サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

心理療法と身体

岸本寛史 [ほか著]

詳細情報

タイトル 心理療法と身体
著者 岸本寛史 [ほか著]
著者標目 岸本, 寛史, 1966-
著者標目 河合, 隼雄, 1928-2007
シリーズ名 講座心理療法 ; 第4巻
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社岩波書店
出版年月日等 2000.11
大きさ、容量等 223p ; 22cm
ISBN 4000265644
価格 2800円
JP番号 20138227
部分タイトル 総論 心理療法における身体性 / 河合隼雄 著
部分タイトル 癌患者の「意識」と「異界」 / 岸本寛史 著
部分タイトル 表現の砦としての身体 / 横山博 著
部分タイトル 心理療法とミメーシス / 高月玲子 著
部分タイトル こころとからだの関係性 / 角野善宏 著
部分タイトル 対談 「脳」から離れて / 多田富雄, 河合隼雄 著
シリーズ著者河合隼雄 総編集
出版年(W3CDTF) 2000
件名(キーワード) 精神療法
NDLC SB237
NDC(9版) 146.8 : 臨床心理学.精神分析学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 講座 心理療法 第4巻 総編集 心理療法と身体
  • 〈総論〉 心理療法における身体性 河合隼雄 1ー17
  • はじめに 3
  • 一 生きられる身体 5
  • 二 東洋的な心理療法 8
  • 三 心身相関 11
  • 四 たましいについて 15
  • 癌患者の「意識」と「異界」 岸本寛史 19ー65
  • はじめに 21
  • 第一章 異界の風景 24
  • 第二章 「意識の昼」と「意識の夜」 28
  • 第三章 語りと意識の水準 36
  • 第四章 身体の深層 50
  • おわりに 61
  • 表現の砦としての身体 横山博 67ー114
  • はじめに 69
  • 第一章 こころと身体 71
  • 第二章 表現の砦としての身体 82
  • 第三章 身体表現の病理と心理療法過程 85
  • むすび 111
  • 心理療法とミメーシス 高月玲子 115ー158
  • はじめに 117
  • 第一章 こころのあいまいさ、身体のあいまいさ 120
  • 第二章 夢・イメージからみえてくるもの 130
  • 第三章 こころの境地—西行の歌を通して 140
  • 第四章 ミメーシス—心的行為からみえてくるもの 148
  • さいごに 156
  • こころとからだの関係性 角野善宏 151ー199
  • 第一章 魂の語り 161
  • 第二章 こころとからだの関係性からみる事例の検討 172
  • 第三章 「見えないからだ」(サトル・ボディ)とこころの感染症 194
  • 〈対談〉 「脳」から離れて 脳の中心とは何か 代替医療の可能性 遺伝子と教育プロセス 体記憶ということ 日本人の個人主義 多田富雄,河合隼雄 201ー223

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで