り
  • 第二編 第四章 第二節 二 榛名参り
  • 第二編 第四章 第二節 二 大山参り
  • 第二編 第四章 第二節 二 善光寺参り
  • 第二編 第四章 第二節 二 伊勢参り
  • 第二編 第四章 第二節 二 金井忠兵衛の旅
  • 第二編 第四章 第二節 三 湯治 五四八
  • 第二編 第四章 第二節 三 湯治
  • 第二編 第四章 第二節 三 新島弁治の草津湯治
  • 第二編 第四章 第二節 三 中曽根仙庵の伊香保日記
  • 第二編 第四章 第二節 三 入之湯
  • 第二編 第四章 第二節 三 入之湯の再開湯
  • 第二編 第四章 第二節 四 民間療法 五五二
  • 第二編 第四章 第二節 四 (一) 呪術的療法 五五二
  • 第二編 第四章 第二節 四 カゼ(風邪)の神送り
  • 第二編 第四章 第二節 四 メッパ(麦粒腫)
  • 第二編 第四章 第二節 四 ノイローゼ
  • 第二編 第四章 第二節 四 弱い子
  • 第二編 第四章 第二節 四 捨て子・拾い子
  • 第二編 第四章 第二節 四 改名
  • 第二編 第四章 第二節 四 (二) 伝染病と民間療法 五五三
  • 第二編 第四章 第二節 四 疱瘡(天然痘)
  • 第二編 第四章 第二節 四 疱瘡の予防薬
  • 第二編 第四章 第二節 四 「鉄輪切」興行願
  • 第二編 第四章 第二節 四 疱瘡神社の建立願
  • 第二編 第四章 第二節 四 疱瘡神の詫び証文
  • 第二編 第四章 第二節 四 疱瘡神送りの行事
  • 第二編 第四章 第二節 四 はしか(麻疹)
  • 第二編 第四章 第二節 四 コレラ(コロリ)
  • 第二編 第四章 第二節 五 間引きと安中 五五六
  • 第二編 第四章 第二節 五 安中藩の対応
  • 第二編 第四章 第二節 五 民間の動き
  • 第二編 第四章 第二節 五 庶民の反応
  • 第二編 第四章 第二節 五 明治新政府の政策
  • 第二編 第四章 第三節 宗教と文化 五六一
  • 第二編 第四章 第三節 一 神社と寺院 五六一
  • 第二編 第四章 第三節 一 神仏習合
  • 第二編 第四章 第三節 一 榛名満行大権現縁起
  • 第二編 第四章 第三節 一 常楽寺記録
  • 第二編 第四章 第三節 一 北野寺記録
  • 第二編 第四章 第三節 一 庶民の信仰
  • 第二編 第四章 第三節 一 道祖神信仰
  • 第二編 第四章 第三節 一 庚申信仰
  • 第二編 第四章 第三節 一 御岳(オンタケ)信仰
  • 第二編 第四章 第三節 一 二十二夜信仰
  • 第二編 第四章 第三節 一 馬頭観音信仰
  • 第二編 第四章 第三節 一 弁天信仰
  • 第二編 第四章 第三節 一 薬師信仰
  • 第二編 第四章 第三節 二 文芸 五六五
  • 第二編 第四章 第三節 二 風土記
  • 第二編 第四章 第三節 二 板鼻の文人
  • 第二編 第四章 第三節 二 原(松本)思斎
  • 第二編 第四章 第三節 二 川島蘭州
  • 第二編 第四章 第三節 二 松本凌波
  • 第二編 第四章 第三節 二 戯作者柳下亭種員
  • 第二編 第四章 第三節 二 俳句の広がり
  • 第二編 第四章 第三節 三 寺子屋 五六八
  • 第二編 第四章 第三節 三 群馬師範の寺子屋調査
  • 第二編 第四章 第三節 三 安中の寺子屋
  • 第二編 第四章 第三節 三 学習内容
  • 第二編 第四章 第三節 三 入門と謝礼
  • 第二編 第四章 第三節 三 行事
  • 第二編 第四章 第三節 三 寺子屋の沿革
  • 第二編 第四章 第三節 三 筆子塚
  • 第二編 第四章 第三節 三 新島民治の手習塾
  • 第二編 第四章 第三節 四 伝承忠僕元助 五七一
  • 第二編 第四章 第三節 四 元助と秋間
  • 第二編 第四章 第三節 四 古記録と研究史
  • 第二編 第四章 第四節 小野栄重と和算 五七六
  • 第二編 第四章 第四節 一 生い立ちと修業 五七六
  • 第二編 第四章 第四節 一 永山義長と栄重の誕生
  • 第二編 第四章 第四節 一 江戸への遊学
  • 第二編 第四章 第四節 二 測天量地(測量法) 五七九
  • 第二編 第四章 第四節 二 江戸時代の測量法
  • 第二編 第四章 第四節 二 栄重と伊能忠敬
  • 第二編 第四章 第四節 二 栄重、全国測量に従事
  • 第二編 第四章 第四節 二 「星測量地録」
  • 第二編 第四章 第四節 三 栄重の門人たち 五八六
  • 第二編 第四章 第四節 三 関流免許皆伝
  • 第二編 第四章 第四節 三 教え方に優れた栄重
  • 第二編 第四章 第四節 三 原左右助と高野富太郎
  • 第二編 第四章 第四節 三 門流の人々
  • 第二編 第四章 第四節 四 算額に名をとどめた人たち 五九四
  • 第二編 第四章 第四節 四 数学の絵馬・算額
  • 第二編 第四章 第四節 四 大塚弥三郎と高麗多一
  • 第二編 第四章 第四節 四 中里左エ門と高橋保五郎
  • 第二編 第四章 第五節 新島七五三太(新島襄) 五九七
  • 第二編 第四章 第五節 新島家と安中
  • 第二編 第四章 第五節 中島秀八から新島弁治へ
  • 第二編 第四章 第五節 新島民治
  • 第二編 第四章 第五節 出生時の家族
  • 第二編 第四章 第五節 江戸上屋敷
  • 第二編 第四章 第五節 誕生から函館へ
  • 第二編 第四章 第五節 脱国の理由
  • 第二編 第四章 第五節 安中滞在二十七日間
  • 第二編 第四章 第五節 安中伝道の意義
  • 第二編 第四章 第五節 新島家京都へ移転
  • 第二編 第四章 第五節 家族の人たち
  • 第二編 第五章 社会の変動
  • 第二編 第五章 第一節 災害・飢饉・貯穀 六一〇
  • 第二編 第五章 第一節 一 災害と洪水 六一〇
  • 第二編 第五章 第一節 一 江戸時代の主な災害
  • 第二編 第五章 第一節 一 飢饉
  • 第二編 第五章 第一節 一 元文二年の板鼻宿の大火
  • 第二編 第五章 第一節 一 寛保二年の洪水
  • 第二編 第五章 第一節 二 郷蔵と貯穀 六一二
  • 第二編 第五章 第一節 二 郷蔵
  • 第二編 第五章 第一節 二 安中藩領の郷蔵
  • 第二編 第五章 第一節 二 旗本知行地の郷蔵
  • 第二編 第五章 第一節 二 鷺宮村の貯穀
  • 第二編 第五章 第一節 三 天明の災害と救済 六一四
  • 第二編 第五章 第一節 三 天明三年の浅間焼け
  • 第二編 第五章 第一節 三 穀類の値上がり
  • 第二編 第五章 第一節 三 安中藩による救済
  • 第二編 第五章 第一節 三 旗本知行地での救済
  • 第二編 第五章 第一節 四 天保の飢饉と大火 六一七
  • 第二編 第五章 第一節 四 天保の飢饉
  • 第二編 第五章 第一節 四 板鼻宿の大火
  • 第二編 第五章 第一節 四 安中宿の大火
  • 第二編 第五章 第二節 騒動・直訴・一揆 六一九
  • 第二編 第五章 第二節 一 秋間村旗本役人罷免運動 六一九
  • 第二編 第五章 第二節 一 分家米倉氏の支配
  • 第二編 第五章 第二節 一 村民から二十か条の訴状
  • 第二編 第五章 第二節 一 米倉氏本家の回答
  • 第二編 第五章 第二節 二 安中藩領二十一か村の年貢軽減運動 六二二
  • 第二編 第五章 第二節 二 農民集結
  • 第二編 第五章 第二節 二 安中藩からの覚書
  • 第二編 第五章 第二節 二 農民側の勝訴
  • 第二編 第五章 第二節 二 検見・払米・廻米
  • 第二編 第五章 第二節 二 農民から事情聴取
  • 第二編 第五章 第二節 二 通用
  • 第二編 第五章 第二節 二 無尽の内借
  • 第二編 第五章 第二節 二 伝承潮藤左衛門
  • 第二編 第五章 第二節 二 切添新田の開発
  • 第二編 第五章 第二節 三 絹改め会所設置反対運動 六二七
  • 第二編 第五章 第二節 三 改め会所の撤回
  • 第二編 第五章 第二節 四 天明三年の一揆 六二八
  • 第二編 第五章 第二節 四 農民城門に迫る
  • 第二編 第五章 第二節 四 一揆の再燃
  • 第二編 第五章 第二節 四 『後見草』
  • 第二編 第五章 第二節 五 秋間村御用金拒否運動 六二九
  • 第二編 第五章 第二節 五 本庄宿へ向け出立
  • 第二編 第五章 第二節 五 吟味の問答
  • 第二編 第五章 第二節 五 農民の申し立て
  • 第二編 第五章 第二節 五 幕府老中へ直訴
  • 第二編 第五章 第二節 五 処罰
  • 第二編 第五章 第二節 六 秋間村の相州加免免除運動 六三三
  • 第二編 第五章 第二節 六 最後の願い
  • 第二編 第五章 第二節 六 小間の浅間山騒動
  • 第二編 第五章 第三節 幕末と維新 六三五
  • 第二編 第五章 第三節 一 異国船の渡来 六三五
  • 第二編 第五章 第三節 一 異国船渡来
  • 第二編 第五章 第三節 一 異国船渡来に対する安中藩の動向
  • 第二編 第五章 第三節 一 ペリー再度来航と日米和親条約の締結
  • 第二編 第五章 第三節 二 水戸天狗党と下仁田戦争 六三七
  • 第二編 第五章 第三節 二 水戸浪士の筑波山挙兵と天狗党の成立
  • 第二編 第五章 第三節 二 天狗党による金品の強要
  • 第二編 第五章 第三節 二 幕府浪士追討軍
  • 第二編 第五章 第三節 二 天狗党京を目指して西上
  • 第二編 第五章 第三節 二 高崎藩の天狗党追討と下仁田戦争の開戦
  • 第二編 第五章 第三節 二 下仁田戦争開戦と安中藩の対応
  • 第二編 第五章 第三節 三 世直し一揆の勃発 六四一
  • 第二編 第五章 第三節 三 徳川慶喜の大政奉還と国内の動揺
  • 第二編 第五章 第三節 三 秩父より起こった世直し一揆
  • 第二編 第五章 第三節 三 安中藩農兵取立て
  • 第二編 第五章 第三節 三 安中南部で猛威を振るう一揆勢
  • 第二編 第五章 第三節 三 板鼻宿に於ける一揆勢の動向
  • 第二編 第五章 第三節 三 東山道鎮撫総督の下向と一揆勢
  • 第二編 第五章 第三節 四 赤報隊と偽官軍事件 六四六
  • 第二編 第五章 第三節 四 江戸擾乱と西郷、相楽の結びつき
  • 第二編 第五章 第三節 四 赤報隊の結成
  • 第二編 第五章 第三節 四 赤報隊に金品強奪の汚名
  • 第二編 第五章 第三節 四 赤報隊の先鋒嚮導隊、偽官軍とされる
  • 第二編 第五章 第三節 四 偽官軍への安中藩の対処
  • 第二編 第五章 第三節 四 追分戦争
  • 第二編 第五章 第三節 四 安中藩の論功行賞
  • 第二編 第五章 第三節 四 赤報隊士を慰める
  • 第二編 第五章 第三節 五 小栗氏事件 六五七
  • 第二編 第五章 第三節 五 小栗上野介忠順の人物像
  • 第二編 第五章 第三節 五 小栗上州権田へ隠棲
  • 第二編 第五章 第三節 五 暴徒二千人との決戦
  • 第二編 第五章 第三節 五 高崎・安中・吉井三藩の小栗追捕
  • 第二編 第五章 第三節 五 小栗とその家臣の最期
  • 第二編 第五章 第三節 六 戊辰戦争と安中藩 六六五
  • 第二編 第五章 第三節 六 小栗追討後の始末と沼田出兵
  • 第二編 第五章 第三節 六 三国峠の戦いに出陣
  • 第二編 第五章 第三節 六 戸倉戦争
  • 第二編 第五章 第三節 七 廃藩置県 六六七
  • 第二編 第五章 第三節 七 戊辰戦争終結
  • 第二編 第五章 第三節 七 廃藩置県
  • 第二編 第五章 第三節 七 群馬県の誕生
  • 第三編 近代・現代
  • 第三編 第一章 明治期の安中
  • 第三編 第一章 第一節 地方制度の変遷と町村財政 六七一
  • 第三編 第一章 第一節 一 戸籍区から大区小区制へ 六七一
  • 第三編 第一章 第一節 一 戸籍区
  • 第三編 第一章 第一節 一 大区小区制
  • 第三編 第一章 第一節 一 大区小区制の廃止
  • 第三編 第一章 第一節 二 郡区町村編制法と連合町村 六七三
  • 第三編 第一章 第一節 二 三新法の制定と町村
  • 第三編 第一章 第一節 二 三新法体制の改正
  • 第三編 第一章 第一節 三 明治初期の町村財政 六七五
  • 第三編 第一章 第一節 三 民費より協議費へ
  • 第三編 第一章 第一節 三 協議費より区町村費へ
  • 第三編 第一章 第二節 町村制の施行と財政制度の確立 六七六
  • 第三編 第一章 第二節 一 八か町村の誕生と郡制 六七六
  • 第三編 第一章 第二節 一 明治の町村大合併
  • 第三編 第一章 第二節 一 安中町
  • 第三編 第一章 第二節 一 中宿村をめぐる合併問題
  • 第三編 第一章 第二節 一 原市町
  • 第三編 第一章 第二節 一 磯部村
  • 第三編 第一章 第二節 一 東横野村
  • 第三編 第一章 第二節 一 岩野谷村
  • 第三編 第一章 第二節 一 板鼻町
  • 第三編 第一章 第二節 一 秋間村
  • 第三編 第一章 第二節 一 後閑村
  • 第三編 第一章 第二節 一 町村制の意義
  • 第三編 第一章 第二節 一 町村長の選出と町村会議員選挙
  • 第三編 第一章 第二節 一 自治体としての碓氷郡制の施行
  • 第三編 第一章 第二節 二 国会開設運動と言論 六八一
  • 第三編 第一章 第二節 二 国会開設と『西毛時事』の刊行
  • 第三編 第一章 第二節 二 安中から四人の代議士誕生
  • 第三編 第一章 第二節 三 日清・日露戦争と安中 六八三
  • 第三編 第一章 第二節 三 日清戦争
  • 第三編 第一章 第二節 三 日露戦争
  • 第三編 第一章 第二節 三 兵士の慰問
  • 第三編 第一章 第二節 三 馬・荷車の徴発
  • 第三編 第一章 第二節 三 国債の募集
  • 第三編 第一章 第二節 三 戦死者の町村葬
  • 第三編 第一章 第二節 三 記念事業
  • 第三編 第一章 第二節 三 日露戦争後の町村財政の窮迫
  • 第三編 第一章 第二節 三 地方改良運動
  • 第三編 第一章 第三節 社会生活の変化 六八七
  • 第三編 第一章 第三節 一 秩禄処分と士族の生活 六八七
  • 第三編 第一章 第三節 一 禄制改革で家禄削減
  • 第三編 第一章 第三節 一 家禄奉還制の実施
  • 第三編 第一章 第三節 一 金禄公債で禄制を廃止
  • 第三編 第一章 第三節 一 士族の各層の生活状態
  • 第三編 第一章 第三節 二 廃娼運動と安中 六八九
  • 第三編 第一章 第三節 二 芸娼妓解放令
  • 第三編 第一章 第三節 二 県会における廃娼運動
  • 第三編 第一章 第三節 二 青年会の活躍
  • 第三編 第一章 第三節 二 安中町と板鼻町
  • 第三編 第一章 第三節 三 文明開化と人々のくらし 六九一
  • 第三編 第一章 第三節 三 徴兵制と西南戦争
  • 第三編 第一章 第三節 三 伝染病の発生とその対策
  • 第三編 第一章 第三節 三 農村の医療
  • 第三編 第一章 第三節 四 観光と娯楽 六九五
  • 第三編 第一章 第三節 四 湯沢鉱泉と八咫鉱泉
  • 第三編 第一章 第三節 四 磯部鉱泉
  • 第三編 第一章 第三節 四 磯部せんべいと鉱泉の利用
  • 第三編 第一章 第三節 四 巴座と安中座
  • 第三編 第一章 第三節 四 末広座と原市座
  • 第三編 第一章 第三節 四 映画館
  • 第三編 第一章 第三節 四 様々な娯楽
  • 第三編 第一章 第四節 近代産業の勃興と地主制の発達 六九九
  • 第三編 第一章 第四節 一 農業と商工業の概況 六九九
  • 第三編 第一章 第四節 一 農業の基本構造
  • 第三編 第一章 第四節 一 商工業の状況
  • 第三編 第一章 第四節 一 初期金融会社の成立
  • 第三編 第一章 第四節 二 地場産業を支えた大商店 七〇四
  • 第三編 第一章 第四節 二 板鼻十一屋
  • 第三編 第一章 第四節 二 有田屋
  • 第三編 第一章 第四節 二 米庄商店
  • 第三編 第一章 第四節 三 地主制の発達 七〇六
  • 第三編 第一章 第四節 三 地主制の進展
  • 第三編 第一章 第四節 三 小作料の動向
  • 第三編 第一章 第四節 三 地主会の結成
  • 第三編 第一章 第四節 四 養蚕業の隆盛 七一二
  • 第三編 第一章 第四節 四 明治期の養蚕
  • 第三編 第一章 第四節 四 蚕種業
  • 第三編 第一章 第四節 五 林業の発達 七一五
  • 第三編 第一章 第四節 五 国有林の払い下げと基本財産林
  • 第三編 第一章 第四節 五 後閑村の植林事業
  • 第三編 第一章 第四節 五 臼沢造林の沿革
  • 第三編 第一章 第四節 五 学校基本財産林
  • 第三編 第一章 第四節 五 森林組合の設立
  • 第三編 第一章 第四節 六 銀行の発達と秋間村金融会社 七一八
  • 第三編 第一章 第四節 六 県内銀行の動きと安中の銀行
  • 第三編 第一章 第四節 六 碓氷銀行
  • 第三編 第一章 第四節 六 原市銀行
  • 第三編 第一章 第四節 六 安中銀行
  • 第三編 第一章 第四節 六 碓氷産業銀行
  • 第三編 第一章 第四節 六 秋間村の金融社・金融合資会社
  • 第三編 第一章 第四節 七 西毛電気株式会社の設立と発展 七二二
  • 第三編 第一章 第四節 七 西毛電気の設立
  • 第三編 第一章 第四節 七 会社の発展と営業
  • 第三編 第一章 第四節 七 周辺地域の電力会社
  • 第三編 第一章 第五節 運輸通信制度の発達と鉄道の開通 七二六
  • 第三編 第一章 第五節 一 明治の陸運と郵便 七二六
  • 第三編 第一章 第五節 一 馬車会社の興隆
  • 第三編 第一章 第五節 一 陸運会社と陸運元会社
  • 第三編 第一章 第五節 一 明治期の郵便局の展開
  • 第三編 第一章 第五節 一 明治初期の橋梁の変化
  • 第三編 第一章 第五節 一 主要道路の改修
  • 第三編 第一章 第五節 二 信越線の開通と駅問題 七二八
  • 第三編 第一章 第五節 二 中山道鉄道とそのルート
  • 第三編 第一章 第五節 二 磯部駅の設置に関して
  • 第三編 第一章 第五節 二 中山道鉄道の横川までの開通と碓氷峠
  • 第三編 第一章 第五節 二 開通後の信越線の展開
  • 第三編 第一章 第五節 二 安中市域の駅の新設・移転運動
  • 第三編 第一章 第六節 学校教育のはじまりと進展 七三〇
  • 第三編 第一章 第六節 安中小学校の開校
  • 第三編 第一章 第六節 市域の小学校
  • 第三編 第一章 第六節 校舎の新築・増築
  • 第三編 第一章 第六節 教員の実態
  • 第三編 第一章 第六節 授業の実態
  • 第三編 第一章 第六節 生徒増と校舎
  • 第三編 第一章 第六節 授業の改良と改善
  • 第三編 第一章 第六節 教員制度と学校儀式
  • 第三編 第一章 第六節 碓氷英学校
  • 第三編 第二章 大正・昭和前期の安中
  • 第三編 第二章 第一節 第一次世界大戦と大正デモクラシー 七四一
  • 第三編 第二章 第一節 一 第一次世界大戦と安中 七四一
  • 第三編 第二章 第一節 一 米価急騰と米騒動
  • 第三編 第二章 第一節 一 郡制の変遷と廃止
  • 第三編 第二章 第一節 二 柏木義円と長加部寅吉 七四三
  • 第三編 第二章 第一節 二 『上毛教界月報』が展開した平和論
  • 第三編 第二章 第一節 二 長加部寅吉と『東北評論』
  • 第三編 第二章 第一節 二 大正デモクラシーと安中
  • 第三編 第二章 第二節 昭和恐慌と戦時下の暮らし 七四八
  • 第三編 第二章 第二節 一 昭和恐慌下の農村 七四八
  • 第三編 第二章 第二節 一 昭和恐慌下の農村
  • 第三編 第二章 第二節 一 農村経済更生運動
  • 第三編 第二章 第二節 一 社会事業の始まり
  • 第三編 第二章 第二節 一 農繁託児所
  • 第三編 第二章 第二節 一 保育園
  • 第三編 第二章 第二節 一 国民健康保険
  • 第三編 第二章 第二節 一 碓氷病院の開設
  • 第三編 第二章 第二節 一 安中保健所の設置
  • 第三編 第二章 第二節 二 十五年戦争と人々の暮らし 七五三
  • 第三編 第二章 第二節 二 戦争への国民総動員
  • 第三編 第二章 第二節 二 村常会に見る戦時生活
  • 第三編 第二章 第二節 二 戦争末期の暮らし
  • 第三編 第二章 第二節 二 満蒙開拓移民団と青少年義勇軍
  • 第三編 第二章 第二節 三 安中の自然災害 七五七
  • 第三編 第二章 第二節 三 明治期の水害
  • 第三編 第二章 第二節 三 昭和十年の大水害
  • 第三編 第二章 第二節 三 凍霜害
  • 第三編 第二章 第二節 三 地震
  • 第三編 第二章 第三節 不況と戦時下の産業経済 七五九
  • 第三編 第二章 第三節 一 大正から昭和初期の農業生産の状況 七五九
  • 第三編 第二章 第三節 一 農家戸数と米麦生産
  • 第三編 第二章 第三節 一 雑穀と野菜の生産
  • 第三編 第二章 第三節 一 養蚕・繭生産と家畜飼養の状況
  • 第三編 第二章 第三節 二 企業製糸と織物会社 七六七
  • 第三編 第二章 第三節 二 企業製糸
  • 第三編 第二章 第三節 二 織物会社
  • 第三編 第二章 第三節 三 昭和恐慌から戦時下の産業経済 七六九
  • 第三編 第二章 第三節 三 碓氷産業銀行の廃業
  • 第三編 第二章 第三節 三 東邦亜鉛・信越化学の工場設立
  • 第三編 第二章 第三節 三 農会から農業会の成立へ
  • 第三編 第二章 第四節 道路・鉄道の整備計画とバス・トラックの登場 七七三
  • 第三編 第二章 第四節 一 道路と陸運の近代化 七七三
  • 第三編 第二章 第四節 一 道路輸送機関の変遷
  • 第三編 第二章 第四節 一 道路法の施行と道路整備
  • 第三編 第二章 第四節 二 鉄道交通の変遷 七七四
  • 第三編 第二章 第四節 二 信越線の駅の変遷
  • 第三編 第二章 第四節 二 烏川に沿う鉄軌道計画
  • 第三編 第二章 第四節 二 上州電気鉄道
  • 第三編 第二章 第四節 二 安中富岡間電車
  • 第三編 第二章 第四節 三 乗合自動車の変遷 七七六
  • 第三編 第二章 第四節 三 昭和初期のバス事情
  • 第三編 第二章 第四節 三 戦前・戦中の乗合バス事業の統合
  • 第三編 第二章 第四節 三 戦後の交通事業の再編
  • 第三編 第二章 第五節 義務教育の確立から戦時下の教育 七七八
  • 第三編 第二章 第五節 一 義務教育の確立と社会教育の進展 七七八
  • 第三編 第二章 第五節 一 四大教育方針の実施
  • 第三編 第二章 第五節 一 岩野谷小の柔道・後閑小の体操
  • 第三編 第二章 第五節 一 社会教育への胎動
  • 第三編 第二章 第五節 一 実業補習学校から青年学校
  • 第三編 第二章 第五節 二 中等学校と幼稚園 七八二
  • 第三編 第二章 第五節 二 (一) 蚕糸学校 七八二
  • 第三編 第二章 第五節 二 碓氷分校時代
  • 第三編 第二章 第五節 二 安中中学校から高崎中学校安中分校へ
  • 第三編 第二章 第五節 二 第二師範学校から蚕糸学校へ
  • 第三編 第二章 第五節 二 設備の充実
  • 第三編 第二章 第五節 二 北海道への援農
  • 第三編 第二章 第五節 二 (二) 安中高等女学校と安中高等実科女学校 七八四
  • 第三編 第二章 第五節 二 碓氷高等女学校の設立
  • 第三編 第二章 第五節 二 県立への移管
  • 第三編 第二章 第五節 二 安中高等実科女学校
  • 第三編 第二章 第五節 二 (三) 原市赤心幼稚園と安中二葉幼稚園 七八六
  • 第三編 第二章 第五節 二 原市赤心幼稚園
  • 第三編 第二章 第五節 二 安中二葉幼稚園
  • 第三編 第二章 第五節 三 昭和恐慌から戦時下の教育 七八七
  • 第三編 第二章 第五節 三 磯部小学校の研究会
  • 第三編 第二章 第五節 三 秋間小学校の郷土教育
  • 第三編 第二章 第五節 三 欠食児童と学校給食
  • 第三編 第二章 第五節 三 国民学校の発足
  • 第三編 第二章 第五節 三 学童疎開
  • 第三編 第二章 第五節 三 国民学校高等科生徒の工場動員
  • 第三編 第三章 高度経済成長と現代の安中
  • 第三編 第三章 第一節 戦後復興から町村合併へ 七九六
  • 第三編 第三章 第一節 一 戦後の行政改革と町村状況 七九六
  • 第三編 第三章 第一節 一 敗戦直後の窮乏生活
  • 第三編 第三章 第一節 一 五大改革指令と町村
  • 第三編 第三章 第一節 一 警防団から消防団へ
  • 第三編 第三章 第一節 一 自治体警察の成立と廃止
  • 第三編 第三章 第一節 二 安中市の誕生 七九九
  • 第三編 第三章 第一節 二 四町四村合併の背景
  • 第三編 第三章 第一節 二 新安中町の成立
  • 第三編 第三章 第一節 二 郷原の一部を松井田に編入
  • 第三編 第三章 第一節 二 地方自治法の改正と安中町
  • 第三編 第三章 第一節 二 安中市の成立
  • 第三編 第三章 第一節 二 自治体安中市問題
  • 第三編 第三章 第一節 三 上水道事業 八〇三
  • 第三編 第三章 第一節 三 碓氷上水道組合の設立
  • 第三編 第三章 第一節 三 中木ダムと碓氷用水
  • 第三編 第三章 第一節 四 公害問題とその解決 八〇六
  • 第三編 第三章 第一節 四 戦前の公害
  • 第三編 第三章 第一節 四 戦後の公害
  • 第三編 第三章 第一節 四 公害訴訟
  • 第三編 第三章 第一節 四 市の公害行政
  • 第三編 第三章 第二節 市政の歩みと市議会 八〇八
  • 第三編 第三章 第二節 一 歴代市長のプロフィール 八〇八
  • 第三編 第三章 第二節 一 初代市長田中竜三
  • 第三編 第三章 第二節 一 第二代市長萩原弘
  • 第三編 第三章 第二節 一 第三代市長湯浅正次
  • 第三編 第三章 第二節 一 第四代市長小川勝寿
  • 第三編 第三章 第二節 一 第五代市長中島博範
  • 第三編 第三章 第二節 二 市制施行後四十年間の諸施策 八一一
  • 第三編 第三章 第二節 二 市庁舎の建設と行政機構
  • 第三編 第三章 第二節 二 教育文化・体育施設・公園造成の施策
  • 第三編 第三章 第二節 二 産業経済・公害問題への施策
  • 第三編 第三章 第二節 二 道路・橋梁・保健衛生の施策
  • 第三編 第三章 第二節 二 公営住宅の建設と福祉施策
  • 第三編 第三章 第二節 二 安中市土地開発公社の不祥事件
  • 第三編 第三章 第二節 三 市財政の動向と市議会の歩み 八一九
  • 第三編 第三章 第二節 三 一般会計決算より見た市財政
  • 第三編 第三章 第二節 三 特別会計の状況
  • 第三編 第三章 第二節 三 市議会の動向
  • 第三編 第三章 第三節 農地改革と戦後農業の発達 八二五
  • 第三編 第三章 第三節 農地改革法の制定
  • 第三編 第三章 第三節 当市域の農地委員会の動き
  • 第三編 第三章 第三節 土地の買収と売渡
  • 第三編 第三章 第三節 農地委員会の予算
  • 第三編 第三章 第三節 農地改革の結果
  • 第三編 第三章 第三節 町村農協から市農協へ
  • 第三編 第三章 第三節 農業生産の回復と発達
  • 第三編 第三章 第三節 農業構造の変化
  • 第三編 第三章 第三節 養蚕の盛期と衰退
  • 第三編 第三章 第三節 続く農業構造の変化
  • 第三編 第三章 第三節 大規模土地改良事業の進展
  • 第三編 第三章 第四節 商工業の近代化 八四三
  • 第三編 第三章 第四節 一 商業と観光の進展 八四三
  • 第三編 第三章 第四節 一 碓氷信用組合から群馬県信用組合へ
  • 第三編 第三章 第四節 一 商業の状況
  • 第三編 第三章 第四節 一 市商工会の発足と会館の建設
  • 第三編 第三章 第四節 一 大型店の進出
  • 第三編 第三章 第四節 一 磯部温泉
  • 第三編 第三章 第四節 一 秋間梅林
  • 第三編 第三章 第四節 一 ゴルフ場の造成
  • 第三編 第三章 第四節 一 安中市観光協会
  • 第三編 第三章 第四節 二 安中の地下資源 八四九
  • 第三編 第三章 第四節 二 高崎炭田
  • 第三編 第三章 第四節 二 安中市域の炭鉱
  • 第三編 第三章 第四節 二 戦後の炭鉱
  • 第三編 第三章 第四節 二 自性寺焼
  • 第三編 第三章 第四節 二 地下資源の活用
  • 第三編 第三章 第四節 三 近代工業の発達 八五三
  • 第三編 第三章 第四節 三 東邦亜鉛
  • 第三編 第三章 第四節 三 信越化学工業
  • 第三編 第三章 第四節 三 ホージュン
  • 第三編 第三章 第四節 三 上毛天然ガス
  • 第三編 第三章 第四節 三 群馬酒造
  • 第三編 第三章 第四節 三 工業団地の造成
  • 第三編 第三章 第五節 戦後の交通通信網と高速交通時代の到来 八五九
  • 第三編 第三章 第五節 一 通信事業の近代化 八五九
  • 第三編 第三章 第五節 一 郵便局の変遷
  • 第三編 第三章 第五節 一 電話と電報
  • 第三編 第三章 第五節 一 有線放送
  • 第三編 第三章 第五節 二 道路の改修 八六一
  • 第三編 第三章 第五節 二 国道一八号の改修
  • 第三編 第三章 第五節 二 市内の道路の改修
  • 第三編 第三章 第五節 二 高崎・安中道路
  • 第三編 第三章 第五節 三 信越線の近代化 八六三
  • 第三編 第三章 第五節 三 列車運転と施設の改善
  • 第三編 第三章 第五節 三 信越線の普通列車
  • 第三編 第三章 第五節 四 乗合バスの盛衰 八六四
  • 第三編 第三章 第五節 四 路線の拡大と利便の向上
  • 第三編 第三章 第五節 四 乗合バスの縮小
  • 第三編 第三章 第五節 五 高速自動車道 八六五
  • 第三編 第三章 第五節 五 関越自動車道の開通
  • 第三編 第三章 第五節 五 上信越自動車道
  • 第三編 第三章 第五節 五 高速自動車道路と高速バス
  • 第三編 第三章 第五節 六 上越・長野新幹線の開通と信越線の変容 八六六
  • 第三編 第三章 第五節 六 国鉄の赤字と国鉄改革
  • 第三編 第三章 第五節 六 ローカル列車の利便性向上
  • 第三編 第三章 第五節 六 上越新幹線
  • 第三編 第三章 第五節 六 長野新幹線の開業
  • 第三編 第三章 第五節 六 横川−軽井沢間の廃止
  • 第三編 第三章 第五節 七 路線バスの新たな動向 八六九
  • 第三編 第三章 第五節 七 急速に縮小に向かう従来からの乗合バス
  • 第三編 第三章 第五節 七 安中市主導で代替バスを運行
  • 第三編 第三章 第六節 学校教育制度の諸改革と発展 八七一
  • 第三編 第三章 第六節 一 戦後の小学校と新制中学 八七一
  • 第三編 第三章 第六節 一 終戦後の小学校
  • 第三編 第三章 第六節 一 上後閑小学校の独立と分校の廃止
  • 第三編 第三章 第六節 一 小学校の統合
  • 第三編 第三章 第六節 一 教育状況
  • 第三編 第三章 第六節 一 新制中学校の誕生
  • 第三編 第三章 第六節 一 教育状況
  • 第三編 第三章 第六節 一 中学校の統合
  • 第三編 第三章 第六節 二 高等学校と新島学園の発足 八七六
  • 第三編 第三章 第六節 二 蚕糸高校から安中実業へ
  • 第三編 第三章 第六節 二 安中高等学校
  • 第三編 第三章 第六節 二 新島学園
  • 第三編 第三章 第六節 三 戦後に開園した幼稚園 八七九
  • 第三編 第三章 第六節 三 磯部幼稚園
  • 第三編 第三章 第六節 三 東横野幼稚園
  • 第三編 第四章 宗教と文化
  • 第三編 第四章 第一節 安中の社寺 八八一
  • 第三編 第四章 第一節 一 神仏分離 八八一
  • 第三編 第四章 第一節 一 白山神社別当常楽寺の場合
  • 第三編 第四章 第一節 一 全性寺存続願
  • 第三編 第四章 第一節 一 修験道の廃止
  • 第三編 第四章 第一節 一 僧侶の神職願と檀家の苦悩
  • 第三編 第四章 第一節 一 権現号の禁止
  • 第三編 第四章 第一節 一 榛名神社仁王門
  • 第三編 第四章 第一節 二 安中の神葬祭 八八三
  • 第三編 第四章 第一節 二 神葬祭の復活
  • 第三編 第四章 第一節 二 神主家族の神葬祭届
  • 第三編 第四章 第一節 二 秋間の神葬祭
  • 第三編 第四章 第一節 二 秋間と新居守村の関係
  • 第三編 第四章 第一節 二 新居守村
  • 第三編 第四章 第一節 三 神社合併 八八五
  • 第三編 第四章 第一節 三 明治十年の移転合併
  • 第三編 第四章 第一節 三 明治四十年の大合併
  • 第三編 第四章 第一節 三 神社合併の結果
  • 第三編 第四章 第一節 三 目に見えない変化
  • 第三編 第四章 第一節 四 寺院の動向 八八八
  • 第三編 第四章 第一節 四 神仏分離の影響
  • 第三編 第四章 第一節 五 戦時下の社寺 八八八
  • 第三編 第四章 第一節 五 戦時下の神社
  • 第三編 第四章 第一節 五 学校と神道儀式
  • 第三編 第四章 第一節 五 戦時下の寺院
  • 第三編 第四章 第一節 六 戦後の社寺 八九〇
  • 第三編 第四章 第一節 六 国家神道の解体
  • 第三編 第四章 第一節 六 宗教法人令の公布
  • 第三編 第四章 第一節 六 宗教法人としての寺院
  • 第三編 第四章 第二節 安中市とキリスト教 八九二
  • 第三編 第四章 第二節 序 八九二
  • 第三編 第四章 第二節 一 新島襄 八九三
  • 第三編 第四章 第二節 一 板倉勝明と新島七五三太
  • 第三編 第四章 第二節 一 出国
  • 第三編 第四章 第二節 一 アメリカでの学び
  • 第三編 第四章 第二節 一 帰国
  • 第三編 第四章 第二節 一 福音伝道者新島襄
  • 第三編 第四章 第二節 二 安中基督教会 九〇四
  • 第三編 第四章 第二節 三 原市基督教会 九一三
  • 第三編 第四章 第二節 四 安中ハリストス正教会−ロシア正教(ギリシャ正教) 九二〇
  • 第三編 第四章 第二節 五 教会と地域 九二二
  • 第三編 第四章 第二節 結び 九二三
  • 第三編 第四章 第三節 安中出身の文化人と現代の文化活動 九二四
  • 第三編 第四章 第三節 一 安中出身の作家・芸術家 九二四
  • 第三編 第四章 第三節 一 書家と画家
  • 第三編 第四章 第三節 一 詩人
  • 第三編 第四章 第三節 一 評論
  • 第三編 第四章 第三節 一 散文
  • 第三編 第四章 第三節 二 現代の文化活動空 九二九
  • 第三編 第四章 第三節 二 安中文化会と『冊簡』
  • 第三編 第四章 第三節 二 市民による芸術文化活動
  • 第三編 第五章 特論 碓氷社の経営とその発展
  • 第三編 第五章 第一節 碓氷社の創立と経営 九三二
  • 第三編 第五章 第一節 一 碓氷社の設立とその背景 九三二
  • 第三編 第五章 第一節 一 生糸の高騰と粗製濫造
  • 第三編 第五章 第一節 一 碓氷座繰精糸社の新設
  • 第三編 第五章 第一節 一 碓氷精糸社の成立
  • 第三編 第五章 第一節 一 茂十郎の経営
  • 第三編 第五章 第一節 一 鐐太郎の経営
  • 第三編 第五章 第一節 二 組織の増大と発展 九四二
  • 第三編 第五章 第一節 二 郡外への拡大発展
  • 第三編 第五章 第一節 二 先進地への実地調査
  • 第三編 第五章 第一節 二 社員資格の緩和
  • 第三編 第五章 第一節 二 高崎分工場の新設
  • 第三編 第五章 第一節 二 社則・定款の改正
  • 第三編 第五章 第一節 三 産業組合連合会への組織変更 九五一
  • 第三編 第五章 第一節 三 連合会への組織変更
  • 第三編 第五章 第一節 四 組織数の変遷と生産量及び売上高 九五三
  • 第三編 第五章 第一節 四 組織数の変遷
  • 第三編 第五章 第一節 四 生糸の製出高と売上高
  • 第三編 第五章 第一節 五 組織の減少とその原因 九五六
  • 第三編 第五章 第一節 五 解散・脱退除名の実態
  • 第三編 第五章 第一節 六 座繰製糸から器(機)械製糸への脱皮 九六〇
  • 第三編 第五章 第一節 六 機械化への努力
  • 第三編 第五章 第一節 六 繭の持寄制から受付制
  • 第三編 第五章 第一節 六 高格糸の生産性
  • 第三編 第五章 第一節 六 器械製糸製出高の推移
  • 第三編 第五章 第一節 七 災害に対する本社の対策 九八〇
  • 第三編 第五章 第一節 七 明治四十三年の水害救援
  • 第三編 第五章 第一節 七 大震災被害の救済策
  • 第三編 第五章 第一節 七 昭和十年の水害救援
  • 第三編 第五章 第一節 八 経営の刷新と直営工場の設立 九八五
  • 第三編 第五章 第一節 八 内部からの刷新機運
  • 第三編 第五章 第一節 八 県からの刷新の指導
  • 第三編 第五章 第一節 八 県からの刷新案
  • 第三編 第五章 第一節 八 社業革新調査会の設置
  • 第三編 第五章 第一節 八 群馬社安中工場の設立
  • 第三編 第五章 第一節 八 南三社の合併問題
  • 第三編 第五章 第一節 八 直営工場の設立
  • 第三編 第五章 第一節 八 県糸連への加盟
  • 第三編 第五章 第二節 企業製糸への発展 一〇〇九
  • 第三編 第五章 第二節 一 終戦前後の経営 一〇〇九
  • 第三編 第五章 第二節 一 県糸連の経営
  • 第三編 第五章 第二節 一 終戦による緊急措置
  • 第三編 第五章 第三節 群馬蚕糸製造株式会社の経営 一〇二一
  • 第三編 第五章 第三節 一 群蚕への移譲と経営 一〇二一
  • 第三編 第五章 第三節 一 群蚕への移譲
  • 第三編 第五章 第三節 一 群蚕の経営
  • 第三編 第五章 第三節 付表1 碓氷社加盟組年度別状況一覧 一〇二六
  • 第三編 第五章 第三節 付表2 昭和初期〜昭和十七年度における組合統合の推移及び直営工場一覧 一〇三五
  • 口絵・写真・図版・表目次 一〇五六
  • 索引 一〇九五
  • 資料提供者・協力者名簿 一〇九六
  • 市史編さん関係者名簿 一〇九七
  • 執筆分担 一〇九九
  • あとがき 一一〇一

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで