サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

生命の記号論

日本記号学会 編

詳細情報

タイトル 生命の記号論
著者 日本記号学会 編
著者標目 日本記号学会
シリーズ名 記号学研究 ; 14
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社東海大学出版会
出版年月日等 1994.3
大きさ、容量等 270p ; 21cm
ISBN 4486012755
JP番号 20393997
出版年(W3CDTF) 1994
件名(キーワード) 記号学--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KE12
NDC(9版) 801 : 言語学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 生命の記号論
  • 言語中心主義から言語相対主義へ■まえがきに代えて 久米博 5
  • 1 生命観の変貌
  • 生命・関係性・形態 吉岡洋 17
  • 生命の基礎としての分子の記号作用 川出由己 35
  • 生命記号論—序説 坂本百大 49
  • 生におけるロークス・ミノーリス■藤枝静男論 小林昌広 63
  • 2 生命・AI・物語
  • シンポジウム「生命・AI・物語」を終えて 室井尚 77
  • 情報編集としての物語を考える 高橋秀元 83
  • 「作ってなんぼ」のナラトロジ 竹内郁雄 105
  • 物語の中の性と生死と規範について 北岡誠司 119
  • 3
  • 生命の二重構造・生命圏と記号圏 船倉正憲 133
  • 4
  • 原初の比喩としての<換喩> 菅野盾樹 147
  • パースと記号過程・認知・自己意識 江川晃 161
  • 文字の記号学■アラビア数字の神経心理学的考察 田村至 173
  • 『白鳥の湖』と『鷺娘』■白鳥乙女はいかにして超越するか 上村くにこ 185
  • 記号ゲームとしての茶会■いかにして道具は語るか 加藤恵津子 197
  • 竹と壷の象徴するもの■茶の湯において 泉滋三郎 213
  • 5
  • The Possibility of an East Asian Semiotics Hyakudai SAKAMOTO 230
  • ■書評
  • 文化記号論の基礎固め■脇阪豊・川島淳夫・高橋由美子編著『記号学小辞典』 磯谷孝 233
  • ふたつのキーワードによる知の予言群■室井尚・吉岡洋共著『情報と生命—脳・コンピユータ・宇宙』 小林昌広 239
  • 丸山哲学をめぐる十五の論攷■加賀野井秀一・前田英樹・立川健二編『言語哲学の地平—丸山圭三郎の世界』 久米博 243
  • Sapir Revisited■平林幹郎著『サピアの言語論』 佐久間晶子 251
  • テレビ記号論のために 土屋健 257
  • 編集後記

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで