サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

西洋精神史における言語観の諸相

中川純男 編

詳細情報

タイトル 西洋精神史における言語観の諸相
著者 中川純男 編
著者標目 中川, 純男, 1948-2010
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社慶應義塾大学言語文化研究所
出版地東京
出版社慶應義塾大学出版会
出版年月日等 2002.3
大きさ、容量等 225p ; 21cm
ISBN 4766409167
価格 2500円
JP番号 20344274
出版年(W3CDTF) 2002
件名(キーワード) 言語哲学--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KE13
NDC(9版) 801.01 : 言語学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 西洋精神史における言語観の諸相
  • はじめに 中川純男 1
  • 存在と言語−存在文の意味論 飯田隆 5
  • 自然言語の二つの基本構文−コピュラ文と存在文の意味をめぐって 西山佑司 31
  • Language Design in Generative Grammar−How Minimalist Ideas Came Into Focus 北原久嗣 73
  • ホメーロスの言葉と詩人たちの解釈 高橋通男 91
  • コンタンティノス・シモニディスの「イーリアス」写本をめぐる諸問題I−Thomas Phillipps MS 138771 西村太良 113
  • 認識とことば−アウグスティヌスにおけることばの概念 中川純男 129
  • 政治的表象としての言語−ヨーロッパ中世文献学から見た言語観 岩波敦子 149
  • 抒情詩のことばとジャンル−中英語宗教抒情詩写本のコンテクストに関する考察 松田隆美 171
  • 言語と超越−西欧精神史を縦断しつつ 斎藤慶典 185
  • アラビア語版『ギリシアの賢者の言葉』 堀江聡訳 209

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで