サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

顔料の事典

伊藤征司郎 総編集

詳細情報

タイトル 顔料の事典
著者 伊藤征司郎 総編集
著者標目 伊藤, 征司郎, 1944-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 2000.9
大きさ、容量等 601, 6p ; 27cm
ISBN 4254252439
価格 25000円
JP番号 20118861
出版年(W3CDTF) 2000
件名(キーワード) 顔料
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC PA517
NDC(9版) 576.9 : 油脂類
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 顔料の事典
  • 目次
  • 第I編 顔料の基礎科学
  • 1. 粉体の生成 2
  • 1.1 無機粉体の生成 石川達雄 2
  • 1.1.1 粉砕法 2
  • 1.1.2 気相法 2
  • 1.1.3 熱分解法 3
  • 1.1.4 固相反応 3
  • 1.1.5 液相反応 4
  • 1.2 有機粉体の生成 川瀬進 10
  • 1.2.1 有機粉体の分類 10
  • 1.2.2 粉体化プロセス 10
  • 1.2.3 微粒子化の方法 10
  • 1.2.4 液相重合法による微粒子生成 11
  • 1.2.5 微粒子の形状・形態制御 12
  • 2. 物質の色 13
  • 2.1 色と吸収スペクトル 北川進 13
  • 2.1.1 電磁波とエネルギー 13
  • 2.1.2 色と吸収スペクトル 13
  • 2.1.3 電子遷移 13
  • 2.1.4 光吸収の法則 14
  • 2.1.5 吸収の強度 14
  • 2.2 光の干渉作用 鈴木福二 15
  • 2.2.1 干渉 15
  • 2.2.2 干渉を利用した測定機 15
  • 2.2.3 干渉による多数の色 16
  • 2.3 無機顔料の色 北川進 18
  • 2.3.1 遷移金属錯体のスペクトル 18
  • 2.3.2 中心金属イオンの電子構造と分光化学系列 19
  • 2.3.3 反射スペクトル 21
  • 2.4 有機色素の色 中澄博行 22
  • 2.4.1 吸収係数と吸収波長 22
  • 2.4.2 有機色素の光吸収の原理 23
  • 2.4.3 有機色素の分子軌道計算 24
  • 2.4.4 発色機構からの有機色素の分類 24
  • 2.5 液晶 小出直之 25
  • 2.5.1 液晶の種類 25
  • 2.5.2 色と液晶 26
  • 2.5.3 コレステリック液晶 26
  • 2.5.4 コレステリック液晶の光学的性質 27
  • 2.5.5 高分子分散型コレステリック液晶 27
  • 2.6 色彩 久下靖征 28
  • 2.6.1 表色 28
  • 2.6.2 測色 30
  • 2.6.3 色差の表現 30
  • 3. 顔料のかかわる界面科学 32
  • 3.1 気一液界面 春沢文則 32
  • 3.1.1 表面張力 32
  • 3.1.2 Gibbsの吸着式 32
  • 3.1.3 曲面内外の圧力差 33
  • 3.1.4 Kelvinの式 34
  • 3.2 液ー液界面 春沢文 34
  • 3.2.1 油ー水への界面活性剤の分離とミセル形成 35
  • 3.2.2 油ー水ー界面活性剤の相平衡と乳化型 35
  • 3.2.3 界面活性剤のHLB 36
  • 3.2.4 エマルションの破壊分離過程 37
  • 3.2.5 エマルションの安定化の諸因子 39
  • 3.2.6 O/W型微粒子エマルションの生成 89
  • 3.3 気ー固界面 石川達雄 40
  • 3.3.1 固体表面 40
  • 3.3.2 細孔 40
  • 3.3.3 気体吸着 41
  • 3.3.4 吸着等温線 41
  • 3.3.5 吸着理論 42
  • 3.3.6 比表面積の測定 43
  • 3.4 固ー液界面 江角邦男 44
  • 3.4.1 ぬれ 44
  • 3.4.2 浸漬熱 47
  • 3.4.3 溶液からの固体表面への溶質の吸着 49
  • 3.5 固ー固界面 中前勝彦 59
  • 3.6 分散 中前勝彦 60
  • 3.7 分散系のレオロジー 甘利武司 62
  • 3.7.1 コロイド的性質 63
  • 3.7.2 分散系粘弾性の基礎 64
  • 3.7.3 レオロジー測定法 67
  • 3.7.4 分散系特有のレオロジー挙動 70
  • 3.7.5 分散系特有のレオロジー測定 71
  • 3.7.6 分散系のレオロジーに影響を及ぼす因子 72
  • 3.7.7 まとめ 76
  • 4. 無機物質の機能 77
  • 4.1 固体の構造 岩崎光伸,伊藤征司郎 77
  • 4.1.1 岩塩(NaCl)型構造 78
  • 4.1.2 セン亜鉛鉱(β-ZnS)型構造 78
  • 4.1.3 ウルツ鉱(α-ZnS)型構造 78
  • 4.1.4 塩化セシウム(CsCl)型構造 79
  • 4.1.5 ルチル(TiO2)型構造 79
  • 4.1.6 コランダム(α-Al203)型構造 79
  • 4.1.7 スピネル(MgAl2O4)型構造 80
  • 4.1.8 その他の構造 80
  • 4.2 表面構造 多田弘明 81
  • 4.2.1 物理的に見た表面構造 81
  • 4.2.2 化学的に見た表面構造 83
  • 4.3 超微粒子と機能 多田弘明 87
  • 4.3.1 量子サイズ効果 87
  • 4.3.2 超微粒子の機能 88
  • 4.4 触媒作用 多田弘明 90
  • 4.4.1 光触媒活性—抑制から有効利用へ 90
  • 4.4.2 光触媒反応の原理 90
  • 4.4.3 TiO2光触媒活性に影響を及ぼす因子 91
  • 4.4.4 光触媒の課題と最近の研究動向 92
  • 4.5 磁気的性質 峠登 95
  • 4.5.1 磁性の起源 95
  • 4.5.2 磁化率 95
  • 4.5.3 磁性の種類 96
  • 4.6 電気的性質 峠登 97
  • 4.6.1 電気伝導度 97
  • 4.6.2 電子伝導体 97
  • 4.6.3 半導体の電気特性 98
  • 4.6.4 イオン伝導体 99
  • 4.7 光学的性質 岩崎光伸,伊藤征司郎 100
  • 4.7.1 屈折と反射 100
  • 4.7.2 光の透過,吸収 102
  • 4.7.3 蛍光とりん光 103
  • 5. 有機色素の機能 中澄博行 04
  • 5.1 光学的性質 104
  • 5.1.1 吸収波長領域と反射率 104
  • 5.1.2 溶媒効果 104
  • 5.1.3 会合性と吸収スペクトル 105
  • 5.1.4 二色性 105
  • 5.1.5 蛍光性 106
  • 5.2 熱的性質 106
  • 5.3 電気的性質 108
  • 5.3.1 電導度 108
  • 5.3.2 光電導性 108
  • 5.3.3 酸化還元電位 108
  • 5.4 磁気的性質 109
  • 6. 顔料のキャラクタリゼーション(表面分析を中心として) 篠山哲明 110
  • 6.1 表面分析の概要 110
  • 6.2 装置各論 113
  • 6.2.1 透過型電子顕微鏡(TEM) 113
  • 6.2.2 走査型電子顕微鏡(SEM) 115
  • 6.2.3 走査型プローブ顕微鏡(SPM,特に原子間力顕微鏡AFM) 118
  • 6.2.4 電子線マイクロアナライザー(EPMA) 121
  • 6.2.5 X線光電子分光装置(ESCA,XPS) 128
  • 6.2.6 走査型オージェ電子分光装置(SAM) 131
  • 6.2.7 二次イオン質量分析装置(SIMS) 132
  • 6.2.8 フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR) 134
  • 6.2.9 X線回折装置 137
  • 6.3 入射電子の振る舞い 139
  • 6.3.1 モンテカルロシミュレーション 139
  • 6.3.2 X線の発生量と発生形状 141
  • 第II編 顔料の一般的性質と顔料各論
  • 1. 顔料の歴史 鶴田栄一 144
  • 1.1 人類の彩色起源 144
  • 1.1.1 ネアンデルタール人と顔料 144
  • 1.1.2 最古の洞窟美術 144
  • 1.1.3 日本における彩色の起源 144
  • 1.2 古代エジプトの顔料 144
  • 1.3 古代ローマの顔料 145
  • 1.3.1 古代ローマの色彩文化を支えた顔料 145
  • 1.3.2 古代ローマの人工顔料 146
  • 1.4 古代中国の顔料 146
  • 1.4.1 古代中国の彩色起源 146
  • 1.4.2 秦始皇陵の顔料 146
  • 1.4.3 神農本草経 146
  • 1.4.4 敦煌莫高窟の顔料 147
  • 1.5 魏志倭人伝と顔料 147
  • 1.5.1 朱丹を以て其の身体に塗ること中国の粉を用うるが如し 147
  • 1.5.2 詔書して倭の女王に報じて曰く 147
  • 1.6 古墳時代の顔料 147
  • 1.6.1 施朱の風習 147
  • 1.6.2 装飾古墳の顔料 147
  • 1.7 土性顔料 148
  • 1.8 丹砂の製法および流通 148
  • 1.9 奈良時代の顔料 149
  • 1.9.1 史料に記載された顔料 149
  • 1.9.2 奈良時代の人工顔料 149
  • 1.10 平安時代の顔料 149
  • 1.11 鎌倉時代の顔料 149
  • 1.12 室町時代の顔料 150
  • 1.13 織豊時代の顔料 150
  • 1.14 江戸時代の顔料 150
  • 1.14.1 南蛮貿易と顔料 150
  • 1.15 明治時代の顔料 153
  • 1.15.1 「印刷局沿革録」に見る顔料の創製 153
  • 1.15.2 顔料民間企業の始動 153
  • 1.16 大正時代の顔料 154
  • 2. 顔料の一般的性質 伊藤征司郎 156
  • 2.1 密度 156
  • 2.2 見掛け密度と見掛け比容 159
  • 2.2.1 静置法 159
  • 2.2.2 タップ法 159
  • 2.3 硬さ 160
  • 2.4 流動性 160
  • 2.5 粒子の大きさと形態 160
  • 2.6 表面積 162
  • 2.7 pH 162
  • 2.8 耐久力 162
  • 2.8.1 耐光性 162
  • 2.8.2 耐熱性 163
  • 2.8.3 耐薬品性 163
  • 2.9 隠ぺい力 164
  • 2.10 着色力 165
  • 2.11 吸油量 165
  • 2.12 顔料体積濃度 166
  • 3. 無機顔料 167
  • 3.1 総論 鈴木福二 167
  • 3.2 体質顔料 167
  • 3.2.1 炭酸カルシウム 藤田寅雄,白木義一 167
  • 3.2.2 沈降性硫酸バリウム,バライト粉 176
  • 3.2.3 ホワイトカーボン 177
  • 3.2.4 アルミナホワイト,水酸化アルミニウム 横山稔 179
  • 3.2.5 カオリンクレー 藤田寅雄,白木義一 180
  • 3.2.6 タルク 182
  • 3.2.7 ベントナイト 183
  • 3.2.8 その他 185
  • 3.3 金属酸化物系顔料 186
  • 3.3.1 酸化チタン系顔料 186
  • a. 酸化チタン(IV),チタンホワイト,チタニア 丸尾正剛,宇佐美輝男 186
  • b. チタンブラック 鈴木福二 498
  • 3.3.2 酸化亜鉛系顔料(亜鉛華,亜鉛白) 西原明 201
  • 3.3.3 酸化鉄顔料 堀石七生 202
  • 3.3.4 酸化クロム系顔料 新井捷 208
  • 3.4 複合酸化物系顔料 寺田裕美,川上徹 210
  • 3.4.1 イエロー系顔料 210
  • 3.4.2 ブラウン系顔料 211
  • 3.4.3 グリーン系顔料 211
  • 3.4.4 ブルー系顔料 212
  • 3.4.5 黒色顔料 213
  • 3.5 クロム酸塩系顔料 214
  • 3.5.1 黄鉛 阿部信義 214
  • 3.5.2 モリブデートオレンジ 217
  • 3.6 硫化物系顔料 西原明 219
  • 3.6.1 リトポン,硫化亜鉛 219
  • 3.6.2 カドミウムイエロー 220
  • 3.6.3 カドミウムレッド 221
  • 3.6.4 朱,銀朱,バーミリオン 221
  • 3.7 リン酸塩系顔料 戸田善朝 221
  • 3.7.1 ミネラルバイオレット 221
  • 3.7.2 コバルトバイオレット 222
  • 3.8 金属錯塩系顔料 225
  • 3.8.1 群青 山下盛幸 225
  • 3.8.2 紺青 大平省三 226
  • 3.9 カーボンブラック 本多勝治 227
  • 3.9.1 製法 227
  • 3.9.2 構造 228
  • 3.9.3 性質 228
  • 3.9.4 表面処理 229
  • 3.9.5 用途 230
  • 3.10 金属粉顔料 松藤隆,馬場利明 232
  • 3.10.1 アルミニウム顔料 232
  • 3.10.2 ブロンズ粉 233
  • 3.10.3 亜鉛末 233
  • 3.10.4 ステンレス粉 234
  • 3.10.5 ニッケル粉 234
  • 3.11 示温顔料 水沢弘道 234
  • 3.11.1 不可逆性示温顔料 235
  • 3.11.2 可逆性示温顔料 235
  • 3.12 蓄光顔料 村山義彦 235
  • 3.12.1 種類 235
  • 3.12.2 製法 235
  • 3.12.3 特性 236
  • 3.12.4 使用法と用途 236
  • 3.13 真珠光沢顔料・真珠顔料 巨勢朗 236
  • 3.13.1 光の多重層反射 236
  • 3.13.2 板状粒子の屈折率 237
  • 3.13.3 板状粒子による光の散乱 238
  • 3.13.4 薄膜による光の干渉 238
  • 3.13.5 真珠顔料の歴史・種類・物性 239
  • 3.14 さび止め用顔料 田辺弘往 241
  • 3.14.1 塩基性顔料 242
  • 3.14.2 可溶性顔料 243
  • 3.14.3 金属粉顔料(亜鉛末) 243
  • 3.14.4 その他の防錆顔料 243
  • 3.15 防汚顔料 横山稔 244
  • 3.15.1 製造方法 244
  • 3.15.2 性質 245
  • 3.15.3 防汚機構 245
  • 3.16 導電性顔料 西原明 245
  • 3.17 磁性顔料 堀石七生 247
  • 3.17.1 M2+O・Fe2O3型磁性粉 247
  • 3.17.2 M2+Fe12O19型磁性粉 250
  • 3.18 セラミックス用顔料 谷敏広 251
  • 3.18.1 セラミックス用顔料の選択 251
  • 3.18.2 製法 252
  • 3.18.3 各論 253
  • 3.18.4 セラミックス用顔料の開発動向 256
  • 3.19 その他の無機顔料 256
  • 3.19.1 鉛白 西原明 256
  • 3.19.2 コバルトバイオレットノーバ(ホウ酸コバルト) 戸田義朝 257
  • 3.20 無機顔料の既存化学物質番号およびCAS登録番号 257
  • 4. 有機顔料 263
  • 4.1 総論 前嶋満洲彦 263
  • 4.1.1 有機顔料の歴史 263
  • 4.1.2 種類と分類 264
  • 4.1.3 有機顔料の生産量 264
  • 4.1.4 有機顔料の性質 264
  • 4.1.5 表面処理 270
  • 4.1.6 色材以外の新しい用途 277
  • 4.1.7 各種法規などへの対応 280
  • 4.2 染付けレーキ 小野明夫 281
  • 4.2.1 染付けレーキの範囲と性能 282
  • 4.2.2 生産・需要岬貿易概況 282
  • 4.2.3 化学構造・製造方法 287
  • 4.3 アゾ系顔料 高見尚徳 290
  • 4.3.1 溶性アゾ顔料 292
  • 4.3.2 不溶性アゾ顔料 294
  • 4.3.3 最近のアゾ顔料開発動向 299
  • 4.4 フタロシアニン系顔料 彦坂道邇 300
  • 4.4.1 フタロシアニンとその歴史 300
  • 4.4.2 フタロシアニンの構造と種類 301
  • 4.4.3 フタロシアニンの特性 302
  • 4.4.4 フタロシアニンの顔料 306
  • 4.4.5 フタロシアニングリーン 312
  • 4.4.6 ファストスカイブルー 313
  • 4.5 縮合多環系顔料 船倉省二,大竹英弘,岡田恭,岡部英樹 315
  • 4.5.1 アントラキノン系顔料 315
  • 4.5.2 キナクリドン系顔料 320
  • 4.5.3 インジゴ系顔料 325
  • 4.5.4 ジオキサジン系顔料 328
  • 4.5.5 ペリレン系顔料 329
  • 4.5.6 ペリノン系顔料 333
  • 4.5.7 イソインドリノン系顔料 335
  • 4.5.8 イソインドリン系顔料 337
  • 4.5.9 金属錯体顔料 339
  • 4.5.10 キノフタロン系顔料 341
  • 4.5.11 ジケトピロロピロール(DPP)系顔料 341
  • 4.5.12 ラテント顔料 344
  • 4.6 その他の有機顔料 345
  • 4.6.1 アルカリブルー顔料 長浜俊彦 345
  • 4.6.2 アニリンブラック 中林政次 347
  • 4.6.3 有機蛍光顔料 勝部浩史 348
  • 4.6.4 樹脂顔料 武井俊夫 351
  • 5. 機能性色素 中澄博行 356
  • 5.1 情報記録用色素 357
  • 5.1.1 電子写真用色素 357
  • 5.1.2 感熱色素 362
  • 5.1.3 光ディスク用色素 367
  • 5.1.4 インクジェット用色素 370
  • 5.1.5 熱転写用色素 372
  • 5.1.6 感圧色素 375
  • 5.2 表示用色素 375
  • 5.2.1 液晶カラーフィルター用色素 376
  • 5.2.2 二色性色素 377
  • 5.2.3 ゾルーゲル用色素 378
  • 5.2.4 有機EL用色素 382
  • 5.3 エネルギー変換用色素 383
  • 5.3.1 エネルギー貯蔵用色素 383
  • 5.3.2 光電変換用色素 384
  • 5.3.3 有機非線形光学材料用色素 385
  • 5.3.4 レーザー・用色素 386
  • 5.3.5 フォトレジスト用色素 386
  • 5.4 医療用色素 388
  • 第III編 表面改質と分散技術
  • 1. 界面活性剤とその作用 江角邦男 392
  • 表面改質と分散技術 392
  • 1.1 親水性分散質—親水性分散媒の系 392
  • 1.2 親水性分散質—親油性分散媒の系 396
  • 1.3 親油性分散質—親水性分散媒の系 396
  • 1.4 親油性分散質—親油性分散媒の系 397
  • 2. 高分子分散割とその作用 堀家尚文 398
  • 2.1 溶液用高分子分散剤 398
  • 2.1.1 溶液系での高分子分散剤の作用機構 398
  • 2.1.2 溶液系での高分子分散剤の化学構造 400
  • 2.1.3 溶液系での高分子分散剤の使用例 400
  • 2.2 樹脂用高分子分散剤 402
  • 2.2.1 樹脂系での高分子分散剤の作用機構 402
  • 2.2.2 樹脂用高分子分散剤の化学構造 403
  • 3. カップリング剤とその作用 405
  • 3.1 シラン系カップリング剤 一戸省二 405
  • 3.1.1 シランカップリング剤の構造と種類 405
  • 3.1.2 シランカップリング剤の作用機構 406
  • 3.1.3 シランカップリング剤の使用方法 407
  • 3.1.4 シランカップリング剤水溶液の安定性 408
  • 3.1.5 最近の開発動向 408
  • 3.2 チタネート系カップリング剤 岡安寿明 409
  • 3.2.1 製法と一般性状 409
  • 3.2.2 物性および機能 409
  • 3.2.3 顔料の処理方法 410
  • 3.2.4 カップリング剤の添加量 411
  • 3.2.5 応用例 411
  • 3.2.6 用途 412
  • 4. 表面処理 413
  • 4.1 化学的表面処理 小石真純 413
  • 4.1.1 顔料表面の性質改変とは 413
  • 4.1.2 化学的表面処理 414
  • 4.2 高エネルギー利用による表面処理 小石真純 427
  • 4.2.1 プラズマとは 422
  • 4.2.2 低温プラズマ 423
  • 4.2.3 パルス変調プラズマ 424
  • 4.2.4 低温プラズマ反応装置 426
  • 4.2.5 低温プラズマ処理 426
  • 4.2.6 大気圧プラズマ処理 427
  • 4.3 メカノケミカル法の利用による表面処理 井原辰彦 422
  • 4.3.1 顔料の機械化学的処理とは 427
  • 4.3.2 トライボケミストリーとメカノケミストリー 429
  • 4.3.3 メカノケミカル法による表面処理 430
  • 5. 分散技術 438
  • 5.1 分散機械 鈴木勝太郎 438
  • 5.1.1 顔料分散機の変遷 438
  • 5.1.2 湿式媒体分散機 441
  • 5.1.3 ビーズの材質と種類 441
  • 5.1.4 湿式ビーズレス連続分散機・乳化機 441
  • 5.1.5 3本ロールミル 441
  • 5.1.6 フラッシングニーダー 444
  • 5.1.7 ソルトミーリングニーダー 445
  • 5.2 分散の測定・評価法 小林敏勝 445
  • 5.2.1 顔料分散度の評価 445
  • 5.2.2 顔料凝集構造の評価 451
  • 5.2.3 顔料分散安定性の評価 454
  • 5.3 塗料における顔料分散 小林敏勝 456
  • 5.3.1 水性塗料系における顔料分散 457
  • 5.3.2 溶剤型塗料系における顔料分散 462
  • 5.3.3 粉体塗料における顔料分散 464
  • 5.3.4 磁性塗料における顔料分散 川島徳道 466
  • 5.4 印刷インキにおける顔料分散 小林永年,田中祥三郎,緒方晃洋,宇井正司 469
  • 5.4.1 印刷インキとは 469
  • 5.4.2 平版インキにおける顔料分散 469
  • 5.4.3 グラビアインキにおける顔料分散 472
  • 5.5 プラスチックにおける顔料分散 重森義浩 474
  • 5.5.1 顔料の粒子と分散処理加工の目的 474
  • 5.5.2 プラスチック用着色剤 475
  • 5.5.3 プラスチック用着色剤の分散処理と性能・特徴 475
  • 5.5.4 プラスチック用着色剤の色ぶれとその原因 477
  • 5.6 化粧品における顔料分散 無類井行男 478
  • 5.6.1 概要 478
  • 5.6.2 顔料分散に伴う成分間相互作用 480
  • 5.7 描画材における顔料分散 亀川学 489
  • 5.8 筆記具における顔料分散 井上繁康 490
  • 第IV編 顔料の用途とその応用
  • 1. 塗料用顔料 武田一宏 498
  • 1.1 塗料の概要 498
  • 1.1.1 塗料の構成と分類 498
  • 1.1.2 塗膜の構成とその機能 499
  • 1.2 塗料用顔料に求められる品質の概要 500
  • 1.2.1 外観 500
  • 1.2.2 諸耐性 500
  • 1.2.3 耐久性 501
  • 1.3 顔料の諸性質と塗料・塗膜性能とのかかわり 501
  • 1.3.1 化学的性質 501
  • 1.3.2 結晶構造 501
  • 1.3.3 粒子の形状 502
  • 1.3.4 粒子の大きさと粒子径分布 502
  • 1.3.5 屈折率 503
  • 1.3.6 顔料表面の性質と表面処理 503
  • 1.3.7 分散性 506
  • 1.3.8 耐候性 506
  • 1.3.9 塗料用顔料に求められるその他の一般特性 511
  • 1.4 顔料の選択基準 512
  • 1.4.1 塗料タイプと適用顔料 512
  • 1.4.2 塗料性能 513
  • 1.4.3 隠ぺい性と透明性 513
  • 1.4.4 塗色と顔料のブレンド 514
  • 1.4.5 塗料における顔料濃度と諸性質の関係 515
  • 1.5 塗料用顔料の問題点と今後の課題 516
  • 1.5.1 省資源型塗料および低公害型塗料に適応する顔料の開発 516
  • 1.5.2 色の多様化に対応した顔料の開発 516
  • 2. 印刷インキ用顔料 水野昇 517
  • 2.1 印刷インキに使用される顔料 517
  • 2.1.1 顔料の種類 517
  • 2.1.2 インキ用顔料に要求される特性 519
  • 2.2 インキの分類と使用顔料 520
  • 2.2.1 インキの分類 520
  • 2.2.2 インキの種類と使用顔料 522
  • 2.2.3 インキに要求される性能 522
  • 2.3 インキ用顔料各論 522
  • 2.3.1 オフセットインキ用顔料 523
  • 2.3.2 グラビアインキ用顔料 527
  • 3. プラスチック用着色剤 重森義治 530
  • 3.1 プラスチック用色素(染・顔料)の種類 532
  • 3.1.1 染料 533
  • 3.1.2 顔料 533
  • 3.2 プラスチックの着色目的と方法 538
  • 3.2.1 熱硬化性樹脂の着色方法 538
  • 3.2.2 熱可塑性樹脂の着色方法 539
  • 3.3 プラスチック用着色剤の種類 540
  • 3.3.1 プラスチック用着色剤の種類と特徴 540
  • 3.4 プラスチックに及ぼす顔料の影響 543
  • 3.4.1 熱的劣化に及ぼす顔料の影響 543
  • 3.4.2 耐候(光)性に及ぼす顔料の影響 646
  • 3.4.3 機械的物性に及ぼす顔料の影響 548
  • 3.4.4 成形収縮に及ぼす顔料の影響 548
  • 3.4.5 ブールーミング 548
  • 3.5 着色プラスチックの色管理 549
  • 3.5.1 熱復元性 549
  • 3.5.2 測色値の温度依存性を修正する方法 549
  • 4. 化粧品用色素 滝口照夫 552
  • 4.1 化粧品用色素の概要 552
  • 4.2 化粧品用の色葉 553
  • 4.3 法定色素 553
  • 4.3.1 染料 558
  • 4.3.2 レーキ 558
  • 4.3.3 顔料 558
  • 4.4 天然色素 561
  • 4.4.1 ベニバナ色素 562
  • 4.4.2 シコニン 562
  • 4.4.3 コチニール 562
  • 4.4.4 水溶性アナトー 562
  • 4.4.5 魚りん箔 562
  • 4.5 無機顔料 562
  • 4.5.1 化粧品用無機顔料 562
  • 4.5.2 体質顔料 563
  • 4.5.3 白色顔料 563
  • 4.5.4 着色顔料 563
  • 4.5.5 真珠沢顔料 564
  • 4.5.6 機能性顔料 564
  • 5. 描画用顔料 亀川学 566
  • 5.1 描画用顔料の特性 566
  • 5.1.1 色 566
  • 5.1.2 耐光性 566
  • 5.1.3 隠ぺい力 566
  • 5.1.4 安全性 566
  • 5.1.5 着色力 567
  • 5.1.6 耐熱性 567
  • 5.1.7 耐油性 568
  • 5.1.8 耐薬品性 568
  • 5.2 描画材に使用される顔料 568
  • 6. 筆記具用顔料 井上繁康 570
  • 6.1 安全性 571
  • 6.2 分散性,色相,発色性 571
  • 6.3 隠ぺい性 571
  • 6.4 耐水性,耐光性 572
  • 6.5 染着性,耐溶剤性 572
  • 6.6 腐食性,潤滑性 572
  • 7. 繊維用顔料 573
  • 7.1 つや消し用顔料 神谷朝夫 573
  • 7.1.1 つや消し用酸化チタンに要求される性質 573
  • 7.1.2 化学繊維の紡糸方法とつや消し用酸化チタンの使用方法 574
  • 7.1.3 つや消し用酸化チタンの種類 575
  • 7.2 原液着色用顔料 高橋裕介 575
  • 7.2.1 化学繊維の分野 576
  • 7.2.2 化学繊維の原潜における着色剤形態 577
  • 7.2.3 着色剤の性能 577
  • 7.2.4 厚着方法 577
  • 7.2.5 原着用顔料 578
  • 7.2.6 各種繊維の原着 579
  • 7.2.7 漂着繊維の色相耐光堅牢度 580
  • 7.2.8 原著繊維の用途 580
  • 7.3 捺染用顔料 田中久夫 581
  • 7.3.1 顔料捺染剤 581
  • 7.3.2 顔料着色剤 582
  • 7.3.3 最近の動向 582
  • 8. ゴム用顔料 浜平英三 583
  • 8.1 ゴムの種類 583
  • 8.2 ゴム着色の目的 583
  • 8.3 ゴム用顔料に要求される性質 584
  • 8.4 ゴム用顔料の種類 585
  • 8.5 ゴム用顔料の形態 585
  • 9. 医薬・食品用顔料 小石真純 587
  • 9.1 医薬用顔料 587
  • 9.1.1 物理薬剤学と製剤工学 587
  • 9.1.2 製剤原料としての医薬用顔料 587
  • 9.2 食品用顔料 588
  • 索引 591
  • 資料編 603

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで