サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

ICUブック

Paul L.Marino [著],稲田英一, 唐澤富士夫, 長谷場純敬 監訳

詳細情報

タイトル ICUブック
著者 Paul L.Marino [著]
著者 稲田英一, 唐澤富士夫, 長谷場純敬 監訳
著者標目 Marino, Paul L
著者標目 稲田, 英一, 1954-
著者標目 唐澤, 富士夫
著者標目 長谷場, 純敬, 1938-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社メディカル・サイエンス・インターナショナル
出版年月日等 2001.9
大きさ、容量等 754p ; 26cm
注記 訳: 石原弘規ほか
注記 原タイトル: The ICU book. (2nd ed.)
ISBN 4895922839
価格 11000円
JP番号 20217495
別タイトル The ICU book. (2nd ed.)
第2版
出版年(W3CDTF) 2001
件名(キーワード) ICU (病院)
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC241
NDC(9版) 492 : 臨床医学.診断・治療
原文の言語(ISO639-2形式) eng : English
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • ICUブック   Paul L.Marino 〔著〕   稲田英一,唐沢富士夫,長谷場純敬 監訳
  • I. 基礎科学レビュー 1
  • I. 1. 血流 3
  • I. 2. 呼吸ガスの運搬 16
  • I. 3. オキシダントの脅威 27
  • II. 患者ケアの基本手技 43
  • II. 4. 血管確保 45
  • II. 5. 血管内留置カテーテル 63
  • II. 6. 消化管感染の予防 78
  • II. 7. 静脈血栓塞栓症 87
  • II. 8. 鎮痛と鎮静 100
  • III. 血行動態モニタリング 117
  • III. 9. 血圧 119
  • III. 10. 肺動脈カテーテル 127
  • III. 11. 中心静脈圧と楔入圧 137
  • III. 12. 熱希釈法:方法と応用 146
  • III. 13. 組織の酸素化 153
  • IV. 循環血液量の異常 167
  • IV. 14. 出血と循環血液量減少 169
  • IV. 15. 膠質液および晶質液による蘇生 186
  • IV. 16. 急性心不全 197
  • IV. 17. 心停止 212
  • IV. 18. 心血管作動薬 227
  • V. 心筋傷害 245
  • V. 19. 急性心筋梗塞の初期治療 247
  • V. 20. 頻拍性不整脈 261
  • VI. 急性呼吸不全 279
  • VI. 21. 低酸素血症と高二酸化炭素症 281
  • VI. 22. オキシメトリとカプノグラフィ 294
  • VI. 23. 急性呼吸促迫症候群 308
  • VI. 24. 酸素吸入療法 322
  • VI. 25. 呼吸器系の薬物療法 333
  • VII. 人工呼吸 347
  • VII. 26. 人工呼吸の原理 349
  • VII. 27. 補助呼吸の様式 359
  • VII. 28. 人工呼吸中の患者 371
  • VII. 29. 人工呼吸からの離脱 385
  • VIII. 感染症と炎症性疾患 397
  • VIII. 30. 発熱患者 399
  • VIII. 31. 感染,炎症,多臓器障害 414
  • VIII. 32. 院内肺炎 426
  • VIII. 33. 腹部および骨盤からの敗血症 439
  • VIII. 34. 免疫不全患者 452
  • VIII. 35. 抗菌療法 465
  • IX. 酸塩基平衡障害 481
  • IX. 36. 酸塩基平衡の解釈 483
  • IX. 37. 有機性アシドーシス 493
  • IX. 38. 代謝性アルカローシス 506
  • X. 輸液と電解質異常 515
  • X. 39. 急性乏尿 517
  • X. 40. 高張・低張症候群 527
  • X. 41. カリウム 540
  • X. 42. マグネシウム 551
  • X. 43. カルシウムとリン 562
  • XI. 成分輸血療法 577
  • XI. 44. 赤血球輸血 579
  • XI. 45. 血小板の異常と血小板輸血 594
  • XII. 栄養と代謝 603
  • XII. 46. 栄養源と必要カロリー 605
  • XII. 47. 経腸栄養 618
  • XII. 48. 静脈栄養 632
  • XII. 49. 副腎および甲状腺機能障害 642
  • XIII. 神経疾患 651
  • XIII. 50. 精神の障害 653
  • XIII. 51. 運動の障害 666
  • XIII. 52. 脳卒中および関連障害 675
  • XIV. 薬物の考察 685
  • XIV. 53. 医薬品による中毒と拮抗薬 687
  • XIV. 54. ICU患者への投薬量の調節 710
  • XV. 付録 723
  • XV. 1. 単位とその変換 725
  • XV. 1. 国際系統単位 726
  • XV. 1. 温度換算表 726
  • XV. 1. 薬局液量法と家庭用量法の換算 727
  • XV. 1. 圧の変換 727
  • XV. 1. pHと水素イオン濃度 727
  • XV. 1. プラスチックチューブ製品のサイズ 728
  • XV. 1. 血管内カテーテルのサイズ 728
  • XV. 2. 主な参考値 729
  • XV. 2. 臨床生化学検査の参照値 730
  • XV. 2. ビタミンと微量元素の正常値 731
  • XV. 2. 体位によって影響を受ける生化学検査値 731
  • XV. 2. 臨床生化学検査の自動測定に必要な検体量 732
  • XV. 2. 成人の理想体重 732
  • XV. 2. 基礎代謝率 733
  • XV. 2. 体型指標の決定 733
  • XV. 2. 成人の体型と血液量 734
  • XV. 2. 高齢者の血液量 734
  • XV. 2. 健康成人の体液分布 734
  • XV. 2. 健康男性最大呼気流量 734
  • XV. 2. 健康女性最大呼気流量 735
  • XV. 3. 臨床的スコアリングシステム 736
  • XV. 3. 急性期の生理学的スコア(APS) 737
  • XV. 3. グラスゴーコーマスケール(GCS) 738
  • XV. 3. 年齢に対する補正 738
  • XV. 3. 慢性疾患に対する補正 738
  • XV. 3. 総APACHE IIスコア 739
  • XV. 3. ICU入室患者5815例のAPACHE IIスコアと死亡率 739
  • XV. 3. 多臓器障害スコア 739
  • XV. 3. 多臓器障害スコアとICUにおける死亡率 740
  • XV. 4. 医療統計と人口 741
  • XV. 4. 1996年における病院医療業務の患者費用 742
  • XV. 4. 米国における健康管理に対する年間費用 742
  • XV. 4. 米国における平均寿命 742
  • XV. 4. 米国における年間死亡者数 743
  • XV. 4. 米国における高齢者人口 743
  • XV. 4. 世界人口増加率 743
  • XV. 4. 1995年における医学専門医数の比較 744
  • XV. 4. 1995年米国において最もよく処方される薬物 744
  • XV. 4. 報告の多かった薬物中毒 745
  • 索引 747

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで