The site menu is from hereThe head of this page

This is an explanation of shortcut keys. To link or execute a function, press any of the following combinations of shortcut keys and then press Enter.  To listen to an explanation of shortcut keys, press Alt and 0.  To display the top page, press Alt and 1.  To login, press Alt and 2.  To display the Simple Search page, press Alt and 3.  To display the Advanced Search page, press Alt and 4.  To display the Search page for persons with disabilities, press Alt and 5.  To sort search results, press Alt and 6.  To display the NDL homepage, press Alt and 7.  To refine search results, press Alt and 8.  This ends the explanation of shortcut keys.

The navigation is from here

The navigation is to here

A body is from here

Format 図書

感情・記憶・戦争

details

Title 感情・記憶・戦争
Series 岩波講座近代日本の文化史 ; 8
Place of Publication (Country Code) JP
Place of Publication東京
Publisher岩波書店
Date 2002.11
Size & Duration 353p ; 22cm + 8p
Description 付属資料: 8p : 月報 8
Description 執筆: 成田龍一ほか
ISBN 4000110780
Price 3400円
National Bibliography No.(JPNO) 20358603
Partial Title 1935-55年 2
Year of Publication(W3CDTF) 2002
Subject Heading(Keyword) 日中戦争 (1937-1945)
Subject Heading(Keyword) 太平洋戦争 (1941-1945)
Subject Heading(Keyword) 日本--文化--歴史--昭和時代
NDLC GB511
NDC(9th revised) 210.7 : General history of Nippon
Target Audience 一般
Material Type 図書
Language(ISO639-2 Form) jpn : 日本語

Table of Contents
 

  • 感情・記憶・戦争
  • はじめに
  • 〔総説〕戦争とジェンダー 成田竜一 1
  • はじめに 3
  • 一 戦時のジェンダー 7
  • 二 「戦後」のジェンダー 29
  • むすびにかえて 49
  • I 感情の動員
  • I 民衆を形象化する ハリー・ハルトゥーニアン 55
  • I 「国民」教育の時代 大内裕和 93
  • I はじめに 95
  • I 一 第一次世界大戦期−教育変動と「時局に関する教育資料」 96
  • I 二 阿部重孝の教育研究と教育科学運動 103
  • I 三 一九三〇-四〇年代の教育制度改革 113
  • I 四 戦時から戦後へ−「国民」教育の時代 119
  • I 女性と「権力」−戦争協力から民主化・平和へ 牟田和恵 125
  • I はじめに 127
  • I 一 「福音」としての占領 128
  • I 二 女性の戦争協力 134
  • I 三 ロジックの継続-性役割と家庭・家族の強調 138
  • I 四 売春婦・「慰安婦」への視線 142
  • I 五 平和と反権力-五五年までとそれ以後 152
  • I 六 結びに代えて-権力の脱構築 156
  • I 帝国と国民のあいだ-戦後の和歌批評における帝国の影と国民的反動- トーマス・ラマール 161
  • I はじめに 163
  • I 一 中国への抵抗 166
  • I 二 帝国への民衆の抵抗 169
  • I 三 国家の出現と音素革命 174
  • I 四 終わりに-母語 183
  • II 記憶の戦争
  • II 記憶の作用-世界の中の「慰安婦」 キャロル・グラック 191
  • II はじめに 193
  • II 一 戦争の語り 196
  • II 二 記憶の領域 200
  • II 三 記憶の政治的文脈(クロノ・ポリティクス) 208
  • II 四 記憶への編入 217
  • II 五 世界の中の「慰安婦」 228
  • II 戦下の人種主義−第二次大戦期の「朝鮮出身日本国民」と「日系アメリカ人」− T・フジタニ 235
  • II 一 エスニックおよび植民地出身兵を想起すること 237
  • II 二 兵役における人種主義の否認−「日系アメリカ人」 242
  • II 三 兵役における人種主義の否認−「朝鮮出身日本国民」 249
  • II 四 人種主義とその否認の帰結-朝鮮人から日本人へ 253
  • II 五 文化的人種主義の新たな段階 265
  • II 六 最終考察 269
  • II 沖縄 屈折する自立 戸辺秀明 281
  • II はじめに 283
  • II 一 「沖縄方言論争」再考 285
  • II 二 「海外発展」の夢 294
  • II 三 民族の滅亡を予感する 300
  • II 四 「復帰」への跳躍 308
  • II むすびにかえて 311
  • II トカトントンとピカドン−「復興」の精神と「占領」の記憶 川村湊 321
  • II 一 トカトントンの戦後 323
  • II 二 進駐と検閲 326
  • II 三 「原子のたま」と「平和の鳩」 330
  • II 四 広島復興計画 334
  • II 五 昭和天皇の広島行幸 341
  • II 六 ヒロシマのお地蔵さん 346

A body is to here

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

Foot is to here