サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

宗教と権威

網野, 善彦, 1928-2004

詳細情報

タイトル 宗教と権威
著者標目 網野, 善彦, 1928-2004
シリーズ名 岩波講座天皇と王権を考える ; 第4巻
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社岩波書店
出版年月日等 2002.5
大きさ、容量等 293p ; 22cm
ISBN 4000111949
価格 3200円
JP番号 20292683
シリーズ著者網野善彦 [ほか]編
出版年(W3CDTF) 2002
件名(キーワード) 権威
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 権力
件名(キーワード) 宗教と政治
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC A16
NDC(9版) 316.2 : 国家と個人・宗教・民族
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 宗教と権威
  • 序論 安丸良夫 1
  • I 正統性神話の構造
  • I 古代神話のイデオロギー構成 水林彪  13
  • I はじめに 13
  • I 一 神話的諸言説 14
  • I 二 初期宣命および『古事記』の神話 —天皇像を中心として 22
  • I 三 『日本書記』神話の構想 31
  • I 結びにかえて 35
  • I 顕密仏教と王権 佐々木馨 39
  • I 一 本稿の課題と視座 39
  • I 二 天皇王権の正当化と超越化 42
  • I 三 天皇王権の相対化と武家王権の正当化 48
  • I 四 王権の相対化と超越化 57
  • I おわりに —中世的宗教世界の基本構図  63
  • I 天道・革命・隠逸 —朱子学的王権をめぐって 小島毅 69
  • I はじめに 69
  • I 一 五徳終始説の終焉と朱熹の登場 70
  • I 二 道=理の内面化と自己修養 74
  • I 三 隠逸への憧れ? 80
  • I 四 日本への影響 83
  • I 戦国期一向宗の地平 金竜静 91
  • I はじめに 91
  • I 一 中世における宗教的権威の様相 91
  • I 二 蓮如の挑戦 95
  • I 三 戦国期本願寺と朝廷 100
  • I 四 石山合戦とその後 104
  • II 権威と権力の対抗
  • II 聖なる皇帝と異端 —ビザンツ 和田広 113
  • II はじめに 113
  • II 一 聖なる皇帝の誕生 114
  • II 二 正統と異端 118
  • II 三 異端対策の諸相 122
  • II おわりに 132
  • II 徳川将軍権力と宗教 —王権神話の創出 大桑斉 135
  • II はじめに 135
  • II 一 徳川将軍権力の成り立ちの認識 136
  • II 二 家康段階 —仏教の囲い込みと総攬 138
  • II 三 家光期権力中枢での神話形成 142
  • II 四 家光期権力周辺での神話形成 150
  • II 五 綱吉期における神話の成立 154
  • II 教会権力と国家権力 —神聖ローマ帝国 神宝秀夫 161
  • II はじめに 161
  • II 一 皇帝権と「オットー諸帝 —ザーリアー朝帝国教会体制」 163
  • II 二 グレゴリウス改革とヴォルムス協約 168
  • II 三 二元主義体制の展開過程 174
  • II 結 宗教改革と領邦国家体制 182
  • II 民衆宗教のコスモロジーと王権観 宮崎ふみ子 189
  • II はじめに 189
  • II 一 富士講身禄派のコスモロジーにおける天皇 191
  • II 二 不二道における天皇観 日本観の展開 199
  • II 三 幕末の不二道における天皇観 205
  • II 結びにかえて 209
  • III 王権とイデオロギー編成
  • III 近代天皇制イデオロギーの思想過程 —徳川思想および平田篤胤像の転回を中心に 桂島宣弘 217
  • III 一 問題の所在 217
  • III 二 「人心収攬」の言説 223
  • III 三 徳川日本における天皇をめぐる言説の転回 228
  • III 四 明治初年の平田派国学 234
  • III 五 宣長・篤胤像の彼方 237
  • III 国家神道とメシアニズム —「天皇の神格化」からみた大本教 島薗進 247
  • III 一 「天皇の神格化」 247
  • III 二 救済宗教運動の国体論化 —大本の場合 253
  • III 三 国家神道と救済宗教の相互関係 262
  • III 王のカリスマ性 小馬徹 271
  • III はじめに 271
  • III 一 カリスマの論理 272
  • III 二 ヴェーバーとフレーザー 275
  • III 三 フレーザー理論の可能性と構造主義 281
  • III 四 二重王権と神聖王権 285
  • III おわりに 290

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで