サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

更生保護の課題と展望 : 更生保護制度施行50周年記念論文集

更生保護50年史編集委員会 編

詳細情報

タイトル 更生保護の課題と展望 : 更生保護制度施行50周年記念論文集
著者 更生保護50年史編集委員会 編
著者標目 法務省保護局
出版地(国名コード) JP
出版地[東京]
出版社法務省保護局
出版年月日等 1999.12
大きさ、容量等 648p ; 22cm
JP番号 20024579
出版年(W3CDTF) 1999
件名(キーワード) 更生保護--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC AZ-765
NDC(9版) 326.56 : 刑法.刑事法
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 更生保護の課題と展望 更生保護制度施行50周年記念論文集
  • 目次
  • はしがき
  • 特別寄稿
  • 更生保護50年に寄せて—民間人の寄与を中心として— 宮沢浩一 1ー12
  • 精神医学から見た更生保護—無期囚の仮出獄を中心として— 福島章 13ー32
  • 更生保護の史的展開
  • 日本の更生保護と社会の半世紀 鮎川潤 35ー63
  • 更生保護の生成と発展—犯罪者社会内処遇50年の軌跡— 岩井敬介 65ー96
  • 更生保護施設の変遷とその刑事政策的意義 鈴木昭一郎 97ー112
  • 更生保護における調査研究管見 安形静男 113ー129
  • 我が国更生保護事業の発展と国際的犯罪者処遇の動向 鈴木一久 131ー160
  • 更生保護の組織機構の変遷と課題 西中間貢 161ー197
  • 更生保護の構造
  • 仮釈放の法的性格と運用状況 松本勝 201ー219
  • 保護観察の法律的構造について 榎本正也 221ー239
  • ソーシャルワークと更生保護 鈴木美香子 241ー261
  • 社会変動と更生保護
  • 地域社会と更生保護をめぐる諸問題 千条武 265ー283
  • 更生保護との連携から見た我が国の社会福祉制度の現状と課題 寺戸亮二 285ー306
  • 地域住民による非行防止活動の現状と課題—最近の実証的研究から— 小林寿一 307ー328
  • 更生保護における処遇の展開
  • 保護観察処遇の新しい展開 柿沢正夫 331ー344
  • 保護司として望むこと 狐塚泰治 345ー361
  • 更生保護施設での処遇の実際 山下伸郎 363ー380
  • 薬物問題への対応と保護観察 菅沼登志子 381ー401
  • 保護観察処遇技法の現状と課題 久保貴 403ー430
  • 更生保護の今日的課題
  • 更生保護におけるボランティアの可能性—保護司ボランティア論— 萩原康生 433ー454
  • 犯罪学から見た更生保護 蛯原正敏 455ー480
  • 情報化社会における更生保護行政の効果的展開—国内外の例を踏まえた統合的情報化推進の在り方について— 染田恵 481ー515
  • 更生保護の展望
  • 世界の刑事思潮から見た更生保護の将来—ドイツにおける最近の動向を中心として— 土井政和 519ー548
  • 刑事司法の比較文化的理解—更生保護における人間関係を求めて— 守山正 549ー571
  • 保護観察官の専門性について 高木俊彦 573ー595
  • 変貌する社会と更生保護の対応—少子化を論点として— 山田憲児 597ー611
  • 青少年の意識の変化と更生保護の課題 吉田研一郎 613ー629
  • 更生保護における被害者問題への対応 田中一哉 631ー646
  • 編集余滴 647ー648

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで