サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

標準神経病学

水野美邦, 栗原照幸 編

詳細情報

タイトル 標準神経病学
著者 水野美邦, 栗原照幸 編
著者標目 水野, 美邦, 1941-
著者標目 栗原, 照幸, 1943-
シリーズ名 Standard textbook
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社医学書院
出版年月日等 2000.2
大きさ、容量等 558p ; 26cm
注記 執筆: 水野美邦ほか
ISBN 4260118382
価格 6800円
JP番号 20066090
出版年(W3CDTF) 2000
件名(キーワード) 神経病学
NDLC SC367
NDC(9版) 493.7 : 内科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 標準神経病学
  • 目次
  • 第1章 神経学を学ぶ人に 水野美邦
  • 1. 神経学とは? 1
  • 2. 神経学はむずかしいか?それともやさしいか? 1
  • 3. 神経学の学び方,本書の構成 3
  • 4. 神経学を侵す疾患の種類 4
  • 5. 仕上げ 4
  • 6. 神経疾患の診断と治療の流れ,鑑別診断,検査・治療プラン 4
  • 7. 医学生の義務 5
  • 8. 神経学と内科の関係 5
  • 第2章 筋肉疾患
  • I. 筋肉の形態 荒畑喜 6
  • A. 骨格筋 6
  • 1. 骨格筋の構造 6
  • 2. 筋の収縮機構と三つ組構造(トライアッド) 10
  • 3. 骨格筋のファイバータイプ 12
  • 4. 細胞骨格蛋白質 13
  • B. 心筋 13
  • C. 平滑筋 14
  • II. 進行性筋ジストロフィー 14
  • A. 概念と分類 14
  • B. 臨床像(各論) 19
  • 1. Duchenne型 19
  • 2. Becker型 29
  • 3. EmeryーDreifuss型 31
  • 4. 顔面肩甲上腕型 33
  • 5. 肢帯型 36
  • 6. 先天性筋ジストロフィー 39
  • 1) 福山型先天性筋ジストロフィー 39
  • 2) 非福山型先天性筋ジストロフィー 41
  • 7. 遠位型筋ジストロフィー 43
  • 8. 筋緊張性ジストロフィー 44
  • 9. 眼咽頭型筋ジストロフィー 48
  • III. ミトコンドリア脳筋症埜 中征哉 49
  • A. ミトコンドリアの形態と機能 49
  • B. 分類と臨床像 51
  • 1. 慢性進行性外眼筋麻痺症候群 51
  • 2. MELAS 52
  • 3. MERRF 54
  • 4. カルニチン欠損 54
  • 5. Camitine palmitoyltransferase欠損 55
  • IV. 糖原病 55
  • A. 分類 55
  • B. 臨床像 55
  • 1. 糖原病II型 55
  • 2. 糖原病III型(脱分枝酵素欠損) 56
  • 3. 糖原病IV型(分枝酵素欠損) 56
  • 4. McArdle病(糖原病V型) 56
  • 5. 垂井(Tarui)病(糖原病VII型) 57
  • V. 先天性ミオパチー 57
  • 1. ネマリンミオパチー 57
  • 2. セントラルコア病 57
  • 3. ミオチュブラーミオパチー 58
  • 4. 先天性筋線維タイプ不均等症 58
  • 5. 先天性筋強直症 59
  • VI. 周期性四肢麻痺 庄司進一 59
  • A. 概念と分類 59
  • B. 低カリウム血性 60
  • 1. 一次性 60
  • 2. 二次性(含甲状腺中毒性) 62
  • C. 高カリウム血性 63
  • 1. 一次性 63
  • 2. 二次性 63
  • D. 正カリウム血性 63
  • E. Paramyotoniacongenita 63
  • VII. 内分泌性・代謝性ミオパチー 63
  • 1. 甲状腺中毒性ミオパチー 63
  • 2. 甲状腺機能低下症に伴うミオパチー 64
  • 3. ステロイドミオパチー 65
  • 4. 低カリウム血性ミオパチー 65
  • 5. アルコール性ミオパチー 65
  • VIII. 多発筋炎,皮膚筋炎 65
  • A. 概念と分類 65
  • B. 臨床像 66
  • 1. 成人多発筋炎,皮膚筋炎 66
  • 1)成人多発筋炎 66
  • 2)皮膚筋炎 67
  • 2. 小児皮膚筋炎 68
  • 3. 膠原病と合併する多発筋炎,皮膚筋炎 69
  • 4. 悪性腫瘍に伴う多発筋炎,皮膚筋炎 69
  • 5. 封入体筋炎 69
  • 6. 肉芽腫性筋炎 69
  • IX. 神経筋接合部の形態と機能 70
  • X. 神経筋接合部の疾患 70
  • 1. 重症筋無力症 70
  • 2. Lambert Eaton症候群 74
  • 第3章 末梢神経疾患 栗原照幸
  • I. 末梢神経の機能解剖 77
  • 1. 運動系 77
  • 2. 感覚系 77
  • 3. 自律神経系 80
  • II. 末梢神経障害の病理 82
  • 1. 節性脱髄 82
  • 2. 軸索変性 82
  • 3. ワーラー変性 82
  • III. 末梢神経障害の検査法 82
  • 1. 筋電図,末梢神経伝導検査 82
  • 2. 神経生検 84
  • IV. 末梢神経障害の分類 85
  • V. 遺伝性ニューロパチー 86
  • 1. CharcotーMarieーTooth病 86
  • 2. DejerineーSottas病 87
  • 3. 家族性アミロイドポリニューロパチー 87
  • VI. 栄養障害性末梢神経障害—ビタミン欠乏性ニューロパチー 89
  • 1. ビタミンB1欠乏,アルコール性ニューロパチー 89
  • 2. ビタミンB6欠乏 90
  • 3. ビタミンB12欠乏 91
  • 4. ペラグラ 91
  • VII. 炎症性ニューロパチー 92
  • 1. GuillainーBarre症候群 92
  • 2. Fisher症候群 93
  • 3. 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー 94
  • 4. LewisーSumner症候群 97
  • VIII. 内科疾患に伴うニューロパチー 98
  • 1. 糖尿病性ニューロパチー 98
  • 2. 尿毒症性ニューロパチー 99
  • 3. CrowーFukase症候群 100
  • 4. 多発性骨髄腫に伴うニューロパチー 100
  • 5. ポルフィリアに伴うニューロパチー 101
  • 6. 膠原病に伴うニューロパチー 102
  • 7. 癌性ニューロパチー 102
  • IX. 単神経障害 103
  • 1. ベル麻痺 103
  • 2. 手根管症候群 105
  • 3. 橈骨神経麻痺 107
  • 4. 尺骨神経麻痺 107
  • 第4章 脊髄疾患,脊椎疾患 田代邦雄
  • I. 脊髄の機能解剖 111
  • 1. 伝導路 111
  • 2. 血管支配 114
  • 3. 脊髄の髄節性支配 115
  • II. 脊髄疾患 123
  • A. 脊髄血管障害 124
  • 1. 脊髄血管奇形 124
  • 2. 脊髄梗塞 126
  • B. 脊髄空洞症 127
  • C. 横断性脊髄炎 130
  • D. HAM(HTLVー1 associatedmyelopathy) 132
  • III. 脊椎疾患 133
  • A. 変形性頸椎症と頸椎椎間板ヘルニア 134
  • 1. 変形性頸椎症 134
  • 2. 頸椎椎間板ヘルニア 135
  • B. 後縦靱帯骨化症 136
  • C. 腰椎椎間板ヘルニア 138
  • 第5章 脳幹・小脳・大脳の構造・機能と症候
  • 脳幹の構造・機能と症候 松永宗雄 140
  • I. 延髄の構造と主な症候群 140
  • A. 延髄の主な伝導路と神経核 140
  • B. 延髄障害の症候 142
  • 1. 外側延髄症候群(Wallenberg症候群) 142
  • 2. 内側延髄症候群 143
  • II. 橋の構造と主な症候群 144
  • A. 橋の伝導路と神経核 144
  • B. 橋障害の症候 145
  • 1. Lockedーin症候群(閉じ込め症候群) 145
  • 2. MLF症候群(核間性眼筋麻痺) 145
  • 3. MillardーGubler症候群 145
  • 4. Foville症候群 146
  • 5. Ataxichemiparesis 146
  • III. 中脳の構造と主な症候群 146
  • A. 中脳の主要伝導路と神経核 146
  • B. 中脳障害の症候 147
  • 1. Parinaud徴候 148
  • 2. ArgyllRobertson瞳孔 149
  • 3. Weber症候群(上交代性片麻痺) 149
  • 4. Benedikt症候群(赤核症候群) 149
  • 5. Claude症候群(下部赤核症候群) 149
  • 小脳の構造・機能と症候 真野行生 150
  • I. 小脳の形態 150
  • 1. 小脳半球 150
  • 2. 小脳虫部 150
  • 3. 前庭小脳 151
  • 4. Purkinje細胞層 151
  • 5. 分子層 151
  • 6. 頼粒細胞層 151
  • 7. 小脳核 152
  • 8. 小脳脚 152
  • 9. 求心路 152
  • 10. 登上線維 153
  • 11. 苔上線維 153
  • 12. 遠心路 153
  • II. 小脳の機能 153
  • 1. 随意運動の制御 153
  • 2. フィードフォワード制御とフィードバック制御 154
  • 3. 運動のプログラミング 154
  • 4. 小脳の運動学習 155
  • III. 小脳症状 156
  • 1. 運動失調 156
  • 2. 失調性歩行 156
  • 3. 体幹失調 157
  • 4. 筋緊張低下 158
  • 5. 眼振 158
  • IV. 小脳を侵す主な疾患 159
  • 大脳の構造・機能と症候 159
  • I. 視床の構造 159
  • II. 視床の機能 161
  • A. 中継核としての機能 161
  • 1. 視床と体性感覚路 161
  • 2. 視床と視覚 161
  • 3. 視床と聴覚 161
  • 4. 視床と大脳基底核との連絡 161
  • 5. 視床と小脳との連絡 162
  • B. 記憶に関係した領域 162
  • C. 視床枕の機能 162
  • III. 視床障害の臨床症候 163
  • 1. 感覚障害 163
  • 2. 視床痛 163
  • 3. 運動障害,運動麻痺と筋トーヌス 163
  • 4. 運動失調 163
  • 5. 不随意運動 164
  • 6. 視覚障害,視覚欠損 164
  • 7. 言語障害 164
  • 8. 意識障害,記憶障害 164
  • IV. 視床下部の構造と機能 164
  • 1. 視索上核 164
  • 2. 室傍核 165
  • 3. 乳頭体 166
  • V. 視床下部障害の臨床症候 166
  • 1. 尿崩症 166
  • 2. SIADII 166
  • 3. 摂食の異常 166
  • 4. 体温調節機構の異常 166
  • 5. 性腺機能異常 167
  • 6. 無動性無言 167
  • VI. 大脳基底核の構造 今井寿正 168
  • 1. 大脳基底核 168
  • 2. 大脳基底核の回路網 171
  • VII. 大脳基底核の機能 172
  • 1. 大脳基底核ニューロンの電気生理学 172
  • 2. 大脳基底核の薬理学的破壊の効果 174
  • VIII. 大脳基底核障害の症状 175
  • 1. パーキンソニズム 175
  • 2. 不随意運動 177
  • 3. 認知機能障害 179
  • IX. 大脳基底核障害を起こす疾患 181
  • 1. パーキンソニズム 181
  • 2. 振戦 181
  • 3. 舞踏運動 181
  • 4. バリスム,ヘミバリスム 182
  • 5. アテトーゼ 182
  • 6. ジストニー 182
  • 7. チック 182
  • X. 大脳皮質の構造と機能局在 182
  • 1. 大脳皮質と白質の区分 182
  • 2. 大脳皮質の層構造 184
  • 3. 大脳皮質の細胞構築と区分 184
  • 4. 大脳皮質の機能局在 184
  • XI. 前頭葉の機能とその障害 186
  • 1. 溝と回 186
  • 2. 領野と機能 186
  • 3. 左または右前頭葉病変による症候 188
  • 4. 左(優位側)前頭葉病変による症候 189
  • 5. 右(劣位側)前頭葉病変による症候 189
  • 6. 両側前頭葉病変による症候 189
  • XII. 頭頂葉の機能とその障害 190
  • 1. 溝と回 190
  • 2. 領野と機能 190
  • 3. 左または右頭頂葉病変による症候 190
  • 4. 左(優位側)頭頂葉病変による症候 191
  • 5. 右(劣位側)頭頂葉病変による症候 191
  • XIII. 後頭葉の機能とその障害 192
  • 1. 溝と同 192
  • 2. 領野と機能 192
  • 3. 左または右後頭葉病変による症候 192
  • 4. 両側後頭葉病変による症候 193
  • 5. 左(優位側)後頭葉病変による症候 193
  • 6. 右(劣位側)後頭葉病変による症候 193
  • XIV. 側頭葉の機能とその障害 193
  • 1.溝と回 193
  • 2. 領野と機能 193
  • 3. 左または右側頭葉病変による症候 193
  • 4. 両側側頭葉病変による症候 194
  • 5. 左(優位側)側頭葉病変による症候 194
  • 6. 右(劣位側)側頭葉病変による症候 194
  • XV. 島の機能とその障害 194
  • 1. 形態と機能 194
  • 2. 左(優位側)の島病変による症候 194
  • XVI. 大脳辺縁系の機能とその障害 194
  • 1. 形態と機能 194
  • 2. 健忘症候群 194
  • 3. KluverーBucy症候群 196
  • XVII. 大脳白質の構造・機能とその障害 196
  • 1. 大脳白質の構造と機能 196
  • 2. 大脳白質病変による症候—離断症候群 196
  • 第6章 脳血管障害 篠原幸人
  • I. 脳血管障害の定義 198
  • II. 脳の血管支配 198
  • A. 脳の動脈系 198
  • B. 脳の静脈系 201
  • III. 脳血管障害の分類 203
  • IV. 主な脳動脈の閉塞・血流障害とその症候 205
  • A. 内頸動脈閉塞 205
  • B. 前大脳動脈閉塞 206
  • 1. Heubner(反回)動脈より末梢の閉塞 206
  • 2. 前大脳動脈主幹部の閉塞 206
  • C. 中大脳動脈領域の閉塞 207
  • 1. 中大脳動脈穿通枝の閉塞 1207
  • 2. 中大脳動脈皮質枝の閉塞 207
  • 3. 中大脳動脈主幹部の閉塞 207
  • D. 前脈絡叢動脈領域の閉塞 207
  • E. 後大脳動脈領域の閉塞 208
  • 1. 後大脳動脈穿通枝の閉塞 208
  • 2. 後大脳動脈皮質枝の閉塞 208
  • 3. 後大脳動脈主幹部の閉塞 208
  • F. 脳底動脈領域の閉塞 208
  • 1. 上小脳動脈 208
  • 2. 橋傍正中枝・短周辺動脈 208
  • 3. 前下小脳動脈 208
  • G. 椎骨動脈領域の閉塞 209
  • V. 虚血性脳血管障害 209
  • A. 脳梗塞 209
  • 1. アテローム血栓性脳梗塞 209
  • 2. ラクナ梗塞 211
  • 3. 脳塞栓症 212
  • 4. 血行力学的原因による脳梗塞 214
  • B. 一過性脳虚血発作 215
  • (付)一過性全健忘症候群 216
  • C. Binswanger病とBinswanger型脳梗塞 216
  • VI. 出血性脳血管障害 217
  • A. 脳出血 217
  • 1. 高血圧性およびその他の脳出血 217
  • 2. アミロイド・アンギオパチーとそれによる脳出血 223
  • B. 脳動脈瘤とくも膜下出血 224
  • VII. その他の脳血管障害 227
  • A. 脳動静脈奇形 227
  • B. Willis動脈輪閉塞症(モヤモヤ病) 228
  • C. 高安病(大動脈炎症候群) 229
  • D. 側頭動脈炎 229
  • E. 脳静脈・静脈洞閉塞症 229
  • F. 高血圧性脳症 230
  • 第7章 変性疾患 近藤智善
  • I. 概念と分類 231
  • II. 痴呆と主とする疾患 231
  • 1. Alzheimer病およびAlzheimer型老年痴呆 231
  • 2. Pick病 235
  • III. パーキンソニズムを主とする疾患 235
  • 1. Parkinson病 235
  • 2. 進行性核上性麻痩 241
  • 3. 線条体黒質変性症 242
  • 4. ShyーDrager症候群 243
  • IV. 不随意運動を主とする疾患 244
  • 1. Huntington舞踏病 244
  • 2. Choreaーacanthocytosis 246
  • 3. 捻転ジストニー 247
  • 4. Hereditaryprogressivedystonia(瀬川病) 247
  • 5. Meige症候群 248
  • 6. 痙性斜頸 249
  • 7. 本態性振戦 249
  • V. 脊髄小脳変性症 250
  • 1. 晩発性小脳皮質萎縮症 250
  • 2. Holmes型失調症 251
  • 3. オリーブ橋小脳萎縮症 251
  • 4. 遺伝性オリーブ橋小脳変性症 252
  • 1) SCA1 252
  • 2) SCA2 253
  • 5. MachadoーJoseph病(SCA3) 253
  • 6. 歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症 254
  • 7. UnverrichtーLundborg病 254
  • 8. SCA4,SCA7,SCA8 255
  • 9. Friedreich失調症 255
  • 10. 家族性痙性対麻痺 256
  • 11. 脊髄小脳変性症の治療 256
  • VI. 運動ニューロン疾患 256
  • 1. 筋萎縮性側索硬化症 256
  • 2. 脊髄性筋萎縮症 259
  • 1) WerdnigーHoffmann病 259
  • 2) KugelbergーWelander病 259
  • 3) KennedyーAlterーSung症候群(球脊髄性筋萎縮症) 260
  • 3. 平山病(若年性一側上肢筋萎縮症) 260
  • 第8章 神経遺伝学 辻省次
  • I. 単一遺伝子疾患と多因子遺伝疾患(疾患の成り立ち) 264
  • II. ポジショナルクローニングによる原因遺伝子の解明 265
  • III. 多因子遺伝病へのアプローチ 266
  • IV. 候補遺伝子によるアプローチ 267
  • V. 新たに見いだされた発症の分子機構 267
  • A. 遺伝子量の変化による発症機構 268
  • B. トリプレットリピート病 268
  • VI. 遺伝子解析の臨床神経学へのインパクト 270
  • 第9章 先天性代謝異常
  • I. 脂質代謝異常症 辻省次 272
  • 1. スフィンゴ脂質の代謝 272
  • 2. GM1ガングリオシドーシス 273
  • 3. GM2ガングリオシドーシス 274
  • 1) TayーSachs非寿 275
  • 2) Sandhoff病 275
  • 3) 活性化蛋白欠損症 276
  • 4. NiemannーPick病(sphingomyelinlipidosis) 276
  • 5. Gaucher病(glucocerebrosidosis) 277
  • 6. Fabry病(び漫性被角血管腫,angiokeratomacorporisdiffusum) 277
  • 7. Metachromaticleukodystrophy(異染性白質ジストロフィー) 278
  • 8. Krabbe病(グロボイド細胞白質ジストロフィー) 279
  • 9. Adrenoleukodystrophy(副腎白質ジストロフィー) 280
  • 10. Refsum病 281
  • 11. BassenーKornzweig病(abetalipoproteinemia) 282
  • II. ムコ多糖症 282
  • 1. HurIer症候群 283
  • 2. Hunter症候群 283
  • 3. Sanfilippo症候群 283
  • 4. Morquio症候群 285
  • 5. MaroteauxーLamy症候群 285
  • 6. Sly症候群(MPSVII) 285
  • III. 糖蛋白代謝異常症 285
  • 1. シアリドーシス 286
  • 2. ガラクトシアリドーシス 287
  • IV. アミノ酸代謝異常松原洋一 287
  • 1. フェニルケトン尿症 287
  • 2. メープルシロップ尿症 290
  • 3. ホモシスチン尿症 291
  • 4. Hartnup病 292
  • 5. 尿素サイクル代謝異常症 292
  • 1)オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症 292
  • 2)シトルリン血症 293
  • 3)カルバミルリン酸合成酵素欠損症 294
  • 4)アルギニノコハク酸尿症 294
  • 5)アルギエン血症 294
  • V. その他の代謝異常 294
  • 1. Wilson病(肝レンズ核変性症) 294
  • 2. Menkes病 294
  • 3. LeschーNyhan症候群 295
  • 4. HallervordenーSpatz病 295
  • 第10章 先天性疾患 吉岡博
  • I.先天奇形 297
  • 1. 先天奇形 297
  • 1. 二分脊椎 297
  • 2. ArnoldーChiari奇形 298
  • 3. 先天性水頭症 298
  • II. 胎内感染症 298
  • 1. 先天性トキソプラズマ症 298
  • 2. 巨細胞封入体症 299
  • 3. 先天梅毒 299
  • III. 周産期脳損傷 299
  • 1. 脳性麻痩 299
  • IV. 母斑症 301
  • 1. 結節性硬化症 301
  • 2. 神経線維腫症 302
  • 3. SturgeーWeber症候群 303
  • 4. 毛細血管拡張性運動失調症 303
  • 5. vonHippelーLindau病 303
  • 第11章 感染症,脱髄性・非感染性炎症性疾患
  • I. 脳炎 庄司紘史 305
  • 1. 急性ウイルス性脳炎 305
  • 2. 亜急性硬化性全脳炎 307
  • 3. 進行性多巣性白質脳症 309
  • 4. AIDS脳症(HIV脳症) 309
  • 5. トキソプラズマ感染症 310
  • 6. CreutzfeldtーJakob病 311
  • II. 髄膜炎 312
  • 1. ウイルス性髄膜炎 312
  • 2. 急性化膿性髄膜炎 314
  • 3. 結核性髄膜炎 315
  • 4. 真菌性髄膜炎 316
  • III. 神経梅毒 317
  • IV. 脳膿瘍 31g
  • V. 脱髄性・非感染性炎症性疾患 山本悌司 320
  • 1. 急性散在性脳脊髄炎 320
  • 2. 急性小脳炎 321
  • 3. 多発性硬化症 322
  • 4. 視神経炎(球後視神経炎) 328
  • 5. 神経Behget症候群 330
  • 6. サルコイドーシス 331
  • 7. Wegener肉芽腫症 332
  • 第12章 内科疾患に伴う神経障害
  • I. 肝・腎・肺疾患に伴う神経障害 清水夏繕 334
  • A. 肝性脳症 334
  • B. 尿毒症による神経系障害 335
  • 1. 尿毒症性脳症 335
  • 2. 不均衡症候群 336
  • 3. 透析痴呆 336
  • 4. 尿毒症性多発神経炎 336
  • C. 肺性脳症 337
  • 1. Hypercapniaによるもの 337
  • 2. 低酸素脳症 337
  • II. 内分泌疾患に伴う神経障害 338
  • 1. 甲状腺機能元進症 338
  • 2. 甲状腺機能低下症 339
  • 3. 副甲状腺機能九進症 340
  • 4. 副甲状腺機能低下症 340
  • 5. Cushing症候群 341
  • 6. Addison病 341
  • 7. 糖尿病 341
  • 8. 低血糖 342
  • III. ビタミン欠乏症に伴う神経障害 342
  • 1. ビタミンB1(サイアミン)欠乏症 342
  • 2. ビタミンB6欠乏症 343
  • 3. ビタミンB12欠乏症 343
  • 4. ニコチン酸欠乏症 343
  • 5. ビタミンD欠乏症 344
  • 6. ビタミンE欠乏症 344
  • IV. 膠原病に伴う神経障害森秀生 344
  • 1. 全身性エリテマトーデス 344
  • 2. 結節性多発動脈炎 345
  • 3. ChurgーStrauss症候群(アレルギー性肉芽腫性血管炎) 345
  • 4. 慢性関節リウマチ 345
  • 5. Wegener肉芽腫症 346
  • 6. Sj6gren症候群 346
  • 7. 混合性結合組織病 346
  • V. 血液疾患に伴う神経障害 346
  • 1. 多血症 346
  • 2. 本態性血小板血症 346
  • 3. 血栓性血小板減少性紫斑病 347
  • 4. 播種性血管内凝固症候群 347
  • 5. Plasma cell dyscrasiaと多発性骨髄腫 347
  • 6. 悪性リンパ腫 347
  • 7. 白血病 348
  • VI. 悪性腫瘍による神経障害 349
  • 1. 癌の転移 349
  • 2. 癌性髄膜症 349
  • 3. 傍腫瘍性症候群(腫瘍随伴症候群) 349
  • 第13章 中毒性神経疾患 松永宗雄
  • I. 重金属中毒 351
  • 1. 鉛中毒 351
  • 2. 水銀中毒 352
  • 3. 砒素中毒 352
  • 4. マンガン中毒 353
  • II. 有機物質中毒 354
  • 1. エチルアルコール(エタノール)中毒 354
  • 2. メチルアルコール(メタノール)中毒 354
  • 3. 有機溶剤中毒 354
  • 4. 農薬中毒 355
  • 5. サリン中毒 356
  • III. 薬物中毒 356
  • 1. 抗悪性腫瘍薬 356
  • 2. 抗精神病薬 358
  • 3. 抗てんかん薬 359
  • 4. SMON 359
  • 第14章 脳腫瘍,脊髄腫瘍 森惟明
  • I. 脳腫瘍 361
  • II. 脊髄腫瘍 373
  • 第15章 水頭症,本態性頭蓋内圧亢進 森惟明
  • I. 水頭症 377
  • II. 本態性頭蓋内圧亢進 382
  • 第16章 頭部外傷,脊髄外傷 森惟明
  • I. 頭部外傷 384
  • II. 脊髄外傷 390
  • 第17章 機能性疾患
  • I. てんかん 広瀬源二郎 393
  • A. 定義疫学 393
  • B. てんかん発作型の国際分類 393
  • 1. 部分発作 394
  • 2. 全般発作(痙箪性あるいは非痙簗性) 395
  • 3. 未分類てんかん発作 398
  • 4. その他の発作 398
  • C. てんかんとてんかん症候群の国際分類 398
  • 1. 局在関連性(焦点性,局所性,部分性)てんかんおよび症候群 398
  • 2. 全般てんかんおよび症候群 401
  • 3. 焦点性か全般性か決定できないてんかんおよび症候群 403
  • 4. 特殊症候群 404
  • D. てんかん発作の原因 404
  • E. 検査所見 405
  • 1. 脳波 405
  • 2. 神経放射線学的検査 406
  • 3. 臨床検査 406
  • F. 薬物治療 406
  • 1. 治療の原則 406
  • 2. 発作型と薬物選択 406
  • 3. 抗てんかん薬の副作用 406
  • G. てんかん重積状態の治療 407
  • 1. 治療の原則 408
  • 2. 緊急処置の実際 408
  • 3. 薬物治療 408
  • II. 頭痛 409
  • A. 分類 409
  • 1. 片頭痛 410
  • 2. 筋緊張性頭痛 414
  • 3. 三叉神経痛 415
  • III. めまい清水夏繕 418
  • 1. めまいの原因 418
  • 2. メニエール病 419
  • 3. 前庭神経炎 421
  • 4. 良性発作性頭位性めまい 421
  • 第18章 検査法
  • I. 脳脊髄液 庄司紘史 425
  • 1. 脳脊髄液の産生と吸収 425
  • 2. 腰椎穿刺 425
  • 3. 髄液の性状と病的変化 426
  • II. 神経放射線学的検査 小島重幸 429
  • A. X線CT 429
  • B. MRI,MRA,MRS 431
  • 1. MRI 431
  • 2. MRA 434
  • 3. MRS 434
  • C. 血管撮影 434
  • 1. 脳血管撮影 434
  • 2. 脊髄血管撮影 435
  • 3. Interventional angiography 436
  • D. ミエログラフィー 436
  • E. SPECT 438
  • III. 電気生理学的検査梶竜免 439
  • A. 役割—臨床診断の道具として 439
  • B. 筋電図・末梢神経伝導検査 440
  • 1. 筋電図検査の原理 440
  • 2. 筋電図検査の実際 441
  • 3. 末梢神経伝導検査 441
  • 4. 検査の進め方 443
  • C. 大脳・脊髄誘発電位 444
  • 1. 原理. 444
  • 2. 体性感覚誘発電位 444
  • 3. 視覚誘発電位 445
  • 4. 聴性脳幹反応 445
  • D. 脳波 446
  • 1. 脳波の起源 446
  • 2. 脳波の分類 447
  • 3. 正常脳波 447
  • 4. 異常脳波 448
  • 第19章 診断学 水野美邦
  • I. 神経学的診察の進め方 453
  • II. 精神状態 453
  • 1. 意識障害 453
  • 2. 知能障害 460
  • III. 高次脳機能 461
  • 1. 失語 461
  • 2. 失行 464
  • 3. 失認 467
  • IV. 脳神経 470
  • 1. 嗅神経 470
  • 2. 視神経 470
  • 3. 動眼・滑車・外転神経 474
  • 4. 三叉神経 478
  • 5. 顔面神経 480
  • 6. 内耳神経 482
  • 7. 舌咽・迷走神経 484
  • 8. 副神経 486
  • 9. 舌下神経 487
  • V. 運動機能 487
  • 1. 随意運動の形態・生理 487
  • 2. 歩行 488
  • 3. 平衡機能 489
  • 4. 筋萎縮 490
  • 5. 筋力 491
  • 6. 不随意運動 496
  • 7. 筋緊張 500
  • 8. 運動失調 501
  • VI. 反射機能 503
  • 1. 深部腱反射 503
  • 2. 表在反射 507
  • 3. 病的反射 508
  • 4. 前頭葉徴候 509
  • 5. 錐体外路性異常反射 509
  • 6. 異常共同運動 510
  • 7. 模倣性連合運動 510
  • VII. 感覚機能 511
  • VIII. 髄膜刺激症候 516
  • IX. 自律神経系 516
  • 和文索引 521
  • 欧文索引 543

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで