サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

廃棄物の資源化技術

村田徳治 著

詳細情報

タイトル 廃棄物の資源化技術
著者 村田徳治 著
著者標目 村田, 徳治, 1934-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社オーム社
出版年月日等 2000.9
大きさ、容量等 213p ; 21cm
ISBN 4274024415
価格 2800円
JP番号 20111428
出版年(W3CDTF) 2000
件名(キーワード) リサイクル (廃棄物)
NDLC NA217
NDC(9版) 518.523 : 衛生工学.都市工学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 廃棄物の資源化技術
  • もくじ
  • 第1章 廃棄物資源化と自然 1
  • 1.1 物質不滅の法則と廃棄物 1
  • 1.2 資源枯渇と環境汚染 2
  • 1.3 使い捨てと共有地の悲劇 6
  • 1.4 生態系と廃棄物 9
  • 1.5 廃棄物焼却処理の終焉 15
  • 第2章 焼却に頼らない有機系廃棄物の資源化技術 19
  • 2.1 高水分有機系廃棄物の資源化技術 20
  • 2.2 油温脱水法による飼料化 22
  • 2.3 メタン発酵による高水分有機系廃棄物からのエネルギー回収 28
  • 2.4 高速堆肥化(コンポスティング) 37
  • 第3章 低水分有機系廃棄勃の資源化按術 45
  • 3.1 廃木材(木くず)の資源化技術 45
  • 3.2 紙のリサイクル 56
  • 第4章 廃棄物のエネルギー化と燃料電池 63
  • 4.1 エネルギーのカスケード利用 64
  • 4.2 熱効率の低い日本の火力発電 66
  • 4.3 廃棄物のエネルギー化と燃料電池 67
  • 4.4 燃料電池とその原理 68
  • 4.5 燃料電池の種類 70
  • 4.6 電池一つで家庭のエネルギーすべてをまかなう 72
  • 4.7 燃料電池の開発動向 75
  • 4.8 超臨界水熱分解による可燃ごみからの水素の製造 77
  • 4.9 燃料電池用水素の製造法 78
  • 第5章 超臨界水熱分解による資源化技術 79
  • 5.1 超臨界水熱分解法と湿式酸化(ジンプロ法)との相違 79
  • 5.2 超臨界水熱分解の概要 80
  • 5.3 超臨界水による有機系廃棄物の資源化技術 87
  • 5.4 廃プラスチックの超臨界水熱分解による資源化技術 92
  • 第6章 溶媒抽出法による資源化技術 99
  • 6.1 溶媒抽出の原理 99
  • 6.2 溶媒抽出による金属回収の事例 101
  • 6.3 溶媒抽出法による酸の回収 108
  • 6.4 溶媒抽出法の現状 113
  • 第7章 廃酸の資源化技術 117
  • 7.1 廃棄物処理法における廃酸・廃アルカリ 117
  • 7.2 高分子膜による酸・金属類の分離・回収技術 118
  • 7.3 冷却法による廃硫酸と硫酸第一鉄の回収 127
  • 7.4 蒸発濃縮による硫酸と硫酸第一鉄の回収 130
  • 7.5 熱分解法による酸の回収 132
  • 7.6 燃焼排ガスからの塩酸回収 135
  • 第8章 廃アルカリの資源化技術 137
  • 8.1 アルマイト工場エッチング廃液からのカセイソーダの回収 137
  • 8.2 有機廃液からのカセイソーダの回収 138
  • 8.3 塩素を生成しないカセイソーダの製造 142
  • 8.4 アンモニアの回収 143
  • 第9章 重金属系廃棄物の資源化技術と実例 145
  • 9.1 重金属系廃棄物の資源化技術 145
  • 9.2 金属含有廃液から電解による金属の回収と再生 146
  • 9.3 重金属系廃棄物の有効利用・資源化技術 153
  • 9.4 水銀の資源化技術 155
  • 9.5 塩化揮発法による銅・鉛・亜鉛・カドミウム・鉄などの資源化技術 156
  • 9.6 還元揮発法(ウェルツ法)による銅・鉛・亜鉛・カドミウムなどの資源化技術 161
  • 9.7 電気炉法による亜鉛華・鉛・カドミウムの回収 165
  • 9.8 ニッケル・クロム・鉄系廃棄物の資源化技術 166
  • 第10章 非重金属系無機廃棄物の資源化技術 169
  • 10.1 セメント原料への利用 169
  • 10.2 石炭灰の資源化技術 172
  • 10.3 汚泥の資源化技術 173
  • 10.4 鋳物砂の資源化技術 175
  • 10,5 ガラスくずの資源化技術 176
  • 10.6 陶磁器くずの資源化技術 177
  • 10.7 コンクリート廃材の有効利用 177
  • 10.8 アスファルトコンクリート廃材の有効利用 178
  • 第11章 廃プラスチックの資源化技術 181
  • 11.1 廃プラスチックの資源化の現状 181
  • 11.2 廃プラスチックの資源化技術に対する評価 183
  • 11.3 ドイツBASF社の廃プラスチック熱分解資源化技術(BASFプロセス) 184
  • 11.4 高炉還元剤としての廃プラスチックの利用 187
  • 11.5 コークス化熱分解システム 189
  • 11.6 廃プラスチックのアンモニア製造原料化 190
  • 11.7 セメント焼成用燃料 191
  • 11.8 ガス化溶融システム 192
  • 11.9 プラスチックの油化 196
  • 11.10 単純再生 196
  • 11.11 複合再生 196
  • 11.12 廃プラスチックの資源化を阻害する塩化ビニルのLCA 197
  • 引用・参考文献 201
  • 索引 205

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで