サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

近代作家自筆原稿集

保昌正夫 監修,青木正美 収集・解説

詳細情報

タイトル 近代作家自筆原稿集
著者 保昌正夫 監修
著者 青木正美 収集・解説
著者標目 保昌, 正夫, 1925-2002
著者標目 青木, 正美, 1933-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社東京堂出版
出版年月日等 2001.2
大きさ、容量等 210p ; 27cm
ISBN 4490204191
価格 8000円
JP番号 20155385
出版年(W3CDTF) 2001
件名(キーワード) 文学者
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 日本文学--歴史--明治以後--史料
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KG311
NDC(9版) 910.26 : 日本文学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 近代作家自筆原稿集
  • 監修の言葉 保昌正夫 2
  • はじめに——大仏次郎「『細雪』に寄せて」と私 8
  • 「おもひ草の序」 森鴎外 12
  • 「明暗」 夏目漱石 16
  • 「巡礼」 島崎藤村 20
  • 「山の手」 徳田秋声 24
  • 「一つ目小僧」 岡本綺堂 28
  • 「日本脱出」 正宗白鳥 32
  • 「水の流れ」 近松秋江 36
  • 「男ごゝろ」 永井荷風 40
  • 「山形」 志賀直哉 44
  • 「ある日の手紙」 武者小路実篤 48
  • 「友達」 田村俊子 52
  • 「吉野葛」 谷崎潤一郎 56
  • 「悪因縁」 菊池寛 60
  • 「電車停留所」 豊島与志雄 64
  • 「際物」 久米正雄 68
  • 「大阪で憶ふ」 直木三十五 72
  • 「作者のことば」 吉川英治 76
  • 「厚田日記」 子母沢寛 80
  • 「近代神仙譚」 佐藤春夫 84
  • 「年末の一日」 芥川竜之介 88
  • 「鏡地獄」(改作用) 江戸川乱歩 92
  • 「私は前科者である」 橘外男 96
  • 「呪はれた初一念の恋」 嘉村磯多 100
  • 「揺れる樹々」 宮本(中条)百合子 104
  • 「雨降る音を聴きつゝ」 島田清次郎 108
  • 「僕のユリーカ」 稲垣足穂 112
  • 「闇の絵巻」 梶井基次郎 116
  • 「聖ヨハネ病院にて」 上林暁 120
  • 「或る板前の話」 川崎長太郎 124
  • 「不在地主」 小林多喜二 128
  • 「戦線」 林芙美子 132
  • 「『半日』」 森茉莉 136
  • 「母の晩年」 丹羽文雄 140
  • 「終幕」 伊藤整 144
  • 「ドストエフスキーとバルザック」 坂口安吾 148
  • 「生き延びて」 和田芳恵 152
  • 「或る魂」 高見順 156
  • 「野火」 大岡昇平 160
  • 「津軽人太宰治」 小山清 164
  • 「夏と不良少年」 野口富士男 168
  • 「雪のあと」 結城信一 172
  • 「驢馬の声」 安岡章太郎 176
  • 「道」 瀬戸内寂聴(晴美) 180
  • 「おかね新五郎」 池波正太郎 184
  • 「男と九官鳥」 遠藤周作 188
  • 「チチンデラ・ヤパナ」 安部公房 192
  • 「四つの処女作」 三島由紀夫 196
  • 「お守り」 山川方夫 200
  • 「暗闇の声」 石原慎太郎 204
  • 「鳩」 大江健三郎 208
  • 注 目次に掲げた左記書名は、後日下段の書名にまとめられた。
  • 「一つ目小僧」=半七捕物帳
  • 「悪因縁」=啓吉物語
  • 「揺れる樹々」=伸子
  • 「終幕」=鳴海仙吉
  • 「或る魂」=わが脳の底のここには
  • 「チチンデラ・ヤパナ」=砂の女

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで