サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

現代企業法の新展開 : 小島康裕教授退官記念

泉田栄一, 関英昭, 藤田勝利 編

詳細情報

タイトル 現代企業法の新展開 : 小島康裕教授退官記念
著者 泉田栄一, 関英昭, 藤田勝利 編
著者標目 小島, 康裕, 1935-
著者標目 泉田, 栄一, 1947-
著者標目 関, 英昭, 1943-
著者標目 藤田, 勝利, 1944-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社信山社出版
出版年月日等 2001.9
大きさ、容量等 683p ; 22cm
注記 肖像あり
注記 年譜あり
注記 著作目録あり
ISBN 4797219378
価格 18800円
JP番号 20301206
部分タイトル 約款と不正競争防止法 / 石原全 著
部分タイトル 英国の株式会社をめぐるコーポレート・ガバナンス論の展開 / 石山卓麿 著
部分タイトル 会社分割 / 泉田栄一 著
部分タイトル アメリカ統一商法典における流通証券の交付欠缺 / 今泉邦子 著
部分タイトル 株主総会復権論・批判 / 上村達男 著
部分タイトル チェック・トランケション(データによる小切手取立方式)と支払呈示の効力 / 後藤紀一 著
部分タイトル 会社の法遵守体制と取締役の注意義務 / 酒井太郎 著
部分タイトル 違法な新株発行と取締役の責任 / 坂本延夫 著
部分タイトル ドイツ競争制限禁止法における相手方による差別対価規制について / 沢田克己 著
部分タイトル 取得時効の援用権者に関する覚書 / 関武志 著
部分タイトル 法人構成員の責任について / 関英昭 著
部分タイトル 国家契約(経済開発協定)の「準拠法」としての法の一般原則 / 多喜寛 著
部分タイトル 倒産企業の再生と当事者主義の原則 / 中島弘雅 著
部分タイトル システムとしての法人論 / 西尾幸夫 著
部分タイトル ヨーロッパ・コンツェルン法の基本構想について / 早川勝 著
部分タイトル 国際航空機事故補償制度の新展開 / 藤田勝利 著
部分タイトル ヨーロッパ株式会社法における労働者の参加規制の新展開 / 正井章筰 著
部分タイトル 資産担保証券取引におけるサービサーによる債権取立 / 丸山秀平 著
部分タイトル ドイツの株式会社における監査役会と会計監査人の連携 / 三原園子 著
部分タイトル 日独社会保証協定 / ハインリッヒ・メンクハウス 著
部分タイトル GATSサービス協定の自由化構造 / 山浦広海 著
部分タイトル 金融機関の破綻と特例措置の検討 / 山田剛志 著
部分タイトル 企業規模の上限に対する法的規制 / 山部俊文 著
部分タイトル 金融市場におけるセーフティネット / 吉川吉衞 著
部分タイトル 自己株式取得に関する取締役の資本維持責任 / 吉本健一 著
部分タイトル 小島康裕先生を語る / 藤田勝利 著
出版年(W3CDTF) 2001
件名(キーワード) 企業法--記念論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC A415
NDC(9版) 335.04 : 企業.経営
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 現代企業法の新展開 小島康裕教授退官記念 泉田栄一,関英昭,藤田勝利 編
  • 目次
  • はしがき 泉田栄一,関英昭,藤田勝利
  • 1 約款と不正競争防止法 石原全 3
  • 2 英国の株式会社をめぐるコーポレート・ガバナンス論の展開 石山卓麿 31
  • 3 会社分割—比較法的考察— 泉田栄一 61
  • 4 アメリカ統一商法典における流通証券の交付欠欠 今泉邦子 127
  • 5 株主総会復権論・批判 上村達男 151
  • 6 チェック・トランケション(データによる小切手取立方式)と支払呈示の効力 後藤紀一 167
  • 7 会社の法遵守体制と取締役の注意義務 酒井太郎 193
  • 8 違法な新株発行と取締役の責任 —多数説の理論の飛躍を正す— 坂本延夫 221
  • 9 ドイツ競争制限禁止法における相手方による差別対価規制について 沢田克己 251
  • 10 取得時効の援用権者に関する覚書 関武志 283
  • 11 法人構成員の責任について 関英昭 319
  • 12 国家契約(経済開発協定)の「準拠法」としての法の一般原則 多喜寛 333
  • 13 倒産企業の再生と当事者主義の原則 —再生手続の当事者主義的運用のために— 中島弘雅 357
  • 14 システムとしての法人論 —オートポイエシス論における組織・法人— 西尾幸夫 377
  • 15 ヨーロッパ・コンツェルン法の基本構想について —ヨーロッパ・コンツェルン法フォーラムの提言と提案を中心として— 早川勝 401
  • 16 国際航空機事故補償制度の新展開 — 一九九九年モントリオール条約の成立と裁判実務の最近の動向— 藤田勝利 423
  • 17 ヨーロッパ株式会社法における労働者の参加規制の新展開 — 二〇〇〇年一二月の「ニース合意」について— 正井章筰 461
  • 18 資産担保証券取引におけるサービサーによる債権取立 —日独法比較— 丸山秀平 497
  • 19 ドイツの株式会社における監査役会と会計監査人の連携 三原園子 517
  • 20 日独社会保証協定 —最初の経験的事例— ハインリッヒ・メンクハウス 535
  • 21 GATSサービス協定の自由化構造 山浦広海 549
  • 22 金融機関の破綻と特例措置の検討 —行政による積極介入の必要性— 山田剛志 573
  • 23 企業規模の上限に対する法的規制 —企業はどこまで大きくなれるのか— 山部俊文 599
  • 24 金融市場におけるセーフティネット —預金保険機構、保険契約者保護機構、投資者保護基金— 吉川吉衛 625
  • 25 自己株式取得に関する取締役の資本維持責任 吉本健一 649
  • 小島康裕先生を語る 藤田勝利 巻末
  • 小島康裕教授 経歴と著作目録 巻末
  • 執筆者紹介 前付

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで