サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

糖尿病運動療法のてびき

糖尿病治療研究会 編

詳細情報

タイトル 糖尿病運動療法のてびき
著者 糖尿病治療研究会 編
著者標目 糖尿病治療研究会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社医歯薬出版
出版年月日等 2001.4
大きさ、容量等 177p ; 26cm
ISBN 4263232658
価格 3200円
JP番号 20176051
新版
出版年(W3CDTF) 2001
件名(キーワード) 糖尿病
NDLC SC311
NDC(9版) 493.123 : 内科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 糖尿病運動療法のてびき
  • 目次
  • 糖尿病治療研究会と改訂新版の刊行,序
  • 1 運動の人体に及ぼす影響 11
  • 1. 運動と糖代謝の分子メカニズム 浅野知一郎,林達也 1
  • (1) 運動の急性血糖降下作用 1
  • (2) GLUT4トランスロケーション 2
  • (3) GLUT4トランスロケーションに至るシグナル伝達機構 4
  • 1. インスリンの場合 4
  • 2. 筋収縮の場合 4
  • (4) 運動によるインスリン感受性の改善1回運動の効果 7
  • (5) 1回の運動によるインスリン感受性の改善の分子機構 7
  • (6) 運動の積み重ね(トレーニング)効果 7
  • 2. 運動時の呼吸・循環反応 鈴木政登 10
  • (1) 運動時のエネルギー供給機構 10
  • (2) 運動負荷時の呼吸および代謝応答 13
  • (3) 運動負荷時の心拍数(HR)および血圧応答 14
  • 3. 筋肉・脂肪組織への影響 林達也 16
  • (1) 筋肉組織への影響 16
  • 1. ミトコンドリアの大きさと密度の増加,酸化系酵素活性の増大 18
  • 2. 毛細血管密度の増加 18
  • 3. タイプ1筋線維の肥大 18
  • 4. 筋肉内のエネルギー貯蔵の増加 18
  • 5. 運動トレーニングによる糖輸送担体の増加 20
  • (2) 脂肪組織への影響 20
  • 1. 運動による体脂肪の減少 20
  • 2. 運動と脂肪細胞の縮小 21
  • 3. 運動と内臓脂肪の減少 22
  • 4. 内分泌・代謝への影響 林達也 23
  • (1) 糖代謝の観点から 23
  • (2) 脂質代謝の観点から 26
  • 5. 運動能力(体力)への影響 浅野知一郎 29
  • 6. ストレスの解消と精神機能の賦活化への影響 浅野知一郎 31
  • 7. 運動時の生体反応に及ぼす環境要因 鈴木政登 33
  • (1) 交感神経系および心拍数,血圧の日内リズム 33
  • (2) 運動負荷時の心拍数,血圧およびカテコールアミン応答の日内変動 34
  • (3) 運動負荷時の生体反応に及ぼす外部環境の影響 34
  • 文献 37
  • 2 運動療法の適用と効果 41
  • 1. 一次予防のために 藤井暁 41
  • (1) 運動習慣と糖尿病発症 41
  • (2) IGTから糖尿病への進展予防 44
  • 2. 運動療法が勧められる場合と勧められない場合 藤井暁 44
  • (1) 運動療法の適応と禁忌 44
  • (2) 注意してすすめるべき場合 46
  • 1. 肥満 46
  • 2. 血管合併症 46
  • 3. 糖尿病における運動療法効果 田中史朗 47
  • (1) インスリン感受性ならびに耐糖能 47
  • (2) 高脂血症 51
  • (3) 体脂肪とその分布 53
  • (4) 高血圧 56
  • (5) 骨量 57
  • (6) その他 59
  • 文献 59
  • 3 運動療法を始める前のチェックポイント 61
  • 1. 日常生活活動量の把握 鈴木政登 61
  • (1) エネルギー代謝 61
  • 1. 基礎代謝 61
  • 2. 睡眠時代謝 62
  • 3. 安静時代謝 62
  • 4. 特異動的作用 62
  • 5. 運動(労作)時代謝 62
  • (2) エネルギー代謝測定法 62
  • 1. 生活活動調査法 63
  • 2. 酸素消費量実測法およびHRーVO2回帰式を用いる方法 64
  • 3. 簡便なエネルギー消費量測定装置 66
  • 2. 運動僚法を始める前のメディカルチェック 望月健太郎,河盛隆造 67
  • (1) メディカルチェックの目的 67
  • (2) 問診 68
  • (3) 診察所見 70
  • (4) 各種検査項目 70
  • 3. 体力測定 望月健太郎,河盛隆造 71
  • (1) 体力測定の繰り返しの重要性 71
  • (2) 体力測定の方法 71
  • (3) 呼吸循環機能における持久力 71
  • (4) 体力測定を行う際の注意点 75
  • 4. 施設などに示す処方書式の例示 望月健太郎,河盛隆造 76
  • 文献 78
  • 4 糖尿病治療のための運動処方の原則 79
  • 1. 運動の種類とその質 浅野知一郎 79
  • 2. 運動強度 浅野知一郎 81
  • 3. 運動時間および運動頻度 鈴木政登 83
  • 4. 運動実施時間帯 鈴木政登 84
  • 文献 85
  • 5 運動プログラムの管理とすすめ方 藤沼宏彰 86
  • 1. 運動のとらえ方 86
  • (1) 運動療法の前段階 87
  • (2) 運動療法としての運動 87
  • (3) 運動療法の枠を超えた運動 88
  • 2. 目的に応じた運動プログラムの実際 88
  • (1) ストレッチング 88
  • 1. 弾みをつけない 89
  • 2. 伸ばされている筋肉を意識する 89
  • 3. 呼吸を止めずに定時間保持する 89
  • (2) レジスタンストレーニング 90
  • 1. 目的に合わせた大きな筋群をトレーニングする 92
  • 2. 中等度の負荷で行う 92
  • 3. 3セットを目標とする 92
  • 4. 運動中呼吸を止めない 92
  • 5. 負荷を漸増する 92
  • (3) 有酸素運動 97
  • (4) スポーツ 97
  • 1. スポーツが実施可能な対象を選定する 99
  • 2. 勝負にこだわらない 99
  • 3. 対戦相手を考える 99
  • 4. 用具やルールを見なおす 99
  • 3. ウォーミングアップ,クーリングダウンの重要性と行い方 99
  • (1) ウォーミングアップ 100
  • (2) クーリングダウン 100
  • 4. 処方に沿った運動ができない人に 101
  • (1) 日常生活と運動 101
  • (2) 仕事と運動 101
  • (3) 人目が気になる人へ 103
  • 5. 運動療法を行う際の注意点 103
  • (1) 運動実施を見合わせるべきとき 103
  • (2) 運動を中止すべきとき 104
  • (3) 靴と服装 104
  • (4) 水分摂取の必要性 104
  • (5) 運動記録のつけ方 105
  • 6. 運動施設の利用法 105
  • (1) 厚生大臣認定運動型健康増進施設 105
  • (2) 厚生大臣認定指定運動療法施設 105
  • (3) フィットネス(アスレチック)クラブ 106
  • (4) 公共運動施設 106
  • 文献 106
  • 6 運動処方の実際 107
  • 1. 病型からみた運動処方の実際 田中史朗 107
  • (1) 運動処方の実際 109
  • (2) 病型別にみた運動処方上のチェックポイント 111
  • 1. 肥満を有する2型糖尿病の場合 111
  • 2. 1型糖尿病などインスリン治療下の場合 113
  • 2. 糖尿病性合併症の有無,種類,程度からみた場合 渥美義仁 115
  • (1) 糖尿病網膜症を有する場合 116
  • (2) 糖尿病性腎症を有する場合 117
  • (3) 糖尿病性神経障害や足病変を有する場合 119
  • 1. 足病変でウォーキングができないとき 121
  • 3. 糖尿病性合併症あるいはそのリスクを有する場合 林達也 121
  • (1) 心血管系疾患の評価 121
  • (2) 運動処方 122
  • (3) 運動処方の注意点 124
  • 1. 低血糖の防止 124
  • 2. 糖尿病性神経障害,とくに自律神経障害を合併する場合 124
  • 3. 薬剤の影響 124
  • 4. 治療方法別にみた場合 佐藤祐造 125
  • (1) 食事療法単独で治療を行っている症例 126
  • 1. 身体運動と2型糖尿病 126
  • 2. 運動の種類と組み合わせ 128
  • 3. 運動量 129
  • 4. 運動強度 129
  • 5. 運動療法実施上の注意点 130
  • 6. 食事療法と運動療法併用の成功例と失敗例 130
  • 7. 運動療法の実施により,短期的には糖尿病,高血圧,高脂血症が改善したが,長期的には悪化した症例 133
  • (2) 糖尿病経口薬 134
  • (3) インスリン療法 134
  • 1. 身体運動と1型糖尿病 134
  • 2. 運動の具体的実施法 135
  • 文献 137
  • 7 運動療法のフォローアップと再処方のすすめ方 河盛隆造,田村好史 138
  • 1. 運動療法のフォローアップの概要 138
  • 2. 運動療法の効果判定の目的と動機付けの方法 140
  • 3. 運動療法の効果判定 142
  • (1) 糖尿病や糖尿病に付随する高血圧や高脂血症の治療としての有効性の評価 143
  • (2) 自覚症状の改善 144
  • (3) 運動能力と体力 146
  • 1. 有酸素運動能力の評価 146
  • 2. 無酸素運動のフォローアップ 148
  • 4. 再処方のすすめ方 148
  • 文献 149
  • 付録1 長期にわたり運動療法を継続し,良好なコントロールを維持している症例 藤沼宏彰 151
  • 付録2 運動器具の紹介と選び方 藤沼宏彰 157
  • 付録3 厚生大巨認定健康増進施設(運動型)一覧表 鈴木政登 163
  • 索引 175

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで