サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

世界の中の三島由紀夫

松本, 徹, 1933-,佐藤, 秀明, 1955-,井上, 隆史, 1963-

詳細情報

タイトル 世界の中の三島由紀夫
著者標目 松本, 徹, 1933-
著者標目 佐藤, 秀明, 1955-
著者標目 井上, 隆史, 1963-
シリーズ名 三島由紀夫論集 ; 3
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社勉誠出版
出版年月日等 2001.3
大きさ、容量等 266p ; 22cm
ISBN 4585040439
価格 4500円
JP番号 20232263
部分タイトル 三島由紀夫とヴァレリー / 秋山駿 著
部分タイトル ラディゲの役割 / ベアタ・クビャック・ホチ 著国見晃子 訳
部分タイトル ニーチェ、バタイユ、ハイデガー / 井上隆史 著
部分タイトル マン、ワグナー / 松本道介 著
部分タイトル 『アポロの杯』の旅の文法 / 花田俊典 著
部分タイトル 殉教の愉悦 / 宮下規久朗 著
部分タイトル ギリシャとインドの間で / ロイ・スターズ 著遠藤朋之 訳
部分タイトル 見えざる「深層」「構造」に命じられて生死した文学 / テレングト・艾特 著
部分タイトル 三島由紀夫あるいは女の復讐 / 川竹ジョジアーヌ 著
部分タイトル 三島由紀夫に於けるファシズム文学の問題 / ロマノ・ヴルピッタ 著
部分タイトル 韓国における三島文学 / 許昊 著
部分タイトル ユルスナールの三島論 / 松本徹 著
部分タイトル ヨーロッパ・フランス語圏における三島劇 / 松永尚三 著
部分タイトル 日本では未公開の映画「MISHIMA」は何を描き、どう評価されたのか / 垣井道弘 著
部分タイトル 肉体で描かれた三島由紀夫へのオマージュ / 松田和彦 著
部分タイトル 評伝-ジョン・ネイスン、ヘンリー・スコット=ストークス / 小埜裕二 著
シリーズ著者松本徹, 佐藤秀明, 井上隆史 編
出版年(W3CDTF) 2001
件名(キーワード) 三島, 由紀夫, 1925-1970
NDLC KG574
NDC(9版) 910.268 : 日本文学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 世界の中の三島由紀夫
  • 目次
  • 序文
  • 三島由紀夫とヴァレリー 秋山駿 1
  • ラディゲの役割 −三島由紀夫が古典主義的美学を身につけていく過程において− ベアタ・クビャック・ホチ(国見晃子訳) 9
  • ニーチェ、バタイユ、ハイデガー 井上隆史 29
  • マン、ワグナー 松本道介 46
  • 『アポロの杯』の旅の文法 花田俊典 58
  • 殉教の愉悦 −聖セバスティアヌス、レーニ、三島− 宮下規久朗 75
  • ギリシャとインドの間で −文化的巡礼者としての三島− ロイ・スターズ(遠藤朋之訳) 95
  • 見えざる「深層」「構造」に命じられて生死した文学 −三島由紀夫文学の「根源」あるいは「原型」− テレングト・艾特(アイトル) 115
  • 三島由紀夫あるいは女の復讐 川竹ジョジアーヌ 160
  • 三島由紀夫に於けるファシズム文学の問題 ロマノ・ヴルピッタ 175
  • 韓国における三島文学 −その研究事情と翻訳事情− 許昊 190
  • ユルスナールの三島論 松本徹 207
  • ヨーロッパ・フランス語圏における三島劇 松永尚三 215
  • 日本では未公開の映画「MISHIMA」は何を描き、どう評価されたのか 垣井道弘 229
  • 肉体で描かれた三島由紀夫へのオマージュ −ベジャールの「M」− 松田和彦 241
  • 評伝 −ジョン・ネイスン、ヘンリー・スコット=ストークス− 小埜裕二 257

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで