サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

川端文学の世界 2

田村充正, 馬場重行, 原善 編

詳細情報

タイトル 川端文学の世界
著者 田村充正, 馬場重行, 原善 編
著者標目 田村, 充正, 1956-
著者標目 馬場, 重行, 1955-
著者標目 原, 善, 1955-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社勉誠出版
出版年月日等 1999.3
大きさ、容量等 299, 9p ; 22cm
ISBN 4585020691
価格 3200円
JP番号 20014499
巻次 2
部分タイトル その発展
出版年(W3CDTF) 1999
件名(キーワード) 川端, 康成, 1899-1972
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KG561
NDC(9版) 910.268 : 日本文学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 川端文学の世界 
  • 川端文学の世界
  • 目次
  • 序文 3ー5
  • 「雪国」、その苦痛と悲哀 勝原晴希 9ー34
  • 「牧歌」—研究の現在と今後の展開— 田村嘉勝 35ー59
  • 川端康成『愛する人達』論—「婦人公論」という表象空間— 新城郁夫 60ー85
  • 欠けている/人でない—「故園」— 星野久美子 86ー109
  • 川端康成『東海道』の構造—『旅への誘ひ』との対比を視座として— 山田吉郎 110ー134
  • 「少年」論 深沢晴美 135ー159
  • 「反橋」連作論—語り手「私」にみることばの意味伝達への懐疑— 上田渡 160ー178
  • 「千羽鶴」論—菊治の「あざ」 高橋真理 179ー202
  • 「山の音」—信吾の錯覚と語り手の偏見— 小林裕子 203ー227
  • 『虹いくたび』─基礎的作業を中心として— 三谷憲正 228ー251
  • 「舞姫」論 高根沢紀子 252ー276
  • 「たまゆら」論—不在の小説あるいは小説の不在— 田村充正 277ー299
  • 作品名索引 左8ー9
  • 英文要旨 左1ー7

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで