サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

外来種ハンドブック

日本生態学会 編,村上興正, 鷲谷いづみ 監修

詳細情報

タイトル 外来種ハンドブック
著者 日本生態学会 編
著者 村上興正, 鷲谷いづみ 監修
著者標目 村上, 興正, 1939-
著者標目 鷲谷, いづみ, 1950-
著者標目 日本生態学会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社地人書館
出版年月日等 2002.9
大きさ、容量等 390p ; 26cm
注記 文献あり
ISBN 480520706X
価格 4000円
JP番号 20438724
出版年(W3CDTF) 2002
件名(キーワード) 外来種
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC RA141
NDC(9版) 468 : 生態学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 外来種ハンドブック
  • 巻頭言 iii
  • はじめに v
  • 第1章 外来種問題の現状と課題
  • 第1章 1. 外来種と外来種問題 3
  • 第1章 2. 外来種問題はなぜ生じるのか−外来種問題の生物学的根拠 4
  • 第1章 3. 外来種問題に対する国際的認識の高まり 5
  • 第1章 4. 日本における外来種問題 6
  • 第1章 4. 4.1 生物間相互作用を通じて在来種を脅かす 6
  • 第1章 4. 4.1 (1) 食べる−食べられるの関係を通じた影響 6
  • 第1章 4. 4.1 (2) 競争によって在来種を抑圧する 6
  • 第1章 4. 4.1 (3) 寄生生物を持ち込んで在来種を脅かす 7
  • 第1章 4. 4.1 (4) 1種の侵入で多様な影響 7
  • 第1章 4. 4.2 在来種と交雑して雑種をつくることにより在来種の純系を失わせる 7
  • 第1章 4. 4.3 生態系の物理的な基盤を変化させる 7
  • 第1章 4. 4.4 人に病気や危害を加える 8
  • 第1章 4. 4.4 (1) 伝染病を持ち込む 8
  • 第1章 4. 4.4 (2) 花粉症を引き起こす 8
  • 第1章 4. 4.4 (3) 人に直接の危害を加える 8
  • 第1章 4. 4.5 産業への影響 8
  • 第1章 4. 4.5 (1) 農業への影響 8
  • 第1章 4. 4.5 (2) 林業への影響 9
  • 第1章 4. 4.5 (3) 漁業への影響 9
  • 第1章 4. 4.5 (4) 利水障害 9
  • 第1章 5. 日本における外来種対策の現状と課題 9
  • 第1章 5. 5.1 外来種の輸入状況 9
  • 第1章 5. 5.2 現行の規制 11
  • 第1章 5. 5.2 (1) 輸入規制 11
  • 第1章 5. 5.2 (2) 移動規制 12
  • 第1章 5. 5.2 (3) 遺棄・放逐の規制 12
  • 第1章 5. 5.2 (4) 現存する種の管理 13
  • 第1章 5. 5.2 (5) 狩猟制度による管理 13
  • 第1章 5. 5.2 (6) 保護増殖事業における管理 13
  • 第1章 5. 5.2 (7) 保護地域における規制 14
  • 第1章 5. 5.2 (8) 植物防疫法や家畜伝染病予防法 14
  • 第1章 5. 5.2 (9) 日本における外来種対策の検討 14
  • 第1章 5. 5.3 国の取り組み 14
  • 第1章 5. 5.3 (1) 環境省の取り組み 14
  • 第1章 5. 5.3 (2) 国土交通省河川局の取り組み 15
  • 第1章 5. 5.3 (3) 国土交通省総合政策局環境・海洋課海洋室の取り組み 17
  • 第1章 5. 5.3 (4) 農林水産省の取り組み 18
  • 第1章 5. 5.3 (4) (4)-1 植物防疫法に基づく病害虫の侵入防止 18
  • 第1章 5. 5.3 (4) (4)-2 わが国が侵入を警戒している害虫 19
  • 第1章 5. 5.4 地方自治体の取り組み 20
  • 第1章 5. 5.4 (1) 沖縄県におけるマングース対策の現状と課題 20
  • 第1章 5. 5.4 (2) 奄美大島のマングース対策 21
  • 第1章 5. 5.4 (3) 小笠原国立公園内におけるノヤギ駆除の取り組み 22
  • 第1章 5. 5.4 (4) 滋賀県の外来魚(ブラックバス・ブルーギル)駆除事業 24
  • 第1章 5. 5.4 (5) 北海道のアライグマ対策の経緯と課題 26
  • 第1章 5. 5.5 NGOの取り組み 28
  • 第1章 5. 5.5 (1) (財)日本自然保護協会(NACS-J)の取り組み 28
  • 第1章 5. 5.5 (2) (財)日本野鳥の会の活動と外来種問題 28
  • 第1章 5. 5.5 (3) WWFジャパンの取り組み 29
  • 第1章 5. 5.6 海外の法的規制 30
  • 第1章 5. 5.6 (1) 外来種に関わる法制度の状況 30
  • 第1章 5. 5.6 (2) 外来種の法的対策としての「クリーンリスト」 32
  • 第1章 5. 5.7 求められる法制度の整備 33
  • 第1章 5. 5.7 (1) 生物利用に伴う侵入の「無法地帯」ともいえる日本 33
  • 第1章 5. 5.7 (2) 外来種対策への国民の意識変化 33
  • 第1章 5. 5.7 (3) 内閣府の総合規制改革会議の動き 33
  • 第1章 5. 5.7 (4) 「外来種管理法」を中心とする法制度の撃備 34
  • 第2章 外来種対策・管理はどのように行うべきか
  • 第2章 1. 外来種対策に関する基本的な考え方 39
  • 第2章 1. 1.1 予防的措置の重要性 39
  • 第2章 1. 1.2 駆除・根絶プログラムにおける留意点 40
  • 第2章 1. 1.3 生態系管理と外来種管理 41
  • 第2章 2. 外来種対策・管理に関する国際的動向 41
  • 第2章 2. 2.1 生態系,生息地および種を脅かす外来種の影響の予防・導入・影響緩和のための指針原則 41
  • 第2章 2. 2.2 IUCNガイドライン 45
  • 第2章 3. 侵入経路別対策 46
  • 第2章 3. 3.1 緑化による外来牧草の侵入 46
  • 第2章 3. 3.2 外国産緑化樹木の里山等への侵入 47
  • 第2章 3. 3.3 飼料穀物輸入がもたらす強害雑草 48
  • 第2章 3. 3.4 牧草地からの侵入植物−導入牧草の逸出 49
  • 第2章 3. 3.5 飼育動物の管理 51
  • 第2章 3. 3.6 害虫の侵入経路と運搬者−自由貿易と植物検疫の確執 52
  • 第2章 3. 3.7 天敵導入の管理 53
  • 第2章 3. 3.8 放流種苗対策と養殖生物の管理 55
  • 第2章 3. 3.9 外来海産・汽水産生物の侵入と移出 56
  • 第3章 外来種事例集
  • 第3章 1. 種別事例集 61
  • 第3章 1. 哺乳類 63
  • 第3章 1. タイワンザル 64
  • 第3章 1. カイウサギ 65
  • 第3章 1. タイワンリス 66
  • 第3章 1. 外来リス類 67
  • 第3章 1. クマネズミ 68
  • 第3章 1. ヌートリア 69
  • 第3章 1. アライグマ 70
  • 第3章 1. テン 71
  • 第3章 1. ニホンイタチ 72
  • 第3章 1. チョウセンイタチ 73
  • 第3章 1. ハクビシン 74
  • 第3章 1. マングース 75
  • 第3章 1. ノネコ 76
  • 第3章 1. イノシシ・イノブタ 77
  • 第3章 1. 養鹿用シカ類 78
  • 第3章 1. キョン 79
  • 第3章 1. ヤギ(ノヤギ) 80
  • 第3章 1. Column石川県七ツ島大島におけるカイウサギ対策とその成果 82
  • 第3章 1. 鳥類 85
  • 第3章 1. ソウシチョウ 86
  • 第3章 1. ガビチョウ 87
  • 第3章 1. 中国産メジロ 88
  • 第3章 1. 飼い鳥(ペット鳥類) 89
  • 第3章 1. シロガシラ 90
  • 第3章 1. キジ・ヤマドリ 91
  • 第3章 1. 爬虫・両生類 93
  • 第3章 1. カミツキガメ 94
  • 第3章 1. セマルハコガメ 95
  • 第3章 1. ミナミイシガメ 96
  • 第3章 1. ミシシッピアカミミガメ 97
  • 第3章 1. スッポン 98
  • 第3章 1. グリーンアノール 99
  • 第3章 1. タイワンスジオ 100
  • 第3章 1. サキシマハブ 101
  • 第3章 1. タイワンハブ 102
  • 第3章 1. ニホンヒキガエル 103
  • 第3章 1. ミヤコヒキガエル 104
  • 第3章 1. オオヒキガエル 105
  • 第3章 1. ウシガエル 106
  • 第3章 1. シロアゴガエル 107
  • 第3章 1. 魚類 109
  • 第3章 1. タイリクバラタナゴ 110
  • 第3章 1. ソウギョ 111
  • 第3章 1. ニジマス 112
  • 第3章 1. ブラウントラウト 113
  • 第3章 1. カワマス 114
  • 第3章 1. カダヤシ 115
  • 第3章 1. タイリクスズキ 116
  • 第3章 1. オオクチバス 117
  • 第3章 1. コクチバス 118
  • 第3章 1. ブルーギル 119
  • 第3章 1. カムルチー 120
  • 第3章 1. Columnトンボも食べるオオクチバス 121
  • 第3章 1. 昆虫類(植物寄生性ダニ,クモ,センチュウを含む) 123
  • 第3章 1. 日本の外来昆虫 124
  • 第3章 1. アメリカシロヒトリ 126
  • 第3章 1. オオモンシロチョウ 127
  • 第3章 1. イネミズゾウムシ 128
  • 第3章 1. アルファルファタコゾウムシ 129
  • 第3章 1. イモゾウムシ 130
  • 第3章 1. ヤサイゾウムシ 131
  • 第3章 1. キンケクチブトゾウムシ 132
  • 第3章 1. アリモドキゾウムシ 133
  • 第3章 1. 外来貯穀害虫 134
  • 第3章 1. 外来マメゾウムシ類 135
  • 第3章 1. 外来テントウムシ類 136
  • 第3章 1. インゲンテントウ 137
  • 第3章 1. ブタクサハムシ 138
  • 第3章 1. 施設の侵入害虫 139
  • 第3章 1. ハモグリバエ類 140
  • 第3章 1. コナジラミ類 141
  • 第3章 1. アザミウマ類 142
  • 第3章 1. 温室にすむカイガラムシ類 143
  • 第3章 1. 果樹を加害するカイガラムシ類 144
  • 第3章 1. 外来アブラムシ類 145
  • 第3章 1. ギンネムキジラミ 146
  • 第3章 1. クリタマバチ 147
  • 第3章 1. アルゼンチンアリ 148
  • 第3章 1. アオマツムシ 149
  • 第3章 1. 植物寄生性および天敵ダニ類 150
  • 第3章 1. ゴケグモ類 152
  • 第3章 1. マツノザイセンチュウ 153
  • 第3章 1. ジャガイモシストセンチュウ 154
  • 第3章 1. ミバエ類 155
  • 第3章 1. セイヨウオオマルハナバチ 156
  • 第3章 1. ホソオチョウ 157
  • 第3章 1. 外来カブトムシ・クワガタムシ 158
  • 第3章 1. サンカメイガ 160
  • 第3章 1. ヒトスジシマカとネッタイシマカ 161
  • 第3章 1. ウンカとセイヨウミツバチ 162
  • 第3章 1. 非海産無脊椎動物 163
  • 第3章 1. チャコウラナメクジ 164
  • 第3章 1. アフリカマイマイ 165
  • 第3章 1. ヤマヒタチオビガイ 166
  • 第3章 1. ニューギニアヤリガタリクウズムシ 167
  • 第3章 1. ウチダザリガニ 168
  • 第3章 1. アメリカザリガニ 169
  • 第3章 1. カブトエビ類 170
  • 第3章 1. スクミリンゴガイ 171
  • 第3章 1. サカマキガイ 172
  • 第3章 1. カワヒバリガイ 173
  • 第3章 1. タイワンシジミ 174
  • 第3章 1. Columnアフリカマイマイの殻によるオカヤドカリ類の巨大化 175
  • 第3章 1. 海産・汽水産生物 177
  • 第3章 1. マンハッタンボヤ 178
  • 第3章 1. クロマメイタボヤ 179
  • 第3章 1. カサネカンザシ 180
  • 第3章 1. カニヤドリカンザシ 181
  • 第3章 1. ヨーロッパフジツボとアメリカフジツボ 182
  • 第3章 1. イッカククモガニ 183
  • 第3章 1. チチュウカイミドリガニ 184
  • 第3章 1. シマメノウフネガイ 185
  • 第3章 1. ムラサキイガイ 186
  • 第3章 1. ミドリイガイ 187
  • 第3章 1. コウロエンカワヒバリガイ 188
  • 第3章 1. イガイダマシ 189
  • 第3章 1. シナハマグリ 190
  • 第3章 1. 植物 191
  • 第3章 1. 外来種タンポポ 192
  • 第3章 1. ハルジオン 193
  • 第3章 1. ヒメムカシヨモギとオオアレチノギク 194
  • 第3章 1. ヨモギ属とキク属 195
  • 第3章 1. セイタカアワダチソウ 196
  • 第3章 1. オオブタクサ 197
  • 第3章 1. オオマツヨイグサ 198
  • 第3章 1. シナダレスズメガヤ 199
  • 第3章 1. ケナフ 200
  • 第3章 1. コカナダモとオオカナダモ 201
  • 第3章 1. ボタンウキクサ 202
  • 第3章 1. イチイヅタ 203
  • 第3章 1. ハリエンジュ 204
  • 第3章 1. アカギ 205
  • 第3章 1. ギンネム(ギンゴウカン) 206
  • 第3章 1. 緑化用外来牧草 207
  • 第3章 1. 飼料畑にまん延する外来雑草 208
  • 第3章 1. 公共事業と外来水草 210
  • 第3章 1. 河原から外来植物を除去したら 211
  • 第3章 1. 法面緑化における外国産種子の侵入 212
  • 第3章 1. Column緑化における植物導入で考慮すべき遺伝的変異性 214
  • 第3章 1. 寄生生物 215
  • 第3章 1. パラブケファロプシス 216
  • 第3章 1. 輸入昆虫の寄生ダニ類 217
  • 第3章 1. 輸入ペットの寄生蠕虫類 220
  • 第3章 1. ヤマネコとFIV(ネコ免疫不全ウイルス)感染症 222
  • 第3章 1. エキノコックス 224
  • 第3章 1. Column動物園動物に見られる外来寄生虫 226

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで