サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

考える脳・考えない脳 : 心と知識の哲学

信原幸弘 著

詳細情報

タイトル 考える脳・考えない脳 : 心と知識の哲学
著者 信原幸弘 著
著者標目 信原, 幸弘, 1954-
シリーズ名 講談社現代新書
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社講談社
出版年月日等 2000.10
大きさ、容量等 211p ; 18cm
ISBN 4061495259
価格 660円
JP番号 20120485
出版年(W3CDTF) 2000
件名(キーワード) 認知科学
件名(キーワード)
NDLC M121
NDC(9版) 007.1 : 情報科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 考える脳・考えない脳 心と知識の哲学
  • 目次
  • はじめに—心と脳をめぐる問題 心身二元論の誘惑—心と脳は別の実体か 超能力問題 一元論に向けて 3
  • 第1章 古典的計算主義 19
  • 心=脳のモデル 表象主義 「花」は「散る」か—表象の内在的特徴と志向的特徴 「トムはスパイである」 思考の言語 心はいかにして脳でありうるか 構文論的構造 文と絵のちがい 心的過程—「花子はケチだ」はどう形成されるか コンピュータ・メタファ 思考能力の体系性 推論能力の体系性 すべての認知能力は体系的か
  • 第2章 コネクショニズム 53
  • ニューロン群の興奮 人工ニューラルネットワーク シナプスの重み 学習アルゴリズム 般化能力 プロトタイプ 空間的パターンと時間的パターン 回帰ネットワーク 行動の産出—いかにして「手を挙げる」か 隠れ層の興奮パターンが表象するもの 分散して表象する 表象の重ね合わせ 興奮パターンは構文論的構造をもたない 再合成の困難 まとめ
  • 第3章 直観のメカニズム意識と無意識 93
  • 直観的判断の不思議 直観の複雑さ 意識から無意識への投影 古典的計算主義による「善悪を導き出す過程」 意識と無意識のちがい 直観能力の習得 善のプロトタイプ 意識的過程の無意識化 メカニズムの切り替え 熟練の技 テニスの初心者と熟練者 知覚と運動の協調—なぜボールを打てるのか 知覚の錬磨 無意識の過程
  • 第4章 フレーム問題—知識の組織化 131
  • ロボットは作業を始められない フレーム問題 スキーマをもったロボット 状況ごとにスキーマは異なる 典型的な状況を知る 典型性の判定 「特別な事情がない」という形の知識 スキーマの産出 並列処理 必要なものだけ復元する状況把握 関与することがらを直接把握する 典型的な状況からのずれ
  • 第5章 心のありか 169
  • 心は脳だけではない 「内語」と「発話」 筆算 暗算 脳の入力と出力 暗算とは表象の表象 発話による思考—「つぎの日曜日は給料日まえだ」 発話傾向としての思考 無意識的な思考過程 習慣的行動に思考はあるか 習慣のメカニズム 脳の出力としての内語 環境のなかに生じる思考 考える脳と考えない脳 心は脳と身体と環境からなる一大システム
  • 日本語のおもな参考文献 209
  • あとがき 210

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで