サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

ジェンダーと差別

網野, 善彦, 1928-2004

詳細情報

タイトル ジェンダーと差別
著者標目 網野, 善彦, 1928-2004
シリーズ名 岩波講座天皇と王権を考える ; 第7巻
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社岩波書店
出版年月日等 2002.9
大きさ、容量等 307p ; 22cm
ISBN 4000111973
価格 3200円
JP番号 20331966
シリーズ著者網野善彦 [ほか]編
出版年(W3CDTF) 2002
件名(キーワード) 女性問題--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 天皇制--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC EF72
NDC(9版) 367.21 : 家族問題.男性・女性問題.老人問題
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • ジェンダ−と差別
  • 序論 安丸良夫 1
  • 一 ジェンダーと王権 1
  • 二 差別する構造 7
  • 三 本巻の構成 15
  • I 女性と王権
  • I 古代女帝論の過去と現在 義江明子 23
  • I はじめに 23
  • I 一 “女帝”は忌避されたか 25
  • I 二 「天つ日嗣」の確立まで 31
  • I 三 大后権の背景 38
  • I 四 女帝たちの表象 42
  • I おわりに 45
  • I 往来・遍歴する女性たち 勝浦令子 51
  • I はじめに 51
  • I 一 往来・遍歴する女性芸能者 52
  • I 二 往来・遍歴する女性宗教者 59
  • I おわりに 74
  • I 近代皇后論 片野真佐子 79
  • I はじめに 79
  • I 一 国母への道程 81
  • I 二 堅実なる主婦の鑑 88
  • I 三 イデオロギーとしての母性 94
  • I むすびにかえて 98
  • II 差別と王権
  • II 王権をめぐる穢れ・恐怖・差別 伊藤喜良 107
  • II はじめに 107
  • II 一 「聖なる天皇位」の成立 109
  • II 二 穢れの排除儀礼と恐怖 116
  • II 三 ケガレのキヨメにたずさわる人々と差別 125
  • II 四 安楽坊の処刑の場面−むすびにかえて 134
  • II 被差別集団と朝廷・幕府 間瀬久美子 139
  • II はじめに 139
  • II 一 公家と被差別集団の由緒書−夙村 140
  • II 二 雑芸人と朝廷・幕府 142
  • II 三 掃除役と朝廷・幕府 148
  • II 四 本所のある被差別集団と天皇・幕府 152
  • II おわりに 157
  • II 固有文化と馴致する権力−アイヌ 菊池勇夫 171
  • II 一 内なる民の起点 171
  • II 二 徳化・教導の論理−未開から文明へ教え導く 173
  • II 三 馴致と抵抗−生活と労働の場で 179
  • II 四 近代国家の同化圧力と「救済・保護」 189
  • III 女性と近代
  • III カースト秩序とジェンダー−承諾年齢法(一八九一年)をめぐって 粟屋利江 197
  • III はじめに 197
  • III 一 カースト秩序とジェンダー概観 198
  • III 二 承諾年齢法(一八九一年)の背景 202
  • III 三 承諾年齢法案をめぐる論争 205
  • III 四 承諾年齢法案論争と女性 214
  • III おわりに 217
  • III 家族国家観とジェンダー秩序 牟田和恵 227
  • III 一 問題設定−家族国家観批判再考 227
  • III 二 ジェンダー秩序 230
  • III 三 天皇・皇后にみる二元論的ジェンダー 233
  • III 四 教育勅語とその渙発関係資料にみるジェンダー 238
  • III 結びに代えて 250
  • III 表象の女性君主−ヴィクトリア女王を中心に 井野瀬久美恵 255
  • III 一 君主制とジェンダー−問題の所在 255
  • III 二 女性君主の時代−「国民」の創造 258
  • III 三 女たちの記憶−国民の視線 262
  • III 四 女王一家の表象−君主の「パブリック/プライベート」 264
  • III 五 追悼しながら統治する−君主制の「女性化」 269
  • III むすびにかえて 274
  • III 母性天皇制とファシズム 加納実紀代 283
  • III はじめに 283
  • III 一 近代天皇制のジェンダー 287
  • III 二 戦時下天皇制のジェンダー 293
  • III おわりに 301

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで