사이트 메뉴 여기에서이 페이지의 선두입니다

바로 가기 키에 대한 설명을 시작합니다. 화면 전환이나 기능 실행은 설명에 나오는 바로 가기 키를 동시에 누른 후 Enter 키를 누르십시오. 바로 가기 키에 대한 설명을 들으려면  Alt +0. 메인 화면을 표시하려면 Alt +1. 로그인을 하려면 Alt +2. 간이검색 화면을 표시하려면 Alt +3. 상세검색 화면을 표시하려면 Alt +4. 장애인을 위한 자료검색 화면을 표시하려면 Alt +5. 검색 결과를 정렬하려면, Alt +6. 국립국회도서관 홈페이지를 표시하려면 Alt +7. 결과내 검색을 하기 위해서는 Alt +8. 바로 가기 키에 대한 설명은 이상입니다.

네비게이션 여기에서

네비게이션 여기까지

본문 여기에서

자료 종별 図書

ナノテクノロジーの基礎科学

Mick Wilson [ほか]原著,小薗井薫 監訳

서지정보

타이틀 ナノテクノロジーの基礎科学
책임표시 Mick Wilson [ほか]原著
책임표시 小薗井薫 監訳
저자표목 Wilson, Michael, 1947-
저자표목 小薗井, 薫, 1944-
출판 지명(국명 코드) JP
출판 지명東京
출판사エヌ・ティー・エス
출판 연월일 등 2003.9
크기, 용량 등 256, 11p ; 26cm
주기 原タイトル: Nanotechnology
주기 文献あり
ISBN 486043031X
가격 27600円
JP번호 20471593
별 타이틀 Nanotechnology
출판 년도(W3CDTF) 2003
건명(키워드) ナノテクノロジー
NDLC M21
NDC(9판) 500 : 기술
원문의 언어 (ISO639_2) eng : English
대상이용자 一般
자료 종별 図書
언어(ISO639-2 형식) jpn : 日本語

목차
 

  • ナノテクノロジーの基礎科学
  • 口絵 iii〜viii
  • 監訳者まえがき ix
  • 監訳者プロフィール x
  • 序文 xi
  • 謝辞 xiv
  • 著者紹介 xv
  • 第1章 ナノテクノロジーの背景 2
  • 第1章 第1節 科学革命 2
  • 第1章 第2節 ナノテクノロジーとナノマシンの種類 8
  • 第1章 第3節 周期表 10
  • 第1章 第4節 原子構造 11
  • 第1章 第5節 分子と相 15
  • 第1章 第6節 エネルギー 19
  • 第1章 第7節 分子および原子のサイズ 22
  • 第1章 第8節 表面および次元空間 24
  • 第1章 第9節 トップダウンとボトムアップ 25
  • 第1章 第1章のまとめ 26
  • 第1章 演習 26
  • 第1章 参考文献 27
  • 第2章 分子ナノテクノロジー 28
  • 第2章 第1節 推論の結果としての原子 28
  • 第2章 第2節 電子顕微鏡 29
  • 第2章 第3節 走査型電子顕微鏡(SEM) 30
  • 第2章 第4節 最新の透過型電子顕微鏡(TEM) 32
  • 第2章 第5節 走査型プローブ顕微鏡検査法(SPM)−原子間力顕微鏡(AFM) 34
  • 第2章 第6節 走査型トンネル顕微鏡(STM) 39
  • 第2章 第7節 ナノマニピュレータ 41
  • 第2章 第8節 ナノピンセット 41
  • 第2章 第9節 原子操作 42
  • 第2章 第10節 ナノドット 45
  • 第2章 第11節 自己組織化 46
  • 第2章 第12節 ディップペンナノリソグラフィ(DPN) 48
  • 第2章 第2章のまとめ 51
  • 第2章 演習 51
  • 第2章 参考文献 52
  • 第3章 ナノパウダーとナノマテリアル 54
  • 第3章 第1節 ナノマテリアルとは何か? 54
  • 第3章 第2節 ナノマテリアルの調製法 56
  • 第3章 第3節 プラズマアーク法 57
  • 第3章 第4節 化学蒸着法 57
  • 第3章 第5節 ゾル−ゲル法 60
  • 第3章 第6節 電着 69
  • 第3章 第7節 ボールミル法 71
  • 第3章 第8節 天然ナノ粒子の利用 72
  • 第3章 第9節 ナノマテリアルの応用例 74
  • 第3章 第3章のまとめ 81
  • 第3章 演習 82
  • 第3章 参考文献 82
  • 第4章 炭素の時代 84
  • 第4章 第1節 新しい形態の炭素 84
  • 第4章 第2節 ナノチューブの種類 86
  • 第4章 第3節 ナノチューブの生成 90
  • 第4章 第4節 アセンブリ 97
  • 第4章 第5節 カーボンナノチューブの精製 98
  • 第4章 第6節 ナノチューブの特性 99
  • 第4章 第7節 ナノチューブの用途 101
  • 第4章 第4章のまとめ 106
  • 第4章 演習 107
  • 第4章 参考文献 107
  • 第5章 分子模倣 110
  • 第5章 第1節 カテナンおよびロタキサン 111
  • 第5章 第2節 分子スイッチ 111
  • 第5章 第3節 電子駆動の分子シャトルスイッチ 113
  • 第5章 第4節 pH駆動の分子シャトルスイッチ 113
  • 第5章 第5節 光駆動の分子シャトルスイッチ 114
  • 第5章 第6節 ロタキサンおよびカテナンの合成 114
  • 第5章 第7節 ロタキサンと分子コンピュータ 115
  • 第5章 第8節 ケミカルローター 120
  • 第5章 第9節 突き棒 121
  • 第5章 第10節 水かき 126
  • 第5章 第11節 原子シャトル 126
  • 第5章 第12節 アクチュエータ 126
  • 第5章 第13節 端子作成 129
  • 第5章 第5章のまとめ 131
  • 第5章 演習 132
  • 第5章 参考文献 133
  • 第6章 ナノバイオミメトリクス 134
  • 第6章 第1節 はじめに 134
  • 第6章 第2節 ナノレンガとナノモルタルとしての脂質 136
  • 第6章 第3節 同じであるが異なる−自己組織化膜 140
  • 第6章 第4節 役に立つ小片−タンパク質 142
  • 第6章 第5節 構造は情報である−DNA 151
  • 第6章 第6節 生体ナノテクノロジーの未来 157
  • 第6章 第6章のまとめ 158
  • 第6章 演習 158
  • 第6章 参考文献 159
  • 第7章 光学、フォトニクスと太陽エネルギー 160
  • 第7章 第1節 光の特性とナノテクノロジー 160
  • 第7章 第2節 光とナノテクノロジーの相互作用 166
  • 第7章 第3節 ナノホールと光子 169
  • 第7章 第4節 画像化 171
  • 第7章 第5節 ナノ粒子を基にした低コスト、高エネルギー効率の新しい窓とソーラーアブソーバー 172
  • 第7章 第6節 フォトニック結晶,表面導波路,光路制御 176
  • 第7章 第7章のまとめ 177
  • 第7章 演習 178
  • 第7章 参考文献 179
  • 第8章 ナノエレクトロニクス 180
  • 第8章 第1節 はじめに 180
  • 第8章 第2節 ナノテクノロジーの恩恵 183
  • 第8章 第3節 エレクトロニクスの誕生 184
  • 第8章 第4節 マイクロ加工とナノ加工のツール 186
  • 第8章 第5節 古典物理学から量子物理学へ 196
  • 第8章 第6節 量子エレクトロニクスデバイス 198
  • 第8章 第7節 量子情報と量子コンピュータ 205
  • 第8章 第8節 量子コンピュータの試験的実行 213
  • 第8章 第8章のまとめ 216
  • 第8章 演習 217
  • 第8章 参考文献 218
  • 第9章 将来の応用 222
  • 第9章 第1節 マイクロ電気機械システム 222
  • 第9章 第2節 ロボット−どこまで小型化できるのか 226
  • 第9章 第3節 長寿命の材料 227
  • 第9章 第4節 損傷を受けた材料に内在する原子の転位の目に見えない修復 229
  • 第9章 第5節 ナノ力学とナノ弾性力学 230
  • 第9章 第6節 ナノ粒子のコーティング−新たな特殊効果 231
  • 第9章 第7節 ナノエレクトロニクスデバイス、磁気デバイスそして新しいコンピュータシステム 232
  • 第9章 第8節 オプトエレクトロニクスデバイス 235
  • 第9章 第9節 環境への応用 237
  • 第9章 第9章のまとめ 239
  • 第9章 演習 240
  • 第9章 参考文献 241
  • 第10章 想像の世界へ 242
  • 第10章 第1節 はじめに 242
  • 第10章 第2節 コミュニケーション 243
  • 第10章 第3節 製作 244
  • 第10章 第4節 ナノメディシン 246
  • 第10章 第5節 社会と倫理 251
  • 第10章 第6節 宗教と万物創造 251
  • 第10章 第7節 すべての魚に感謝 253
  • 第10章 第10章のまとめ 255
  • 第10章 演習 256
  • 第10章 参考文献 256
  • ●索引

본문 여기까지

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

풋터 여기까지