サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

韓国 : ソウル・江華島・堤岩里・独立紀念館

君島和彦, 坂井俊樹, 鄭在貞 著

詳細情報

タイトル 韓国 : ソウル・江華島・堤岩里・独立紀念館
著者 君島和彦, 坂井俊樹, 鄭在貞 著
著者標目 君島, 和彦, 1945-
シリーズ名 旅行ガイドにないアジアを歩く
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社梨の木舎
出版年月日等 2003.6
大きさ、容量等 171p ; 21cm
ISBN 4816603034
価格 1700円
JP番号 20498679
2訂版
出版年(W3CDTF) 2003
NDLC Y77
NDC(9版) 292.109 : アジア
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 韓国 : ソウル・江華島・堤岩里・独立紀念館
  • 朝鮮半島地図 5
  • ソウル市内地図 6,7
  • 本書の使い方 10
  • 掲載地図一覧 10
  • 1 まず景福宮へ——ソウルを概観しよう 11
  • 1 (1) ソウル概観——ソウルの街づくりは? 12
  • 1 (2) 景福宮——王宮の往時をしのんでみよう 14
  • 1 (3) 明成皇后(閔妃)暗殺——日本人には知らされなかった歴史の事実 16
  • 1 (4) 旧朝鮮総督府——なぜ景福宮に建てられたか? 19
  • 1 (5) 光化門——朝鮮文化に心をよせた柳宗悦 22
  • 1 (6) 南大門と東大門——ソウルにいまも残る王城の大門 24
  • 2 ソウル中心部を歩く——日露戦争後の日朝関係と三・一運動 27
  • 2 (7) 徳寿宮——国王は遷宮を決意した 28
  • 2 (8) 圜丘団と朝鮮ホテル——大韓帝国の樹立 30
  • 2 (9) 朝鮮銀行・三越京城支店・京城府庁舎・京城駅・南大門市場——植民地都市「京城」 33
  • 2 (10) 孝昌公園——独立の義士たちを奉る 38
  • 2 (11) パゴダ公園——三・一独立運動はここから 42
  • 2 (11) ■パゴダ公園レリーフの説明文 46
  • 2 (12) 郵政紀念館——甲申政変の跡を訪ねる 48
  • 2 (13) 昌徳宮・楽善斎——日韓の狭間に生きた李垠と李方子 51
  • 3 慶熙宮と周辺——日帝期、公園にされた 55
  • 3 (14) 社稷公園——社稷公園から梨花女子高校まで歩く 56
  • 3 (15) 慶熙宮跡と興化門——京城中学があったところ 58
  • 3 (16) 旧ロシア公使館——高宗、日本軍の包囲から脱出 60
  • 3 (17) 梨花女子高校——柳寛順が学んだ学校 62
  • 4 東大門、そして西大門——人々の苦難の歴史と力強いエネルギーがある 63
  • 4 (18) ソウル東大門市場——いまは若者に人気の不夜城 64
  • 4 (19) 京城帝国大学跡——植民地につくられた大学 67
  • 4 (20) 梨花荘——韓国初代大統領・李承晩の足跡 70
  • 4 (21) 西大門独立公園——韓国民衆の苦難の歴史 72
  • 4 (22) 西大門刑務所歴史館——独立の夢をつぶした 74
  • 4 (23) 独立門・独立協会・独立館——自主独立と開化をめざした運動 78
  • 4 (24) 松斎徐載弼像——独立協会の中心人物 82
  • 5 南山公園——日帝侵略の跡と韓国の抵抗の心 83
  • 5 (25) 南山公園——韓国の人びとの心のよりどころ 84
  • 5 (26) 安重根義士紀念館——救国の英雄 87
  • 5 (27) ソウル歴史博物館——ソウルの歴史を知ろう 93
  • 5 (28) 朝鮮神宮跡——民族の心を踏みにじる 96
  • 5 (29) 金九の像——大韓民国臨時政府のリーダー 101
  • 5 (30) 李始栄と李会栄——兄弟2人の独立運動家 104
  • 5 (31) 京城神社・乃木神社・稲荷神社・東本願寺——いくつもの神社がつくられた 107
  • 5 (32) 朝鮮憲兵隊司令部跡南山谷伝統家屋村——朝鮮人を恐怖させた 109
  • 5 (33) 李儁烈士の像——ハーグ特使事件で憤死 111
  • 5 (34) 李漢応先生紀念碑——日本への屈服に抗議した有能な外交官 114
  • 5 (35) 柳寛順の像——三・一運動で立ちあがった15歳の少女 115
  • 5 (36) 春畝山博文寺——伊藤博文をまつった寺があった 120
  • 5 (36) ■伊藤博文と朝鮮 122
  • 6 ソウル郊外——すこし足をのばしてみよう 125
  • 6 (37) 朝鮮王朝、高宗・純宗の陵——亡国の恨みをこめて 126
  • 6 (38) 日本人浅川巧の墓——朝鮮の土になった日本人 130
  • 6 (39) 天主教殉教聖地切頭山——キリスト教徒受難の地 133
  • 6 (40) 梅軒尹奉吉義士紀念館——侵略者をおびえさせた25歳の義士 136
  • 6 (41) 鉄道博物館——鉄道は侵略も担った 139
  • 7 江華島、堤岩里、韓国独立紀念館、ナヌムの家 141
  • 7 (42) 江華島——侵略にたいする攻防の地 142
  • 7 (43) 堤岩教会——三・一運動への弾圧で虐殺された村 146
  • 7 (44) 独立紀念館——天安は柳寛順のふるさと 150
  • 7 (45) ナヌムの家と日本軍「慰安婦」歴史館——ハルモニとの交流の場 156
  • ソウル三・一運動の歴史を歩く 94,95
  • 参考文献 158
  • おわりに 160
  • 索引 162
  • ●掲載地図一覧●
  • 圜丘壇と朝鮮ホテル・韓国銀行周辺 30
  • パゴダ公園周辺 42
  • 昌徳宮・楽善斎周辺 51
  • 社稷公園・慶熙宮・梨花女子高校周辺 56
  • 東大門市場周辺 64
  • 南山公園 84・85

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで