The site menu is from hereThe head of this page

This is an explanation of shortcut keys. To link or execute a function, press any of the following combinations of shortcut keys and then press Enter.  To listen to an explanation of shortcut keys, press Alt and 0.  To display the top page, press Alt and 1.  To login, press Alt and 2.  To display the Simple Search page, press Alt and 3.  To display the Advanced Search page, press Alt and 4.  To display the Search page for persons with disabilities, press Alt and 5.  To sort search results, press Alt and 6.  To display the NDL homepage, press Alt and 7.  To refine search results, press Alt and 8.  This ends the explanation of shortcut keys.

The navigation is from here

The navigation is to here

A body is from here

Format 図書

東洋思想と新しい世紀

後藤康男 編著

details

Title 東洋思想と新しい世紀
Author 後藤康男 編著
Personal Name (Author) 後藤, 康男, 1923-
Place of Publication (Country Code) JP
Place of Publication東京
Publisher有斐閣
Date 1999.10
Size & Duration 333p ; 20cm
ISBN 4641076189
Price 2000円
National Bibliography No.(JPNO) 20018437
Year of Publication(W3CDTF) 1999
Subject Heading(Keyword) 東洋思想
NDLC HB1
NDC(9th revised) 120.4 : Oriental thought
Target Audience 一般
Material Type 図書
Language(ISO639-2 Form) jpn : 日本語

Table of Contents
 

  • 東洋思想と新しい世紀
  • 目次
  • まえがき
  • 東アジア文明と世界の潮流 汪道涵 1
  • 第一テーマ 東方思想と二一世紀のアジア
  • 1 東方思想と二一世紀のアジア 加藤尚武 12
  • 一 アジア価値観の再評価
  • 二 東方思想と二一世紀アジアの発展
  • 三 東方思想とアジア文化の動向
  • 四 二一世紀に東方思想が直面する新挑戦
  • 2 二一世紀の人類社会に対する中国文化の貢献 湯一介 23
  • 一 「道を得る者は助けが多い」—二一世紀の政治的枠組み
  • 二 「兼ねて愛すこと、互いに利する」—二一世紀の経済発展の趨勢
  • 三 「自然を尊ぶ」—二一世紀の環境保全モデル
  • 四 「和して同せず」—二一世紀の異なる文化関係をつくる準則
  • 3 伝統文化と二一世紀 陳方正 39
  • 一 今世紀を振り返って
  • 二 現代文化の苦境
  • 三 文化の併存と融合
  • 四 二一世紀への展望
  • 4 中国・西洋哲学融合の可能性についての探究 謝遐齢 54
  • テーマ選定と方法論について
  • 一 中国・西洋哲学思考の比較
  • 二 中国・西洋道徳思想の比較
  • 三 中国・西洋哲学融合の可能性とその見通しについて
  • 5 中華文明と新たな思考 王志平 71
  • 一 問題提起
  • 二 一六世紀以降の中華文明衰退の根本原因—その前資本主義的農業文化
  • 三 中華文明の特徴が科学・技術の革新に与える影響
  • 四 中華文明の振興と再建
  • 第二テーマ 東方思想と二一世紀の社会発展
  • 1 東方思想と二一世紀の社会発展 三橋規宏 88
  • 一 アメリカモデルからの脱却が必要
  • 二 資源循環型社会への道
  • 三 東方思想に支えられた資源循環型都市、江戸
  • 四 必要な四つの革命
  • 2 東方思想とアジアの近代化—二一世紀に向けたシンガポールの経験— 鐘志邦 100
  • 一 東洋または東方の定義
  • ニ シンガポールと中国と英国との密接な関係
  • 三 儒教思想による調整を目指す「シンガポール西洋化」
  • 四 国内外世論の批判とシンガポール当局の反応
  • 五 実務と功利主義の政策
  • 六 避けられるか西洋の二の舞い
  • 七 衝突、対話、理解
  • 八 エピソード
  • 九 シンガポールは「第三の中国」ではない
  • 一〇 文化とその政治化の危険
  • 3 東アジア文明とアジア・太平洋地域の発展の道 王戦 118
  • 一 東洋の伝統文化の真髄
  • 二 西洋文明の成果を吸収すること
  • 第三テーマ 東方思想と二一世紀のアジア経済
  • 1 アジアの経済発展と未来 小島麗逸 134
  • 一 アジアの経済発展の奇跡
  • 二 奇跡的な超高度成長を実現した要因
  • 三 アジアの将来と発展の制約要因
  • 四 東西文明の交流と新しいアジア文明の創造
  • 2 東アジア金融危機と二一世紀の域内経済協力強化 李〓炯 147
  • 一 問題の提起
  • 二 金融危機発生後の域内経済協力の現状
  • 三 二一世紀の主な変化要因と東アジア経済協力の必要性
  • 四 東アジア経済協力強化案
  • 3 東洋思想と二一世紀国際経済の発展—東アジア金融危機の啓示— 魏萼 163
  • 一 はじめに
  • 二 外在する文明の衝突
  • 三 東洋思想の価値観
  • 四 アジアの金融危機
  • 五 経済自由化は万能薬でない
  • 4 東方文化と東アジアの奇跡 黄範章 178
  • 一 政府主導の「追随型」経済発展モデル
  • 二 高貯蓄率
  • 三 対外指向型経済
  • 四 東アジアモデルの将来
  • 5 経済制度の構造と経済成長モデルの東西比較 王新奎 193
  • 一 経済制度の構造の東西比較
  • 二 経済成長モデルの東西比較
  • 三 構造の変化と成長モデルの転換
  • 第四テーマ 東方思想と二一世紀の国際関係
  • 1 二一世紀の世界情勢—カギをにぎる環境と資源— 石弘之 206
  • はじめに
  • 一 最初の人口戦争
  • 二 洪水と干ばつの北朝鮮
  • 三 荒廃するルワンダの自然
  • 四 水争い
  • 五 環境悪化と紛争
  • 2 石橋湛山の平和主義思想と二一世紀の世界 馮昭奎 217
  • はじめに
  • 一 「小日本主義論」
  • 二 「日中米ソ平和同盟論」
  • 三 「戦争無益論」
  • 3 二一世紀アジア時代到来の可能性—東アジアの秩序意識と西欧の民主主義・市場経済— 宋煕年 230
  • 一 二一世紀における世界政治・経済秩序の発展方向
  • 二 二一世紀アジア時代到来の可能性
  • 三 東アジアの秩序意識・文化基礎の西欧民主主義・市場経済に対する適応可能性
  • 四 東アジア繁栄実現のための新政治・経済秩序意識確立の可能性
  • 第五テーマ 東方思想と二一世紀の環境保護
  • 1 竜が開く二一世紀の未来 安田喜憲 242
  • はじめに
  • 一 森の中で誕生した竜
  • 二 北の竜・南の太陽
  • 三 森の神から水の神への変身
  • 四 蛇と竜はべつもの
  • 五 竜が開く二一世紀の未来
  • 2 中国の伝統的天人関係と持続可能な開発の倫理学 葉文虎,陳剣瀾,?文碧 257
  • はじめに
  • 一 全体主義の世界観
  • 二 自然に内在する価値
  • 三 世界における人間の地位
  • 四 人の自然に対する権利と義務
  • 五 結論
  • 3 東方思想から見た「生活の質」 劉本傑 271
  • 一 はじめに
  • 二 経済学および生活の質に対する研究の推移
  • 三 国民の平均所得と生活の質の指標
  • 四 生活の質、東洋思想と生理、命理、神理
  • 五 経済成長、民主メカニズム、東洋思想と地球の環境保全
  • 地球環境問題の解決に向けた行動 後藤康男 301
  • 一 企業人としての実践
  • 二 地球の危機
  • 三 環境ビッグバン
  • 四 環境保全は全員参加が必要であること
  • 五 CSOの役割
  • 六 東西文明の融合
  • 七 「共生」と「循環」の思想
  • 八 新しい環境倫理の創造
  • 九 目指す企業像
  • 一〇 最後に
  • あとがき 321
  • 著者略歴 327

A body is to here

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

Foot is to here