サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

大日本古文書 幕末外国関係文書之49

東京大學史料編纂所 編纂

詳細情報

タイトル 大日本古文書
著者 東京大學史料編纂所 編纂
著者標目 東京大学史料編纂所
出版地(国名コード) JP
出版地[東京]
出版社東京大学史料編纂所
出版地[東京]
出版社東京大学出版会
出版年月日等 2003.3
大きさ、容量等 430p ; 22cm
ISBN 4130913999
価格 9900円
JP番号 20449188
巻次 幕末外国関係文書之49
部分タイトル 文久元年二月
出版年(W3CDTF) 2003
件名(キーワード) 日本--外国関係--歴史--江戸末期--史料
NDLC GB22
NDLC GB383
NDC(9版) 210.088 : 日本史
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 大日本古文書. 幕末外国関係文書之49
  • 一 二月一日 老中書翰 英国特命全権公使オールコックヘ 外国人捕縛規則の件 一
  • 二 二月一日 老中書翰 英国特命全権公使オールコックヘ 箱館居留地並に米国公使面唔事情の件 三
  • 三 二月一日 老中書翰 米国弁理公使ハリスへ 外国人捕縛規則の件 四
  • 四 二月一日 老中書翰 仏国代理公使ド・ベルクールへ 外国人捕縛規則の件 五
  • 外国人捕縛規則書案 六
  • 五 二月一日 老中書翰 仏国代理公使ド・ベルクールへ 箱館居留地並に米園公使面唔事情の件 七
  • 六 二月一日 仏国代理公使ド・ベルクール書翰 老中へ 面唔の件 一〇
  • 七 二月一日 老中書翰 蘭国総領事デ・ウィットへ 外国人捕縛規則の件 一三
  • 八 二月一日 米国公使館書記官ポートマン書翰 外国奉行へ 神奈川領事館に通詞派遣の件 一四
  • 九 二月一日 長崎奉行岡部駿河守長常書翰 露国中国海域艦隊司令長官リハチョフへ新型大砲購入の件 一八
  • 一〇 二月一日 箱館奉行勝田伊賀守充書翰 箱館在勤露国領事ゴスケヴィッチへ 領事館敷地拡大の件 一九
  • 一一 二月一日 北蝦夷地ワアレイ対話書 箱館奉行支配定役小田井蔵太他と露国士官と 家作取立地所見分の件 二〇
  • 一二 二月一日 蘭国総領事デ・ウィット書翰(訳文) 蘭領東印度総督へ 一八六一年二月月例報告送附の件 二一
  • 二月月例報告(訳文) 二二
  • 一三 二月一日 蘭国総領事デ・ウィット書翰(訳文) 蘭領東印度総督へ 丁日条約締結の件 二九
  • 一四 二月一日 神奈川在勤蘭国副領事代理ポルスブルック書翰(訳文) 同国総領事へ 横浜火災の件 三一
  • 一五 二月二日 米国弁理公使ハリス書翰 老中へ 米国残留咸臨丸水夫諸経費の件 三三
  • 万延元年 五月 御軍艦奉行木村摂津守上申書 老中へ同上の件 三四
  • 万延元年 閏三月十七日 米国咸臨丸迎接委員ブルックス請取書 同上の件 三六
  • 一六 二月三日 外国奉行書翰 米国公使館書記官ポートマンへ 傭妾依頼の件 三七
  • 一七 二月二日 蘭国総領事デ・ウィット書翰(訳文) 長崎奉行へ シーボルト滞日資格の件 三八
  • 一八 二月二日 箱館奉行伺書 老中へ 露国箱館領事館敷地拡大の件 四〇
  • 露領事館他増地絵図 四二
  • 老中書取 箱館奉行へ 露国箱館領事館敷地拡大の件 四三
  • 一九 二月二日 陸奥国仙台城主松平陸奥守慶邦同会津城主松平肥後保守容出羽国久保田城主佐竹右京大夫義就同鶴岡城主酒井佐衛門尉忠発家来伺書 老中へ 北蝦夷地警衛の件 四四
  • 老中書取 箱館奉行へ 同上の件 四六
  • 二〇 二月二日 仏国代理公使ド・ベルクール書翰(訳文) 同国外務大臣へ 江戸帰還後の日本情勢の件 四六
  • 二一 二月三日 西丸下老中役宅対話書 老中安藤対馬守信行并同久世大和守広周と英国特命全権公使オールコック并仏国代理公使ド・ベルクールと 外国人捕縛規則・開市開港延期談判使節派遣・横浜居留地拡張並に領事館建設の件 五二
  • 二月四日 済海寺詰外国奉行支配手附出役上申書 外国奉行へ 老中役宅内を仏人士官徘徊の件 六四
  • 二月 外国奉行支配定役代等始末書 外国奉行へ 同上の件 六五
  • 二月五日 外国御用出役方上申書 外国奉行へ 同上の件 六六
  • 二二 二月三日 米国公使館書記官ポートマン書翰 外国奉行新見伊勢守正興へ 傭妾依頼の件 六八
  • 二三 二月三日 長崎奉行岡部駿河守長常上申書 老中へ 長崎表洋銀引替の件 六九
  • 五月 勘定奉行同吟味役等評議書 老中へ 同上の件 七一
  • 二月 長崎奉行岡部駿河守長常上申書 老中へ 薩州蒸気便船浦賀通過の件 七二
  • 二四 二月三日 長崎奉行岡部駿河守長常書翰 江戸詰同支配組頭依田克之丞盛克へ シーボルト神奈川行遅延の件 七三
  • 二五 二月三日 英国外務次官ハモンド書翰(訳文) 駐日特命全権公使へ ロンドン博覧会の件 七五
  • 正月二十四日 国際博覧会事務局長サンドフォード覚書(訳文) 同上の件 七六
  • 二六 二月三日 米国弁理公使ハリス書翰(訳文) 同国国務長官へ 咸臨丸居残水夫賄料並に聖書翻訳書の件 七八
  • 二七 二月三日 蘭領東印度総督決議録抜粋(訳文) 蘭国総領事デ・ウィットへ 蘭国海軍分遣隊への幕府贈答品送附の件 八○
  • 万延元年十二月十九日 海軍省公文写(訳文) 同上の件 八三
  • 二八 二月三日 露国軍艦ポサードニク号艦長ビリレフ海軍大尉報告書(訳文) 長崎箱館対馬間航海の件 八四
  • 二九 二月四日 仏国代理公使ド・ベルクール書翰 老中へ 公使館新設場所の件 八六
  • 三〇 二月四日 横浜居留地対話書書抜 神奈川奉行松平石見守康直同滝川播磨守具知目付松平次郎兵衛清秀と神奈川在勤仏国領事代理ルーレイロと ナタール狙撃の件 八九
  • 三一 二月四日 長崎奉行岡部駿河守長常書翰(訳文) 蘭国総領事デ・ウィットへ 長崎製鉄所御雇技師の件 九一
  • 二月六日 蘭国総領事デ・ウイット書翰(訳文) クレーフ技師へ 同上の件 九二
  • 二月七日 クレーフ技師書翰(訳文) 蘭国総領事デ・ウィットへ 同上の件 九三
  • 三二 二月四日 北蝦夷地ワアレイ詰箱館奉行支配定役小田井蔵太書翰 露国士官マルガーソフへ 家作取建地所見分の件 九七
  • 三月 北地詰箱館奉行支配頭井上元七郎義斐上申書 箱館奉行へ 同上の件 九八
  • 三月 北地詰箱館奉行支配頭井上元七郎義斐等届書 箱館奉行へ 同上の件 一〇一
  • 三三 二月四日 対馬国府中城主宗対馬守義和年寄中達書 同家与頭衆中へ 異船来航につき問情使派遣の件 一〇二
  • 同家年寄中逹 同家中へ 異船来航につき非常備立の件 一〇三
  • 三四 二月四日 対馬国府中城主宗対馬守義和家中問情使書翰 同家年寄中へ 来航の異船問情の件 一〇四
  • 二月四日 同家問情筆談役書翰 同家年寄中へ 同上の件 一〇六
  • 三五 二月四日 元米国差遣外国奉行等書上 米国書籍引渡しの件 一〇八
  • 二月 外国奉行所書翰掛請取書 同上の件 一〇九
  • 二月四日 講武所勤番肝煎兵藤栄蔵請取書 外国奉行所へ 同上の件 一一四
  • 二月三日 御軍艦奉行請取書 外国奉行所へ 同上の件 一一五
  • 二月四日 蕃書調所勤番浦野庄蔵請取書 外国奉行所へ 同上の件 一一六
  • 二月四日 種痘所頭取大槻俊斎請取書 外国奉行所へ 同上の件 一二一
  • 三六 二月四日 蘭国総領事デ・ウィット公示(訳文) 長崎居留蘭国人へ 日本税関への免許状申請書式の件 一二三
  • 免許状申請式(訳文) 一二四
  • 三七 二月四日 蘭国総領事デ・ウィット書翰(訳文) 蘭領東印度総督府財務局長へ 脇荷勘定閉鎖並に海軍分遣隊賞与金の件 一二五
  • 二月四日 蘭国総領事デ・ウィット書翰(訳文) 蘭領東印度総督府財務局長へ 同上の件 一二六
  • 二月四日 蘭国総領事デ・ウィット書翰(訳文) 蘭領東印度総督府中央会計室へ 同上の件 一二七
  • 二月四日 蘭国総領事デ・ウィット書翰(訳文) 蘭領東印度総督府生産民生倉庫長へ 財務報告書送附の件 一二八
  • 一八六〇年財務報告書(訳文) 一二九
  • 三八 二月五日 老中書翰 仏国代理公使ド・ベルクールへ ナタールの件 一三八
  • 外国奉行手附出役近藤作之助等罪科書上 一四〇
  • 外国奉行伺書 老中へ ナタールの件につき手附出役等処罰の件 一四一
  • 三九 二月五日 英国特命全権公使オールコック書翰 老中へ 公使館新設場所の件 一四五
  • 四〇 二月五日 外国奉行書翰 神奈川在勤蘭国副領事代理ポルスブルックへ ヒュースケン遺留品運賃の件 一四八
  • 四一 二月五日 英国公使館書記官代理マイバーグ書翰 外国奉行へ 長崎地所規則添書変更の件 一五二
  • 二月七日 長崎地所規則添書修正文 一五四
  • 四二 二月五日 英国公使館書記官代理マイバーグ書翰 外国奉行へ 外国人捕縛規則の件 一五六
  • 外国人捕縛規則書案 一五八
  • 四三 二月五日 幕府申達 寺社奉行松平伊豆守信古同青山大膳亮幸哉并目付神保伯耆守長興へ 朝鮮人来聘御用の件 一六一
  • 二月五日 幕府申達 対島国府中城主宗対馬守義和へ 同上の件 一六二
  • 老中伺書 将軍へ 同上の件 一六二
  • 四四 二月五日 外国奉行懸合書 御軍艦奉行へ 残留水夫経費に関する米国弁理公使書翰の件 一六四
  • 二月九日 御軍艦奉行挨拶書 外国奉行へ 同上の件 一六五
  • 四五 二月五日 対馬国府中城主宗対馬守義和家中問情使書翰 同家年寄中へ 異船様子の件 一六七
  • 四六 二月五日 対馬国府中城主宗対馬守義和年寄中書翰 同家中問情使へ 異船問情の件 一六八
  • 四七 二月五日 封馬国府中城主宗対馬守義和家中問情使書翰 同家年寄中へ 問情実施報告の件 一六九
  • 二月五日 同家中筆談役書翰 同家年寄中へ 同上の件 一七二
  • 二月五日 筆談役唐坊荘之介問情記録 一七三
  • 二月六日 同家年寄中達書 同家与頭衆中へ 異国船修理の件 一七五
  • 二月 問情使附島居庫太手記 一七六
  • 四八 二月五日 仏国代理公使ド・ベルクール書翰(訳文) 同国外務大臣へ ナタールの件 一七九
  • 万延元年十月十三日 尋問調書(訳文) 一八八
  • 二月五日 尋問調書(訳文) 一九〇
  • 二月 諸証言及び密話概勤勤 一九一
  • 万延元年 薩摩国鹿児島城主松平修理太夫島津茂久家中覚書 ナタール襲撃の件 一九八
  • 万延元年十一月 同家中諏訪広兼届書 同上の件 一九九
  • 四九 二月六日 米国公使館書記官ポートマン書翰 外国奉行村垣淡路守範正へ 米国金貨兌換の件 二〇一
  • 二月八日 外国奉行并西丸留守居水野筑後守忠徳伺書 老中へ 同上の件 二〇三
  • 二月 勘定奉行同吟味役評議書 老中へ 同上の件 二〇七
  • 二月十五日 老中書取 外囲奉行へ 同上の件 二〇九
  • 五〇 二月六日 箱館奉行勝田伊賀守充書翰 箱館在勤米国貿易副事務官代理ピッツへ 米国破船代薪取引の件 二一〇
  • 二月五日 茂辺地村住人斎藤三平上申書 箱館奉行へ 同上の件 二一二
  • 五一 二月六日 箱館在勤英国領事代理ユースデン書翰 箱館奉行へ 箱館著任の件 二一四
  • 五二 二月六日 神奈川奉行松平石見守康直滝川播磨守具知伺書 老中へ 横浜外国人墓所地代金の件 二一六
  • 五三 二月六日 箱館奉行支配定役成瀬潤八郎伺書 箱館奉行へ ライチシカ村へ建札取立の件 二一九
  • 建札文面 二二〇
  • 五四 二月六日 箱館奉行支配調役並磯村勝兵衛同山内二郎太郎伺書 北地詰同支配組頭井上元七郎義斐へ 北蝦夷地アイヌ役人拝礼出函の件 二二一
  • 二月 箱館奉行支配定役平井幸一郎伺書 箱館奉行へ 同上の件 二二二
  • 二月 申渡案 二二三
  • 二月十五日 箱館奉行支配定役小田井蔵太書翰 箱館奉行支配定役小林平次郎同支配同心岡田丈之助へ 同上の件 二二四
  • 五五 二月六日 対馬国府中城主宗対馬守義和届書 老中へ 露西亜艦対馬渡来の件 二二六
  • 四月二日 公儀被仰上四月二日条 二二七
  • 二月六日 対馬国府中宗対馬守義和家家老中書翰 同家江戸家老へ 露西亜艦対馬渡来の件 二二八
  • 五六 二月六日 仏国代理公使ド・ベルクール書翰(訳文) 同国外務大臣へ 幕府遣欧使節の件 二三一
  • 五七 二月七日 老中書翰 英国特命全権公使オールコックへ 遣欧使節渡航の件 二三六
  • 二月十一日 蕃書調所教授手伝手塚律蔵好盛書翰抄 某へ 江戸風説の件 二三七
  • 二月十六日 蕃書調所教授手伝手塚律蔵好盛書翰抄 某へ 同上の件 二三八
  • 五八 二月七日 老中書翰 仏国代理公使ド・ベルクールへ 遣欧使節渡航の件 二一九
  • 五九 二月七日 蘭国総領事デ・ウィット書翰(訳文) 長崎奉行へ 長崎湾外での蘭艦砲撃演習の件 二四〇
  • 六〇 二月七日 老中書取 長崎奉行へ 外国蒸気軍艦買上の件 二四一
  • 六一 二月八日 英国特命全権公使オールコック書翰 老中へ 綿花・硝子並に錫板輸入税の件 二四二
  • 六二 二月八日 箱館奉行所対話書 箱館奉行勝田伊賀守充他と箱館在勤英国領事代理ユースデンと 箱館居留地新規築立地割の件 二四七
  • 六三 二月八日 老中書付 外国奉行御軍艦奉行神奈川奉行并浦賀奉行へ 水戸浪人取締の件 二四九
  • 二月八日 御軍艦取調役組頭勤方等書翰 同奉行へ 老中書取進逹の件 二五〇
  • 二月八日 御軍艦操練教授方頭取等添状 咸臨丸幡竜丸乗組員同教授方等へ 同上の件 二五一
  • 六四 二月八日 神奈川奉行滝川播磨守具知目付松平次郎衛兵清秀届書 老中へ 米国難破船修復の件 二五三
  • 六五 従二月八日至二月十一日 和学講談所御用留 開市開港延期要請の将軍書翰案作成の件 二五四
  • 二月八日 儒者林大学頭昇申達書 和学講談所付塙次郎忠実へ 御城召の件 二五四
  • 奥右筆作成将軍書翰案 各国元首へ 開市開港延期の件 二五五
  • 二月十一日 和学講談所作成将軍書翰下案 各国元首へ 同上の件 二五七
  • 二月十一日 奥右筆佐藤清五郎申遺書 和学講談所付塙次郎忠実へ 将軍書翰案手直しの件 二六〇
  • 六六 二月八日 英国特命全権公使オールコック書翰(訳文) 同国外務大臣へ 幕府遣欧使節の件 二六一
  • 六七 二月八日 箱館在勤英国領事代理ユースデン書翰(訳文) 同国特命全権公使へ 箱館奉行との会見の件 二六六
  • 六八 二月八日 神奈川在勤蘭国副領事代理ポルスブルック書翰(訳文) 同国総領事へ 江戸及び横浜情勢の件 二六八
  • 六九 二月九日 箱館在勤英国領事代理ユースデン書翰 箱館奉行へ 箱館居留地新規築立地割の件 二七〇
  • 七〇 二月九日 箱館在勤米国貿易副事務官代理ピッツ書翰 箱館奉行へ 米国破船代薪取引の件 二七三
  • 七一 二月九日 箱館奉行支配調役並磯村勝兵衛同山内二郎太郎伺書 二七六箱館奉行へ 北地越年警衛の件 二七六
  • 七二 二月九日 箱館奉行支配調役並磯村勝兵衛同山内二郎太郎伺書 箱館奉行へ 山丹交易品願請の件 二七八
  • 七三 二月九日 英国特命全権公使オールコック書翰(訳文) 同国外務大臣へ 領事館並に公使館建設の件 二七九
  • 七四 二月十日 箱館居留地対話書 箱館奉行勝田伊賀守充等と箱館在勤英国領事代理ユースデンと 箱館居留地新規築立地割の件 二八二
  • 七五 二月十日 老中書取 御軍艦奉行へ 小笠原取締の為軍艦雇上の件 二八五
  • 万延元年十二月 外国掛大目付目付上申書 老中へ 同上の件 二八六
  • 正月 御軍艦奉行評議上申書 老中へ 同上の件 二八八
  • 二月 御軍艦奉行上申書 老中へ 同上の件 二九〇
  • 三月 勘定奉行同吟味役等評議書 老中へ 同上の件 二九二
  • 七六 二月十日 外国奉行并西丸留守居水野筑後守忠徳上申書 老中へ 外国人捕縛規則の中遊猟禁止の件 二九四
  • 七七 二月十一日 英国特命全権公使オールコック書翰 老中へ 運上所改革並に外国人取締規則の件 二九七
  • 外国人取締規則案 三〇四
  • 七八 二月十一日 英国特命全権公使オールコック書翰 老中へ 遣欧使節輸送手段の件 三〇九
  • 七九 二月十一日 箱館在勤英国領事代理ユースデン書翰 箱館奉行へ 英国軍艦南部領立寄の為通訳同乗の件 三一一
  • 八〇 二月十一日 老中書付 美濃国岩村城主松平能登守乗命上野国沼田城主土岐山城守頼之へ 露国領事滞在赤羽根接遇所警衛の件 三一三
  • 正月十五日 露国中国海域艦隊司令官リハチョフ大佐書翰(訳文) 箱館在勤同国領事ゴスケヴィッチへ 江戸出府要請の件 三一四
  • 露国軍艦ナエーズドニク号艦長報告 三一八
  • 八一 二月十一日 外国掛目付上申書 老中へ 測量図写取の件 三一九
  • 八二 二月十一日 箱館奉行勝田伊賀守充上申書 老中へ 箱館居留地新規築立地割の件 三二三
  • 八三 二月十一日 対馬国府中城主宗対馬守義和達書 同家中へ 対馬渡来露国軍艦の件 三二六
  • 八四 二月十一日 神奈川在勤蘭国副領事代理ポルスブルック書翰(訳文) 同国総領事へ 幕府より蒸気軍艦貸与希望等の件 三二九
  • 八五 二月十二日 英国公使館書記官代理マイバーグ書翰 外国奉行へ 通詞交代の件 三三三
  • 八六 二月十二日 長崎奉行岡部駿河守長常書翰 蘭国総領事へ 長崎湾外での蘭艦砲撃演習の件 三三四
  • 八七 二月十二日 箱館奉行勝伊賀守充書翰 箱館在勤米国貿易副事務官代理ピッツへ 米国破船代薪取引の件 三三五
  • 八八 二月十二日 箱館奉行勝山伊賀守充書翰 箱館在勤英国領事代理ユースデンへ 箱館居留地新規築立地割の件 三三七
  • 八九 二月十二日 箱館奉行勝田伊賀守充書翰 箱館在勤英国領事代理ユースデンへ 英国軍艦南部領立寄の件 三三八
  • 九〇 二月十二日 箱館居留地対話書 箱館泰行支配調役並橋本悌蔵他と箱館在勤英国領事代理ユースデンと英国軍艦南部領立寄の件 三四〇
  • 九一 二月十三日 英国特命全権公使オールコック書翰 老中へ 横浜居留地地代の件 三四二
  • 二月 神奈川奉行上申書 老中へ 同上の件 三四八
  • 二月 神奈川奉行評議書 老中へ 同上の件 三四九
  • 九二 二月十三日 仏国代理公使ド・ベルクール書翰(訳文) 老中へ 外国人捕縛規則の件 三五二
  • 九三 二月十三日 蘭国総領事デ・ウィット書翰 老中へ 丁抹国との条約締結交渉の件 三五四
  • 二月十七日 長崎奉行岡部駿河守長常上申書 老中へ 同上の件 三五六
  • 九四 二月十三日 蘭国総領事デ・ウイット書翰 老中へ 江戸退去通告書翰への返翰の件 三五八
  • 九五 二月十四日 英国軍艦パイオニア号艦長ライリー書翰 箱館奉行へ 同艦南部領立寄の件 三六一
  • 九六 二月十四日 神奈川奉行松平石見守康直滝川播磨守具知目付松平次郎兵衛清秀伺書 老中へ 横浜外国人居留地添増地の件 三六二
  • 二月 勘定奉行同吟味役評議書 老中へ 同上の件 三六五
  • 二月 外国奉行等評議書 老中へ 同上の件 三六七
  • 二月 外国掛大目付目付評議書 老中へ 同上の件 三六八
  • 九七 二月十四日 蘭国総領事デ・ウィット書翰(訳文) 蘭領東印度総督へ 日本貨幣送附の件 三七〇
  • 貨幣明細 三七一
  • 九八 二月十五日 英国特命全権公使オールコック書翰 老中へ 横浜領事館建設の件 三七二
  • 九九 二月十五日 英国特命全権公使オールコック書翰 老中へ 再輸出時関税払戻し規定の件 三七四
  • 二月三日 横浜居留英国商人要請書 同国特命全権公使へ 同上の件 三七六
  • 一〇〇 二月十五日 箱館在勤米国貿易副事務官代理ピッツ書翰 箱館奉行へ 米国破船代薪取引の件 三七九
  • 一〇一 二月十五日 露国海軍中国海域艦隊司令長官リハチョフ大佐書翰(訳文) 箱館在勤同国領事ゴシケヴィッチへ 江戸滞在中要請事項の件 三八一
  • 四月九日 露国海軍中国海域艦隊司令長官リハチョフ大佐報告書(訳文) 三八六
  • 露国軍艦オプリーチニク号艦長セリバーノフ大尉報告書(訳文) 三九九
  • 一〇二 従二月一日至二月十五日 村垣淡路守範正公務日記 四一六
  • 日本政府各国代表団間往復書翰一覧 四二六
  • 略号一覧 四三〇

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで