サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

電池便覧

電池便覧編集委員会 編

詳細情報

タイトル 電池便覧
著者 電池便覧編集委員会 編
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社丸善
出版年月日等 2001.2
大きさ、容量等 611p ; 27cm
ISBN 4621048422
価格 32000円
JP番号 20143785
第3版
出版年(W3CDTF) 2001
件名(キーワード) 電池
NDLC PA2
NDLC PA185
NDC(9版) 572.1 : 電気化学工業
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 電池便覧
  • 目次
  • 1章 電池の形式と分類
  • 1・1 電池の構成 3
  • 1・1・1 ボルタ電池 3
  • 1・1・2 電池の構成 3
  • 1・1・3 実用電池 4
  • 1・1・4 活物質の再生 5
  • 1・2 実用電池とその種類 5
  • 1・2・1 一次電池 5
  • 1・2・2 二次電池 6
  • 1・2・3 燃料電池 8
  • 1・2・4 再生型電池 10
  • 1・2・5 太陽電池 11
  • 1・2・6 熱電池 12
  • 1・2・7 その他 13
  • 1・3 電池開発の歴史 13
  • 1・3・1 電池の誕生 13
  • 1・3・2 一次電池(乾電池) 15
  • 1・3・3 二次電池(蓄電池) 17
  • 1・3・4 エネルギー輸送・貯蔵媒体としての電池 21
  • 1・3・5 燃料電池 23
  • 1・3・6 太陽電池 25
  • 1・4 電池から得られるエネルギー 26
  • 1・4・1 電池から得られる理論電気量 26
  • 1・4・2 電池の起電力 27
  • 1・4・3 電池の分極 29
  • 1・4・4 電池の自己放電と活物質の消耗 30
  • 1・4・5 電池のエネルギー密度と出力密度 32
  • 1・5 電池に用いられる材料 33
  • 1・5・1 電池の電解質 33
  • 1・5・2 電池の活物質 37
  • 2章 一次電池
  • 2・1 概要 47
  • 2・2 一次電池の使用法と評価法 48
  • 2・2・1 電池の種類・電気化学系記号・形状寸法 48
  • 2・2・2 評価法 51
  • 2・2・3 一次電池の選択の目安 52
  • 2・3 マンガン乾電池 53
  • 2・3・1 概要 53
  • 2・3・2 電池電極反応 53
  • 2・3・3 電池構造 57
  • 2・3・4 材料 61
  • 2・3・5 製法 70
  • 2・3・6 特性 71
  • 2・3・7 用途 73
  • 2・3・8 取扱い方法 73
  • 2・3・9 おわりに 73
  • 2・4 アルカリ乾電池 74
  • 2・4・1 概要 74
  • 2・4・2 電池電極反応 74
  • 2・4・3 電池構造 77
  • 2・4・4 材料 82
  • 2・4・5 製法 96
  • 2・4・6 特性 97
  • 2・4・7 用途 99
  • 2・4・8 取扱い方法 99
  • 2・4・9 おわりに 100
  • 2・5 酸化銀電池 100
  • 2・5・1 概要 100
  • 2・5・2 電池電極反応 101
  • 2・5・3 電池構造 102
  • 2・5・4 材料 102
  • 2・5・5 製法 105
  • 2・5・6 特性 107
  • 2・5・7 用途 109
  • 2・5・8 取扱い法 109
  • 2・6 空気電池 109
  • 2・6・1 概要 109
  • 2・6・2 電池電極反応 110
  • 2・6・3 電池構造 111
  • 2・6・4 材料 112
  • 2・6・5 特性 113
  • 2・6・6 用途 114
  • 2・7 リチウム電池 114
  • 2・7・1 二酸化マンガン系 114
  • 2・7・2 フッ化黒鉛系 123
  • 2・7・3 塩化チオニルーリチウム電池 130
  • 2・7・4 二硫化鉄系,酸化銅系 135
  • 2・8 その他の一次電池 136
  • 2・8・1 水銀電池 136
  • 2・8・2 海水電池 138
  • 2・8・3  その他 139
  • 3章 おもな二次電池
  • 3・1 概要 143
  • 3・2 電池の使用方法と評価方法 144
  • 3・2・1 電池の使用方法 144
  • 3・2・2 電池の評価法 146
  • 3・3 蓄電池 151
  • 3・3・1 概要 151
  • 3・3・2 鉛蓄電池の充放電反応 152
  • 3・3・3 電池構造 166
  • 3・3・4 材料 168
  • 3・3・5 製法 172
  • 3・3・6 特性 177
  • 3・3・7 用途 180
  • 3・3・8 シール型鉛蓄電池 191
  • 3・3・9 取扱い法 200
  • 3・3・10 評価試験法 204
  • 3・4 密閉型ニッケルーカドミウム二次電池 206
  • 3・4・1 概要 206
  • 3・4・2 原理 206
  • 3・4・3 電池構造 208
  • 3・4・4 材料と製法 210
  • 3・4・5 特性 214
  • 3・4・6 近年の動向 221
  • 3・4・7 用途 226
  • 3・4・8 取扱い法 226
  • 3・5 ニッケルー水素二次電池 227
  • 3・5・1 概要 227
  • 3・5・2 電池電極反応 228
  • 3・5・3 電池構造 229
  • 3・5・4 材料と製造方法 230
  • 3・5・5 特性 245
  • 3・5・6 用途 251
  • 3・5・7 取扱い法 253
  • 3・6 リチウムイオン二次電池 256
  • 3・6・1 概要 256
  • 3・6・2 電池電極反応 257
  • 3・6・3 電池構造 261
  • 3・6・4 材料と製造方法 266
  • 3・6・5 特性 284
  • 3・6・6 用途 294
  • 3・6・7 取扱い法 295
  • 3・7 その他のアルカリ二次電池 304
  • 3・7・1 概要 304
  • 3・7・2 ニッケルー亜鉛二次電池 304
  • 3・7・3 ニッケルー鉄二次電池 310
  • 3・7・4 酸化銀ー亜鉛二次電池 312
  • 3・7・5 酸化銀ーカドミウム二次電池 315
  • 4章 期待される二次電池
  • 4・1 概要 319
  • 4・2 新しいリチウム系二次電池 320
  • 4・2・1 ポリマー電解質系二次電池 320
  • 4・2・2 新しい正極材料 329
  • 4・2・3 新しい負極材料 343
  • 4・2・4 新しい電解質 355
  • 4・2・5 低温溶融塩リチウムニ次電池 362
  • 4・3 高圧型ニッケルー水素二次電池 364
  • 4・3・1 原理 364
  • 4・3・2 電池構造 365
  • 4・3・3 特性 367
  • 4・3・4 用途と取扱い法 368
  • 4・4 金属ー空気二次電池 368
  • 4・5 ナトリウムー硫黄電池 371
  • 4・5・1 動作原理と電極反応 371
  • 4・5・2 電池構造 372
  • 4・5・3 ナトリウムー硫黄電池の適用 373
  • 4・6 高温型リチウムー硫化鉄二次電池 374
  • 4・7 亜鉛ー臭素二次電池 375
  • 4・8 レドックスフロー二次電池 377
  • 4・8・1 概要 377
  • 4・8・2 原理と電極反応 377
  • 4・8・3 電池の構成と材料構造 378
  • 4・8・4 特性 380
  • 4・8・5 用途 380
  • 4・8・6 取扱い法 380
  • 5章 燃料電池
  • 5・1 概要 383
  • 5・2 アルカリ型燃料電池 385
  • 5・2・1 概要 385
  • 5・2・2 原理と特徴 386
  • 5・2・3 電池構造と材料 387
  • 5・2・4 システム構成 389
  • 5・2・5 特性 390
  • 5・2・6 開発状況 392
  • 5・3 固体高分子型燃料電池 392
  • 5・3・1 概要 392
  • 5・3・2 原理と特徴 393
  • 5・3・3 構成材料と技術課題 395
  • 5・3・4 燃料調整と電池特性 400
  • 5・3・5 開発動向 402
  • 5・3・6 直接メタノール型燃料電池 405
  • 5・4 リン酸型燃料電池 407
  • 5・4・1 概要 407
  • 5・4・2 原理と電池反応 409
  • 5・4・3 システムの構成 416
  • 5・4・4 燃料改質装置 422
  • 5・4・5 電池構造と材料 428
  • 5・4・6 電気事業用システム 437
  • 5・4・7 オンサイト用システム 439
  • 5・4・8 今後の展望 450
  • 5・5 溶融炭酸塩型燃料電池 451
  • 5・5・1 概要 451
  • 5・5・2 原理と電極反応 451
  • 5・5・3 電池構造と材料 456
  • 5・5・4 システム構成とシステム効率 458
  • 5・5・5 電池特性と用途 461
  • 5・5・6 開発状況と課題 464
  • 5・6 固体酸化物燃料電池 465
  • 5・6・1 概要 465
  • 5・6・2 原理と電極反応 466
  • 5・6・3 電池構造と材料 467
  • 5・6・4 特性 474
  • 5・6・5 固体酸化物型燃料電池システム 475
  • 5・7 その他の燃料電池 481
  • 5・7・1 メタノール燃料電池 481
  • 5・7・2 ヒドラジン燃料電池 484
  • 6章 太陽電池
  • 6・1 概要 489
  • 6・1・1 太陽光発電とその特質 489
  • 6・1・2 太陽電池の原理とエネルギー変換効率 490
  • 6・2 結晶シリコン太陽電池 493
  • 6・2・1 概要 493
  • 6・2・2 原理と構造 494
  • 6・2・3 製法 496
  • 6・2・4 モジュール 506
  • 6・2・5 今後の展望 507
  • 6・3 アモルファスシリコン太陽電池 508
  • 6・3・1 概要 508
  • 6・3・2 原理 510
  • 6・3・3 製法 513
  • 6・3・4 特性向上へのアプローチ 518
  • 6・3・5 今後の展望 525
  • 6・4 薄膜多結晶シリコン太陽電池 527
  • 6・4・1 薄膜多結晶シリコン太陽電池の意義 527
  • 6・4・2 光閉込め技術 527
  • 6・4・3 薄膜多結晶Siの形成技術 530
  • 6・4・4 今後の展望 532
  • 6・5 化合物半導体太陽電池 532
  • 6・5・1 概要 532
  • 6・5・2 IIIーV族太陽電池 533
  • 6・5・3 IIーVI族太陽電池 535
  • 6・5・4 IーIIIーVI(sub)2(/sub)族太陽電池 536
  • 6・5・5 今後の展望 537
  • 6・6 太陽電池の応用 537
  • 6・6・1 はじめに 537
  • 6・6・2 独立システム 538
  • 6・6・3 系統連係システム 538
  • 6・6・4 太陽電池の導入量 538
  • 6・6・5 今後の課題 540
  • 7章 エネルギーシステム,環境と電池
  • 7・1 概要 545
  • 7・1・1 はじめに 545
  • 7・1・2 電気エネルギー貯蔵技術の必要性 545
  • 7・1・3 分散型電源 546
  • 7・1・4 電力貯蔵 546
  • 7・1・5 分散電源システムー需要地系統 547
  • 7・2 電気自動車ー環境に対する効果と電池の役割 547
  • 7・2・1 大気環境問題と自動車 547
  • 7・2・2 電気自動車の環境に対する効果と電池 549
  • 7・3 電力負荷平準化 553
  • 7・3・1 負荷平準化の必要性 553
  • 7・3・2 電池電力貯蔵の役割 558
  • 7・4 燃料電池発電システム 561
  • 7・4・1 コージェネレーションシステム 561
  • 7・4・2 コンバインド発電システム 571
  • 7・5 太陽光発電システム 572
  • 7・5・1 概要 572
  • 7・5・2 住宅用太陽光発電システムのCO(sub)2(/sub)効果 573
  • 7・5・3 ライフサイクルと一致した太陽光発電システム 574
  • 7・5・4 非常時にも威力を発揮する太陽光発電システム(二次電池と組み合わせた太陽光発電システム) 575
  • 7・5・5 太陽光発電システムの潜在需要と普及状況 577
  • 7・5・6 太陽光発電システムの未来 578
  • 7・6 電池の再資源化 580
  • 7・6・1 鉛蓄電池の再資源化 580
  • 7・6・2 小形二次電池の再資源化 582
  • 7・6・3 一次電池の再資源化 586
  • 7・6・4 兵世界の電池規制 587
  • 8章 電海産業に関す看資料
  • 8・1 生産統計 591
  • 8・1・1 一次電池 591
  • 8・1・2 二次電池 594
  • 8・1・3 太陽電池 597
  • 8・2 規格 598
  • 8・2・1 一次電池の規格 598
  • 8・2・2 二次電池の規格 598
  • 8・2・3 電池工業会規格およびガイドライン 600
  • 8・3 電池の用途 600
  • 8・3・1 一次電池の用途 600
  • 8・3・2 二次電池の用途 600
  • 8・3・3 太陽電池 601
  • 索引 603

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで