サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

働く女性の法律Q&A

中島通子 [ほか]著

詳細情報

タイトル 働く女性の法律Q&A
著者 中島通子 [ほか]著
著者標目 中島, 通子, 1935-
シリーズ名 有斐閣選書
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社有斐閣
出版年月日等 1999.11
大きさ、容量等 251p ; 19cm
ISBN 4641280266
価格 1600円
JP番号 20018592
出版年(W3CDTF) 1999
件名(キーワード) 女性労働
NDLC AZ-529
NDC(9版) 366.38 : 労働経済.労働問題
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 働く女性の法律Q&A
  • もくじ
  • イントロダクション i
  • キーワード iii
  • 第1章 就職する—募集・採用 社会と仕事への道・就職/「募集」・「採用」での女性差別は,均等法で全面禁止/「内定取消し」—どこまで採用手続が進めば保護されるか/「約束と違う」—契約条件違反 1
  • Q1 募集差別 男子学生が会社案内をもらったのに,私には 7
  • Q2 採用差別 男性は無条件で採用,でも女性は近場only 8
  • Q3 コース別採用 女性に1人も総合職がいないなんて! 9
  • Q4 就職時のセクシュアル・ハラスメント 担当者が肩を触ったり手を握ったり。怒ったら,なんと不採用! 10
  • Q5 内定取消し 就職間際になって,内定取消し通知 11
  • Q6 内定時誓約書 本命の会社の応募はこれからなんだけど 12
  • Q7 入社前研修 卒業旅行中に入社前の研修が入ってしまった! 13
  • Q8 契約条件違反求人 票に書いてある給料と違う! 14
  • Q9 試用期間 試用期間がもう3か月延長?そんなバカな! 15
  • 第2章 仕事をする—仕事の内容・配置 仕事と自己実現/仕事の環境を保持するのは使用者の義務/仕事の女性差別は均等法が禁止/配置転換・出向 17
  • Q10 配置差別 「女性に無理」な部署? 23
  • Q11 仕事差別 女性は内勤,男性は外回り,これは当たり前? 24
  • Q12 職業訓練 取引先には私も一緒に! 25
  • Q13 外部研修 女性社員は研修してもムダなんですか? 26
  • Q14 お茶くみ・雑用 なんで女性だけの仕事なの! 27
  • Q15 配置転換 今まで何十年も経理で働いてきたのに! 28
  • Q16 出向 出向なんてOKした覚えがありませんが 29
  • Q17 コース別雇用と仕事 形だけの推薦制度,万年一般職では仕事をする気が 30
  • 第3章 キャリアアップする—昇進・昇格 「ガラスの天井」—昇進の女性差別は均等法で禁止に/昇進って抜擢? その基準は/昇進するって大変? 33
  • Q18 昇進差別 「女性は係長まで」が暗黙の前提 38
  • Q19 抜擢による昇進 昇進レース:上司に媚びる女性VS実力ある女性,軍配は? 39
  • Q20 試験制度による昇進 専務の派閥にいなきゃ,昇進試験は合格しない? 40
  • Q21 昇進と時間外労働 チムリーダーには残業代がつきますか? 41
  • Q22 転勤と昇進転勤できるなら,女性でも課長になれる?どういう制度? 42
  • 第4章 賃金を支払わせる—賃金差別 賃金とは/権利としての賃金/賃金支払いの原則/賃金の支払い確保/見過ごせない男女賃金格差/男女同一賃金の原則/男女間賃金格差をなくす理論 43
  • Q23 賃金 研修は義務だけど,どうして費用は自分持ちなの? 52
  • Q24 ボーナス(一時金) 支給日に在籍していないとダメなの? 54
  • Q25 寿退職 結婚退職する人は普通の人の1.5倍も支給!? 56
  • Q26 男女別賃金テーブル 同期の男性が昇進していく。私は? 58
  • Q27 格付けの違い ばりばり総合職なみに仕事しているのに! 60
  • Q28 コース別管理 一般職はかなり賃金が低い!なぜ? 62
  • Q29 年齢と賃金カット 45歳なので賃金25%カット,今まで25年間働いてきたのに! 64
  • Q30 世帯主条項 女性の「世帯主」には手当なし! 66
  • Q31 同一価値労働同一賃金 私と同期入社の男性,もう7万円も差がつきました… 68
  • 第5章 セクシュアル・ハラスメント セクシュアル・ハラスメントとは?/被害は深刻,予防と適切な被害対応が重要/均等法とセクシュアル・ハラスメント予防/人事院規則とセクシュアル・ハラスメント予防/セクシュアル・ハラスメント被害にあったら 71
  • Q32 アフター5のセクハラ セクハラだらけの忘年会 79
  • Q33 取引先,お客からのセクシュアル・ハラスメント 得意先が,いやらしい冗談をいったり身体に触れてくる! 80
  • Q34 性的噂 根も葉もない噂をたてられた! 81
  • Q35 セクシュアル・ハラスメントへの会社の対応 残業で部長と2人きり…そして,無理やりキス! 83
  • Q36 会社の相談体制 名ばかりの相談窓口 84
  • Q37 民事・刑事上の責任追及 上司に酒を飲まされ,ホテルに連れ込まれセックスまで! 85
  • Q38 派遣元,派遣先,それぞれの義務 派遣先社員からのデートの誘いが… 87
  • 第6章 子どもを産む—出産保護 働きながら子どもを産む/不利益な取扱いは許されない/妊娠・出産保護と賃金 89
  • Q39 通院休暇 妊娠しました。これから定期的に通院できる? 97
  • Q40 妊娠中の通勤緩和 流産の心配があるからラッシュアワーの電車通勤は無理 98
  • Q41 妊娠中の休憩,作業の変更 妊娠中なので立ち通しの仕事などハードな仕事はつらい 99
  • Q42 妊産婦の残業・深夜業拒否権 妊娠中は,残業を避けたいけど… 100
  • Q43 出産休暇と昇給・ボーナス 出産休暇をとればボーナスなし? 101
  • Q44 出産とパートへの転換強要 子どもが生まれたら正社員からパートになれって! 102
  • 第7章 育てる・介護する 男女労働者の働く権利と家族的責任の両立/育児のための制度/介護のための制度/深夜業の制限/家族的責任をもつ女性労働者の時間外労働に関する激変緩和措置 103
  • Q45 育児休業後の労働条件 育児休業をすると何か差別が? 110
  • Q46 育児休業と再雇用制度 再雇用制度は甘い罠,本当に再雇用できるか要チェック! 111
  • Q47 短時間勤務 育児休業のかわりに何か他に良い方法は? 112
  • Q48 夫婦で育児休業 男性も育児休暇取れるんですか? 113
  • Q49 育児中の親の深夜業 子どもはまだ小学生なのに,深夜業の職場へ配転,何とかして! 114
  • Q50 子どもの看病による欠勤 子どもの看病のために会社を休んだら懲戒処分になる? 115
  • Q51 介護休業 夫の母を介護したい,でも会社には制度がない 116
  • 第8章 働く・休む—休暇・休憩・残業・深夜業 収入のために働くだけが人生なんて/労働時間規制のアウトライン/男女平等のための働き方の見直し/時間外・休日労働の上限規制/深夜労働規制/労働条件を改善していくチャンス 117
  • Q52 割増賃金 仕事中でも17時にタイムカードを押すルール? 128
  • Q53 休憩時間 昼休みを交替でとる? 130
  • Q54 みなし労働時間制—事業場外労働と裁量労働 早朝から深夜まで仕事なのに残業代はいっさいナシ! 131
  • Q55 新裁量労働制 残業代は足きりして一律の「手当」で支払われる 133
  • Q56 労働時間の原則と36協定 いつも30分早出で掃除,そのうえいつも残業で後片付け 136
  • Q57 36協定の上限 女性も残業しないといけないのですか? 139
  • Q58 時間外・休日労働義務 いつも残業を命じられるのではたまらない,でも拒否すればクビ? 141
  • Q59 フレックスタイム 自由になる制度? でも現実は? 143
  • Q60 変形労働時間制と家族的責任 毎日残業で帰るのが遅い。子どもがいるのにどうしたら? 145
  • Q61 深夜労働 女性も必ず深夜労働させないと均等法違反? 149
  • Q62 深夜業の規制 夫は深夜交替勤務に従事していますが,私の出産休暇後は… 151
  • Q63 有給休暇 待ちに待ったヨーロッパ旅行,でも有給休暇申請はなんと却下! 153
  • Q64 計画年休と家族的責任 有給休暇のほとんどを子育てに使う私はどうなるの? 156
  • 第9章 労働条件のトラブル—労働条件の不利益変更 労働条件決定のルール/労働条件の不利益変更と女性/労働条件は,労使が対等な立場で話し合って決める/就業規則による不利益変更は原則として許されない/労働協約の不利益変更/均等法・労基法の見直しと労働条件の変更/変更解約告知 159
  • Q65 査定による賃金カット 勤務評定結果で資格を下げて職能給をカットだって! 166
  • Q66 就業規則の改定 女性にとって不利な条件に改定されそう 167
  • Q67 労働協約による労働条件の切下げ 協約が結ばれたら,ナント一般職の女性が賃金ダウンに 168
  • Q68 就業規則改正による不利益変更週休2日の交換条件として出された就業時間延長 170
  • Q69 定年延長,でも賃金ダウン定年は60歳まで延長,でも55歳からの賃金は25%カット 172
  • Q70 解雇されないかわりに賃金が半分 2分の1の賃金で働くか解雇,こんな選択肢あり? 174
  • Q71 解雇されてパートになった パートになるかクビか,こんな選択肢しかないなんて… 176
  • Q72 生休や産休が無給に 今まで有給だった生理休暇や出産休暇が無給になる! 177
  • Q73 既得権の侵害事実上17時退社だったのが突然,就業規則通り17:30に 178
  • 第10章 健康に働く—健康管理・安全衛生 仕事によるケガや病気を発生させないために/事故や病気が起こってしまったときの労災補償/通勤災害保険制度/労災事故・職業病と会社の責任 179
  • Q74 VDT作業のための労働衛生上の指針 目の疲れ・電磁波の影響,対応を考えたい 186
  • Q75 メンタルヘルス 自律神経失調症やうつ病などの病気対策 187
  • Q76 仕事が原因の腰痛(公務上災害認定)養護学校で子どもを抱きかかえたら,腰椎捻挫に 189
  • Q77 過労死(労災認定,損害賠償) 過労死の基準と労災の申請方法を知りたい 190
  • Q78 通勤災害 寄り道した時の事故でも労災はおりるの? 192
  • 第11章 やめさせられる—退職・定年・解雇 解雇/退職勧奨,退職強要/懲戒解雇/自己都合退職/定年 193
  • Q79 解雇権の濫用 マネージャーが変わったとたんに気に入られずに解雇 200
  • Q80 退職強要,退職届の撤回・取消し 2退職を迫られてます。辞めるしかないですか? 202
  • Q81 会社の倒産と賃金の確保 会社が倒産!社員の未払い賃金や退職金は? 204
  • Q82 会社の法的整理と労働者の権利 会社が自己破産!この先,私たちはどうなるの? 206
  • 第12章 パート・契約社員で働く パートや契約社員として働く人の権利は?/労働条件をはっきり確認しておこう/非正社員と正社員の均等待遇/パート・契約社員と解雇,契約更新拒否 209
  • Q83 労働条件の明示 勤めるにあたり,気をつけることは? 217
  • Q84 複合労働かけ持ちパートが見つかったら,クビになる? 221
  • Q85 パートと時間外勤務 パートも残業しなければなりませんか? 222
  • Q86 パートの均等待遇 正社員と同じ仕事なのにパートの給料は激安!? 223
  • Q87 パートと整理解雇 経営不振のため,パート全員が解雇 224
  • Q88 雇止めの具体例 働いて5年,でも今回は契約を更新なし! つまりクビ? 225
  • Q89 有期契約への不利益変更 騙されないで! 契約書の黒い罠 226
  • Q90 パートと安全衛生 パートは,定期健康診断もないし,労災もきかないんですか? 227
  • Q91 パートと社会保険加入要件 パートでも,雇用保険や健康保険に入れますか? 228
  • 第13章 ポジティブ・アクション ポジティブ・アクションとは/均等法の規定/指針に書かれていること/ガイドラインとワークシート 231
  • Q92 ポジティブ・アクションとクォーター制 突然女性が課長に抜擢! しかし結末は? 239
  • Q93 職業生活と家庭生活の調和 家族を犠牲にしなければ昇進できないなんて… 240
  • Q94 ポジティブ・アクションの導入 名ばかりのコース別雇用管理を変えたい! 241
  • 第14章 解決のために行動する—トラブルの解決法 1人で悩んでも何も解決しない。まず誰かに相談を/弁護士はつよい味方・法律相談/裁判をどういうときに起こすのか/職場での話合い・労働組合の交渉/行政を目一杯使おう—労政事務所,女性少年室,労働基準監督署 243

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで