サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

図解救急・応急処置ガイド : 救急・応急時に必ず役立つ基本手技と処置のすべて

和田攻 [ほか]編著

詳細情報

タイトル 図解救急・応急処置ガイド : 救急・応急時に必ず役立つ基本手技と処置のすべて
著者 和田攻 [ほか]編著
著者標目 和田, 攻, 1935-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社文光堂
出版年月日等 2000.2
大きさ、容量等 1076p ; 22cm
注記 背のタイトル: Emergency Medicine
ISBN 4830680210
価格 9000円
JP番号 20065160
別タイトル Illustrated manual of practical therapy and clinical management in emergency medicine
縮刷版
出版年(W3CDTF) 2000
件名(キーワード) 応急手当
NDLC SC724
NDC(9版) 492.29 : 臨床医学.診断・治療
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 図解救急・応急処置ガイド
  • 目次
  • I. 日常診療に必要な応急処置 1
  • 急性発熱・悪寒 湯原孝典 2
  • 熱性けいれん,ひきつけ 森本武彦 5
  • てんかん発作 福沢等 8
  • ヒステリー発作 地引逸亀 11
  • 失神発作 東琢哉ほか 13
  • 脳震盪 山木垂水 17
  • めまい発作 峯田周幸 20
  • 乗物酔い 徳増厚二 22
  • メニエール病発作 伊藤彰紀 25
  • 神経痛発作 吉田裕ほか 28
  • 三叉神経痛発作 村川和重 31
  • 帯状疱疹の激痛 藤田喜久 35
  • 歯痛,齲歯痛 中川清昌 38
  • 口内アフタ 西田光男 40
  • 唾石症の急性発作 西原克成 42
  • 痰のつかえ 石岡伸一ほか 45
  • 誤飲 佐藤篤彦 47
  • 餅などののどのつかえ 今井寛ほか 50
  • 気管・食道異物,魚骨ののど刺傷 酒井昇 53
  • 鼻出血 飯沼寿孝 58
  • 過換気症候群 南部静洋ほか 60
  • 花粉症発作,鼻汁 中川肇 62
  • 外耳道異物,耳垢 石井甲介 65
  • 外耳道・鼓膜の外傷 稲福繁 67
  • 眼痛および流涙 西田輝夫 69
  • 悪心・嘔吐 藤沼澄夫ほか 72
  • 吃逆 山吉滋 74
  • 急性下痢 田中三千雄 76
  • 急性胃拡張 城卓志ほか 79
  • 過敏性大腸発作 前田耕太郎ほか 82
  • 痔核嵌頓,脱肛 更科広実 85
  • 偶発性低体温症の凍死 久保山一敏ほか 87
  • 酸欠症 野口宏 90
  • タバコ経口中毒 水谷太郎 92
  • アセトアミノフェン中毒 岩崎泰昌ほか 94
  • 睡眠薬中毒 須崎紳一郎 97
  • 刺激ガス吸入(塩素,ホスゲン) 中敏夫ほか 100
  • 虫刺傷 犬塚祥 102
  • 犬咬傷,猫咬傷 力富直人 104
  • 捻挫 中川隆雄ほか 107
  • 打撲創 亀山修 110
  • 挫傷 亀山修 113
  • むち打ち損傷 村田英之 115
  • 筋のクランプ,こむら返り 大久保衛 118
  • 肩こり,寝ちがえ 金明博ほか 121
  • ぎつくり腰,急性腰痛 大塚訓喜 124
  • 療疽,爪外傷 磯本浩晴ほか 126
  • 突き指 坂田桿教 128
  • アキレス腱断裂 久保俊一 130
  • 尿路結石発作 栃木宏水 133
  • 急性尿閉 滋野和志ほか 137
  • 嵌頓包茎 堀江重郎 140
  • 持続勃起 影山幸雄ほか 142
  • 急性日焼け 岸本三郎 144
  • 軽度熱傷 前川直輝 147
  • 痒み,急性蕁麻疹 鹿島真人ほか 149
  • かぶれ 早川律子 152
  • クインケ浮腫 山田悟 155
  • 不安発作(パニック発作) 越野好文 157
  • 急性せん妄発作 人見一彦 159
  • うつ状態,自殺念慮,自殺企図 酒井克允 162
  • 興奮発作(精神運動興奮) 秋山剛 164
  • 月経困難症 丸田邦徳ほか 167
  • 急性更年期症状 水野公雄 171
  • つわり 金岡毅 175
  • 膣けいれん 井口登美子 177
  • レイプ被害 沼文隆 179
  • 針刺し事故(HBV,HCV,HIV感染予防) 古川恵一 182
  • II. 救急・応急のための基本手技 187
  • 一次救命処置法(バイタルサインのみかたも含む) 境田康二ほか 188
  • 二次救命処置法 森河内豊ほか 194
  • 人工呼吸法 窪田達也ほか 206
  • 気道確保法 川田繁 215
  • 気管切開法,輪状甲状間膜切開法 佐藤敏光 226
  • 酸素吸入法 磨田裕 232
  • ベンチレータ使用法 磨田裕 238
  • 脳蘇生法 雅楽川聡ほか 244
  • 心マッサージ法 猪狩次雄 252
  • 除細動法 谷口靖広ほか 261
  • 緊急ペーシング法 布田有司ほか 265
  • 大動脈バルーンパンピング法 伊藤智範ほか 273
  • 中心静脈圧測定法 長谷川伸之ほか 278
  • スワンガンツカテーテル挿入法 八木啓一 283
  • 緊急止血法 郷一知ほか 288
  • 静脈路確保法 岩橋寛治 295
  • 静脈切開法(cutdown) 青野允 303
  • 動脈穿刺法,動脈ライン設置法 滝健治 306
  • 小児の採血法 太田文夫 312
  • 心膜腔穿刺法 末田泰二郎 315
  • 胸腔穿刺法,胸腔ドレナージ法 竜村俊樹 320
  • 腹腔穿刺法,腹腔洗浄法 中川隆雄ほか 328
  • 胃洗浄法 和田攻 335
  • 膀胱穿刺法(膀胱瘻造設術も含む) 渡辺哲也ほか 339
  • 導尿法,留置カテーテル設置法 広瀬崇興 343
  • SengstakenーBlakemore tube挿入法 小原勝敏 351
  • イレウス管留置法 渡辺昌則ほか 358
  • 浣腸と洗腸 荒川広志ほか 364
  • 神経ブロック法 管桂一 370
  • 小外科法 横江隆夫ほか 378
  • 包帯法 谷口和彦 383
  • ギプス固定法 斎藤知行ほか 391
  • 骨折処置法 岡崎裕司ほか 395
  • 脱臼整復法 榊原壌 402
  • 破傷風治療・予防法 中村功 408
  • 傷病者の輸送法 滝口雅博 413
  • III. 緊急検査法 適応と読影 419
  • 緊急心電図 大西哲 420
  • 緊急単純X線検査 刑部義美 435
  • 緊急エコー検査 安田是和ほか 441
  • 緊急CT・MRI検査 町田喜久雄ほか 451
  • 緊急血管造影検査 佐藤栄志ほか 456
  • 緊急検体検査(血液,尿,髄液) 千代孝夫 463
  • 輸血適合検査 中林恭子ほか 473
  • IV. 救急・応急処置の実際 479
  • A. 救急・応急処置を必要とする病態と処置法 480
  • 心肺停止 小井土雄一ほか 480
  • ショック 平沢博之 485
  • 急性左心不全松井忍 491
  • チアノーゼ 松岡優 497
  • 不整脈,動悸,結滞 加藤律史ほか 502
  • アダムス・ストークス症候群 本川克彦ほか 515
  • 急性脱水症 伊藤和子ほか 520
  • 意識障害 福田充宏ほか 523
  • 頭痛 山田人志ほか 532
  • 頭蓋内圧亢進 堤晴彦 536
  • けいれん 宮内利郎 542
  • 呼吸困難 原沢寛ほか 549
  • 声門浮腫 谷口泰之 559
  • 喀血 岡村樹 563
  • 急性腹症 井上義博 569
  • 便秘,下痢 萩原秀紀ほか 575
  • 吐血,下血 高橋愛樹ほか 581
  • 無尿,乏尿 鈴木洋通 589
  • 排尿障害 加藤幹雄 593
  • 発疹 岩田充 597
  • B. 救急疾患の病態の診断と救急処置 603
  • 脳卒中 平井俊策 603
  • 高血圧性脳症,高血圧性緊急症 星出聡ほか 612
  • Acute coronary syndrome(狭心症を中心に) 中村正入ほか 618
  • 急性心筋梗塞 浅野竜太ほか 629
  • 大動脈解離(解離性大動脈瘤) 長尾建ほか 637
  • 心タンポナーデ 許俊鋭ほか 644
  • ペースメーカー事故 松本万夫 649
  • 起立性低血圧 三ッ浪健一 657
  • 急性肺血栓塞栓症 中島義仁 662
  • 肺水腫 竹下啓ほか 668
  • 無気肺 矢崎誠治 673
  • 喘息発作 奥平博一 677
  • 成人呼吸窮迫症候群 田中弘二ほか 688
  • 気胸,血胸 千種弘章 694
  • CO2ナルコーシス 大家宗彦ほか 698
  • 食道静脈瘤出血 萩原優 701
  • 食道・胃・十二指腸出血 渡淳 707
  • イレウス,腸捻転 三重野寛治 713
  • 嵌頓ヘルニア 安達実樹 717
  • 急性胆石発作 斎藤和好 721
  • 急性肝不全 持田智ほか 725
  • 急性膵炎 白石光一ほか 733
  • 糖尿病性昏睡 飯塚陽子ほか 740
  • 低血糖症 永野聖司 745
  • 急性電解質異常 木村時久 749
  • 高アンモニア血症 鈴木一幸ほか 759
  • 高カルシウム血症 井上大輔ほか 764
  • 甲状腺クリノーゼ 内村英正 767
  • 急性副腎不全 松崎宸 770
  • 急性腎不全 宮田幸雄ほか 774
  • 挫めつ症候群 一柳裕司ほか 781
  • 重症筋無力症性クリーゼ 杉田幸二郎ほか 784
  • 周期性四肢麻痺 岩崎泰雄ほか 795
  • 痛風発作 日高雄二 798
  • 中毒救急治療法 田中淳介ほか 802
  • 麻薬・覚醒剤中毒 藤井真行 815
  • 退薬症候群 渋谷正徳 820
  • 急性アルコール中毒 松本道長ほか 824
  • 一酸化炭素中毒 奥村徹ほか 828
  • パラコート中毒 富岡譲二 832
  • 有機リン剤中毒 森田洋ほか 837
  • 急性食中毒 岸田輝幸ほか 842
  • フグ中毒 白川洋一ほか 850
  • 毒キノコ中毒 佐藤泰雄ほか 855
  • 毒蛇咬傷 真喜屋実佑ほか 859
  • 熱傷 木所昭夫ほか 865
  • 特殊熱傷:気道熱傷 池内尚司 873
  • 化学損傷 横尾和久ほか 876
  • 熱中症 和田貴子 879
  • 電撃傷 田伏久之ほか 886
  • 凍傷 畑谷芳功 890
  • 高山病 柳沢裕之 894
  • 異型輸血 山本哲ほか 898
  • 減圧症 高橋英世 902
  • 多発外傷 大倉史典ほか 907
  • 頭部外傷 松本正人ほか 912
  • 切断指 高橋茂樹ほか 917
  • 墜落・転落外傷 三橋繁ほか 920
  • スポーツ外傷(下腿の外傷・障害) 白旗敏克 925
  • 児童虐待 泉裕之ほか 931
  • C. 各科救急疾患の診療のポイント 935
  • 小児科救急 伊藤泰雄 935
  • 産婦人科救急 植田嘉代子ほか 943
  • 泌尿器科救急 田島惇 952
  • 眼科救急 河井克仁 959
  • 耳鼻咽喉科救急 川端五十鈴 969
  • 精神科救急 永島正紀 974
  • V. 集団災害の救急・応急対応の基本 981
  • 集団災害の救急・応急対応の基本 浅井康文 982
  • VI. 救急医療体制の知識 991
  • 救急医療体制とその利用法 円山啓司 992
  • 救急室の体制と機器・備品 武田多一ほか 997
  • 救急常備薬 宮武諭ほか 1002
  • VII. 救急医療に必要な知識 1011
  • 患者および家族への対応とインフォームド・コンセント 前川和彦 1012
  • 脳死判定 小林士郎ほか 1016
  • 関連法規と法医学的問題点 柳田純一 1034
  • 感染症対策の基本と実際 藤井千穂 1042
  • 妊娠と薬・救急処置 滝沢憲 1050
  • 索引 1059

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで