サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

和紙の道しるべ : その歴史と化学

町田誠之 著

詳細情報

タイトル 和紙の道しるべ : その歴史と化学
著者 町田誠之 著
著者標目 町田, 誠之, 1913-
出版地(国名コード) JP
出版地京都
出版社淡交社
出版年月日等 2000.4
大きさ、容量等 298p ; 22cm
注記 文献あり
ISBN 4473017397
価格 3000円
JP番号 20050017
出版年(W3CDTF) 2000
件名(キーワード) 和紙--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC PA477
NDC(9版) 585.6 : パルプ・製紙工業
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 和紙の道しるべ
  • はじめに 5
  • I 和紙の成り立ち
  • 紙の発祥と伝播 10
  • 紙を迎えた古代日本 16
  • 和紙の創成と発達 21
  • 和紙の応用加工 27
  • ペーパー・ロード 32
  • 科学の濫膓 39
  • II 科学思想の流入
  • 洋学事始め 44
  • シーボルトの来日 48
  • 万国博覧会と紙 53
  • 近世西欧の紙事情 58
  • 洋紙の出現 61
  • 改良漉きの和紙 66
  • 和紙救援の動き 70
  • 和紙製造技術の記録 74
  • III 糖化学の背景
  • 化学の由来 86
  • 化学教育の変遷 90
  • 糖の化学 94
  • 繊維の化学 103
  • セルロース 109
  • ヘミセルロース 115
  • 複合多糖類 119
  • IV 紙漉きの化学
  • 靱皮繊維の分離と発酵 126
  • 草木の灰汁の応用 131
  • アルカリ薬品による煮熟 135
  • 和紙原料の叩解 140
  • 和紙の純正化学の沿革 147
  • 和紙の応用化学の沿革 151
  • V ネリの秘密
  • 植物性粘質物 160
  • わが国の粘質物化学の生い立ち 165
  • 昭和初年のネリの研究 172
  • ネリの代替晶の探索 176
  • ネリの評価と物性 182
  • ネリと繊維との相互作用 187
  • ネリの作用の化学的解明 191
  • VI 雁皮と流し漉き
  • 本草学の知識 198
  • 和紙原料の模索 203
  • 雁皮繊維の粘性 208
  • 斐紙の発祥 213
  • 雁皮紙の本領 219
  • 三椏紙の登場 223
  • 雁皮と鳥の子紙 228
  • 雁皮のヘミセルロース 232
  • 雁皮の抄紙性の化学的検証 236
  • VII 和紙と自然
  • 水の働き 248
  • 水素結合の役割 251
  • 水酸基と紙の性質 255
  • 紙の造形の原理 259
  • 和紙の丈夫さ 263
  • 和紙研究の意義 267
  • 自然のなかの紙 271
  • 参考文献(注) 277
  • 索引 296
  • あとがき 297

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで