サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日本人の事典

佐藤方彦 編

詳細情報

タイトル 日本人の事典
著者 佐藤方彦 編
著者標目 佐藤, 方彦, 1932-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 2003.6
大きさ、容量等 718p ; 27cm
注記 文献あり
ISBN 4254101767
価格 28500円
JP番号 20430351
出版年(W3CDTF) 2003
件名(キーワード) 日本人
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SA51
NDC(9版) 469.91 : 人類学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 日本人の事典
  • 1 日本人の起源 〔池田次郎〕 1
  • 1 1.1 日本人の起源とはなにか 1
  • 1 1.2 日本列島人の地域性 1
  • 1 1.3 2系統のモンゴロイドとその成立 2
  • 1 1.3 a. 北と南のモンゴロイド 2
  • 1 1.3 b. 人類の進化と移住の歴史 2
  • 1 1.3 c. 特殊化モンゴロイドの成立と拡散 3
  • 1 1.4 旧石器時代人 3
  • 1 1.4 a. 最古の日本人 3
  • 1 1.4 b. 南方起源説と北方起源説 4
  • 1 1.4 c. 3ルート渡来説 5
  • 1 1.5 縄文時代人 6
  • 1 1.5 a. 縄文人の特徴 6
  • 1 1.5 b. 縄文人の時代差 8
  • 1 1.5 c. 東西の縄文人 8
  • 1 1.6 弥生時代人 9
  • 1 1.6 a. 渡来系弥生人の特徴 9
  • 1 1.6 b. 渡来系弥生人の成立過程 10
  • 1 1.6 c. 渡来の推定ルート 10
  • 1 1.6 d. 渡来系弥生人の拡散 12
  • 1 1.7 古墳時代人 12
  • 1 1.7 a. 渡来系の古墳人 13
  • 1 1.7 b. 在来系の古墳人 13
  • 1 1.8 日本人の成立—本土人・アイヌ・琉球人の分化 14
  • 1 1.8 a. 北海道アイヌの形成 14
  • 1 1.8 b. 中世以前の南西諸島人 14
  • 1 1.8 c. 琉球人の誕生 15
  • 1 1.8 d. 日本人の成立 16
  • 2 日本人の視覚 〔山田富美雄〕 18
  • 2 2.1 視覚を支える生体の機構 18
  • 2 2.1 a. 水晶体 18
  • 2 2.1 b. 瞳孔 19
  • 2 2.1 c. まぶた(眼瞼) 19
  • 2 2.1 d. 網膜と視神経経路 20
  • 2 2.1 e. 眼球の運動 20
  • 2 2.2 日本人に固有の視覚 21
  • 3 日本人の色覚 〔島上和則〕 23
  • 3 3.1 色覚の概要 23
  • 3 3.1 a. 視覚系 23
  • 3 3.1 b. 網膜と視細胞 23
  • 3 3.1 c. 色覚の生理的性質 24
  • 3 3.1 d. 色覚理論 25
  • 3 3.2 色覚の多型 26
  • 3 3.2 a. 正常〜異常までの分類 26
  • 3 3.2 b. 遺伝型と表現型 26
  • 3 3.2 c. 女性の遺伝子の優劣性 27
  • 3 3.2 d. 正常から2色覚までの連続性 27
  • 3 3.3 分子生物学からみた色覚の多型 28
  • 3 3.3 a. 色覚正常者における遺伝子の多型 28
  • 3 3.3 b. ハイブリッド遺伝子と先天色覚異常の多型 28
  • 3 3.3 c. 色覚異常の遺伝子型と表現型 29
  • 3 3.4 先天性の色覚変異のまとめ 29
  • 3 3.5 後天性の色覚変異のまとめ 29
  • 3 3.5 a. 加齢変化 29
  • 3 3.5 b. 疾患・薬物による後天色覚異常 30
  • 3 3.6 日本人の色覚の特異性 30
  • 3 3.6 a. 赤緑色覚異常の出現率の国、地域、民族差 30
  • 3 3.6 b. 遺伝子の特徴と色覚異常の出現率の人種差 31
  • 3 3.6 c. 色覚正常者の色相弁別能の人種差 32
  • 4 日本人の聴覚 〔大中忠勝〕 34
  • 4 4.1 聴力 34
  • 4 4.2 音の認識と言語 36
  • 4 4.3 音への対応 38
  • 5 日本人の温度感覚 〔平田耕造〕 40
  • 5 5.1 温熱的快適感 40
  • 5 5.2 温度感覚 41
  • 5 5.2 a. 静的温度感覚 41
  • 5 5.2 b. 動的温度感覚 42
  • 5 5.2 c. 部位差 43
  • 5 5.3 皮膚温度受容器 44
  • 5 5.3 a. 冷受容器の温度特性 45
  • 5 5.3 b. 温受容器の温度特性 45
  • 6 日本人の嗅覚 〔宮崎良文〕 47
  • 6 6.1 識別能力 47
  • 6 6.2 閾値 49
  • 6 6.3 嗜好性 51
  • 6 6.4 年齢差,男女差,喫煙の影響 51
  • 7 日本人の味覚 〔小林宏光〕 53
  • 7 7.1 味覚の生物学的意義 53
  • 7 7.2 PTC味盲の人種差 54
  • 7 7.3 基本味とうま味 55
  • 7 7.4 基本味に対する感受性の人種差 55
  • 8 日本人の皮膚感覚 〔原田一〕 57
  • 8 8.1 皮膚の構造 57
  • 8 8.2 皮膚感覚の基本特性 58
  • 8 8.3 受容器の特性 59
  • 8 8.4 皮膚感覚特性 60
  • 8 8.4 a. 触覚 60
  • 8 8.4 b. 二点弁別閾と定位 61
  • 8 8.4 c. 触感 62
  • 8 8.4 d. 痛覚 63
  • 8 8.4 e. 疼痛 64
  • 8 8.4 f. 痛みの測定 64
  • 8 8.4 g. 振動と快適感 65
  • 8 8.4 h. 皮膚感覚の統合 65
  • 9 日本人の振動感覚 〔坂本和義〕 67
  • 9 9.1 振動感覚の特徴と評価 67
  • 9 9.2 日本人の振動感覚研究例 70
  • 9 9.2 a. 電車の乗り心地の研究 70
  • 9 9.2 b. 船の乗り心地の研究 72
  • 9 9.2 c. 低振動曝露の心理的および生理的影響 72
  • 10 日本人の換気・拡散能 〔福場良之〕,〔遠藤雅子〕 75
  • 10 10.1 肺気量 75
  • 10 10.2 換気の化学調節 78
  • 10 10.3 肺の拡散能力 80
  • 11 日本人の酸素摂取能力 〔古賀俊策〕 84
  • 11 11.1 最大酸素摂取量 84
  • 11 11.2 最大下運動における酸素摂取能力 86
  • 12 日本人の循環系 〔矢永尚士〕 92
  • 12 12.1 概要 92
  • 12 12.2 生活習慣病とその予防 94
  • 12 12.2 a. 危険因子 94
  • 12 12.2 b. 疫学的研究 97
  • 12 12.2 c. 生活習慣病の予防 98
  • 12 12.3 おもな循環器疾患 99
  • 12 12.3 a. 虚血性心疾患 99
  • 12 12.3 b. 心筋症 100
  • 12 12.3 c. 弁膜症 100
  • 12 12.3 d. 不整脈 100
  • 12 12.3 e. 心不全 101
  • 12 12.3 f. 大動脈ならびに末梢の動脈硬化性疾患 101
  • 12 12.3 g. 先天性心疾患 101
  • 12 12.4 医学の進歩と社会 102
  • 13 日本人の自律神経 〔勝浦哲夫〕 105
  • 13 13.1 自律神経 105
  • 13 13.2 血液循環にかかわる自律神経 106
  • 13 13.2 a. 心臓の自律神経活動 106
  • 13 13.2 b. 心拍変動性 107
  • 13 13.2 c. アトロピン投与による心臓自律神経活動の変化 111
  • 13 13.3 体温調節にかかわる自律神経 112
  • 13 13.3 a. 皮膚温変動反応 112
  • 13 13.3 b. 皮膚交感神経活動 113
  • 13 13.4 その他の機能にかかわる自律神経 114
  • 13 13.4 a. 筋交感神経活動 114
  • 13 13.4 b. 瞳孔の対光反応 115
  • 14 日本人の消化器系 〔中島衡〕 117
  • 14 14.1 消化器系と消化器癌 117
  • 14 14.2 消化器癌の疫学 118
  • 14 14.3 胃癌と大腸癌の発生にかかわる物質および食物、嗜好品 120
  • 14 14.4 肝癌に関する危険因子 121
  • 15 日本人の泌尿生殖器系 〔今中基晴〕,〔仲谷達也〕,〔石河修〕,〔荻田幸雄〕 123
  • 15 15.1 泌尿器系 123
  • 15 15.1 a. 解剖 123
  • 15 15.1 b. 機能 124
  • 15 15.2 男性生殖器系 125
  • 15 15.2 a. 解剖 125
  • 15 15.2 b. 機能 127
  • 15 15.3 女性生殖器系 129
  • 15 15.3 a. 解剖 129
  • 15 15.3 b. 機能 132
  • 16 日本人の免疫系 〔松下祥〕 138
  • 16 16.1 免疫学的認識にかかわる細胞と分子 138
  • 16 16.1 a. 1970年代のジレンマ 138
  • 16 16.1 b. T細胞が認識する抗原 139
  • 16 16.1 c. HLAはヒトMHCである 139
  • 16 16.1 d. HLAのクラス分類と蛋白構造 140
  • 16 16.2 HLAと免疫応答 141
  • 16 16.2 a. 免疫応答に果たす役割 141
  • 16 16.2 b. HLAにおける多型と立体構造との関係 142
  • 16 16.2 c. HLAの型決定の方法 142
  • 16 16.2 d. 対立遺伝子の命名法 142
  • 16 16.2 e. HLAと移植 143
  • 16 16.2 f. HLAの個体差は免疫応答の個体差である 144
  • 16 16.2 g. インスリン自己免疫症候群とHLA 144
  • 16 16.2 h. 日本人に特徴的な他の疾患とHLA 146
  • 16 16.2 i. HLAとアレルギー 146
  • 17 日本人の外皮系 〔今山修平〕 147
  • 17 17.1 日本人特定に占める外皮 147
  • 17 17.1 a. 人体における外皮(皮膚) 147
  • 17 17.1 b. 人種と外皮(皮膚) 147
  • 17 17.2 日本人の皮膚(肌)色 147
  • 17 17.2 a. 皮膚色にかかわる生体側の要素 147
  • 17 17.2 b. メラニン色素 147
  • 17 17.2 c. 皮膚色の実際 149
  • 17 17.3 日本人の毛 151
  • 17 17.3 a. 毛の種類:軟毛と硬毛 151
  • 17 17.3 b. 毛の形状 151
  • 17 17.3 c. 毛数と密度 151
  • 17 17.3 d. 毛周期 152
  • 17 17.4 日本人の皮膚腺 152
  • 17 17.4 a. 皮膚の外分泌腺 152
  • 17 17.4 b. エクリン汗腺 153
  • 17 17.4 c. アポクリン汗腺 154
  • 17 17.4 d. 乳腺 154
  • 17 17.4 e. 脂腺 154
  • 17 17.5 日本人の皮膚の物理化学的性状 155
  • 17 17.5 a. 皮膚の静的物性 155
  • 17 17.5 b. 皮膚の生理状態 156
  • 17 17.5 c. 皮膚の動的物性 158
  • 18 日本人の表皮分泌 〔小川徳雄〕 161
  • 18 18.1 エクリン腺 161
  • 18 18.1 a. エクリン腺の大きさ 161
  • 18 18.1 b. エクリン腺の分布と総数 161
  • 18 18.1 c. 発汗量と汗の塩分濃度 163
  • 18 18.1 d. 発汗の動的特性 168
  • 18 18.1 e. 発汗異常 167
  • 18 18.2 アポクリン腺 169
  • 18 18.2 a. アポクリン腺の分布と発達 169
  • 18 18.2 b. 腋臭(わきが) 169
  • 18 18.2 c. 色汗症 169
  • 18 18.2 d. 耳垢 169
  • 18 18.3 脂腺 170
  • 18 18.3 a. 脂腺の分布 170
  • 18 18.3 b. 皮脂の分泌量 170
  • 19 日本人の反応時間 〔坂手照憲〕 173
  • 19 19.1 反応時間 173
  • 19 19.1 a. 用語と種別 173
  • 19 19.1 b. 反応時間研究の起源 174
  • 19 19.2 反応時間に影響する要因 175
  • 19 19.2 a. 課題の要因 175
  • 19 19.2 b. 個人の要因 177
  • 19 19.3 反応時間の応用的研究 178
  • 19 19.3 a. 認知心理学的分野 178
  • 19 19.3 b. 人間工学的分野 178
  • 19 19.4 日本人の反応時間 179
  • 19 19.4 a. 単純反応時間 179
  • 19 19.4 b. 選択反応時間 180
  • 19 19.4 c. 全身反応時間 181
  • 20 日本人の全身持久性体力 〔田中喜代次〕,〔中垣内真樹〕 185
  • 20 20.1 全身持久性体力とは 185
  • 20 20.2 全身持久性体力の指標と測定方法 185
  • 20 20.2 a. Physiological resourcesからみた指標 185
  • 20 20.2 b. Physical performanceからみた指標 188
  • 20 20.2 c. アンケート調査による評価 189
  • 20 20.3 日本人の全身持久性体力 189
  • 20 20.3 一般健常者と有疾患者の全身持久性体力 190
  • 21 日本人の筋力 〔高崎裕治〕 196
  • 21 21.1 筋力について 196
  • 21 21.2 筋力に影響する人類学的要因 197
  • 21 21.2 a. 性差 197
  • 21 21.2 b. 年齢差 198
  • 21 21.2 c. 時代差 199
  • 21 21.2 d. 地域差 200
  • 21 21.2 e. 職業による差 201
  • 21 21.2 f. 日常の運動・スポーツの実施状況による差 202
  • 21 21.2 g. 民族差 203
  • 21 21.2 h. 体型 205
  • 22 日本人の走力 〔石井勝〕 207
  • 22 22.1 移動運動と走行 207
  • 22 22.1 a. 走行と歩行 207
  • 22 22.1 b. 走行形態の分類 208
  • 22 22.2 日本人の走力 210
  • 22 22.2 a. 走力の身体的資質 210
  • 22 22.2 b. 文化的要因 214
  • 23 日本人の泳力 〔野村武男〕 218
  • 23 23.1 歴史 218
  • 23 23.2 日本泳法 219
  • 23 23.3 海水浴 220
  • 23 23.4 遠泳 220
  • 23 23.5 子供の泳力 221
  • 23 23.6 エージグループ選手 222
  • 23 23.7 マスターズ選手 223
  • 23 23.8 新水泳(フィンスイミング) 223
  • 23 23.9 競泳 224
  • 24 日本人の歩容 〔片岡洵子〕 227
  • 24 24.1 はじめに 227
  • 24 24.1 a. 活動・行動の原点である歩行の由来 227
  • 24 24.1 b. 動物のロコモーション 227
  • 24 24.1 c. 歩容に関する用語 227
  • 24 24.2 歩容の解析 228
  • 24 24.2 a. 歩行動作の合理性 228
  • 24 24.2 b. 歩行のバイオメカニクス 229
  • 24 24.3 日本人の自然歩容 230
  • 24 24.3 a. 今と昔の歩行速度 230
  • 24 24.3 b. 自然歩行にかかわる諸要因 232
  • 24 24.4 自然歩行に影響を及ぼすもの 232
  • 24 24.4 a. 荷物の数や大きさによって歩行速度は変わるか 232
  • 24 24.4 b. 服装と歩行速度 233
  • 24 24.4 c. 履物と歩行 235
  • 24 24.5 歩行の発達と老化 239
  • 24 24.5 a. 脳内における歩行動作の準備 239
  • 24 24.5 b. 新生児期,乳幼児期に出現する反射 240
  • 24 24.5 c. 歩行までの運動発達 241
  • 24 24.5 d. 筋電図研究からみた歩行の発達 241
  • 24 24.5 e. 歩行の老化 243
  • 24 24.6 健康と歩容 243
  • 24 24.6 a. はじめに 243
  • 24 24.6 b. 良い歩き方,悪い歩き方,美しい歩き方 246
  • 24 24.6 c. 歩き方指導の変遷 248
  • 24 24.6 d. 日本人の歩容 249
  • 25 日本人の姿勢 〔沢田知子〕 252
  • 25 25.1 人間の姿勢 252
  • 25 25.1 a. 身体を保持するための姿勢 252
  • 25 25.1 b. 社会的場面のなかの姿勢 252
  • 25 25.1 c. 文化的規範のなかの姿勢 253
  • 25 25.1 d. 行動様式としての歩く文化と坐る文化 254
  • 25 25.2 姿勢の分類 254
  • 25 25.2 a. 休息姿勢や坐法への注目 254
  • 25 25.2 b. 建築人間工学における生活姿勢の分類 254
  • 25 25.2 c. 建築人間工学における椅子の役割 256
  • 25 25.2 d. 椅子の基準寸法における海外との比較 256
  • 25 25.3 日本人の坐法としての姿勢 258
  • 25 25.3 a. 床の上の立て膝坐りの世界 258
  • 25 25.3 b. 侘茶の大成と正坐の確立 260
  • 25 25.3 c. 茶道における着座法としての姿勢 261
  • 25 25.4 日本人の住まいと起居様式の変遷 262
  • 25 25.4 a. 和洋二重生活の否定と起居様式への関心 262
  • 25 25.4 b. 大戦前後の窮状と椅子式家具の導入 264
  • 25 25.4 c. 高度成長期の豊かさと耐久消費財の氾濫 265
  • 25 25.4 d. 安定成長期におけるユカ坐回帰現象 265
  • 25 25.4 e. 日本人の生活様式としての和洋混交 267
  • 25 25.4 f. 正装のユカ坐からくつろぎのユカ坐へ 268
  • 25 25.5 日本人の姿勢変化のモーメント 268
  • 26 日本人の体格と体型 〔河内まき子〕 271
  • 26 26.1 現代日本人の体格 271
  • 26 26.1 a. 成人の身体寸法 271
  • 26 26.1 b. 成人の体型とプロポーション 274
  • 26 26.1 c. 性差 277
  • 26 26.1 d. 環境条件による体格の差 277
  • 26 26.1 e. 加齢変化 279
  • 26 26.1 f. 成長 281
  • 26 26.2 時代変化 283
  • 26 26.2 a. 明治時代以前 283
  • 26 26.2 b. 明治時代以後 284
  • 26 26.2 c. 高身長化と早熟化 285
  • 26 26.2 d. 時代変化の原因と将来 285
  • 26 26.3 他人種との体型の違い 286
  • 26 26.3 a. 身長と体重 286
  • 26 26.3 b. プロポーション 287
  • 27 日本人の体組成 〔小宮秀一〕 290
  • 27 27.1 日本人の体格 290
  • 27 27.1 a. 身長と体重 290
  • 27 27.1 b. 身長と体重のバランス 291
  • 27 27.2 日本人の体組成 292
  • 27 27.2 a. 日本における体組成の推定 292
  • 27 27.2 b. 体脂肪量 293
  • 27 27.2 c. 除脂肪量 296
  • 27 27.2 d. 体組成標準値 298
  • 27 27.3 日本人の肥満とやせ 299
  • 27 27.3 a. 肥満者とるい痩者の割合 299
  • 27 27.3 b. 肥満と代謝異常の関係 300
  • 28 日本人の栄養 〔岩永光一〕 304
  • 28 28.1 栄養とは 304
  • 28 28.2 栄養素 304
  • 28 28.2 a. 糖質 304
  • 28 28.2 b. 脂肪 305
  • 28 28.2 c. 蛋白質 305
  • 28 28.3 日本人の栄養素摂取状況 306
  • 28 28.3 a. 食の時代的変遷 306
  • 28 28.3 b. 現代日本人の栄養の特徴 307
  • 28 28.4 日本人の栄養所要量 309
  • 28 28.5 日本人の栄養摂取量 309
  • 29 日本人の発育 〔早弓惇〕 316
  • 29 a. 成長と発達 316
  • 29 b. 研究方法 316
  • 29 c. 生命時間 318
  • 29 d. 成長 318
  • 29 e. 発達 319
  • 29 f. 個人差 319
  • 29 g. 発生 320
  • 29 h. 誕生 320
  • 29 i. 発育期の区分 321
  • 29 j. 新生児 322
  • 29 k. 乳児 322
  • 29 l. 幼児 324
  • 29 m. 少年期 329
  • 29 n. 思春期 329
  • 29 o. 青年期 330
  • 29 p. 成人 330
  • 29 q. 発育の時代変化 331
  • 29 r. 日米混血児の成長 331
  • 30 日本人の老化 〔徳田哲男〕 333
  • 30 30.1 老化と生活環境 333
  • 30 30.1 a. 健康と障害 333
  • 30 30.1 b. 身のまわりの使いにくさ 335
  • 30 30.1 c. 事故 337
  • 30 30.1 d. 生活支援 338
  • 30 30.1 e. 就労 340
  • 30 30.2 老化と身体機能 341
  • 30 30.2 a. 骨・神経・筋 341
  • 30 30.2 b. 形態 343
  • 30 30.2 c. 体格 344
  • 30 30.2 d. 基礎的な身体機能 346
  • 30 30.2 e. 日常的な作業能力 347
  • 30 30.2 f. 最大能力 348
  • 30 30.2 g. 体力評価 348
  • 30 30.3 老化と感覚 349
  • 30 30.3 a. 感覚閾値 349
  • 30 30.3 b. 平衡能 350
  • 30 30.3 c. 視覚 351
  • 30 30.3 d. 聴覚 352
  • 30 30.3 e. 嗅覚 352
  • 30 30.3 f. 味覚 352
  • 30 30.3 g. 皮膚感覚 353
  • 31 日本人の体質 〔藤野武彦〕 355
  • 31 31.1 体質事始 355
  • 31 31.2 体質とは 355
  • 31 31.2 a. 機能的体質分類 356
  • 31 31.2 b. 形態学的(形質)分類 357
  • 31 31.3 薬物に対する反応から体質をみる 359
  • 31 31.3 a. 薬物代謝と遺伝多型 360
  • 31 31.3 b. 薬物治療に対する反応性の人種差 363
  • 31 31.3 c. 外的因子(非遺伝的要因) 364
  • 31 31.4 心電図左室電位は新たな体質の指標となるか 366
  • 31 31.4 a. 日本人の左室電位 366
  • 31 31.4 b. 左室電位は時代とともに変わる 367
  • 31 31.4 c. 与那国島調査にみる僻地の差 368
  • 31 31.4 d. シルクロードから日本人の体質をみる 370
  • 31 31.5 体質学の未来 372
  • 32 日本人の寿命 〔山崎和彦〕 376
  • 32 32.1 寿命に関するおもな用語 376
  • 32 32.2 古代における寿命 376
  • 32 32.3 現代の日本および主要国における寿命 383
  • 32 32.3 a. 平均余命 383
  • 32 32.3 b. 乳児の死亡 383
  • 32 32.3 c. 死因 383
  • 32 32.3 d. 国内比較 385
  • 33 温熱環境と日本人 〔横山真太郎〕 395
  • 33 33.1 はじめに 395
  • 33 33.2 地質時代の地球環境とその変遷 396
  • 33 33.3 新生代の温熱環境とその変化 401
  • 33 33.4 人類の出現と温熱環境 402
  • 33 33.5 アジア・日本の初期人類と温熱環境 406
  • 33 33.6 縄文人と温熱環境 407
  • 33 33.7 弥生人と温熱環境 409
  • 33 33.8 歴史時代人と温熱環境 411
  • 33 33.8 a. 古墳時代 411
  • 33 33.8 b. 飛鳥時代 412
  • 33 33.8 c. 奈良時代 412
  • 33 33.8 d. 平安時代 413
  • 33 33.8 e. 鎌倉時代 415
  • 33 33.8 f. 南北朝時代 416
  • 33 33.8 g. 室町時代 416
  • 33 33.8 h. 戦国時代 418
  • 33 33.8 i. 安土・桃山時代 418
  • 33 33.8 j. 江戸時代 419
  • 33 33.9 観測時代と温熱環境 422
  • 33 33.10 温熱環境の技術的制御 423
  • 33 33.11 現代日本人の温熱生理特性 426
  • 34 音環境と日本人 〔長田泰公〕 431
  • 34 34.1 音環境と生活 431
  • 34 34.1 a. 生活行動と音環境 431
  • 34 34.1 b. 生活の場と音環境 431
  • 34 34.1 c. 音環境の歴史 433
  • 34 34.1 d. 明治期の音環境 434
  • 34 34.2 日本人が好む音環境 435
  • 34 34.2 a. 俳句に現れた音環境とその変遷 435
  • 34 34.2 b. 短歌に詠われた音環境とその変遷 435
  • 34 34.2 c. 現在の音環境の嗜好 437
  • 34 34.3 騒音環境と日本人 438
  • 34 34.3 a. さわがしさ,やかましさ,うるささ 438
  • 34 34.3 b. 騒音の歴史と現状 438
  • 34 34.3 c. 騒音性難聴 439
  • 34 34.3 d. 騒音環境に対する日本人の態度 440
  • 34 34.4 日本人と音 442
  • 35 明るさと日本人 〔土井正〕 443
  • 35 35.1 明かり 443
  • 35 35.1 a. 明かりとは 443
  • 35 35.1 b. 明かりを得るもの 443
  • 35 35.1 c. 行灯の明るさ 443
  • 35 35.2 環境と明るさ 444
  • 35 35.2 a. 伝統建築と昼光環境 444
  • 35 35.2 b. 伝統建築と夜の光環境 444
  • 35 35.2 c. サマータイムと不定時法 445
  • 35 35.3 明るさの基準 446
  • 35 35.3 a. 明るさの単位 446
  • 35 35.3 b. グレア 447
  • 35 35.3 c. 高齢社会の明るさ 447
  • 35 35.4 安全のための明るさ 448
  • 35 35.4 a. 道路照明 448
  • 35 35.4 b. 街路照明 450
  • 35 35.4 c. 防災照明 451
  • 35 35.4 d. 地震災害と照明 452
  • 35 35.4 e. 住宅地における非常時の明かり 453
  • 36 光の色合いと日本人 〔安河内朗〕 455
  • 36 36.1 光の色合い 455
  • 36 36.1 a. 光の分光分布 455
  • 36 36.1 b. 光の色合いと色温度 455
  • 36 36.1 c. 自然光と人工光源の色合い 457
  • 36 36.1 d. 光の色合いと演色性 458
  • 36 36.1 e. 光の色合いと年齢 460
  • 36 36.1 f. 光の色合いと色識別 460
  • 36 36.1 g. 光の色合いとまぶしさ 460
  • 36 36.2 光の色合いと心理反応 461
  • 36 36.2 a. 色温度と明るさ感について 461
  • 36 36.2 b. 色温度と空間の雰囲気もしくは快適感 463
  • 36 36.2 c. 色温度と温冷感 465
  • 36 36.3 光の色合いと生理反応 465
  • 36 36.3 a. 色温度の中枢神経系への影響 466
  • 36 36.3 b. 色温度の自律神経系への影響 467
  • 36 36.3 c. 色温度のホルモン分泌系への影響 467
  • 37 高地環境と日本人 〔竹本泰一郎〕 470
  • 37 37.1 高地の日本人 470
  • 37 37.2 高地環境と順化・適応 470
  • 37 37.2 a. 高地環境の特徴 470
  • 37 37.2 b. 高地環境への順化 470
  • 37 37.3 高地の日本人 471
  • 37 37.3 a. 日本人の高地適応像 471
  • 37 37.3 b. 高地に長期居住の日本人の健康像 475
  • 37 37.4 妊娠・出産 476
  • 38 高層建築物と日本人 〔橋本修左〕 478
  • 38 38.1 世界の高層建築物 478
  • 38 38.2 日本の高層建築物 479
  • 38 38.3 高層建築空間の環境と生理的影響 480
  • 38 38.3 a. 気圧低下 482
  • 38 38.3 b. 酸素分圧の低下 485
  • 38 38.3 c. 気温低下 485
  • 38 38.3 d. 風速の増大 485
  • 38 38.3 e. 紫外線 487
  • 38 38.3 f. 音環境の一変 487
  • 38 38.3 g. 視環境の一変 488
  • 38 38.4 高度空間への長期居住の問題 488
  • 38 38.5 高層建築物の今後 489
  • 39 登山と日本人 〔菊地和夫〕 491
  • 39 39.1 歴史的背景 491
  • 39 39.2 わが国の高所医学研究 493
  • 39 39.3 高所登山家に必要な身体資質 494
  • 39 39.3 a. 歴史的背景 494
  • 39 39.3 b. 高所環境における身体作業能力に及ぼす因子 495
  • 40 海洋レジャーと日本人 〔関邦博〕 499
  • 40 40.1 海の環境 499
  • 40 40.2 自由時問と拘束時間 499
  • 40 40.3 レジャーの定義 500
  • 40 40.4 バカンスの環境 500
  • 40 40.5 快適環境 501
  • 40 40.6 現代の日本人の海を利用した健康法 501
  • 40 40.6 a. 労働する権利 502
  • 40 40.6 b. 怠ける権利 502
  • 40 40.6 c. 欲望を満たす権利 502
  • 40 40.6 d. 現世で天国の生活 502
  • 40 40.6 e. 健康とは 502
  • 40 40.6 f. タラソテラピーとは 503
  • 40 40.6 g. タラソテラピーの種類 503
  • 40 40.6 h. タラソテラピーによるスリミング効果 504
  • 40 40.6 i. 水の違いによるスリミングの実験 504
  • 41 大気圧潜水と日本人 〔楢木暢雄〕 509
  • 41 41.1 大気圧潜水の分類 509
  • 41 41.2 潜水球と潜水艇 509
  • 41 41.2 a. 潜水調査船「しんかい2000」と「しんかい6500」の搭乗条件 510
  • 41 41.2 b. 「しんかい2000」と「しんかい6500」の船内居住環境 510
  • 41 41.2 c. 船内ガス環境 511
  • 41 41.2 d. 船内の温度環境 511
  • 41 41.2 e. 「しんかい6500」パイロットの心拍数からみた生体負担 512
  • 41 41.3 潜水艦 512
  • 41 41.3 a. 潜水艦の勤務条件 513
  • 41 41.3 b. 潜水艦の艦内ガス環境 513
  • 41 41.4 大気圧潜水服 513
  • 41 41.4 a. ニュースーツ 514
  • 41 41.4 b. ニュースーツ内部ガス環境 515
  • 41 41.4 c. ニュースーツの内部温熱環境 515
  • 41 41.4 d. ニュースーツを用いた潜水作業の生体負担 516
  • 42 環境圧潜水と日本人 〔橋本昭夫〕 517
  • 42 42.1 素潜り(息こらえ潜水) 517
  • 42 42.2 器械潜水のはじまり 518
  • 42 42.3 ヘルメット式潜水器 518
  • 42 42.4 減圧症の民間治療法「ふかし」 519
  • 42 42.5 マスク式潜水器 520
  • 42 42.6 棒機雷「伏竜」 520
  • 42 42.7 スクーバ潜水 521
  • 42 42.8 飽和潜水 522
  • 42 42.9 わが国における環境圧潜水略歴 523
  • 43 色彩環境と日本人 〔森田健〕 527
  • 43 43.1 日本人の色彩嗜好 527
  • 43 43.1 a. 国際比較 527
  • 43 43.1 b. 日本の調査 528
  • 43 43.2 嗜好を生む要因 531
  • 43 43.2 a. 比視感度 531
  • 43 43.2 b. 太陽の光 531
  • 43 43.2 c. 環境の色彩 533
  • 43 43.2 d. 人間の色 535
  • 43 43.3 まとめ 535
  • 44 日本人の衣と美 〔綿貫茂喜〕 537
  • 44 44.1 はじめに 537
  • 44 44.2 風土と地形 537
  • 44 44.3 日本人の衣の美意識 538
  • 44 44.4 日本人の衣服の歴史 538
  • 44 44.5 襲着 539
  • 44 44.6 着物の材料 539
  • 44 44.7 木綿の柔らかさと生理反応 540
  • 44 44.8 着物の美の特徴 542
  • 44 44.9 洋服 544
  • 44 44.10 圧刺激の生理的影響 545
  • 44 44.11 おわりに 546
  • 45 日本人と着心地 〔田村照子〕 548
  • 45 45.1 はじめに 548
  • 45 45.2 日本人の衣服の祖型 548
  • 45 45.3 古代外来文化の受入れ 549
  • 45 45.4 和風の成立にみる日本人の着心地観 550
  • 45 45.5 和服の基本形—小袖の成立 550
  • 45 45.6 和服(きもの)本来の着心地 550
  • 45 45.7 現代和服の着心地 551
  • 45 45.8 再び外来文化の受入れ—和服から洋服へ 552
  • 45 45.9 戦後の衣生活と着心地観の変化 553
  • 46 日本人と寝具 〔山崎和彦〕,〔永井由美子〕 557
  • 46 46.1 はじめに 557
  • 46 46.2 寝具の原型 557
  • 46 46.3 西洋の寝具 559
  • 46 46.4 日本の寝具 559
  • 46 46.5 枕 564
  • 46 46.6 寝具のサイズと規格 564
  • 46 46.7 寝具の売上高 567
  • 46 46.8 寝具の研究と開発 567
  • 47 日本人と食 〔曽根良昭〕 571
  • 47 47.1 はじめに 571
  • 47 47.2 日本人はいつ食べるか 572
  • 47 47.2 a. いつ食べるか 572
  • 47 47.2 b. 食事時間は何時間か 573
  • 47 47.2 c. 食べ物を食べる速さ 573
  • 47 47.3 日本人はどのように食べるか 574
  • 47 47.3 a. 食べる速さのヒトへの影響 574
  • 47 47.3 b. 日本人の食べ方 575
  • 47 47.4 日本人は何を食べているか 576
  • 47 47.4 a. 食卓の一品から 576
  • 47 47.4 b. 食事の記録 579
  • 48 日本人と住居 〔高橋鷹志〕,〔高橋公子〕 587
  • 48 48.1 住居の成立と変容 587
  • 48 48.1 a. 住居の決定要因 587
  • 48 48.1 b. 住居の変容 587
  • 48 48.1 c. 住居の固有性の認知 587
  • 48 48.1 d. 日本住宅の歴史と記録 588
  • 48 48.2 容器の形成 588
  • 48 48.2 a. 洞窟と殻 588
  • 48 48.2 b. 枠あるいは櫓 589
  • 48 48.2 c. 日本住居の曙—竪穴住居 589
  • 48 48.2 d. 高床住居の出現 589
  • 48 48.2 e. 座敷の完成 590
  • 48 48.3 場所(領域)の形成 590
  • 48 48.3 a. 生活行為の場所 590
  • 48 48.3 b. 空間内の領域形成 590
  • 48 48.3 c. 領域形成の方法 591
  • 48 48.4 生活作法の形成 593
  • 48 48.4 a. 坐法 593
  • 48 48.4 b. イス坐移行への転換点 594
  • 48 48.4 c. 坐法と作法 595
  • 48 48.4 d. 住居の近代化 596
  • 48 48.5 日本の住居の明日 601
  • 48 48.5 a. ヒト(個人・家族・社会)の変化 601
  • 48 48.5 b. バリアフリー,ユニバーサルデザインの実現 601
  • 48 48.5 c. 環境持続型住居の模索 601
  • 48 48.5 d. 計画への参加,新しい住集団の形成 602
  • 48 48.5 e. 住環境学習の実践 602
  • 49 日本人とオフィス 〔林昌二〕 604
  • 49 49.1 日本人のオフィスは生活の場 604
  • 49 49.2 日本人のオフィスの私性 605
  • 49 49.3 日本人のオフィスのプライバシー 605
  • 49 49.4 日本人のオフィス空間 606
  • 49 49.5 日本人のオフィスレイアウト 607
  • 49 49.5 a. 初期のオフィスビルは棟割り長屋 607
  • 49 49.5 b. オフィスは「帯」である 608
  • 49 49.5 c. 面状レイアウトの試み 609
  • 49 49.5 d. 向かい合いか,スクール方式か 610
  • 49 49.6 日本人のオフィスの装備 611
  • 49 49.7 日本人の役員室 612
  • 49 49.8 日本人の応接空間 613
  • 49 49.9 日本人の会議室 614
  • 49 49.10 日本人のオフィスアメニティ 615
  • 49 49.10 a. 社員食堂 615
  • 49 49.10 b. 来賓食堂 616
  • 49 49.10 c. トイレ・喫煙など 616
  • 49 49.11 日本人のオフィスの未来 617
  • 50 日本人と生活時間 〔本橋豊〕 619
  • 50 50.1 日本人の生活時間構造 619
  • 50 50.2 日本における生活時間構造の地域較差 620
  • 50 50.3 日本人の生体リズムと生活リズム 620
  • 50 50.4 集団遺伝学の観点からみた日本人の生体リズムの特徴 622
  • 50 50.5 日本人の子供の生活時間 622
  • 50 50.6 日本人の勤労者の生活時間 624
  • 50 50.7 高度情報化社会,高齢化社会に対応した生活時間のあり方 625
  • 51 日本人の人口 〔金子隆一〕 629
  • 51 51.1 日本人口の特徴 629
  • 51 51.2 近世までの日本人口 630
  • 51 51.2 a. 旧石器時代から縄文時代の人口 630
  • 51 51.2 b. 弥生時代から古代の人口 632
  • 51 51.2 c. 中世から安土桃山時代の人口 635
  • 51 51.2 d. 江戸時代前半の人口 635
  • 51 51.2 e. 江戸時代後半の人口 638
  • 51 51.3 近代以降の日本人口 639
  • 51 51.3 a. 明治期〜第二次世界大戦時期の人口 639
  • 51 51.3 b. 戦後から高度経済成長期の人口 642
  • 51 51.3 c. 1970年代半ばから現在までの人口 644
  • 51 51.4 日本人口の将来 646
  • 52 日本人の文化 〔米山俊直〕 650
  • 52 52.1 日本の生活文化と伝統 650
  • 52 52.1 a. 稲作文化 650
  • 52 52.1 b. 米本位制の経済 650
  • 52 52.1 c. 都市文化の伝統 651
  • 52 52.1 d. 古代の都市 651
  • 52 52.1 e. 近代以降の都市の発達 651
  • 52 52.1 f. 「日本文化」という国民文化の形成 651
  • 52 52.1 g. 制度的整備 651
  • 52 52.1 h. 国語の制定 652
  • 52 52.1 i. 軍隊経験 652
  • 52 52.1 j. 現在の生活文化 652
  • 52 52.1 k. 日本文化のこれから 652
  • 52 52.2 宗教と精神生活 653
  • 52 52.2 a. 神道 653
  • 52 52.2 b. 神道の神々 653
  • 52 52.2 c. 神道系の新興宗教 653
  • 52 52.2 d. 仏教の伝来と伝播・革新 653
  • 52 52.2 e. 仏教の諸宗派 654
  • 52 52.2 f. 道教・その漢然とした伝播 654
  • 52 52.2 g. 民間伝承のなかの道教的な事物 655
  • 52 52.2 h. シャーマニズム 655
  • 52 52.2 i. アニミズムの活性化としてのシャーマン 656
  • 52 52.2 j. キリシタンの影響 656
  • 52 52.2 k. 明治維新後のキリスト教の影響 657
  • 52 52.2 l. 唯物論と科学思想 657
  • 52 52.2 m. 近代の科学の展開 657
  • 52 52.3 日本人のものの見方・考え方 658
  • 52 52.3 a. 日本文化の重層性とその芸術への反映 658
  • 52 52.3 b. 日本人の自然観・死生観 658
  • 52 52.3 c. 外国人の日本観察記録 658
  • 52 52.3 d. ルース・ベネディクトの『菊と刀』 660
  • 52 52.3 e. ベネディクト批判 660
  • 52 52.3 f. 日本人論の系譜 660
  • 52 52.3 g. 『タテ社会の人間関係』 661
  • 52 52.3 h. 『「甘え」の構造』 661
  • 52 52.3 i. 『風土』 661
  • 52 52.3 j. 『文明の生態史観』と『文明の海洋史観』 661
  • 52 52.3 k. 『イデオロギーとしての日本文化論』 662
  • 52 52.3 l. 『日本文化論の変容』 662
  • 52 52.3 m. 自らを写す鏡として 663
  • 52 52.4 遊び・祭り・芸能 663
  • 52 52.4 a. 遊びと日本人 663
  • 52 52.4 b. 祝祭と日本人 663
  • 52 52.4 c. 予祝祭(祈念祭)と収穫祭 664
  • 52 52.4 d. 都市起源の夏祭り 664
  • 52 52.4 e. 世俗的な祭り 664
  • 52 52.4 f. 芸術・芸能と遊戯 665
  • 52 52.4 g. 茶道 665
  • 52 52.4 h. 香道 666
  • 52 52.4 i. 華道 666
  • 52 52.4 j. 書道 666
  • 52 52.4 k. 歌道 667
  • 52 52.4 l. 舞台芸術 667
  • 52 52.4 m. 能楽 667
  • 52 52.4 n. 文楽と歌舞伎 668
  • 52 52.4 o. 邦楽と日舞 668
  • 52 52.4 p. 寄席演芸 668
  • 52 52.4 q. 民族芸能について 669
  • 52 52.4 r. 競技と日本人 670
  • 52 52.4 s. ゲーム類 670
  • 52 52.4 t. 言葉遊び 670
  • 52 52.4 u. 物見遊山の伝統 670
  • 余録 〔佐藤方彦〕 672
  • 索引 711

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで